弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

美濃加茂市の県畜産研が豚コレラを発生させて「白川ポーク」「美濃ケントン」「瑞浪ボーノポーク」の種豚を壊滅させてしまう怪w update6

県畜産研で豚コレラ 飼育豚500頭殺処分へ 2018年12月05日 11:36
豚コレラの発生確認を受け、防護服姿で施設に入る作業員ら=5日午前9時57分、美濃加茂市前平町、県畜産研究所  埋却作業のため重機を搬入する作業員=5日午前8時25分、美濃加茂市前平町、県畜産研究所 

   岐阜県美濃加茂市前平町の県畜産研究所養豚・養鶏研究部で、家畜伝染病「豚(とん)コレラ」に感染した疑いがある飼養豚が見つかっていた問題で、県は5日、国の遺伝子解析により感染が確認されたと発表した。豚への感染は3例目で、県の施設では初めて。県は同施設で飼育する約500頭の豚を全て殺処分する。これまで防疫対策を主導してきた県の施設で感染が見つかり、県は抜本的な対策の見直しを迫られる。
 同研究部では県のブランド豚「ボーノポーク」の種豚を飼養。種豚が殺処分されると生産農家は供給源を失う。一部の民間農場でも種豚を保有しているが、霜降り肉の品種改良など、ブランドの再構築には数年かかるとみられ、県畜産業界に深刻な影響を及ぼす可能性がある。
 県は5日午前8時半すぎから県家畜伝染病防疫対策本部員会議を開催。古田肇知事は「防疫態勢として十分に取り組んでいるはずの、県の畜産政策の要である研究機関で発症したことは誠に申し訳ない」と謝罪。農林水産省の指針に基づき、24時間以内に殺処分、72時間以内に埋却や消毒作業を行う。
 県によると、先月16日と26日に研究部で食欲不振の豚が見つかったが、血液検査や遺伝子検査で陰性を確認。同30日から今月3日にかけて4頭が体調を崩したため、県が遺伝子検査を行ったところ、感染を疑わせる結果が出たため、国にも検査を依頼していた。
 県畜産研究所養豚・養鶏研究部は岐阜市の1例目の発生農場から約15キロの距離。県は半径10キロ以内の関市や美濃加茂市などの5農場(計8978頭)を搬出制限とし、同じ食肉処理施設を利用していた2農場に立ち入り検査を実施する。
 今年9月9日に岐阜市の養豚場で1例目の感染が発覚。11月16日には同市の畜産センター公園で2例目の感染が判明。感染した野生イノシシは今月4日までに63頭に上り、美濃加茂市に隣接する可児市や加茂郡坂祝町、同郡八百津町にも広がっていた。
               ◇

 岐阜県で3例目の豚コレラが発生したことを受け、農林水産省は5日、対策本部の会議を開催した。吉川貴盛農相は「県の研究所で発生したのは極めて重要だ。影響が大きい」と述べ、早急に対応するよう指示した。
               ◇

 美濃加茂市前平町の県畜産研究所では5日午前6時半ごろ、建設作業員約20人が埋設予定地近くでブルーシートを張る作業を開始。埋却作業に使う重機が次々と出入り口から入った。
 出入り口付近には、3棟のテントが設置され、県職員らが薬品類などを矢継ぎ早に並べたり、消毒用の石灰をまいたりした。午前9時半ごろからは、白い防護服の県職員らが次々と所内に入った。埋却予定地では、重機が立ち木などを除去する作業が行われた。

◆「早く手を打って」 住民説明会
 美濃加茂市前平町の県畜産研究所で豚コレラに感染した飼育豚が確認されたことを受け、県は5日朝、市生涯学習センターで地域住民への説明会を開いた。
 約25人が出席。同研究所長ら3人が、感染疑いのある豚が確認されてからの経緯や、今後の防疫措置などを説明。質疑応答を含め約1時間で終了した。同研究所近くに住む無職男性(69)は「市内で養豚業を営む人にとっては大変な出来事だ。県は早く手を打ってほしい」と求めた。

岐阜県の畜産研究所内で豚コレラが発生。県のブランド豚「ボーノポーク」の種豚を殺処分することに、なんでこんなことが起きる?w

県畜産研で豚コレラか 飼育豚、検査で疑い 2018年12月05日 07:51
 岐阜県内の飼育豚や野生イノシシに家畜伝染病「豚(とん)コレラ」の感染が広がっている問題で、県の遺伝子検査で、美濃加茂市前平町の県畜産研究所養豚・養鶏研究部の飼育豚から豚コレラウイルスの感染を疑わせる反応が出ていたことが4日、分かった。国が確認の検査をしており、5日早朝にも結果が判明する見通し。陽性が確定すれば、豚への感染は3例目で、県の施設では初めてとなる。
 同研究部では約500頭の豚を飼育しており、陽性が確認された場合、県は24時間以内に全頭を殺処分し、72時間以内に埋却や消毒作業を行う。県は職員を待機させるなど万一に備えている。
 3日夜、同研究部の飼育豚の遺伝子検査を行ったところ、検体によって陽性、陰性の反応が分かれたため、4日に改めて2度検査したが同じ反応で、感染の有無を確認できず、国の研究機関へ検体を送った。
 同研究部は1例目の岐阜市の発生農場から約15キロの距離。11月16日に同市畜産センター公園で2例目の豚の感染が見つかったほか、12月4日までに野生イノシシ63頭の感染が確認され、美濃加茂市に隣接する可児市や加茂郡坂祝町、同郡八百津町にも感染が広がっている。
 9月9日に岐阜市の農場で豚コレラが確認されて以降、県が主導して農場の防疫や野生イノシシの感染拡大防止に努めてきたが、県施設での感染が確定すれば、県は抜本的な対策の見直しを迫られる。
 県畜産研究所養豚・養鶏研究部は、「ボーノポーク」「けんとん」などの県産ブランド豚の肉質向上や品種改良、増産技術の開発、加工品の開発などの研究を行う県施設。優良種の人工授精用精液の生産や販売を通して県内の豚肉生産基盤を支えており、感染が確認された場合は県産ブランド豚肉の生産や流通に大きな影響を及ぼす恐れがある。

「ボーノポーク」「けんとん」w

「優良種の人工授精用精液の生産や販売を通して県内の豚肉生産基盤を支えており、感染が確認された場合は県産ブランド豚肉の生産や流通に大きな影響を及ぼす恐れがある。」

やっぱり。人工授精だのPCR法遺伝子解析だのが通常業務だったのかw。狙い撃ちされてるw

これは岡山畜産研w

岐阜県畜産研、豚の飼料にコメ「肉の風味向上」 2018/1/6 1:31日本経済新聞 電子版
岐阜県の農業研究機関、岐阜県畜産研究所養豚・養鶏研究部(美濃加茂市)は豚に精米したコメを与えると肉の風味が向上するという研究結果をまとめた。食生活の変化や少子化に伴ってコメの需要開拓が重要になっており、豚の飼料としてコメの活用法を広げる。
養豚では一般的に飼料としてトウモロコシを中心とする穀物を使う。同市の県立加茂農林高校の教職員や生徒の協力を得…

飼料に汚染米が混ざっていて、それを食べた「ボーノブラウン」の免疫力が下がっただけなんじゃね?

さて、ここから突然ASFの研究ですw

トップのJICAのマークが気になるw→アフリカ豚コレラ (African swine fever: ASF)

罹患動物
ブタ科 (Suidae) の動物が感受性を持つ。臨床症状を伴う症例は家畜の豚とヨーロッパイノシシの近縁種に限られる。アフリカに生息する野生ブタ類 (イボイノシシ、カワイノシシ、ジャイアントモリイノシシ) は、ウイルスに感染しても発病しない。これらの動物は、軟らかい殻を持つ無目のヒメダニ科のダニ (訳者注: オルニトドロス属、Genus Onithodoros) とともにアフリカ豚コレラウイルスの自然宿主を形成している。
ダニだわw

剖検所見
急性の経過で死亡した豚の臓器には異常所見はみられない。皮膚が白い豚では、耳や四肢末端、胸や腹部にしばしば出血を伴う青紫色のチアノーゼがみられる。鼻孔や口腔に血液の混じった泡沫液が、また膿性の目ヤニなどが観察される。尾と尾の下部は出血性下痢便で汚れがみられる。剖検時の所見は下記の通りである:
・血液を含む胸水および腹水;
・器官と体表にみられる広範囲の出血;
・臓器、組織の鬱血;
・脾臓の腫大;
・リンパ節の出血性腫大;
・肺は軟らかく光沢と重量感があり、小葉間結合は明瞭で、割面は湿潤状態で泡沫状分泌液を満たす;
・気管は血液を含む泡沫液を満たす;
・腎臓漿膜面の点状あるいは斑状出血;
・胃の出血と潰瘍;
・腸は鬱血し腸管内容は血様である。

うーむ。アフリカ産でダニと出血かぁ。どこかで聞いたよーな症状の必死なフィクションw…、エボラ出血熱w
アフリカの放射能被害をエボラと呼び、それを揉み消すボコハラム

















投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。