弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

和歌山の老人がCOVID19のサイトカインストームで死亡… update6

コロナくんの春休みの謎が解けるw

ウイルス自体が全身に広がるのではなく「サイトカインストーム(免疫の暴走/Cytokine storm)」を起こし、床に向かってムーンウォークさせるゴッドデバイス…

和歌山県知事が政府方針批判 軽症患者の自宅療養「従わない」
2020/2/28 12:34 (JST)2/28 17:04 (JST)updated ©一般社団法人共同通信社
 仁坂吉伸和歌山県知事は28日、政府が新型コロナウイルスによる肺炎の重症者を減らすための対策として軽症患者に自宅療養を呼び掛けていることを批判した。「早期発見し重症化させないことが大事。『医者にかかるな』というのはおかしい、従わない」と県庁で記者団に語った。
 政府は25日に発表した基本方針で、医療資源を確保し院内感染が広がらないようにするため、軽症の患者には自宅で療養することを要請した。仁坂知事は、体調に異変があれば通常通りクリニックなどを受診し、症状が改善しなければ肺炎を疑って検査してもらう従来通りの対応を取るべきだとの認識を示した。

仁坂吉伸・和歌山県知事「早期発見し重症化させないことが大事。『医者にかかるな』というのはおかしい、従わない」w

和歌⼭県で70代男性が死亡 新型コロナ 2020年2⽉28⽇ 17:12 全⽂
和歌⼭県で、新型コロナウイルスに感染し⼊院していた70代の男性が死亡した。 28⽇午後4時半過ぎから和歌⼭県庁では仁坂知事による会⾒が開かれた。和歌⼭県によると、死亡したのは県内に住む農業の70代の男性。 男性は、先⽉28⽇に済⽣会有⽥病院を外来受診した後、発熱などの症状が出たため今⽉6⽇に済⽣会有⽥病院を再び受診したところ、肺炎の症状があり⼊院した。 その後、症状が悪化し今⽉13⽇に別の病院に転院して検査したところ、新型肺炎への感染が確認された。その後、21⽇と24⽇の検査では陰性だったが、26⽇に呼吸状態が悪化し、28⽇午後1時前に死亡が確認された。 死亡の原因は、新型肺炎と急性腎障害と発表している。
1月28日済⽣会有⽥病院を外来受診
2月6日発熱などの症状が出たため済⽣会有⽥病院を再び受診して入院
2月13日別の病院に転院して検査したところ、新型肺炎への感染が確認された
2月21日陰性
2月24日陰性
2月26日呼吸状態が悪化
2月28日死亡の原因は、新型肺炎と急性腎障害

陽性だったが、死亡する直前まで陰性、死亡時は陽性w
急性腎障害は多臓器不全とサイトカインストームをヒントしてる…

「和歌⼭県によると、死亡したのは県内に住む農業の70代の男性」w

【グランメゾン東京✕半沢直樹】武漢⇄大邱(テグ)間は犬食が原因なのが確定w。感染ルート不明なのはジビエだなw

クルーズ船乗船者の英国籍男性が死亡 外国籍は初[2020/02/28 22:12] https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000177566.html
 横浜港のクルーズ船に乗っていたイギリス国籍の男性が死亡したことが分かりました。これでクルーズ船の乗船者で死亡したのは6人となりましたが、外国籍の人は初めてです。
 厚生労働省によりますと、イギリス国籍の男性はクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で新型コロナウイルスへの感染が確認された乗船者705人のうちの1人で、28日に死亡したということです。厚労省は緊急の記者会見を開きましたが、この男性の年齢や乗客だったか乗員だったかなどは「確認できていない」としています。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。