弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【ミラノ封鎖】ロンバルディア地方の仁義なき戦いに祈る人々… update6

イタリアのロンバルディア、武漢のように昨年11月に原因不明の肺炎流行 3/23(月) 15:35配信 WoW!Korea
イタリアのロンバルディア、武漢のように昨年11月に原因不明の肺炎流行
昨年11月、イタリア北部でも“得体の知れない肺炎”が流行していたことをイタリアの医学専門家が明らかにした(提供:news1)
昨年11月、イタリア北部でも“得体の知れない肺炎”が流行していたことをイタリアの医学専門家が明らかにした。中国で新型コロナウイルス感染症が初めて現れた時期である。
イタリア ミラノのマリオネグリ薬学研究所のジュゼッペ・レムッツィ所長は去る19日(現地時間)米国の公営ラジオ放送とのインタビューで「医師たちは昨年12月、また11月にも特に高齢者を中心にとても深刻で得体の知れない肺炎が発病したことを記憶している」と語った。
また先月21日、イタリア北部で最初の地域感染が確認されて以降、なぜ当局はきちんと発病を抑制できなかったのかを説明した。
「これは中国から伝染病の発病が知らされる前に、少なくともロンバルディア(北部の州)ではウイルスが流行していたという点を意味している」として、存在自体が知らされなかった伝染病と闘うのは不可能であったと説明した。
レムッツィ所長は、最近になってイタリアの医師たちからこのような話を聞いたと語った。伝染病を認識できていない状況でウイルスが拡散していった可能性があるという意味である。
この所長の発言は、全世界の科学者たちが新型コロナの起源を探している中で出てきたものだと、香港の英字新聞は報じた。
また現在科学者たちは、イタリア ロンバルディアでの新型コロナによる地域感染は1月末に中国人とイタリア人との接触によって始まったものだとみている。
Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

武漢よりイタリアの方が先w、これが死者が多い理由…

イタリアの感染者5000人超 死者200人超 感染拡大止まらず 2020年3月8日 6時51分
新型コロナウイルスの感染が広がるイタリアでは、感染者が1日で新たに1000人以上増えて5000人を超え、死亡した人も200人を上回りました。連立政権の一角を占める民主党の党首も感染が確認されるなど、感染の拡大に歯止めがかかっていません。
イタリア政府は7日、北部のロンバルディア州を中心に感染が広がる新型コロナウイルスについて、感染者が1日としては最も多い1247人増えて5883人となり、5000人を超えたことを明らかにしました。
また、死亡した人は36人増えて233人となり、中国に次いで多くなっています。
さらに、連立政権の一角を占める民主党のジンガレッティ党首も感染が確認されるなど、感染の拡大に歯止めがかかっていません。
イタリア政府は、これまでに国内のすべての学校を今月15日まで休校にしたほか、75億ユーロ(日本円で8900億円余り)を拠出して医療スタッフの増員や感染拡大で深刻な影響を受ける企業の支援などに充てるとしています。
また、2週間近くにわたって合わせて5万人余りが暮らす北部の11の自治体について、事実上、街を封鎖する措置をとっていますが、感染者が急増する事態を受けて、対象の自治体を増やすことも検討しているとみられます。
ヨーロッパでは、イタリア以外でもフランスで949人、ドイツで795人と感染が広がりを見せていて、各国が警戒を強めています。


ロンバルディアとかイタリア北部とか言ってもわかりにくいが、州都のミラノがターゲット…

wikipedia.org→ロンバルディーア州

ワールド2020年3月7日 / 01:37 / 1日前 中国の不完全なデータが米対応の妨げに、新型肺炎で=国務長官 Reuters Staff 1 分で読む
[ワシントン 6日 ロイター] - ポンペオ米国務長官は6日、中国が公表した新型コロナウイルスに関する「不完全な」データは米国のウイルス対応の妨げになったと述べ、情報入手を巡り中国政府に対するいら立ちをあらわにした。
ポンペオ長官はCNBCとのインタビューで、新型ウイルス流行の「初期段階に入手していた情報は不完全だったため、われわれは現時点で一段の困難に直面し、対応で後手に回る状況になった」と語った。
さらに「中国共産党からデータを入手することが信じがたいほどもどかしいことが示された」と批判。同時に、中国政府が講じた新型ウイルス食い止めに向けた一連の措置については「満足している」と述べた。米国が新型ウイルスを制御できると確信しているとも言明した。
長官はFOXニュースとのインタビューでも「中国発のデータは不完全だ」と語った。

Coronavirus was produced in a laboratory: Former CIA intel officer
Friday, 06 March 2020 2:18 PM [ Last Update: Friday, 06 March 2020 2:18 PM ]
US Rep. Ilhan Omar (D-MN) (L) talks with Speaker of the House Nancy Pelosi (D-CA) during a rally with fellow Democrats before voting on H.R. 1, or the People Act, on the East Steps of the US Capitol on March 08, 2019 in Washington, DC. (AFP photo)
Novel coronavirus, or COVID-19, is a new respiratory disease first identified in Wuhan, Hubei Province, China. A former American counter-terrorism specialist and military intelligence officer of the CIA has said that the “Coronavirus did not occur naturally through mutation but rather was produced in a laboratory, possibly as a biological warfare agent.”

Since the novel coronavirus outbreak began in China last December, it has infected more than 90,000 people globally and killed more than 3,000. The majority of cases and deaths remain in mainland China.

The death toll from the coronavirus in Iran, which has one of the highest numbers outside China, stood at 107, Health Ministry spokesman Kianush Jahanpur said Thursday.

“Several reports suggest that there are components of the virus that are related to HIV that could not have occurred naturally. If it is correct that the virus had either been developed or even produced to be weaponized it would further suggest that its escape from the Wuhan Institute of Virology Lab and into the animal and human population could have been accidental. Technicians who work in such environments are aware that “leaks” from laboratories occur frequently,” Philip Giraldi wrote in an article published by the Strategic Culture Foundation on Thursday.

“There is, of course and inevitably, another theory. There has been some speculation that as the Trump Administration has been constantly raising the issue of growing Chinese global competitiveness as a direct threat to American national security and economic dominance, it might be possible that Washington has created and unleashed the virus in a bid to bring Beijing’s growing economy and military might down a few notches. It is, to be sure, hard to believe that even the Trump White House would do something so reckless, but there are precedents for that type of behavior,” he said.

“In 2005-9 the American and Israeli governments secretly developed a computer virus called Stuxnet, which was intended to damage the control and operating systems of Iranian computers being used in that country’s nuclear research program. Admittedly Stuxnet was intended to damage computers, not to infect or kill human beings, but concerns that it would propagate and move to infect computers outside Iran proved to be accurate as it spread to thousands of PCs outside Iran, in countries as far flung as China, Germany, Kazakhstan and Indonesia,” he added.

“If one even considers it possible that the United States had a hand in creating the coronavirus at what remains of its once extensive biological weapons research center in Ft Detrick Maryland, it is very likely that Israel was a partner in the project. Helping to develop the virus would also explain how Israeli scientists have been able to claim success at creating a vaccine so quickly, possibly because the virus and a treatment for it were developed simultaneously,” he noted.

Philip Giraldi
Israeli scientists have claimed to be close to developing a vaccine for coronavirus that could be available in about 90 days, saying they have developed an effective vaccine against avian coronavirus Infectious Bronchitis Virus (IBV), which is to be adapted soon and create a human vaccine against COVID-19.

Press TV’s website can also be accessed at the following alternate addresses: www.presstv.ir www.presstv.co.uk www.presstv.tv

イランとイタリアで死者が多く、イランのPressTVが元CIAのインタビューでバイオ兵器とStuxnetをヒントする…w


結論を述べれば、教会が二つの「大きな塊」に分裂することはないだろう。「大きな塊」を引き連れて新宗派を立ち上げるだけの腕力は超保守派にはないからだ。教皇に次ぐ実力者である枢機卿の過半は、フランシスコ教皇が就任後に昇格させた人物であり、彼らが反教皇的な動き(分裂)を許容することは考えがたい。なお、この数年教皇批判を繰り返す枢機卿の多くは引退組だ。彼らの批判を過小評価することは禁物だが。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。