弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【5ch降臨の千葉の本人はNTTデータw】感染経路不明の新型コロナウイルスの死者とタクシー運転手が親族と報道されるまでの小出しw update9

5chに書き込んでいた新型コロナウイルス感染者はNTTデータのSES…w

タクシー運転手接触の2人感染 新型肺炎、屋形船従業員ら―乗船の10人発熱・都 2020年02月14日19時31分
 東京都は14日、新型コロナウイルスに感染した都内の男性タクシー運転手の接触者を調査した結果、新たに2人の感染を確認したと発表した。2人は、運転手が参加した新年会で使われた屋形船の従業員と、所属する個人タクシー組合支部の従業員。いずれも都内在住で、重症ではないという。
 都によると、感染した屋形船従業員は中国・湖北省からの旅行者と接触歴がある。新年会に参加した約10人に発熱などの症状があり、調査を進めている。
 新年会は1月18日に開催され、組合支部に所属するタクシー運転手とその家族ら、約80人が参加。屋形船には他に数人の従業員がいた。感染した組合支部従業員は不参加だった。これらの人を含め、感染した運転手との濃厚接触者は約100人に上る。
 屋形船の運営会社によると、感染したのはアルバイト従業員。15日から屋形船の営業を自粛する。
 関係者によると、男性運転手は13日に死亡した神奈川県の80代女性の親族で、厚生労働省などが2人の接触歴を調べている。
 一方、13日に感染が確認された男性医師が勤務する和歌山県湯浅町の済生会有田病院では、受診した70代男性の感染が14日に判明した。県は院内感染の可能性を否定しており、厚労省は感染拡大防止に向け、国立感染症研究所の専門家らを近く派遣する。
 また千葉県によると、13日に感染が確認された同県の男性は都内の会社勤務で、通勤には電車を利用。2日に発熱した後も2日間出勤していた。発熱前の2週間に複数回、中国人とみられる人と会議で接触したという。
感染屋形船w

和歌山 感染した医師勤務の病院 受診歴ある70代男性も感染確認 2020年2月14日 10時07分
13日、男性の外科医が新型コロナウイルスに感染していることが確認された和歌山県湯浅町の済生会有田病院で、この医師とは別に一時入院していた70代の男性も新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。県によりますと、男性の症状は重いということです。
和歌山県などによりますと、この男性は、発熱などの症状が出て別の医療機関に入院していましたが、症状が重く、今月6日に済生会有田病院に転院し県が検査をしていました。
男性は症状が重く、すでに別の病院に移って治療を受けているということです。

和歌山県が会見
和歌山県は院内感染は考えにくいとしています。
仁坂和歌山県知事は「済生会有田病院内で感染が広がったとは言えない」という見解を示しました。
県では、肺炎の症状が出ている残る2人についても感染していないかどうかウイルス検査を急ぐことにしています。

和歌山の済生会有田病院、千葉のITのハケン社員w、MUFG香港、政治的なコロナウィルス?w

「香港のMUFG従業員が家族がコロナウィルスの感染を疑われて隔離された」w

  • 1週間の間40度の熱が出て薬を飲んでも下がらなかった
  • 中国人との接触はなし
  • 市川市在住
  • 仕事はITで派遣
  • 毎日10時くらいまで残業
  • 月曜(2月10日)から入院中
  • 総武線と浅草線を利用
  • 肺炎の診断をされて入院になった
  • 病院の待合室で40度の熱で5時間待たされた
  • 結果報告された30分後にはNHKニュースに流れてた
  • 微熱のスタートが2月2日

ついに都心まで使徒がきた…

タクシー運転⼿ 新型コロナ感染 東京 2020年2⽉13⽇ 22:54東京都は、70代のタクシー運転⼿の男性が、新型コロナウイルスに感染していたと発 表した。
記事全⽂
東京都は、70代のタクシー運転⼿の男性が、新型コロナウイルスに感染していたと発表した。 感染が確認されたのは、都内在住の70代の個⼈タクシー運転⼿の男性。 東京都によると、男性は先⽉29⽇に発熱を訴えて医療機関を受診したが、症状が改善されないことから、今⽉6⽇から⼊院していた。その後、新型コロナウイルスの検査を⾏い、13⽇、感染が確認された。 男性への聞き取りでは、中国への渡航歴はなく、中国⼈の乗客は乗せていないと話しているということで、都は、感染経路について調査している。 男性は、発症後はタクシー乗務は⾏っていないという。 都内で感染が確認されるのは4⼈⽬で、⽇本⼈の感染者は初めて。

死亡女性とタクシー運転手は親族 2020/2/13 23:04 (JST)2/13 23:30 (JST)updated ©一般社団法人共同通信社
 関係者によると、亡くなった神奈川県の女性と、感染が確認された東京都のタクシー運転手は親族。

千葉で20代男性の感染確認 2020/2/13 21:30 (JST)2/13 21:46 (JST)updated ©一般社団法人共同通信社
 千葉県は13日、同県内に住む20代男性の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。男性は今月2日から発熱などの症状が続いていた。県は現時点で肺炎患者との明確な接触は確認できていないとしている。

新型肺炎で国内初の死者 2020/2/13 20:49 (JST)2/13 22:40 (JST)updated ©一般社団法人共同通信社
 新型コロナウイルスによる国内初の死者と厚生労働省。
新型肺炎、国内初の死者 神奈川県の80代女性
2020/2/13 22:29 (JST)2/13 22:38 (JST)updated ©一般社団法人共同通信社
新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(中国疾病予防コントロールセンター、GISAID提供)
 厚生労働省は13日、新型コロナウイルスに感染した神奈川県在住の80代の日本人女性が死亡したと発表した。国内で死者が出たのは初めて。女性は死亡後、感染が確認された。加藤勝信厚労相は会見で、死亡した女性の感染経路について「現時点で情報がない」と述べ、調査する考えを示した。最近の海外渡航歴はなく、国内で感染した可能性がある。
 このほかに厚労省は13日、和歌山県に住む50代の男性外科医の感染を明らかにした。肺炎を発症し入院している。国内の医師の感染が明らかになったのも初。この男性の発症前14日間の渡航歴はなく、中国から来た人との接触の有無は分かっていない。
死亡は神奈川県の80代女性 2020/2/13 20:55 (JST)2/13 22:40 (JST)updated ©一般社団法人共同通信社
 加藤厚労相によると、死亡したのは神奈川県の80代女性。
死亡女性の感染経路は不明 2020/2/13 21:02 (JST)2/13 22:40 (JST)updated ©一般社団法人共同通信社
 加藤厚生労働相は、死亡した女性の感染経路について「現時点で情報がない」と述べ、調査する考えを示した。

医療関係者の感染は国内初 2020/2/13 20:10 (JST)2/13 22:40 (JST)updated ©一般社団法人共同通信社
 政府関係者によると、医療関係者の新型コロナウイルス感染が明らかになったのは国内で初めて。
死亡女性は日本国籍 2020/2/13 21:04 (JST)2/13 22:40 (JST)updated ©一般社団法人共同通信社
 加藤厚労相によると、死亡した80代女性は日本国籍。

和歌山県の男性医師に最近の渡航歴なし 2020/2/13 20:03 (JST)2/13 22:40 (JST)updated ©一般社団法人共同通信社
 和歌山県によると、新型コロナウイルスの感染が確認された男性外科医は発症前14日間の渡航歴はない。中国から来た人と接触したかどうかは不明としている。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。