弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

蒲郡市にフィリピンパブで「コロナばらまくぞ男」出現w update3

「ウイルスをまく」の男性死亡 愛知・蒲郡、入院先の医療機関で 2020/3/18 16:26 (JST) ©一般社団法人共同通信社
愛知県蒲郡市のフィリピンパブの防犯カメラに写った、新型コロナウイルス感染者の男性=4日(店提供、画像の一部を加工しています)
 新型コロナウイルス感染が判明した後に「ウイルスをまく」と話して外食した愛知県蒲郡市の男性(57)が18日午後1時ごろ、入院先の医療機関で死亡したことが捜査関係者らへの取材で分かった。
 関係者によると、男性には重い持病があったという。
 同市などによると、男性は4日、陽性と判明。保健所から自宅待機を要請されたが、同日夕、家族に「ウイルスをばらまく」と話し、タクシーで外出。市内の居酒屋に約15分、フィリピンパブに約40分滞在した。
 両店は4日から自主的に休業していた。パブで男性を接客した女性従業員は陰性だったが、別の30代の女性従業員が12日、陽性と判明した。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。