弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

デング熱やジカ熱みたいにイベルメクチンがCOVID-19に効いたw。おいおい犬のフィラリア治療かよw。保健所と獣医が治すのか?w update10

西村経済再生相 治療薬の研究大学を視察 新型コロナウイルス 2020年5月6日 12時24分
新型コロナウイルス対策を担当する西村経済再生担当大臣は、治療薬の候補の1つとして期待されている薬の研究を行っている大学を視察し、「治療薬は世界中が待ち望んでいる」として、開発を後押しする考えを伝えました。
寄生虫による感染症の特効薬「イベルメクチン」はノーベル賞受賞者の北里大学の大村智・特別栄誉教授が発見した物質をもとに作られたもので、海外では新型コロナウイルスにも効果があるとする研究結果が発表されています。
西村経済再生担当大臣は6日午前、北里大学の研究現場を視察し、大村特別栄誉教授ら大学の関係者と意見交換しました。
この中で西村大臣は「治療薬は世界中が待ち望んでいる。補正予算でも開発費を計上しており、ワクチンも含め、治療薬の開発に全力を挙げている」と述べ、開発を後押しする考えを伝えました。
これに対し大村特別栄誉教授は、イベルメクチンを投与した患者の死亡率が投与していない患者に比べて低くなったという海外の研究結果を紹介し、大学関係者は臨床研究などを今後、本格化させる計画を説明しました。

西村経済再生相「補正予算活用し1日も早く治療薬を」
視察のあと、西村経済再生担当大臣は、記者団に対し、「補正予算には、治療薬の研究開発のため、日本医療研究開発機構に200億円を出資し、ワクチン開発にも100億円を計上している。こうした予算を活用し、1日も早く治療薬を届けられるよう全力を挙げたい」と述べました。

北里大、イベルメクチン治験へ 抗寄生虫薬、新型コロナに
2020/5/6 16:14 (JST) ©一般社団法人共同通信社
抗寄生虫薬「イベルメクチン」について説明する北里大の大村智特別栄誉教授(右)ら=6日、東京都港区
 北里大は6日、ノーベル医学生理学賞の大村智特別栄誉教授が開発に貢献した抗寄生虫薬「イベルメクチン」について、新型コロナウイルス感染症の治療薬として承認を目指す治験を実施すると明らかにした。
 北里大を視察した西村康稔経済再生担当相に担当者が説明した。同意を得た患者に投与し、症状の改善効果や副作用の有無などを確かめる。北里大病院で希望する患者に投与する観察研究も検討する。治験の開始時期や規模は未定。
 イベルメクチンは、アフリカやアジアに広がる寄生虫が原因の熱帯感染症の特効薬。海外の研究で新型コロナウイルスの増殖を抑える効果が報告されている。

wikipedia.org→イベルメクチン

大村氏のイベルメクチン、新型コロナに効果 米ユタ大が報告 科学&新技術 2020/4/27 12:24
抗寄生虫薬のイベルメクチンを新型コロナウイルスの患者に投与したところ、投与していない患者に比べて死亡率が約6分の1に低下したとの報告を米ユタ大学などの研究チームがまとめた。重症化した患者にも効果があったというが、治療に使うにはさらに確度の高い試験が必要としている。
イベルメクチンは2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した北里大学の大村智特別栄誉教授が開発した。アフリカなどで寄生虫による感染症の撲滅に効果を上げている。
研究チームは、20年1月~3月に治療を受けた新型コロナウイルスの患者約1400人を調査。北米や欧州、アジアの169の医療機関でイベルメクチンを投与された約700人の患者と、投与されず別の薬などによる治療を受けた約700人の死亡率を比較した。
その結果、イベルメクチンを投与していない患者の死亡率は約8%だったのに対し、投与した患者は約1%と低かった。人工呼吸器が必要な重症者の死亡率をみると、投与していない患者で約21%だったのに対し、投与した患者では約7%だった。
研究チームは、今後はランダム(無作為)化比較試験と呼ぶ信頼度の高い試験を進め、治療効果が確実かどうか確かめる必要があるとしている。
北里大学・大村智記念研究所の花木秀明センター長は「これまでのイベルメクチンの通常の投与量とほぼ同じ量で、死亡率が大きく下がる結果が出たことに驚いている」と話した。

北里大学獣医学部w


コロナウィルス蛋白が細胞質(cytoplasm)から核(nucleus)に侵入するのをイベルメクチンが阻害…

「モナッシュ大学(メルボルン)のオーストラリアの科学者(BDI)のグループは、デング熱またはジカに対して使用され、FDAによってすでに承認されている基本的な薬物であるイベルメクチンを使用してテストを実施しました。その結果、コロナウイルスは48時間で死滅しました。」w

「デング熱またはジカ熱に対して使用される基本的な薬物でFDAが承認してるイベルメクチン」w

つまりCOVID-19はデング熱やジカ熱と同じダブルシンク(double think)症状…

ノーベル賞を受賞する頭脳がなくても、この惑星で進行してることは「タグ」の関連だけで容易に想像できる…

ジカ熱による「小頭症」とは脳の発達障害のこと。エボラの時と同じようにIAEA登場。ウィルスがデング熱に似てると

ペルーのギラン・バレー症候群の原因は汚染水だな…

「おまえにマラリア」だわw

沖田浩之「お前にマラリア」w

皮膚科 vs 獣医w

あー、これって水酸化クロロキンが効いたのと同じなんじゃね?OH基が付いてればなんでも効くのか?w

イベルメクチンてなんでも効くのか?w

山梨県名誉県民w

「イベルメクチン 胆管がんに効果」w、はぁ?

「沖縄の恩人」w

ジェフリーエプスタインのハンプティダンプティ財団が祝福w
どーりで何でも効くわけだわw。

Jeffery EpsteinとMark Epstein…瀬戸内寂聴「人間は、腕や才能が少々あって人よりぬきんでていても、基本的な心の誇りを失うと、ろくでもないことをします。心に誇りを持てば、人を陥(おとしい)れたり、人の悲しみにつけこむことはできないはずです。」w(2019年8月13日)

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。