弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【爆破弁】スペイン・バージョンを国内に持ち込む使徒たちw update4

ジュゼッペ・レムッツィ(Giuseppe Remuzzi)所長、2019年11月にイタリア北部で得体のしれない肺炎が発生していた…

【スペインの爆破弁】岡部信彦・川崎市健康安全研究所長(73)「新型コロナはそこまでのものではないと考えているからです。」w

休校中にスペイン旅行の家族、検疫法に抵触か 成田で検査結果待たずに沖縄へ出発 2020年3月24日 05:00
 【東京】スペイン旅行から帰国後に新型コロナウイルス感染が確認された県内の10代女性の事例について、厚労省は23日、成田空港検疫所での検査結果を待たずに空港内を出た行為は「検疫法13条に基づく検査を拒んだという解釈も可能」とし、女性や同行した家族らが同法に抵触する可能性を示唆した。
拡大する (資料写真)那覇空港
 同省は検査を巡るやりとりの詳細は調査中とし、今回のケースが直ちに違法かどうかは明言しなかった。待機要請に応じず空港を離れた事例は初という。
 同省担当者は、指定場所から離れないことなどを記した資料を使って家族らに説明したとし「待機指示とも受け取れる」と話した。
 空港での待機に伴い無料で過ごせる環境は確保するが、便変更に伴う航空券代やホテル代については補助する考えはないという。
 一方、県はこれまで空港での待機には強制力はないとの認識を示していた。県には22日付で厚労省から検疫法の解釈に関する通達が届いた。

休校中にわざわざスペインに行って弱毒化してないCOVID-19を持ち帰る使徒たちw

旧国鉄の財務省職員とか関西生コン支部みたいなディープステイトをチラ見w

たぶん日本総研と外務省?w

jtb.co.jp→弊社ツアー添乗員の新型コロナウイルス感染について(2020年3月23日)

JTBホーム 弊社ツアー添乗員の新型コロナウイルス感染について
弊社ツアー添乗員の新型コロナウイルス感染について
弊社ツアーの添乗員が新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしました。 当該添乗員は、3月9日(月)から3月16日(月)の8日間の日程で成田発着スペイン・フランスコースの添乗を務めておりましたが、 風邪の症状が続いたため検査を行った結果、20日に新型コロナウイルス陽性の判定を受けました。現在は入院しております。 ツアーにご参加いただいた15名のお客様には、感染判明後、関係機関と連携のうえ個別に連絡を行い、 現時点で全てのお客様との連絡が取れております。 当該添乗員は当該ツアーの帰着後、他のツアーへの添乗は行っておりません。また、ツアー以外のお客様、弊社社員との接触はございません。 ご参加のお客様にはご心配をおかけすることになり心よりお詫び申し上げます。 引き続き、関係諸機関と連携し対応してまいります。

<当該添乗員の症状、経過>
3月13日 喉の調子に違和感あり
3月15日 復路の航空機にて熱感あり
3月16日 成田空港帰着
     熱感があるため空港内のクリニックにて受診。体温は35.4度。
     空港近くのホテル宿泊。
3月17日 空港近くのホテル宿泊。
3月18日 埼玉県に移動。昼頃より37.5度以上の熱が続く
3月19日 熱が下がらないため保健所に相談し専門外来受診
3月20日 PCR検査の結果、陽性と判定

以上
【報道関係の方からのお問い合わせ先】
JTB広報室   TEL:03-5796-5833

【お客様からのお問い合わせ先】
お客様相談室   TEL:03-5796-5336

令和2年3月23日現在
株式会社JTB

「ダイヤモンド・プリンセス」に続くJTBの作戦だったw

横浜港に停泊中の三菱重工製「ダイヤモンド・プリンセス」で突然百人が発熱「 #がんばれダイヤモンドプリンセス 」w

岐阜で男性2人感染 1人はフランス、スペインを旅行 2020.3.22 22:16 産経WEST
 岐阜県は22日、新たに各務原市に住む20代の男性と可児市に住む70代の男性の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。20代の男性は軽症、70代の男性は重症で、県内での感染確認は5人となった。
 県によると、20代の男性は8~17日、スペインとフランスを旅行、19日から発熱などの症状が出ていた。県は同行していた家族1人の検査を実施する。
 70代男性は発症前2週間以内の海外渡航歴はなく、感染者との接触も確認されていないが、16日にせきなどの症状が出ていた。同居の家族2人のうち1人は検査で陰性を確認、もう1人はこれから検査する。
「各務原市に住む20代の男性…8~17日、スペインとフランスを旅行、19日から発熱などの症状」w

岡山で新型コロナ感染初確認 市長ら「感染拡大防止に全力」
岡山県内で初めて確認された感染者について説明する大森市長=22日午後9時44分
 岡山市は22日、同市北区在住の60代女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。岡山県内での感染確認は初めて。症状は落ち着いているという。女性は別居の40代の長女=同市=と一緒に9~15日にスペインを観光で訪れており、県や同市は現地で感染した可能性が高いとみている。
 市によると、女性は15日に成田空港へ着き、新幹線などで岡山に戻った。17日に発熱や喉の痛みを訴えて市内の病院の帰国者・接触者外来を受診したが、自宅療養を指示された。その後も熱の症状があったため21日に同じ病院を再受診し、県環境保健センターでのPCR検査で陽性と判定された。大森雅夫市長は初診時の対応について「病院での検温では熱がなく、適切だった」とした。
 市は長女に加え、同居の60代の夫、別居の30代の長男=同県早島町=の計3人を濃厚接触者として23日にもPCR検査を行う。女性は帰国後はマスクを着け、2度の受診以外は主に自宅で過ごしていたとしているが、市は今後、詳細な行動歴などの確認を進める。
 岡山県在住者では、倉敷市の60代男性会社員の感染が5日、帰省先の高知県で確認されていた。男性の濃厚接触者とされた岡山県内の家族や同僚は検査でいずれも陰性だった。
 ◇

 「感染拡大防止に全力を挙げる」―。岡山市北区在住の60代女性が岡山県内初の新型コロナウイルス感染症と確認された22日、伊原木隆太知事、大森雅夫岡山市長はそれぞれ記者会見を開き、影響を最小限に食い止める決意を示した。
 午後9時半から県庁で会見した伊原木知事。23日に対策本部会議を開くことを報告し、「県民の安全確保に向けて万全を期したい」と強調した。女性はスペイン旅行中に感染した可能性が高いとの見方から「市中感染が疑われる状況ではない」として、県民には「冷静な対応を取ってほしい」と呼び掛けた。
 ただ、県内でも感染者が確認されたことで、イベント自粛や学校休校などを巡る対応については方針決定に数日かかるとの見通しを表明。「リスクが少ないものは緩める方針だったが、少し厳しめの措置になるかもしれない」と述べた。
 一方、大森市長も同時刻に岡山市役所で会見。「岡山は人の往来が多く、いつ感染者が出てもおかしくないとは思っていた」と受け止めた。女性の濃厚接触者は今のところ家族3人とみられ、女性自身も外出を控えていたとされるが、感染拡大については「何とも言えない状況」と表情を引き締めた。
 23日には家族3人に対しても感染を調べるPCR検査をする予定。大森市長は「今後、感染が広がっていくかどうかが最大の問題。状況を見極めて対応策を考えたい」と述べた。 (2020年03月22日 22時46分 更新)
「岡山市北区在住の60代女性女性は別居の40代の長女=同市=と一緒に9~15日にスペインを観光で訪れており」w

わざわざスペインに旅行してウィルスを持ち帰っている…

スペインなどから帰国 空港の検疫所で5人の感染確認 2020年3月21日 23時02分
イタリアやスペインなどから帰国した日本人の男女5人が、空港の検疫所で検査を受け新型コロナウイルスへの感染が確認されたことが新たにわかりました。空港の検疫所で感染が確認されたのはこれで16人となります。
新たに感染が確認されたのは、
▽スペインから帰国した東京都の20代の男性と埼玉県の20代の女性、それに沖縄県の10代の女性、
▽フランスから帰国した東京都の40代の女性、
▽イタリアから帰国した神奈川県の20代の男性の合わせて5人です。

いずれも日本人で、20日、成田空港か羽田空港の検疫所でウイルス検査を受け、感染が確認されました。
このうち、沖縄県の女性は成田空港で、検疫官が検査の結果が出るまで待機するよう求めたにもかかわらず、バスや飛行機を使って自宅に戻っていました。
厚生労働省は「感染の拡大を防ぐためにも検疫所で検査を受けた人は、結果が出るまでは公共交通機関を使わずに待機してもらいたい」としています。
この女性を含めて3人は症状がみられず、ほかの2人は38度以上の発熱があるということで、5人は、いずれもすでに入院したり入院する予定となっています。
空港の検疫所で感染が確認されたのはこれで16人になります。
「スペイン旅行から20日に帰国した本島中部在住で10代の女子学生が新型コロナウイルスに感染」 「女性は家族と親戚6人でスペインを旅行。」w

スペイン旅行から帰国の沖縄在住10代女性が感染 成田空港の検疫所で確認 無症状で「陽性」 2020年3月21日 14:59
新型コロナウイルスの顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)
 沖縄県は21日、スペイン旅行から20日に帰国した本島中部在住で10代の女子学生が新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。ウイルス検査した成田空港検疫所が21日午前、陽性反応を確認した。女性は無症状の感染者だった。県は空港検疫での症例のため県内発生に含まれないとしているが、県内在住者の感染確認は4人目で、10代は初めて。女性は検査結果が出る前に沖縄に移動し帰宅した。県は女性の行動歴や接触者などについて調査している。
 県によると、女性は家族と親戚6人でスペインを旅行。ほか5人の検査結果は陰性だった。女性は成田空港検疫所で検査を受け、結果が出るまで待機要請を受けていたが、結果が出る前に沖縄に移動。帰国した20日に成田空港から羽田空港を経由し那覇空港に到着、帰宅した。【琉球新報電子版】

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。