弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【東側ルート】キプロス研究ちう… update4

【劇団ゴン】マネロンルートが2008年7月のナジ・ナハス(Naji Nahas)とハリド・ジュファリ(Khaled Al-Juffali)で解けるw

レバノン、イスラエル、キプロス、シリア…紛争の目的は同じなのかもw

「キプロスはシリアの子供たち内蔵を抜く場所のひとつで、空軍基地から空輸してカタールで臓器移植、それからダラスの臓器共有ネットワークに向かう。ネタニヤフは臓器共有ネットワーク/米をコーディネートする。」w

カミオカンデでちんたろうの地下式原発の1つパルス式高速原子炉が見つかる。崇教真光のマークはダビデの星だ。ディアスポラな高山の温泉に行くとビビに会えるのかすら?

今年も不吉な時期が近づいてきた。「ハロウィン」である。毎年のようにハロウィンの前後に猟奇的な事件が起きている。昨年は神奈川県座間市で9人殺害という凄惨な事件が起きた。この事件は「白石某という異常者による単独犯行」という事にされている。今年こそ何事も起きないようにしなければならぬ。

「サタニストはハロウィンの一か月ほど前から儀式を行う」と元サタニストが証言する動画があった。アレイスター・クロウリーの「法の書」に「子供の血を混ぜたケーキを」云々という儀式殺人を思わせる記述がある。オカルトは思想的な危険物。そういう危ない連中がいるという事を知っておくべきである。

「不吉な時期」と書いて「不吉な日」と書かなかったのは、危険なのはハロウィン当日だけではないからである。ハロウィン前後の数日、ハロウィン前の一か月ほどが危ないので警戒すべきである。白石某はツイッターのDMで巧みに被害者をおびき出したと言われるが、SNSは工作員がたくさんいるので要注意。

座間市の事件について、儀式殺人や臓器売買の可能性について言及したら、何故か畑違いであるはずの安倍信者系アカウントが湧いてきた。安倍批判や自民党批判とは何の関係もないツイートで何故彼らが絡んできたのか今もって「謎」である。裏権力の下請けのカルト信者や工作員の連中では?と疑っている。

座間9人遺体「組織的な犯罪くさい」「コイツのアパートの近くの月極駐車場に古いバンタイプの遺体運搬車がマジよく止まってた 近くに葬儀屋も無いのに」

情報をありがとうございますm(_ _)m中国は処刑した死刑囚の臓器を売買していると言われていますね。イスラエル国籍の臓器密売人がキプロスで逮捕されていました。臓器売買の国際ネットワークや国際闇市場があるのだと思います。 このアカウントの所有者はツイートを表示できるアカウントを制限しています。詳細はこちら

大変な情報をありがとうございますm(_ _)m臓器密売人が捕まったキプロスはギリシャからすると近い位置にあるので、あの辺りに臓器売買の闇組織が根を張っているのでしょうね。本当に理不尽極まりない事だと思います。ギリシャなどの外国である事が我が国では無いとは言えない、と改めて思いました。

国際手配の臓器売買組織リーダー、キプロスで逮捕 コソボ警察発表 2018年1月7日 15:51 発信地:プリシュティナ/コソボ [ ヨーロッパ コソボ ]
国際手配の臓器売買組織リーダー、キプロスで逮捕 コソボ警察発表
腎臓移植手術の準備をする医師(2012年6月26日撮影、資料写真)。(c)AFP PHOTO / BRENDAN SMIALOWSKI
【1月7日 AFP】コソボ警察は6日、国際手配されていた臓器売買組織リーダーのイスラエル人がキプロスで逮捕されたと明らかにした。
 地元メディアによると逮捕されたモシェ・ハレル(Moshe Harel)容疑者は、2008年にコソボの首都プリシュティナにあるメディクス診療所で違法に数十件の腎臓移植を行わせた疑いがある。
 コソボ警察はAFPの取材に「国際逮捕状に基づき、数日前にキプロスで頭文字MHの容疑者を逮捕した」と認めた。
 主に東欧や中央アジアの貧困地区の住民らを臓器提供者として搾取した容疑で10年近く前から当局に行方を追われていたハレル容疑者は、1万5000ユーロ(約200万円)の報酬を支払うと勧誘して貧困地区の人々に臓器提供を呼びかけていた。臓器提供を受ける側は主にイスラエル人で、移植料として最大で10万ユーロ(約1400万円)を支払っていた。
 2008年、腎臓を提供したトルコ人男性がプリシュティナの空港で倒れたことをきっかけに臓器売買組織の存在が発覚。メディクス診療所は警察の家宅捜索を受け、閉鎖された。
 欧州連合(EU)が主導するコソボの裁判所は2013年、コソボ人医師5人に対し国内で臓器売買を行った罪で禁錮刑を言い渡した。最長の刑期は禁錮8年だった。検察側は、違法に臓器を取り出された提供者たちは適切な医療措置も施されないまま「ごみ」のように扱われたと主張した。
 しかしコソボの最高裁判所は2016年、2013年の判決を取り消して新たな裁判を命じた。裁判は現在も継続中だ。
 起訴状によるとハレル容疑者は臓器売買組織の首謀者とされ、コソボのメディアが「トルコのフランケンシュタイン」と書き立てているトルコ人医師ユスフ・エルチン(Yusuf Ercin)容疑者(逃亡中)はメディクス診療所で臓器移植手術を行ったとされていた。(c)AFP

「2008年、腎臓を提供したトルコ人男性がプリシュティナの空港で倒れたことをきっかけに臓器売買組織の存在が発覚。」w

2008年w

臓器狩り【東側ルート】ウラジオストクとハンカ湖の豚コレラ(CSF)とエコフィード…

ニセコw、これってもろロリータエクスプレスじゃん。ノボシビルスクと深センかw

【深センルート】総務省の31歳キャリア官僚が5年前に自殺していた…

2002年5月のフライトw、ノヴォシビルスク、厚木基地、香港、深セン、シンガポール、タイ、ブルネイ、インドネシア…


【SPECTRE】秋元司のロリータエクスプレスと笹川w

香港雨傘革命2.0はエプスタインのロリータエクスプレスがビル・クリントンを乗せて香港に着陸したスキャンダルのスピンだなw

ギリシャがデフォルトする理由。IMFは欧にいるべきではない(2015年6月19日)

やったこと、そしてそのペナルティ、預金課税、なんかどこかの島国で起きてることと同じw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。