弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

欧スーパーグリッドと禿スーパーグリッド update7


greenerideal.com→The European Supergrid: How it can benefit the rest of the world
欧スーパーグリッド:全世界にどんな利益があるのか?

  • 発電の炭素ガス排出規制 Zero carbon emissions from power generation
  • 無限の資源の利用 Access to infinite resources
  • 燃料価格変動からの開放 Freedom from fuel price volatility
  • 電力供給の保証 Security of power supply
  • 強力で単一の電力市場 A powerful and single electric market
  • 2050年までに欧は電力で自立 Energy independent Europe by 2050

metering.com→Progress towards a European supergrid
高電圧直流(High voltage direct current/HVDC)技術が海底や地上ケーブルの長距離送電を可能にし、 FACTS(Flexible AC transmission systems)がスーパーノード間の柔軟な電流制御を可能した。

技術的な問題はない。課題は国際協調。

  • グリッド規定と送電投資への国際協調
  • 規制手続きへの国際協調
  • 越境して共有するスキーム方法
  • 複数ベンダーと複数ステークホルダーモデル

電力グリッドはTPPより目的が明確なのでうまくいくかも。つか楽観視してるとか。

竹島では韓国と揉め、尖閣諸島では都合の良い事に中国だけでなく台湾とも揉めた。 各国の原発ムラにとってこの状態がいちばん都合がいいはず。 もし中台韓日の間に欧スーパーグリッドのような電力マーケットができてしまうと 真っ先に商売上がったりになるのは原発ムラだからな。


guardian.co.uk→BritNed power cable boosts hopes for European supergrid

欧のスーパーグリッドはアイスランドからリビアまでつながってる。 アジアスーパーグリッドで中国、韓国、台湾、日本と東南アジアを接続することは可能。 インドまでカバーできる。ムラは欧のスーパーグリッドを見たはず。 電力マーケットに晒されるとムラの原発なんてひとたまりもない。 グリッド接続されないように戦争を煽って必死に抵抗してる。

独の再生エネルギー転換を電気代が仏の2倍だと批判。独は自治体がエネルギーを所有して経済を回すことが重要と反論。再生エネルギーへの転換などしてないのに独並に電気料金が高い日本はなんなんだ。しかもムラにクニが支配されている。
renewablesinternational.net→French government concerned about German energy transition

中国製の安いソーラーパネルが太陽光発電のコストを劇的に下げた。これって中国のサクセスストーリー。液晶モニターのように値下がりしていくのだろけど世界中にソーラーパネルを出荷するってのは電力を輸出するようなものだな。

デンマークは2050年までに100%再生可能エネルギーを目指す。なので2050年に60%の目標を掲げた独より過激なのだとか。ベルギーは50%も原発に依存してるのに脱原発することを決断。

欧は国際グリッドが電力マーケットになってて日々価格競争してる。EU各国はそれぞれ事情が異なるのに仏以外は脱原発。中国が存在する限り高価だった液晶モニターが格安になったようにソーラーパネルも風力発電の風車も安くなっていくだろう。なんとなく先が見えた。

ベルギーは50%も原発に依存してるが2050年までに100%再生可能エネルギー転換を計画。 過激な計画を進めてるのは雇用創出という別の目的もあるから。ソーラー、水力、バイオマス、地熱、風力(内地と沿岸)のシェア目標の棒グラフ。
vito.be→On the road to 100% renewable energy in Belgium by 2050

自治体や国が再生可能エネルギーを推進する理由はエネルギー支配から逃れて独立するという意味もある。余剰電力を安くグリッドに供給するのも一種の経済戦争。

デンマークとベルギーが混乱した。w

グリッド会社がデンマークと英の間に送電線を敷設。なるほど英をカモにしたいと。 デンマークはエネルギー戦争と捉えてる。
renewableenergyworld.com→ Denmark to Decide on U.K. Power Cable Next Year, Grid Says

送電網が広がってキャパが大きくなれば気象変動や需要変動に強くなる。 ムラが尖閣や竹島で紛争を起こしてる理由はこれもある。 中国、韓国、台湾、日本をカバーする海底送電線が敷設されるようなことになれば 安い電力でムラはすぐに消滅するだろう。

アレバのEPRと日立のABWRをウェールズ地方に建設予定だけど許認可に4年かかる。 その前にデンマークが英を欧の電力グリッドと海底送電線で接続する。 英は独のプルトニウムを取得してMOX燃料工場を建設する予定だけどデンマークは海底送電線で阻止するつもりだ。 なんかデンマークがカッコいい。

欧をみてると原発を止めることができるのはグリッド市場と電力価格競争。安い電力を安全に調達できるのなら 高価で危険で使用済み核燃料の処分方法もわからない原発を稼動させる理由がなくなる。 じゃあTPPはムラにとって脅威なんじゃね。まぁムラは論理的じゃないから。

デンマークと英って遠くね。ふつう英仏のドーバー海峡のトンネルに送電線を設置するだけだと思うんだけど。なんでまた。再生可能エネルギーの投資銀行を英独スペインで設立したから仏包囲網にしたいのかな。

UKとアイスランドを接続する研究も水面下で進行中なのだとか。アイスランドは地熱発電と水力発電に恵まれていて余剰電力をUK本土に供給というか販売する。

UKとアイスランド?デンマークとUKよりもっと遠いじゃん。 そんなことができるのなら中国と日本を接続することも可能じゃね。台湾と北海道くらいの距離か。

スリランカの海岸が風力発電にとって魅力的なのだとか。スリランカの風力電力1000MWをインドに送電する計画。距離は問題ではないらしい。

2017年01月05日 孫さんが熱を上げる「アジアスーパーグリッド構想」の現実度
政治や歴史から道のりは長く険しい。でも「ロマン」だけ終わらない予感

アジアスーパーグリッド構想に賛同した海外電力事業者と一緒に講演する孫氏(左から2人目)
 東京から3000キロメートル離れた、モンゴルの砂漠。この地から、風力発電で作った電力を日本へ送るプロジェクトが動きだしている。ソフトバンクグループの孫正義社長が提唱する「アジアスーパーグリッド構想」だ。アジア各国のグリッド(送電網)を結び、再生可能エネルギーを巨大な送電網で共有するという壮大な事業に、海外の電力事業者が賛同した。“夢物語”と思えたが、おぼろげながら送電網がつながったアジアの未来図が見え始めた。

「技術的にできる。いけそうだ」
 「技術的にできる。いけそうだ」。2016年9月9日、孫正義ソフトバンクグループ社長は何度も繰り返した。この日は、自身が会長を務める自然エネルギー財団(東京都港区)のシンポジウムに登壇した。歩きながら語るスピーチはいつもと同じだが、興奮を抑えきれないようだった。
 11年3月11日に起きた東日本大震災による、東京電力福島第一原子力発電所の事故を目の当たりにし「社長を1年辞めさせてくれ。福島に行って自分の責任を果たしたい」と、取締役会で訴えたエピソードを明かした。孫社長が言う「責任」とは、再生エネの普及だ。社長を辞められなかったが、責任を果たそうと自然エネルギー財団を設立した。
 今回のシンポジウムで、モンゴルからロシア経由、中国・韓国経由、それぞれのルートで日本へ送電するコストの試算を示した。いずれも、石炭火力発電所で1キロワット時の電力を作る発電コスト(10・5セント)を下回ったという。壇上で「採算あり」と声を弾ませた。
 もちろん、実現には各国の送電網を接続する必要がある。それが「アジアスーパーグリッド構想」だ。物理的には簡単そうに思えるが、実現には高い壁がある。

利点は「余剰電力をなくせることだ」
 アジアスーパーグリッドの利点について、自然エネルギー財団のトーマス・コーベリエル理事長(元スウェーデンエネルギー庁長官)は「余剰電力をなくせることだ」と語る。使う量以上に再生エネの発電量が増えてしまい、余った電力が余剰電力だ。余剰電力が増大すると、送配電の設備に大きな負荷がかかる。これが引き金となって、大規模な停電を招く。
 天候で発電がめまぐるしく変動する太陽光と風力の導入が増えている日本で、余剰電力対策として蓄電池の設置が始まった。
 もっとも簡単な解決策は、余剰電力を余らせることなく消費することだ。送電網の中に電力の巨大な需要地があれば、余剰電力をあっという間に消費できる。また、そうした需要地がなければ、需要地を抱える送電網と接続すればいい。
 アジアスーパーグリッドによってアジア各国の送電網がつながると、「太陽光、風力の発電が変動しても各国が融通しあえるので、変動を吸収できる」(トーマス・コーベリエル理事長)と説明する。余剰電力発生の不安が取り除かれるだけでなく、アジア全体で再生エネの導入量を拡大できる。
 欧州は各国の送電網がつながっており、日常的に電力が輸出入されている。風力発電が多く立地するデンマークでは、余剰電力が発生すると隣国へ輸出するので、需給のバランスが保たれている。
 アジア各国の送電網を結びつけることは「技術的にはすぐにできる」と、コーベリエル理事長は太鼓判を押す。ただし、「政治次第」だ。政治合意は電力網接続の第一歩であると同時に、最大の関門となる。

「奇跡が起こった」(孫社長)
 第二次世界大戦を教訓に経済を統合した欧州は「各国が協力するメリットが分かっている。良いことはやろうとする政治や歴史がある」という。一方の極東・東アジアには政治体制が違う国があり、戦争の禍根を残した国同士もある。
 合意は困難だが「経済協力のメリットをインセンティブとして共有できれば、政治的な争いは克服できる」と助言する。政治的合意さえあれば、接続作業に長い時間はかからないという。
 16年、アジアスーパーグリッド構想は実現へ前進した。ソフトバンクグループは3月、中国の国家電網公司(北京市)、韓国電力公社(羅州<なじゅ>市)、ロシア・グリッド(モスクワ州)と、送電線接続を調査する覚書を結んだ。構想に共感し、賛同してくれる海外電力事業者が現れたことに「奇跡が起こった」(孫正義ソフトバンクグループ社長)と、喜びを隠せなかった。
 さらに、グループのSBエナジー(東京都港区)は、モンゴル企業とともに南ゴビ砂漠に22億平方メートル(22万ヘクタール)の土地を確保した。原子力発電所7基分に相当する700万キロワットの風車を建設予定で、一部が着工した。
 孫社長は「どんどん進んでいる」と、手応えを感じている様子。だが、東アジアの政治や歴史を考えると、ゴールまでの道のりは長く、険しい。まだ、ほんの一歩を踏み出したばかりかもしれない。

風力普及でコストが低減できる

モンゴルの風力発電から日本への送電コストは石炭火力よりも安い(プレゼン資料)
 16年9月のシンポジウムで、モンゴルからの送電コストの具体的な数値や計算根拠は示さなかった。だが、再生エネのコスト低減を示すデータが多い。
 米ブルームバーグの調査によると、太陽光発電で1キロワット時の電気を作る発電コストは米国、豪州、インドなどで10セント(約11円)を切り、火力発電並みになっている。
 風力の発電コストは急速に下がっており、世界平均で8セント(約9円)。海外では風力が再生エネの主流となり、原発370基分の約3億7000万キロワットが稼働している。
 地域によっては、再生エネがもっとも安い電源となった。技術革新と大量導入による再生エネの発電コストの劇的な低減も、アジアスーパーグリッド構想の実現性を高めている。「ロマン」や「夢」だけで終わらない予感がしてきた。 (文=松木喬)
日刊工業新聞2017年1月4日
なにこれ?
そういえば中国は既に再生可能エネルギーのトップを走っている。
それを禿がソフトバンク商法で壊滅させる?
「いまなら電気代無料」とかw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。