弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

原研高崎の風下 update14

日立の工場ができるからと川崎と横浜から深谷と大田に移住させた理由。 意図的に原研の風下に住まわせてる。 同調圧力が効かないものは高崎の原研の風下に送ってたのか。

王禅寺と浮島のストーリーの続編はもっとグロテスク。

原研の風下で利根川を挟んで北側か南側。 子供が男なら深谷市側、女なら大田市側。

機密保持義務のある担任教師が罪の意識に耐えられなくなって早期退職する話。

高価なスイミングスクールに通わされたり、 意志とは無関係に陸上部に入部させられたり、教師ではない陸上のコーチが来て 心臓に負担のかかる運動を強制される話。「未必の故意」を期待するテロ。

キモい。グロい。証拠を消すために心臓麻痺で殺そうとしてる。学校が。
まぁ目先の問題を全力でもみ消そうとするのが厄所の習性だけど、殺害してもみ消してしまおうと思ったのでしょうな。
意識がないうちに手足をちょん切って壊死した部分を証拠を消してしまえという目蒲病院のポリシーとも似てる。

看護婦の後妻と旦那が肺線維症でなくなる話と、 開業してない病院に雇われていて勤務してないのに報酬がある話。

アザのある同級生。白血病で死ぬ同級生。長生きできない同級生。 棺桶で生き返った同級生。 昭和45年妹の皮が向けた。
昭和48年49年。サッカー部が腎臓を悪くした。

八百屋の娘(当時中2)が陸上部の部長だった。 八百屋は放火され陸上部のコーチは来なくなった。

リンチ、強盗、強姦、ヤクザ。世良田や本庄でヤクザがはびこるのと、北九州で工藤会が暴れるのと、311後の日本が右傾化するのは同じ理由だな。「ゴラー、文句言うなー。ヤクザになるぞー。」ってか。

いじめというよりはリンチにあっていた妹。それを主導していた教師。 いじめから逃れるために、見かねた同級生の母親に呼ばれて毎日立ち寄らせて貰う話。 常に100点でも通信簿では5段階評価で2になる。 担任ではない教師に生徒をイジメさせる。 大人になって街で偶然会った時に逃げる教師。

創価学会に入ってないけど位が上の母。どうやら学会の嫁を紹介して縁談が成立すると位が上がるみたいな。

原研高崎の風下の住民はしょっちゅう被曝してた。加速器で照射する実験体によって発生する希ガスはいろいろ変わったはず。 しかも実験なので何が発生するか判らずフィルターできない。そのまま垂れ流していた。

風下の住民に入院させると紹介料1万円、入院すると15万円/月の報酬、年度区切りに100万円のボーナス報酬の話が出回る。 自分の子供を入院させ殺した親が沢山でたそうだ。

4人も入院させてしまうと毎月60万円の収入になり、年度の締めに100万円x4=400万円のボーナス収入になったとか。

どうも病院がやっていたのは何かクスリの人体実験みたいだ。

たった15万円/月の為に実の兄弟姉妹を売ってしまうというのはショックだわ。 もちろん兄弟の間でも口論になったが、結局は誰もカネを稼げないのだからと自分の身内を売ることになった。 僅かなカネで何でもやっちゃうってとこがグンマーを拠点にした理由だわ。

グンマーは喧嘩になるとその場から立ち去るだけで真相の追求はしない、コミュニケーションもとらない。そんなとこも有利だったのかも。

311が原因のように見えるが、昭和30年代から白血病は多かったらしい。 夏の風向きは原研高崎から北に吹くのだ。

「高崎駅からも遠くないです
この周辺は昔から知恵おくれの子は多い
それが原研のせいなのか、農薬散布のせいなのかは 微妙
重なってるんですよ」

「うちの近所にこの原研のOBが居たのね

とっとと子供二人を海外へ留学させましたよ
そして奥さんのお母さんが癌だったから 看取ったら、高崎の家を処分して沖縄に家でも買うって言ってた
子どもが帰国した時に群馬は無理だって
でも、去年に2月に私が沖縄への引っ越し済ませて戻ったら もう居なかった」

「群馬県は思いっきり原子力村です
うちから車で20分かからない場所に原研があるんだけどね
原発は無いけどやばいものはあるよ
お漏らしもあったときいてます」

実際に起きていたことはあまりにもグロテスクだった。

あまりにもヤヴァいので河野洋平がCTBT高崎をつくった背景?

以上の背景の下、1995年7月に河野洋平外務大臣(当時)が軍縮業務を円滑に行うための国内体制の強化を提唱し、これを受けて、1996年7月に(財)日本国際問題研究所に軍縮・不拡散促進センター(軍縮センター)が設置されました。


高崎原研が決定した昭和37年7月11日 「設置にともなう放射能の危険や河川、下流の汚染に対する心配はないばかりでなく、本中央研究所には放射線化学用原子炉の建設は考慮していないことをあわせて明らかにしておきたい。」


「近く高崎研に30万キュリーが現れようとしてる。」昭和38年5月25日 こえー。王禅寺みたいに何か過激な実験をやったのだろうな。


コバルト60中間規模試験室、定常2メガ電子ボルト加速器中間試験室、 アイソトープ工学実験室、モックアップ試験室


目的は明確ではないが30万キュリー持ってる高崎。


昭和39年5月5日に高崎の転機が来る。 高崎の原研が仏カダラッシュの高速増殖炉「ラプソディ」と提携。
「原研高崎研究所にフランスの中性子照射技術の導入」

ぐげ。これが原因か。


フランス原子力庁のパスカル総務局長と仲良くなる高崎。


「最大出力3MeV、5ミリアンペア(15KW)の直流だが、 必要があれば容易にパルス運転もできる、 縦型ガス封入コックロフト型である。」
直流だけどパルス運転もできる日立製作所製の電子加速器
またオマイラか。


大塚研究員が3.6レム、田中研究員が450ミリレム被曝事故。昭和39年12月5日 3.6レム=0.036Svて結構浴びたな。今の基準だと被曝限度50mSv/年ですけど。

昭和39年だと時代が12年くらいズレるのか。なのでさらなる調査ちう。

当時は何の知見もなく垂れ流してたのだろう。それで風下が20万年汚染されるとい悲劇。しかしこの周辺環境を汚染しまくる伝統はJ-PARCに引き継がれている。茨城県大洗と高崎は研究所誘致で競争してたのだし。

被曝した子供をスイミングスクールや陸上部に入れて、しかも教師ではないコーチを連れてきて子供に部長をやらせ真夏の炎天下に猛特訓させる。要するに心臓麻痺を期待してやってたんだよね。しかも責任を取らなくていいように子供にやらせていた。証拠を消すためにはそこまでやってた日本。

311から大飯原発再稼動までの間に大津でいじめ自殺事件が「タイミングよく」起きたわけだけど、まぁ同じだわな。文科省→県教委→市教委→校長→教頭→教師→生徒という気持ち悪い恫喝ラインがあるのが明白でしょ。殺意があるので恫喝という言葉は間違ってるかもしれんが。


外来研究員募集。なんで募集?偽装研究?


エチレンの高重合なんていうとワカワカメだけど、 ナイロンを開発したデュポンがハンフォードの製造炉を作ったことを知っていればこの協定の意味がわかるだろう。

日仏協定が成立。米と違って特許は日本のものになるのだとか。日米の地位がわかるよーな。 結局、仏との高速増殖炉の開発はやらなかったのか?

昭和47年(1972年)2月26日の外務省で日仏原子力協定締結の後ろでおきていたのはあさま山荘事件だった。この辺のグンマーと仏との関連が面白い。 神保玲子

あ、わかったー。 この頃の放射線化学で仏との技術提携が必要だったのは 1975年に稼働した東海村再処理工場だな。

「9番」を「あさま山荘」でスピンしたんだわな。




まだ募集してる。偽装研究テーマは民間にやらせてるのか。



「二号加速器(3MeV、5ミリアンペア、15KW) の組立て、据付工事が急ピッチで進められている。 この加速器は、コックロフト型電子線加速器で、 とくにトリオキサンの放射線固相重合の 本格的な試験、研究のために利用されるものである。」


「中間規模試験」を「開発試験」に変更。


「とくにこの三号加速器は、工業用X線装置としては 世界最大といわれ、 最高加速電圧はマイナス200キロボルト、 電子電流は約1アンペアで、 電子線とγ線との中間の透過度を狙ったものである。
…製作は東京芝浦電気㈱。」


1号加速器の第1開発室は13人の研究員で民間からはただ1人、 1号加速器の第4開発室でポリエチレンの開発、 2号加速器は第3開発室12人の研究員で民間から4人、 3号加速器は設定中で、じゃあ第2開発室は何やってるの?w


仏から二人目の技術者。 エチレンの重合の研究じゃないな。 ブルックヘブンと某巨大化学会社の名前が。たぶんデュポンだな。
JFK暗殺の原因となった「N-Reactor」とは


東レはふつうの研究を望んでいる。しかし放射能を垂れ流すビジネスなのだ。


東レと高崎研。その程度の成果物しか得られないのならやめるべき。


線源にコバルト60の他にセシウム137を使ってる。さらにクリプトン85も追加。


りんごとじゃがいもに照射。おいおい水素がトリチウムに核変するだろと思ったぞ。


何かブルックヘブンと「②炉内放射線化学」で共同研究。


紫外線で分解するプラスチック


「われわれは長いあいだ、原子力発電はもうかる、 しかも短期間に大規模化する仕事だという”神話”にだまされてきた。 現在われわれに残されている希望は ”原子力発電がいずれ在来式発電と経済的に競争できるようになるだろう” ということだけである。」w (AI社チョンシー・スター社長)





「放射線による排煙処理」?


メガネのレンズのコーティングて放射線使うのか。ぶへー。


昭和49年ころの農薬のようなのを原研高崎が開発してたってこれだな。 うーむ。これで周辺が汚染されるのか?


旭硝子。


清酒を放射線で透明にする。トリチウム水ならぬトリチウム清酒か。飲めないだろ。


ガラス、電線、レンズ、食品照射。


放射線(ガンマ線)照射をビジネスにつなげようと何でも照射していた。

EPAの自然発生と加速器生成の廃棄物の処分
Disposal of Naturally Occurring and Accelerator-Produced Wastes

Accelerator-Produced Materials

Accelerator-produced radioactive waste is produced during the operation of atomic particle accelerators for medical, research, or industrial purposes. The accelerators use magnetic fields to move atomic particles at higher and higher speeds before crashing into a preselected target. This reaction produces desired radioactive materials in metallic targets or kills cancer cells where a cancer tumor is the target. The radioactivity contained in the waste from accelerators is generally short-lived, less than one year. The waste may be stored at laboratories or production facilities until it is no longer radioactive. An extremely small fraction of the waste may retain some longer-lived radioactivity with half lives greater than one year. There are no firm estimates of the amount of this type of radioactive waste; however, it is generally accepted that the volume is extremely small compared to the other wastes discussed.

そもそも加速器で粒子を照射すると半減期は1年以内のものだけど放射能は発生するもの。

米NRCの自然発生と加速器生成の放射性物質Naturally-Occurring and Accelerator-Produced Radioactive Material (NARM) Toolbox

原子炉でなくても放射能は加速器で発生するものなのだ。←知らなかったw

えぇぇ。じゃぁ高崎の原研には3台の加速器があり、ポリエチレンだのりんごやじゃがいもだの何でも照射する度に半減期の短い放射能が発生し周辺に撒き散らされていたということなのだな。

もっと言えば、高崎の原研は照射サービスをしていた。プラスチック、りんご、じゃがいも、レンズのコーティングなどなど。実験なので加速器で粒子を当てた時にどんな放射能が放出されるかわからなかったはずだ。なので何をフィルターすればいいのか不明だったはず。周囲に垂れ流すしかないのだ。

半減期が短いからと言ってるがトリチウムができれば半減期は12.3年なのだよ。加速器をぶつける材質によって半減期が短い物質が生成されるという根拠はどこにもないのだよ。これが100年以上消えないで残ってしまった農薬の正体だろ。

もんじゅのジレンマに似てますな。

狭い国土を半減期20万年の核種で汚染するリスクを冒したわりには大した成果物がない。そこがいちばん悲しいですな。

「加速器産業支える」盛岡で講演会

河北新報 10月27日(月)9時52分配信
岩手、宮城両県にまたがる北上山地が候補地の超大型加速器「国際リニアコライダー(ILC)」など次世代の加速器をテーマに、公開学術講演会「加速器科学が未来を拓(ひら)く」が25日、盛岡市の岩手大で開かれた。日本学術会議東北地区会議の主催。
 日本学術会議の大西隆会長は「加速器科学は比較的新しい学問で、非常に応用分野が広い。可能性を秘めたツールだ」とあいさつした。
 基調講演で、東北大電子光理学研究センターの浜広幸教授は、ILCとともに東北への設置が期待される放射光施設を紹介。「世界で最先端の施設と遜色ない光が使えるようになる。東北の産業を支える研究がさらに発展する」と述べた。
 医療やものづくり、生命科学の専門家による加速器の応用に関する講演もあり、市民ら約120人が理解を深めた。
最終更新:10月27日(月)9時52分
加速器の研究というのは何か素材に粒子をぶつけて放射能を周辺にバラ撒く研究だ。 しかも何が発生するのかわからないので垂れ流すしかないという。 そこまで犠牲を払った割りには高崎の成果物は大したことなかった。 王禅寺の人体実験を見ればわかるだろ。あれって「医療」か?w

東工大元教授 研究費詐取疑いで追送検 2月16日 14時42分
東京工業大学の元教授が在職中、業者からの備品の購入を装って1400万円余りの研究費をだまし取ったとして逮捕・起訴された事件で、元教授がさらに研究費など3600万円余りをだまし取っていたとして、警視庁から追送検されました。 元教授が不正に受け取った研究費などの総額は1億円を超えるということです。

追送検されたのは、東京工業大学大学院の生命理工学研究科の元教授、岡畑惠雄被告(67)です。
岡畑元教授は在職中だった平成21年から翌年にかけて、東京・世田谷区の化学製品販売業者から薬品などを購入したように装って研究費合わせて1400万円余りをだまし取ったとして、去年、詐欺の罪で逮捕・起訴されました。
その後の警視庁の調べで、岡畑元教授が平成20年から平成25年にかけて、別の都内の業者から薬品を購入したりアルバイトに給与を払ったりしたように装って研究費など3600万円余りをだまし取っていたとして、詐欺の疑いで追送検されました。
警視庁によりますと、調べに対し容疑を認めているということです。
元教授が不正に受け取った研究費などの総額は、1億円を超えるということです。
東京工業大学は「今後の捜査や裁判で元教授が不正に受け取った総額が確定ししだい、本人に返還を求めていく」としています。

総額7000万円東工大研究費詐取の疑いの東工大院元教授。 科学技術振興機構(JST)経由でも研究費が?
文科省のカネで原発ムラの会社を飼う手法なんだ。

「二官能性高分子触媒による加水分解に関する研究」
これって高崎原研でやってた加速器でポリマーの重合を起こすやつじゃーんw

文科省の研究費を裏金にして「だまし取った金は車の購入費などに充てたとみられているが、他に親族のマンション購入費に使った疑いがあることも新たに判明。」
やるなー。で、風下の住民は加速器で発生した放射能で被曝か。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。