弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

ファイナル・ファンタジーじゃなくてバイオハザードだぁw。気付かなかったぁw。CSF亜種が2.1bなら韓国で2.1dなら中国、2.1xならギフハフ団w update3

2018年8月1日中国当局は3日、中国北東部・遼寧省の瀋陽(しんよう、Shenyang)市で1日にアフリカ豚コレラ(ASF)の感染が国内で初めて確認されたと発表。ブタ336頭を処分。
2018年8月11日映像アーティストのスギモト・トモユキが北朝鮮旅行中に拘束される←ファイナル・ファンタジーじゃなくてバイオハザードだぁw。気付かなかったぁw。
2018年8月17日岐阜市野一色の県総合医療センターのホームページを管理するサーバーが外部から攻撃を受け、改ざんされた
2018年8月20日 「Y&M藤掛第一病院」 死亡した患者が入院していた3、4階のエアコンについて「20日から故障していた」
2018年8月21日岐阜市大蔵台の道路と岐阜市諏訪山の山裾で、CSFに感染して死亡した野生のイノシシ2頭が発見される
2018年8月24日岐阜市野一色の県総合医療センターMRI冷却用ヘリウムガスが爆発「ドーンという音がした」野一色(のいしき)の岐阜県総合医療センターの前身は岐阜陸軍衛戍(えいじゅ)病院w。731部隊かw
2018年8月26日 「Y&M藤掛第一病院」で老人4人が26日夜から27日午前にかけて相次いで熱中症で死亡
2018年8月26日北朝鮮、拘束日本人を追放へ 「日本人観光客『スギモト・トモユキ』を寛大に許す」【@Hagexの呪い】四谷三丁目「純喫茶ルフルール」スギモトトモユキ(_@sugimoto)は暗殺者の店じまいのスケープゴート?
2018年9月3日岐阜市畜産課から県の中央家畜保健衛生所に、死亡豚1頭の病性鑑定依頼があり、病性鑑定と精密検査をしたところ、豚コレラの疑いが生じた。国の農研機構動物衛生研究部門(茨城県つくば市)に精密検査を依頼し、9日午前6時ごろ、陽性が判明した。
2018年9月12日トレンドマイクロが閲覧履歴を外部送信wネット閲覧履歴を自社のAWSではなく中国へ外部送信してたトレンドマイクロがApp Storeから消えるw。ニチギンの敗戦
2018年9月13日感染していた1頭目が養豚場から北西約7キロの岐阜市打越の水路で死んでいる状態で発見される。
2018年9月14日米司法省が中国の大連拠点のラザラスを指名手配米司法省がWannaCryとソニー攻撃で中国の大連拠点のラザラスの Park Jin Hyok を起訴

豚コレラ イノシシで陽性反応 発生農場近くに死骸 岐阜県 2018年09月15日
 農水省は14日、豚コレラが発生した岐阜市の農場から7、8キロの地点で野生のイノシシの死骸から同病の陽性反応が出たと発表した。岐阜県の遺伝子検査で判明し、農研機構動物衛生研究部門が確認している。事態を受けて同省は同日、都道府県に対して死亡した野生のイノシシのウイルス検査を求める通知を出し、監視を強化した。また、農研機構が同県で発生した豚コレラウイルスの検査結果を発表し、韓国、中国の発生と同グループとした。
 死亡していたイノシシは、13日朝に住民が岐阜市に通報。県の遺伝子検査で14日早朝に陽性反応が出た。死亡イノシシの確保場所は消毒済み。同県は陽性反応を受け、死亡イノシシの確保場所から10キロ以内を調査対象区域に設定。同区域内で豚とイノシシを飼う9カ所について、10月12日までの28日間、1日2回の定期報告と、異常を発見した場合の緊急報告を求めた。
 同省は岐阜県以外の都道府県に対し、死亡した野生イノシシを見つけた場合には検査するよう要請。同県は、捕獲した生きたイノシシも検査することとした。
 野生イノシシの移動範囲は通常、2、3キロという。国際獣疫事務局(OIE)の清浄国認定には、野生動物での発生は影響しない。
 農研機構は同県で発生した豚コレラウイルスが、2016年に韓国、15年に中国で見つかったウイルスと同じサブジェノタイプ2・1のグループだとした。同グループのウイルスが日本で見つかったことはなく、同部門は「ウイルスは海外から侵入した可能性が高い」とみている。
 同グループのウイルスは過去に欧州でも見つかっている。日本国内で同グループのワクチンを使ったことはない。

中国のASF

アフリカ豚コレラ、中国で初めて発生 47頭死亡 2018年08月03日 23時52分
中国のインターネットには、瀋陽市瀋北新区の養豚場が豚コレラ発生により封鎖されたとの通知令状が出回っている(weibo)
日本の農林水産省によると8月3日、中国遼寧省瀋陽市にある養豚場で、アフリカ豚コレラによる発生が確認された。これまで東ヨーロッパなどで発生例が報告されていたが、中国では今回が初めて。
農水省によると、瀋陽市瀋北新区の1件の養豚場で飼養する383頭中、47頭がアフリカ豚コレラにより死亡したという。発生原因は明確にされていない。
瀋北新区政府の通知や新華社の報道によると、この養豚場で1日までに大量死した豚を中国動物衛生流行病学センターが検疫したところ、3日に豚コレラであると判明した。同政府は消毒と防疫処理が終わるまで入域できないよう、周辺道路の封鎖令を出した。
ソーシャルサイトには、豚コレラの発生が確認されたとみられる養豚場を映した動画が出回っている。動画によると、周辺は立ち入り禁止となっており、防疫服を着た作業員が消毒作業を行う様子が映っている。
アフリカ豚コレラは、豚やイノシシにとって致死性の高いウイルス性伝染病で、ダニによる媒介か直接接触で感染する。東ヨーロッパでは継続的に発生していることから、人や物の移動、野生動物を介した蔓延が危惧されている。
ロシア、ポーランド、ハンガリーなどに発生例が報告されており、日本の近隣国では2016年に韓国北部と南部の済州島でそれぞれ1件発生した。
農水省は家畜伝染病予防措置として7月、夏季休業期間における畜産業従事者の海外渡航の自粛、飼養場の衛生管理基準の順守と防疫対策を通知した。
また、近年は中国や韓国など東アジアを中心に訪日外国人観光客が増加していることから、口蹄疫や豚コレラなど家畜伝染病の感染リスクが高まっているとし、農水省は生産者や各自治体、関連組織に対して防疫対策の徹底するよう通知している。
(編集・甲斐天海)

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。