弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【予防的殺処分】「なぜ、そうなるのか分からない。生産者のことを何も考えておらず、信じられない」 update4

スリランカの連続爆破の解読の鍵はたろうのカレーだ。イスラム国™の犯行声明じゃないw

国、農家支援策示さず 県が豚コレラ対策で質問状提出へ  2019年04月25日 08:03
 家畜伝染病「豚コレラ」の感染が広がっている問題で、農林水産省消費・安全局の新井ゆたか局長が24日、岐阜県庁を訪れ、河合孝憲副知事と面談し、県内の養豚場に飼育豚の早期出荷を求める考えを示した。河合副知事は「農家への補償や支援の内容が分からないうちは農家に説明できない」とし、県から農水省に質問状を出す考えを示した。面談は非公開だった。
 県によると、新井局長は早期出荷の補償として、全国平均の枝肉の価格を基に算出すると説明。一方で早期出荷で豚舎を空にした後の人件費などの固定経費、農場の改修費、経営の再開支援、と畜場など影響を受ける関連産業への補償など、具体的な支援策はほとんど示されなかったという。
 また、古田肇知事が23日に農水省で小里泰弘副大臣と面談した際にも、具体的な支援策が示されないまま「25日までに(早期出荷について)返事がほしい」と要求されたという。面談後、河合副知事は「行政が決める前に、農家に正確に伝え、意見を聴いて見極める必要がある」と話した。
 県内27の民間農場のうち、早期出荷の対象と想定される地域には17農場あり、約3万7千頭の豚を飼育。県内の養豚農家からは早期出荷や予防的殺処分について「乱暴だ」などと反対する声が上がっている。

同調圧力をかける側だったはずなのに、いまでは国から不条理な同調圧力かけられる側に変わったw。しかも何に同調すればいいのかも明確になってない。「なぜ、そうなるのか分からない。」まさにこれこそが同調圧力w。

「ダブル・シンク」でまったく無関係なことを使ってターゲットに報復するのが同調圧力だった。これは散々やられたw

豚コレラの国の方針「一定地域で早期出荷し養豚休業」 古田岐阜県知事が実施に慎重姿勢 4/24(水) 17:02配信 東海テレビ
東海テレビ
 豚コレラの広がりを受け、一定の地域で業者に養豚の休業を求めるとした国の方針について岐阜県の古田知事は、「簡単に物事は進むとは考えづらい」と実施には慎重な姿勢を示しました。
古田岐阜県知事: 「そう簡単に物事が進むというようには考えづらいのではないか」
 岐阜県の古田知事は、24日の会見でこのように述べ、23日国が提案した豚コレラの抜本的対策として一定地域の養豚場に豚の早期出荷を求めるとした方針について、実施には慎重な姿勢を示しました。
「早期出荷」は豚コレラに感染した野性のイノシシが見つかった場所から10キロ以内の養豚場で、全ての豚を出荷させることで一時的に豚舎を空にして感染拡大を防ぐものです。
 岐阜県内では、21の市と町で感染した野性のイノシシが見つかっているため、美濃地方のほとんどの養豚場が「早期出荷」の対象となる可能性があります。
 古田知事は「早期出荷は、養豚農家の同意がなければできないので、国の支援策を確認したうえで養豚農家と話し合っていきたい」としています。
東海テレビ

豚コレラ発生地域での予防的殺処分を検討 農相明らかに 岐阜、愛知両県と協議 会員限定有料記事 毎日新聞2019年4月23日 16時56分(最終更新 4月23日 17時02分)
吉川貴盛農相
 吉川貴盛農相は23日、閣議後の記者会見で、発生が続く豚コレラについて「次善の策として予防的殺処分が考えられる」と述べ、実施を検討していることを明らかにした。発生地域の農場の豚を早期出荷で空にするよう要請し、応じない場合に殺処分に乗り出す。
 吉川農相は「地元の県との合意も必要だ」と説明し、岐阜や愛知と具体的な協議を進める見通し。養豚業界から要望が出ている豚…
目が座っているw

豚コレラの予防的殺処分 戸惑う地元養豚業者「なぜ、そうなるのか分からない」 毎日新聞2019年4月23日 20時34分(最終更新 4月24日 00時37分)
予防的殺処分についても検討される豚コレラの感染拡大問題。写真は豚コレラが確認された養豚場で豚の殺処分をする関係者ら=愛知県で2019年3月27日午後3時12分、本社ヘリから山崎一輝撮影
 吉川貴盛農相が言及した飼育豚の予防的殺処分について、豚コレラの感染が広がる岐阜県の養豚業者からは戸惑いの声が上がった。一方、同じく感染拡大が深刻化する愛知県では23日、小里泰弘副農相が大村秀章知事と会談し、一部の養豚場に早期出荷を要請した。【岡正勝、道永竜命】
 岐阜県養豚協会の吉野毅会長は、予防的殺処分について「なぜ、そうなるのか分からない。生産者のことを何も考えておらず、信じられない」と怒りをあらわにし、国への不信感を募らせた。吉川農相は記者会見で、養豚業者が要望する豚へのワクチン接種について「最後の最後だ」と発言したが、吉野会長は「もう最後という時期だ。事実として感染拡大に歯止めがかかっていないではないか。ワクチン接種で感染は防げる話だ」と指摘。早期のワクチン接種を改めて訴えた。
会談後に取材に応じる小里泰弘副農相(左)と大村秀章愛知県知事=愛知県公館で2019年4月23日、共同
 一方、愛知県公館で大村知事と会談した小里副農相は、遺伝子検査で陽性反応が出た野生イノシシが確認された地域の10キロ圏内にある養豚場について、早期出荷などで豚舎を空にするよう要請。大村知事は「現場の農家のみなさんの理解を得ながら取り組みを進めたい」と一定の理解を示した。
 愛知県によると、県内でこれまでに陽性反応が出た野生イノシシが見つかったのは春日井、犬山の2市で、10キロ圏内には瀬戸、小牧の2市に二つの養豚場(計数百頭)があるという。小里副農相によると、出荷段階になっていない子豚も含めて対象養豚場の豚を出荷し、豚舎が空になった段階で更衣室やシャワールームといったハード面の整備を進め、飼養衛生管理基準の徹底を求めたという。
 一方、県内の豚飼育頭数の3割を占め、県内の感染9例中4例が確認されている田原市の養豚場は今回の要請対象に含まれていない。小里副農相は「県の意向も伺いながら、進めるべきなら進めたい」と述べ、状況次第では田原市などの養豚場も対象に含める考えを示した。一大産地の同市で早期出荷となれば、業界に与えるダメージは大きく、県の担当者は「関係業者が多く、軽々に判断できない。早期出荷となれば、食肉処理場も空になるし、食肉業界全体のコンセンサスが必要だ」と困惑気味に話した。

豚コレラ対策 すべてのブタ出荷し消毒 予防的殺処分も検討 2019年4月23日 18時39分
ブタの伝染病の豚コレラの発生が岐阜県や愛知県を中心に続いていることから、農林水産省は、発生が続く地域を対象に養豚場のすべてのブタを出荷して一時的にブタがいない状態にして徹底的に消毒する早期出荷の検討を進めています。
豚コレラはヒトに感染することはありませんが、ブタには強い感染力がある伝染病で、去年から、岐阜県と愛知県を中心に発生が続き、ブタを殺処分した養豚場などは40以上に上っています。
こうしたことを受けて、農林水産省は、岐阜県と愛知県の豚コレラの発生が続く地域を対象に、養豚場にいるすべてのブタを出荷することを要請し、施設の消毒などを徹底的に行う早期出荷の検討を進めています。
また、なんらかの理由で出荷できない場合には、感染していないブタを予防的に殺処分し、農家には経済的な補償をすることも検討しているということです。
こうした対策は、宮崎県で9年前にウシの伝染病の口てい疫の発生が続いた時に実施されています。
農林水産省は「すぐに実施するものではないが、対策の一つとして検討している。豚コレラを抑えるためにあらゆる手段を準備しておきたい」と話しています。

豚コレラ感染拡大の防止に「早期出荷」や「予防的殺処分」を検討 農水省 4/23(火) 17:00配信 CBCテレビ
CBCテレビ
 豚コレラの感染拡大を防ぐため、国は、農場に豚を早期に出荷させたり、「予防的な殺処分」を取ったりすることを検討していると明らかにしました。
 22日、愛知県瀬戸市の養豚場では、国内22例目となる感染が確認されるなど、豚コレラの拡大が続いています。
 「監視下にある農場のブタの早期出荷ができるかどうか、あるいは、予防殺処分というのも考えられる」(吉川貴盛農林水産相)
 吉川農林水産大臣は、23日の会見で、豚コレラが発生した場合、その地域の農場で飼育するブタを早期に出荷することや、「予防的な殺処分」を検討していると明らかにしました。
 一方、ブタへのワクチン接種については、これらの対策を講じた後の最終的な手段だとの認識を強調しました。
 一方、小里農林水産副大臣が、23日午後、愛知県の大村知事を訪ね、「予防的殺処分やワクチン接種の前に、ブタの早期出荷が、やるべき対策」と話しました。
 具体的には、野生のイノシシの陽性反応が確認された地点から10キロ以内の愛知県の瀬戸市と小牧市の2つの養豚場の豚すべてを出荷させたい考えで、大村知事は、今後、関係者との調整に入るということです。

養豚業界全体を始末するのか? 驚いた。世界はバンパイアの識別方法と退治方法を知っていたみたいだ。

「なぜ、そうなるのか?」その答えがこれ…

【ギフハフ団】禿のBTC145億円損失報道でSBI北尾吉孝が「カス中のカス中のカス」だったことをWSJにいまさらながら暴露される。2017年暮れから2018年序盤のコインチェックとアソー…

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。