弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

増税延期どころか「消費税5%に下げる」案が浮上w。スクレイピーだわ。やっぱ人肉て食べちゃダメなんだわw。update4


安倍政権、増税延期どころか「消費税5%に下げる」案が浮上
麻生財務相は増税を断行したいが…(時事通信フォト)
写真1枚
 補選での2敗など求心力に陰りが見えた安倍晋三首相にとって、夏に控える参院選必勝の切り札とされるのが3回目の「消費税増税延期」説だ。
 安倍側近も「景況感次第で延期もあり得る」(萩生田光一・幹事長代行)と示唆しているが、有権者も同じ手には引っかからない。
 そこで浮上しているのが消費税率を5%に引き下げる消費税減税というサプライズである。
 麻生太郎・副総理兼財務相らは増税断行を目指してきたが、4月16日から始まった日米貿易交渉で風向きが変わった。トランプ政権は消費税の輸出戻し税を自動車などへの「輸出補助金」と批判し、10月からの消費増税を問題視したからだ。
 そのうえ景気に急ブレーキがかかる雲行きがある。大和総研が3月に発表した「日本経済中期予測(改訂版)」では、
〈2019年以降、トランプ政権の迷走、中国経済や欧州経済の悪化、残業規制の強化、株価下落による個人消費の悪化など内外の様々な下振れリスクが顕在化した場合、日本の実質GDPは最大で3.6%程度減少する可能性がある〉
 と見ている。リーマンショック当時のGDPマイナス3.7%に匹敵する事態だ。逆に舵を切れば、景気減速を防ぎ、選挙にも有利、米国の圧力もかわす一石三鳥になる。それが「サプライズ減税」の動機のようだ。
 問題は“閣内不一致”だ。日経新聞政治部OBの政治ジャーナリスト・宮崎信行氏が語る。
「安倍首相が減税を決断すれば、今度こそ増税できると準備を進めてきた麻生財務相は完全に面子を潰され、抗議の辞任をするはずです。第二派閥の麻生派が反安倍に回る。さらに岸田派など党内の財政再建派も黙っていない」
 たとえ選挙を乗り切ったとしても、安倍首相の足元に火が付く。
※週刊ポスト2019年5月3・10日号
スクレイピーだわ。やっぱ人肉て食べちゃダメなんだわw。
消費税増税てのはエコノミック・ヒットマンの政策だ。経済的な弱者を追い込んで女子供をさらいたいのだろう。 いったいいつの時代の話かって?もちろん2019年のいま進行中の話。 カニバリズムや臓器狩りは記録に残っているものだけでも紀元前543年から21世紀もいままで続いている。

いままでの情報を総合するとだな。 どうやら女体盛りてのは殺したばかりの死体のことみたいだな。 在外大使館には卒倒しないように訓練された公邸料理人(自衛官)がいて、 死体の横で死体を捌いて寿司ネタにして来賓にふるまっている。

スリランカでフルーツやライス(米)てのは人肉を指す隠語だった。これってふつうに寿司のことだろw。

外務省ディープステイトの真相はやっぱグロいねw。

【アンチ・カニバリズム】スリランカでキリスト教イースター祝祭日を狙った連続爆破テロで207人が死亡。負傷者は約450人…

彼らはパジャマパーティのスピンに世間が騙されてたと思っているはずw。

外務省ディープステイトが蚊帳の外に置かれてパジャマパーティ。河野太郎外務大臣が「北朝鮮が核実験用意」と発言し、38ノースの衛星観測と全く噛み合わなくなるw

安倍首相、イタリアで和食PR 「ファン増えることを祈念」
2019/4/24 10:394/24 10:45updated ©一般社団法人共同通信社
日本政府主催のレセプションで、日本食をPRする安倍首相(右)=23日、ローマ(共同)
 【ローマ共同】安倍晋三首相は23日夜(日本時間24日未明)、イタリア・ローマで開かれた日本政府主催の日本食レセプションに昭恵夫人と共に出席した。和牛やブリ、日本酒などが振る舞われ、首相は「心ゆくまで堪能してほしい。イタリアで日本食ファンがますます増えることを心より祈念する」とPRした。
 日本と欧州連合(EU)との間では2月に経済連携協定(EPA)が発効し、日本政府は農林水産物や食品の輸出に力を入れている。首相は「日本食が一層身近なものになっていくことを大いに期待する」と強調した。
 会合にはイタリアのレストラン関係者ら約300人が参加した。
こういうレセプションから見えない駐イタリア日本大使館のどこかで公邸料理人が女体盛りと解体ショーで寿司を握りバンパイアたちに振る舞っている状況を想像するようになってしまったw。

コロンボスタイルw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。