弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

孟晩舟(Wanzhou Meng)側デービッド・マーチン弁護士「対イラン制裁では通信機器が除外対象になっていた」と反論w update2

CFOが虚偽説明「懲役30年に相当」…加検察 2018年12月08日 13時40分
 【ロサンゼルス=久保庭総一郎】米国の要請でカナダ当局に身柄を拘束された、中国の通信機器大手「華為技術」(ファーウェイ)の孟晩舟モンワンジョウ・最高財務責任者(CFO)が申し立てた保釈請求に対する審問が7日、バンクーバーの裁判所で行われた。カナダ検察は審問で、孟氏に対して米国で詐欺などの容疑で逮捕状が出ていることを公表した。
 カナダCBCテレビによると、カナダ検察は、ファーウェイが関係会社を通じて2009~14年、イランとの金融取引を禁じた米国の制裁をかいくぐり、通信機器類の輸出など不正取引を続けていたとする米側の訴追資料を公開した。
 取引を監視していた米当局の照会に対し、ファーウェイの財務部門を管轄する孟氏が、関係会社はファーウェイとは無関係だと虚偽の説明をしたことが、米金融当局を欺く行為だったとして、8月に詐欺容疑で逮捕状が発行されたという。カナダ検察は「最高で懲役30年に相当する内容」として、容疑は悪質だと強調した。
 米国は孟氏の身柄引き渡しを求めているが、孟氏側は容疑を否認し、カナダの裁判所で身柄移送の差し止めを判断する審理が行われる間の拘束停止を求めた。一方、カナダ検察は、孟氏が国外に逃亡する恐れがあると反論した。裁判所は、10日以降も審問を行い、保釈を認めるかどうかの判断を出すとしている。
「ファーウェイが関係会社を通じて2009~14年、イランとの金融取引を禁じた米国の制裁をかいくぐり、通信機器類の輸出など不正取引を続けていた」

Meng’s defense lawyer David Martin said the evidence presented doesn’t prove she broke either U.S. or Canadian law. U.S. sanctions law is very complex, has changed over time, and there are exemptions for telecom equipment in the country’s Iran sanctions, Martin argued.
一方、孟CFO側の弁護人デービッド・マーチン氏は、提示された証拠は同CFOによる米国やカナダの法律違反を証明していないと主張。米国の制裁関連法は極めて複雑で時間と共に変化しており、対イラン制裁では通信機器が除外対象になっていると同氏は述べた。
完全否定するファーウェイの弁護士w

うーむ。この裁判がファーウェイのステマになってiPhoneが5G対応できずに消滅するんじゃね?w
いやいや村田製作所の5Gを排除して6GのiPhoneが登場するのか?w

NTT社長、政府方針注視 ファーウェイ幹部拘束で 2018.12.8 12:40
記者会見するNTTの澤田純社長=7日、米ラスベガス(共同)
 NTTの澤田純社長は7日、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)幹部の拘束を巡り、日本の政府調達方針を注視する考えを示した。出張先の米ラスベガスで共同通信などの取材に応じた。
 澤田氏は「ファーウェイ製品は基地局などの主要部には入れていない」と説明。NTTドコモが扱うファーウェイ製スマートフォンについては「(対応を)考えなければいけないかもしれないが、状況を見てからだ」と述べるにとどめた。
 また「米政府関係の仕事もあるので、(米政府の対応を)優先して考えないといけない」とも語った。(共同)

このファーウェイ事件は徴用工みたいなワナなんじゃね?ターゲットは日本のキャリアつか澤田純か?w

ワナだw

ワナにハマる禿w

このスーパーマイクロなんてほとんどデマみたいなw

人質なのか?それとも日産のグレッグ・ケリーみたいな仕込みなのか?w

楽天までハマったw。脚本はパナマ文書がベースか?w

ドイツ銀行の件w。素晴らしい。この舞台設定はよくできている。

スパイ罪で起訴の日本人女性 懲役6年の実刑判決[2018/12/08 12:53] https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000142615.html
 上海の裁判所は7日、スパイ罪で起訴された日本人女性に対して懲役6年などの実刑判決を言い渡しました。
 2015年に上海で拘束されて2016年にスパイ罪で起訴されていたのは、中国出身で日本国籍を取得していた57歳の日本語学校幹部の女性です。上海の中級人民法院は7日、この女性に対して懲役6年の実刑と財産5万元(日本円で約80万円)を没収する判決を言い渡しました。関係筋によりますと、具体的にどのようなスパイ行為があったのかは明らかになっていないということです。中国では2015年以降、スパイ行為を疑われた日本人が相次いで拘束、起訴されていて、実刑判決が出たのは3人目です。
グローバル企業が想像できるのなら、グローバルなテロ組織をどうして想像できない?

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。