弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【コロナに父母奪われ 地獄絵に】の記事が消えた理由を探る…w update3

検索結果
ウェブ検索結果

コロナに父母奪われ 地獄絵に - Yahoo!ニュースnews.yahoo.co.jp › pickup
4 時間前 - 都内の五十代男性は新型コロナウイルスによって父母を相次いで亡くし、自身と妻も感染した。「まさに地獄絵だった」「誰もが突然、遺族や感染者になり得る」と警鐘を鳴らしている。

コロナに父母奪われ みとることもできず 東京の男性 | 福島民報www.minpo.jp › news › moredetail
11 時間前 - 広告代理店社長の石山陽一さん(55)は四月九日に父の良雄さん(83)、同二十二日に母の信子さん(82)を新型コロナで失った。 「まさに地獄絵だった。あれから三カ月。時が止まったようなんだ」. 良雄さんが体調を ...

コロナに父母奪われ みとることもできず 東京の男性 - MSN.comwww.msn.com › ja-jp › news › opinion › コロナに父母...
11 時間前 - 広告代理店社長の石山陽一さん(55)は四月九日に父の良雄さん(83)、同二十二日に母の信子さん(82)を新型コロナで失った。 「まさに地獄絵だった。あれから三カ月。時が止まったようなんだ」. 良雄さん ...

コロナに父母奪われ みとることもできず 東京の男性(福島民報 ...news.goo.ne.jp › 社会
11 時間前 - 広告代理店社長の石山陽一さん(55)は四月九日に父の良雄さん(83)、同二十二日に母の信子さん(82)を新型コロナで失った。 「まさに地獄絵だった。あれから三カ月。時が止まったようなんだ」. 良雄さんが体調 ...

コロナに父母奪われ みとることもできず 東京の男性 – 浜さ恋hamasakoi.jp › ニュース
7 時間前 - 広告代理店社長の石山陽一さん(55)は4月9日に父の良雄さん(83)、同22日に母の信子さん(82)を新型コロナで失った。 「まさに地獄絵だった。あれから3カ月。時が止まったようなんだ」. 良雄さんが体調を崩したの ...

5ch.netから復元…

5ch.net→【悲報】都内の五十代男性、新型コロナウイルスによって父母を相次いで亡くし、自身と妻も感染し地獄絵図に [854257486]

5ちんのすけ (スプッッ Sd73-L+T/)2020/08/09(日) 15:34:38.97ID:h/PiTGqTd?2BP(1000)
新型コロナウイルスによって国内で亡くなった人は千人を数える。多くの場合、最期をみとることもできないまま最愛の人を奪われた。都内の五十代男性は父母を相次いで亡くし、自身と妻も感染した。全国で再び感染が広がる中、「誰もが突然、遺族や感染者になり得る」と警鐘を鳴らしている。(東京支社編集主任・斎藤直幸)
 広告代理店社長の石山陽一さん(55)は四月九日に父の良雄さん(83)、同二十二日に母の信子さん(82)を新型コロナで失った。
 「まさに地獄絵だった。あれから三カ月。時が止まったようなんだ」
 良雄さんが体調を崩したのは四月一日。高級クラブが軒を連ねる東京・銀座で飲んだ数日後だった。高熱が続き、陽一さん夫妻と同居していた自宅のトイレで立ち上がれなくなった。三日、四日と救急車を呼んだが感染の可能性が高いとして、搬送先の病院が二日続けて見つからなかった。
 二日後の六日、都内の総合病院が受け入れてくれた。その病院で初の新型コロナ患者だと聞かされた。面会は禁じられ、医師から電話で病状を報告された。
 自宅にいた信子さんも体調を崩した。高熱とせき-。良雄さんと同じ症状だった。部屋を別々にして家庭内隔離をしていたが感染は避けられなかった。八日、信子さんも同じ総合病院に入院することになった。
 翌九日の昼前、陽一さんの携帯電話が鳴った。良雄さんだ。看護師に頼んで電話を掛けてもらったようだった。十分ぐらい話しただろうか。せき込んでいてよく聞き取れなかったが、弱音を吐いたことがない父が息も絶え絶えに「苦しい」と訴え、「頼むよ」と言ったのは分かった。
 これが父との最後の会話になった。入院からわずか四日目に逝った。
 「火葬場さえ知らされないまま、おやじはお骨になって家に帰ってきた」
 遺骨になった良雄さんを自宅で迎えた時、すでに陽一さんも感染していたらしかった。数日前から三十九度を超える高熱が続いていた。PCR検査で陽性と判明し十四日、同じ総合病院に入院した。
 信子さんは血中酸素濃度が日ごとに下がり、酸素マスクなしでは呼吸ができなくなっていた。病室で一人きりの信子さんの容体が心配で、陽一さんは「同じ陽性患者の家族なんだから」と病院に無理を言って、同室にしてもらった。

6ちんのすけ (スプッッ Sd73-L+T/)2020/08/09(日) 15:35:05.91ID:h/PiTGqTd?2BP(1000)
窓側のベッドに力なく横たわる信子さんに、良雄さんが亡くなったと伝えた。最愛の夫に先立たれた信子さんの瞳から、涙が止めどなくあふれた。
 陽一さんは投与された新型インフルエンザ治療薬アビガンが効いたのか、数日後に熱が下がった。一方、信子さんは少量の医療用麻薬モルヒネを投与しないと寝付けないほどに肺炎が悪化していった。目の前で衰弱していく母を見ているのが堪えられなかった。
 医師は病室に備え付けられたタブレット端末で問診し、病室には立ち入らなかった。不信感を募らせた陽一さんは看護師に医師を呼ぶよう求めた。姿を見せた担当医は「僕らは限られた医療資源なんだ。僕らが倒れたら誰が治すのか」と言い放った。
 新型コロナに父を奪われ、母も危うい。治療の切り札と言われる人工心肺装置「ECMO(エクモ)」は配備されていたようだったが使われなかった。「一体、どうなっているんだ」。文句を言った陽一さんは二十日、退院した。
 「半ば強制的だった。出て行ってくれるな、とおふくろに泣かれた」
 その二日後、信子さんは力尽きた。
 夫に先立たれ、息子も病室を去り、母はどれほど心細かったのだろうか。そう思うと今も胸が詰まる。

■退院後に陽性連絡 いまだ癒えぬ心の傷 病院に恨みない、と言えばうそになる
 新型コロナウイルスに感染した広告代理店社長の石山陽一さん(55)が都内の総合病院を退院したのは四月二十日の昼すぎだった。PCR検査を受けたのはその日の午前。退院するにもかかわらず、新型インフルエンザ治療薬アビガンを持たされた。
 なぜ退院当日の検査、処方だったのか疑問が残ったが、症状がなかったための退院判断だろうと思い、そのまま病院を出た。家に戻って三日後、保健所から連絡があった。「石山さん、まだ陽性ですよ。なぜ、自宅にいるのですか」
 驚いて、総合病院に問い合わせたが、納得のいく説明はなかった。
 陽性だと分かった時にはすでに遅かった。妻の美佳さん(55)が発症した。美佳さんの入院は約三週間に及び、退院して三カ月近くたった今も後遺症の肺炎に苦しんでいる。

9ちんのすけ (スプッッ Sd73-L+T/)2020/08/09(日) 15:36:18.80ID:h/PiTGqTd?2BP(1000)
陽一さんは、陽性のまま退院したために妻に感染させたと考えている。
 「病院に恨みがない、と言えばうそになる」
 感染が国内で広まり始めた時期で、医療提供体制が十分に整っていなかったのだろう、とは思う。父の良雄さん(83)は、その病院が対応した最初の陽性患者、そして初の犠牲者だったと後に知った。
母の信子さん(82)の病室に立ち入らずに「僕らは貴重な医療資源なんだ」と言い放った担当医に対しても「どう対応してよいのか分からず、きっと怖かったんだろうね」と今は理解を示す。
 ただ、「せめて集中治療室などに移して手を尽くしてくれていれば…」「最先端の病院に両親を入院させることはできなかったのか」と考えてしまう。看病することも、最後に手を握ってあげることも、感謝を伝えることもできなかった。「普通のお別れができずに急に断ち切られてしまった」。無念さは消えない。
 弟からは「兄貴はうらやましいよ。最後におやじと話したんだから。おふくろとも同じ病室で過ごしたんだから」と励まされた。それでも「もっと何かしてやれたのではないか」と何度、自分を責めたか分からない。
 亡くなった良雄さんは、新潟から上京して一代で広告代理店を築き、自社ビルも構えた。銀座で知らない人がいないくらい「豪快で面白いおやじ」だった。「背中を見て育て」と口にする古き良き広告業界人で、陽一さんは見よう見まねで仕事を覚えてきた。 銀座の流儀も教えてもらった。良雄さんは来年十二月の創業五十年を機に会長を退く予定だった。
 信子さんは、取引先との接待で深夜に帰宅する良雄さんと陽一さんの健康をいつも気に掛け、栄養豊富な手料理を食卓に並べた。信子さんの日課は健康のためのジム通いで、週末は習字教室で教えていた。「じゃ、美佳ちゃん、行ってくるね」と玄関を出ていった後ろ姿が忘れられない。
 「おやじもおふくろも急にいなくなった。頭では理解しているが、受け入れられていないのかもしれない」
 両親と十二年ほど同居した自宅にいると、ふとした瞬間、孫と談笑する父母の面影が脳裏をよぎる。涙が頬をつたったことを娘に指摘され、われに返る。

13ちんのすけ (スプッッ Sd73-L+T/)2020/08/09(日) 15:36:54.39ID:h/PiTGqTd?2BP(1000)
良雄さんが愛用していたスーツやワイシャツ、信子さんのバッグや洋服など身の回りの品をほとんど処分した。形見を持っていたいというよりも、もう見たくなかった。だが、遺品を整理しても、家族葬で納骨をしても悲しみが癒えることはなかった。もう一度だけ会いたいと心底思った。
 両親が暮らしていた自宅一階がトラウマになった。「頼むよ-と言うおやじの声、おふくろの涙顔を突然、思い出してしまう」
 陽一さんだけでなく、美佳さんも一階に下りてくることができなくなった。「少しでも気持ちの整理がつけば」と自宅を売り払うことにした。
 引っ越し先は、父母が眠る墓の近くと決めている。

■「家庭内感染防止難しい」 福医大の金光教授
 県感染症対策アドバイザーを務める福島医大感染制御学講座の金光敬二教授は「現実的に新型コロナウイルスの家庭内感染を防ぐのは難しい」との見解を示した。 その上で、「体調が悪いなど症状が出た場合の早めの対応や、日常的な手洗いなど基本的な対策を心掛けることが重要だ」と指摘した。
 全国的に感染が再拡大する中、重症化率や死亡率が第一波よりも低い現状について、感染者の年代や検査体制が影響するとし、「現時点で、第一波と比較して低いと考えるのは時期尚早」と見る。
 「病原性が弱まったという証拠はない。福島県で死者は出ていないが油断できない」と警鐘を鳴らした。

kyobashi-ag.co.jp→信頼にお答えする広告代理店 京橋エイジェンシー

「代表取締役社長  石山陽一」

解読のキーパーソンは姜尚中とサンモニだろう…

【仮説①】ユーキャンの流行語大賞の広告代理店がロンメル死したとしか思えない記事なのでクレームが来て消されたw

【良雄さんが体調を崩したのは四月一日。高級クラブが軒を連ねる東京・銀座で飲んだ数日後だった。高熱が続き、陽一さん夫妻と同居していた自宅のトイレで立ち上がれなくなった。三日、四日と救急車を呼んだが感染の可能性が高いとして、搬送先の病院が二日続けて見つからなかった。】

発病したのが4月1日だからサンモニの岡本行夫MITシニアフェローとセットだな…

外務省北米局長時代に雅子さまの上司だった岡本行夫がロンメル死するときの肩書は「MITシニアフェロー」w

4月24日にコロナで死亡した岡本行夫MITシニアフェローの訃報が2週間経過して報道されて「筵旗(むしろばた)が立つ」w(2020年4月22日)

そして金杉憲治・外務審議官もロンメル死…

ガーナスキー源氏こと金杉憲治・外務審議官以下のコリアスクールがロンメル死(GoTo)した理由をひたすら探索する…(2020年7月14日)

【仮説②】4月1日の発病だからワチラロンコンと秋篠宮だろ…w

ワチラロンコンと秋篠宮が外務省(後藤組)に呪いをかけたらすいw(2020年3月31日)

【仮説③】どーりでw、吉本興業の奥山英志リポーターの不審死の謎が解けるわけだわw

いまさらながら吉本興業の奥山英志リポーターの不審死をガンダーラで読み解く…(2020年8月2日)

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。