弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【エルニーニョ✕COVID19】エクアドルの路上の死体に火を付ける人々… update1

九州大学の北海道演習林(足寄町)男性技術職員が私的な旅行でエクアドルからクモや昆虫などの標本約250体を違法に国外に持ち出そうとしたw(2019年3月21日)

遺体を埋葬できず、路上に放置 感染拡大のエクアドル 有料会員限定記事 新型肺炎・コロナウイルス
サンパウロ=岡田玄
2020年4月2日 12時09分
拡大する写真・図版 南米エクアドルのグアヤキルで3月30日、路上で倒れた男性の遺体のそばに立つ女性たち=ロイター
 南米エクアドルで新型コロナウイルスの感染が急速に広がり、死者の火葬や埋葬が追いつかない状態となっている。なかには、遺体が路上に放置されるケースもあり、警察が回収を進め始めている。
 「路上に遺体が置かれるなんて、これまで見たこともなかった。医療システムだけでなく、葬儀の仕組みも崩壊した」。エクアドル葬儀社協会のセバスチャン・バロナ代表は1日、朝日新聞の電話取材に語った。
拡大する写真・図版 南米エクアドルのグアヤキルで3月31日、前日に自宅でなくなった女性の遺体の入ったひつぎを運ぶ家族と葬祭業者=ロイター
 エクアドルは人口1700万人ほど。同国保健省の発表によると、1日午後までに確認された新型コロナウイルスの感染者は2758人で、98人が死亡した。商業都市のグアヤキルのあるグアヤス県だけで、死者は63人にのぼる。
 しかし、これは感染が確認され…

エクアドルの海岸の町…

エルニーニョ、海水の分解と有毒ガスの発生…
ペルーのギラン・バレー症候群の原因は汚染水だな…

フィリピンで海を覆うピンクのクラゲ(エチゼンクラゲ?)…

毎日400トンの汚染水は世界を周回する

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。