弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

コインチェックから通貨「NEM(ネム)」580億円相当が流出。金塊密輸の代りかw。「安全なオフィスの中から外の困ってる人を見るカイジみたいな遊びをしてる」w update38

monexgroup.jp→マネックスグループ株式会社役員紹介

取締役(社外 独立役員)
出井 伸之(いでい のぶゆき)
株式会社クオンタムリープ代表取締役ファウンダー&CEO

1960年4月ソニー株式会社に入社し、1995年4月に代表取締役社長、2000年6月に代表取締役会長、2003年6月に取締役代表執行役会長に就任。2006年4月にクオンタムリープ株式会社を設立し、代表取締役に就任。当社では、2013年6月より取締役。
[重要な兼職状況]
・クオンタムリープ株式会社 代表取締役ファウンダー&CEO
・フリービット株式会社 社外取締役
・Lenovo Group Limited 社外取締役

マネックス、コインチェック買収へ=数十億円、経営再建進める 仮想通貨 金融庁
 インターネット証券大手マネックスグループが、巨額の仮想通貨流出問題を起こした交換業者大手コインチェック(東京)を買収する方向で調整していることが3日、分かった。買収額は数十億円の見通し。取締役を派遣して経営陣を一新し、再建を進める方針だ。
 金融庁はコインチェックに対し、2回にわたって業務改善命令を発動し、経営管理体制の抜本見直しを求めていた。同社は、マネックスの支援を受け、流出問題で失った信頼を回復し、事業を本格再開したい考えだ。
 買収後にコインチェック創業者の和田晃一良社長は退任するとみられる。(2018/04/03-14:36)
そしてコインチェックの経営陣も去り、何もかも消えていくw。

流出NEM580億円分、ほぼ全額交換か 闇サイト介し 仮想通貨 社会 2018/3/22 19:14日本経済新聞 電子版
 仮想通貨交換会社コインチェック(東京・渋谷)から約580億円分の仮想通貨NEM(ネム)が流出した事件で、流出分のほぼ全額が匿名性の高い闇サイト「ダークウェブ」で他の仮想通貨と交換された疑いがあることが22日、分かった。交換された仮想通貨は追跡が難しく、現金化される可能性がある。
 情報セキュリティー会社エルプラス(東京)の杉浦隆幸社長が、ネット上に公開されたNEMの取引記録などから、交換状況を分析…

コインチェックから流出したNEM、追跡打ち切り NEM財団が声明
3/20(火) 16:25配信 ITmedia NEWS
NEM財団が「Medium」に公開した声明より
 コインチェックから巨額の仮想通貨「NEM」が流出した事件で、NEMの推進団体「NEM財団」はこのほど、流出したNEMの追跡を打ち切ったと発表した。同団体は「盗んだNEMをハッカーが換金するのを効果的に妨げ、法執行機関に実用的な情報を提供できた。捜査に影響するため、われわれは詳細を公開する予定はない」としている。
 コインチェックは1月26日、システムが不正アクセスを受け、約580億円分(当時レート)のNEMが流出。NEM財団は、盗んだ“犯人”のものとみられる送金先のウォレットアドレスに特定のマークを付け、資金移動を追跡する技術(モザイク)で犯人の手掛かりを探っていた。
 ただし、流出したNEMの大半は、犯人が匿名ネットワーク上で換金するなどして資金洗浄されたとみられる。こうした中、NEM財団は「3月18日にモザイクを無効にした」と、追跡の終了を発表した。詳しい理由は明かしていない。
ぐは。サイバー強盗が成功してしまった。

仕込み?w。

渋谷のコインチェックが入居するビルでは

コインチェックのオフィスが入る渋谷駅近くのビルの前には10人ほどが集まっていた。報道陣のほか個人投資家なのか、手ぶらで来ているグループもいた。オフィスのある3Fを訪れ、中から出てきた人にコメントを求めると「公式発表をお待ちください」を繰り返すのみ。
しばらくオフィス前にいると、一度ドアが開いたが、また閉じられてしまった。待っていると再びドアが開いて「あ、まだいる」。バタンとドアを閉められた。中からはドッと笑い声が響いた。
コインチェックのロビー前。コインチェックの受付前には人影はなし。ノックをしても応答はなかった
「しばらくオフィス前にいると、一度ドアが開いたが、また閉じられてしまった。待っていると再びドアが開いて「あ、まだいる」。バタンとドアを閉められた。中からはドッと笑い声が響いた。」w
ミッション・コンプリートかぁw。これやはりマウントゴックス2.0だわ。


出川GJ杉w

仮想通貨取引所コインチェック 不正アクセスで580億円相当流出 1月26日 23時46分
インターネット上の仮想通貨を取り扱う国内の大手取引所「コインチェック」は、26日未明に外部からの不正なアクセスによって580億円相当の仮想通貨が流出したことを明らかにしました。流出したのは顧客が預けていた資産で、会社は金融庁や警視庁に報告するとともに補償などを検討するとしています。
発表によりますと、仮想通貨の大手取引所「コインチェック」では26日午前3時ごろ、外部からの不正なアクセスによってその時点のレートで580億円に相当するNEMと呼ばれる仮想通貨が流出したということです。
流出したのは顧客が預けていた資産で、会社は金融庁や警視庁に報告したとしたうえで「補償を含め、顧客最優先で対応を検討している。会社の財務への影響は精査している」としました。
会社が事態を把握したのは仮想通貨が流出してから8時間余りがたった26日午前11時半ごろで、その後、段階的に、取り扱っている仮想通貨の大半について売買を停止するなどの措置をとりました。
会社は原因の究明や流出先の調査を進めていますが、売買を再開させるめどは立っていないとしています。
コインチェックは平成24年8月に設立され、多くの仮想通貨を扱っています。
仮想通貨を取り扱う取引所は、金融庁が利用者保護の一環として去年10月から登録制にし、コインチェックは現在、登録の審査を受けている段階だということです。
記者会見でコインチェックの和田晃一良社長は「取引先、関係者の皆様にご迷惑をおかけしておりますことをおわび申し上げます」と述べて陳謝しました。

利用者「セキュリティ不十分では」

東京・渋谷区のコインチェックの本社を訪れた利用者で27歳の会社員の男性は「コインチェックでNEMを200万円分ほど保有しています。いきなり取引ができなくなり、いてもたってもいられずに会社に来ました。今はお金が戻ってくるのかそれだけが心配です」と話していました。
そのうえで「最近コマーシャルをよく見たので、当然セキュリティーをしっかりさせたうえで広告に力を入れているものだと思っていました。こんな結果になってしまい対策が不十分だったとしか思えないです」と話していました。

NEM以外の通貨は大丈夫だったw。もうこの時点でNEMの基盤があやしいということにw。

news.livedoor.com→仮想通貨流出のコインチェック ビットコイン決済サービスも停止

仮想通貨取引所のコインチェックが入るビルの前に集まる利用者や報道陣ら=26日夜、東京都渋谷区 仮想通貨流出のコインチェック ビットコイン決済サービスも停止 2018年1月27日 15時6分
ざっくり言うと
580億円相当が流出する被害が発生した、仮想通貨取引所コインチェック
ビットコイン決済サービスの日本円出金や新規支払いも停止すると発表した
実店舗などの決済にも利用されており、被害の影響が拡大する見通し
コインチェック ビットコイン決済サービスも停止と発表

2018年1月27日 15時6分 NewsDigest
580億円相当の仮想通貨ネムが流出する被害が発生した仮想通貨取引所大手のコインチェックは、同社の運営するビットコイン決済サービス「Coincheck payment」の日本円出金や新規支払いをきょう午後5時ごろ停止すると発表。同サービスは実店舗やネット通販サイトの決済にも利用されており、被害の影響が拡大する見通し。(JX通信社/FASTALERT)


コインチェックは秘密キーを物理的に隔離してるからマウントゴックスのようにはならないことを売り物にしていた。しかし思い切り全額引き出された。つまりこれ、内部犯行w

コインチェックは金融機関ではないので日銀が損失を補填することはありえない。 なのでふつうになくなったのだw。いやいや盗難にあったように見せかけて裏金を捻出したよーな。


コインチェック、顧客の資産「返せない恐れ」 2018/1/27 11:30日本経済新聞 電子版
 仮想通貨取引所大手のコインチェック(東京・渋谷)が顧客から預かる約580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した問題で、NEMを保有していない顧客を含めて資産が失われる可能性があることが27日、分かった。被害が拡大する恐れがある。一方、警視庁はコインチェックから不正アクセスによる流出の報告を受け、情報収集に着手した。
コインチェックが入るビル前を訪れた利用者(手前左)ら(27日午前、東京都渋谷区)
 コインチェックは26日未明に不正アクセスにより、顧客から預かるほぼ全てのNEMが流出。午後には全ての仮想通貨と日本円の出金を停止し、ビットコイン以外の仮想通貨の売買も中止した。
 同社は仮想通貨の国内大手取引所の一つ。口座数などは非公表だが「預かり資産は数千億円規模」(業界関係者)とされる。
 和田晃一良社長は26日深夜に開いた記者会見で、最悪のケースとして「顧客の資産を毀損し、返せないこと」を挙げた。顧客の資産が全て失われる可能性については「基本的にはないと考えているが、それを含めて確認中」と言葉を濁した。
 同社が国際団体から推奨されていた、安全性の高い「マルチシグ」と呼ぶセキュリティー技術を導入していなかったことも明らかになった。大塚雄介・最高執行責任者(COO)は「認識はしており、やらねばならないとも思っていた」と弁明したが、利用者保護が後回しになっていた形だ。
 こうしたなか、警視庁は情報収集に着手。今後、同社から流出の経緯を聞き取るほか、システムへのアクセス記録や仮想通貨の保管状況などを詳しく調べるとみられる。
 警視庁は2017年12月、コインチェックを含む仮想通貨取引所10社とサイバー犯罪防止に向けた国内初の協定を結んだ。コインチェックは改正資金決済法に基づいて、金融庁への登録を申請中の「みなし業者」だが、顧客数が多いことから協定に参加している。
 協定では取引所がサイバー犯罪を把握した場合、警視庁へ速やかに通報して捜査に必要な情報を提供する一方、同庁は被害拡大や再発を防ぐ支援をするとしている。同庁幹部は「被害の実態を把握するため、必要な調査を進める」としている。
【同社は仮想通貨の国内大手取引所の一つ。口座数などは非公表だが「預かり資産は数千億円規模」(業界関係者)とされる。】w
8兆円じゃなくて数千億円w

NEMて眠いの意味?11時25分に出勤したら650億円なくなってますたw。

8兆円w

2018年01月27日 01時17分 公開 コインチェック、580億円相当の仮想通貨「NEM」なぜ消失
約580億円相当の仮想通貨「NEM」を消失した、コインチェック(東京都渋谷区)が運営する仮想通貨取引所「coincheck」。1月26日夜の会見では、同社の和田晃一良代表取締役と大塚雄介取締役が経緯を説明した。
ニコニコ生放送より
NEMアドレスの秘密鍵流出、コールドウォレットでの管理なかった
 コインチェックによれば、26日午前3時ごろ、顧客から預かっていた5億2000万NEM(午前3時時点の同社レートで約580億円相当)が流出。午前11時25分ごろに「NEM残高が異常に減っていること」を検知し、正午ごろに入金を制限。その後、NEMの売買と出金、取り扱う仮想通貨全ての出金を停止した。
 コインチェックは自社サービスの安全性の保持のために、顧客から預かったビットコイン資産のうちの流動しない分を、インターネットから秘密鍵を物理的に隔離した「コールドウォレット」に保管するとしていた。しかし、NEMについては「システム的に難しかった」として全てオンラインである「ホットウォレット」で保管していたことを明かした。
ビットコインについてはコールドウォレットでの運用で安全性をうたっていたが、NEMはホットウォレットで保管していたという
 結果として、NEMアドレスの秘密鍵を流出し、何者かにNEMを引き出されたという。
 また、仮想通貨の送金時に複数の署名を必要とする「マルチシグ」も導入していなかった。機能実装のロードマップにも、マルチシグの具体的な実装予定時期はなかったという。
 「セキュリティが低かったから狙われたという認識ではない」と大塚氏はいうが、マルチシグを導入していなかったのはセキュリティが甘かったといわれても仕方がないのでは、と会場の記者が指摘する場面もあった。

流出したNEM取り戻せる可能性は 補償はどうなる

 「送信先のアドレスは分かっている」と大塚氏。NEMを推進するNEM財団や取引所と連携し、流出した資産の追跡、移動先での売買停止の要請を行っていくとしている。
 流出した資産の補償について、いつまでに取り戻せるか、どのようにどれだけ補償するかなどは現在検討中としている。
 大塚氏は「最悪の事態は顧客の資産が毀損(きそん)し、返せなくなる事態。(全くなくなることは)基本的にないと考えているが確認中」という。
8兆円は免れたみたいw。

【複数の署名を必要とする手続き「マルチシグ」には対応していなかったことも明らかにした。】

NEM (暗号通貨)←ウィキ
「NIS(NEM Infrastructure Server)」NEMのインフラサーバー
「NEMサーバーベースのコンポーネントであるNISはクローズドソースであり、デコンパイラでどのように動作するかが明らかにならないように、バイナリは難読化されている。」
「NEMは、プラットフォームの不可欠な部分としてmultisig(マルチシグネチャの略)技術を実装している。」w

NISは、ファイアウォールの背後にある非武装地帯(DMZ)に置くことができるため、インターネットから保護される。 したがって、多くのオプションと構成が存在する。 これにより、NEMのアーキテクチャは安全に設計される。
ん?Java実装でクローズドソースwのNEMのインフラサーバをDMZに配置してしまったかw
Mijin[編集]
Mijinは、NEMテクノロジと同じAPIを使用するプライベートブロックチェーンである。これは、金融機関のコストを90%削減すると同時にセキュリティを強化するように設計されている[16] 。これは、日本最大の信託銀行三井住友トラストホールディングスが所有する住信SBIネット銀行の銀行サービスに追加するためテストされた[17] 。さらに、さくらインターネットはテックビューロと協力して、Mijinの6ヶ月の無料試用版を提供している[18]。 MijinはエンタープライズソフトウェアAsteriaでInfoteriaによってテストされている[19]。2015年12月、日本のSBI住信ネット銀行のは、日本の大手研究グループであるNRIにNEMブロックチェーン技術Mijinのテストを依頼した。彼らは3ヶ月間に渡ってさまざまな取引を行い、1日に200万件を超える取引を行って2,500,000件の口座をテストした。ネットワークは、可用性とフォールトトレランスを測定してさらにストレステストをパスした。金融機関が独立したブロックチェーンテストの結果を公表したのはこれが初めてである[20]。
Mijinて文字通り微塵になってしまったのかぁ。

住信SBIネット銀行も吹き飛ぶのか?w。 いやいや、コインチェックは肝心のマルチシグを実装せずに無防備のままDMZに暗号化通貨を置いてしまったのだからw。

coinandpeace.hatenablog.com→(2015年8月14日)Multisig(マルチシグ)って何?
「マルチシグ(マルチシグ対応のアドレス)とは簡単に言えば、ビットコインの秘密鍵が一つではなく、複数に分割されており、ビットコインへのアクセスは一定数以上の鍵を合わせる必要があるようなイメージです。」w
マルチシグにすると客のカネ(NEM)を盗みにくくなるのでそんな仕掛けにはしなかったのだろうw。

「さくらインターネットはテックビューロと協力して、Mijinの6ヶ月の無料試用版を提供している。」w
「Mijinは…Infoteriaによってテストされている。」w
「NRIにNEMブロックチェーン技術Mijinのテストを依頼した。」w

SMBCと禿とさくらインターネットとInfoteriaとNRI。
非常に簡単な事件だ。
この中に犯人がいるw。
つか、ふつうに犯人はケーサツだなw。
【NVIDIA問題】さくらの専用サーバ 高火力シリーズ Quad GPUモデルの新規提供一時停止のお知らせw

「Inside NEM の投稿によれば、プログラムは流出資金にタグを付けて追跡可能とするもので、財団は既に各取引所に対して、持ち込まれた資金に付けられたタグをどのように判別するか説明を行ったとのこと。」w
仮想通貨の財布の監視を開始。どこかで聞いたことのある話がスタート。

Harvest status(採取状態) disabled(無効)w
流通に状態を付けられるのか。

盗まれたNEMと注釈を付けることができるのだとか。
しかし売買するプログラムやヒトがこの状態(Harvest status)とコメントを判別してればの話だw。
NEMが高価な「ババ抜き」ゲームになった瞬間w。

w

タグを付けたのはNEM財団のJK17のみずなし・りんw

【批判を恐れず言えば、NEMはこの1600人の人を幸福にするためのコインで、その供給方法には「金銭的な自由、分散化、平等」など欠片もないと感じています。】w
なんだそれ。暗号化通貨というよりネズミ講やアムウェイの鍋みたいなネットワーク・ビジネスの商品だな。

17才の女子高生の仮面を被った50前のおっさんホワイトハッカーw
ガンバレみずなしりん。
@minarin_の 3116ツイ r rr

2018年01月25日22時38分03秒 @TrendStream スーパーノードが必要とされる限り枯渇はしません。が答えかな?
2017年12月18日21時40分00秒 @siwon_g 残高空っぽでfailしてもSN登録の抹消にはならないので、スーパーノード報酬の額から実働ノード数を計算すると一番正確なのかもしれません。 あのグラフ表示は何をもってカウントしているのだろうか?
2017年12月12日03時00分24秒 【SNオーナー様へ】 12月17日に、スーパーノードマスターのデータベースメンテナンスが行われます。このためスーパーノードのチェック作業が通常時より遅れて実行されます。スーパーノード報酬も予測時間より遅れますので、留意していただき… https://t.co/sIQyBivt5f
2017年12月08日13時33分16秒 RT @proselector123: NEMのスーパーノードされている方は是非、参加しましょう。 全員億トレ!! ガチで参加したかったが、次回は♬ https://t.co/ag9Y0Ey8cn
2017年12月08日07時58分14秒 まだ若干お席の方が空いてしまっています。明日の午前中迄は募集していますので、ご参加お待ちしております。 なお、この催しは、勉強会やセミナーではありません。 1年に1回あるかないかの(多分無い)、スーパーノード報酬と考えていただけれ… https://t.co/lrkCuuzo8Z
2017年12月07日02時29分22秒 【再掲 お知らせ】 「日本初 スーパーノード オーナーの集い」 — スペシャルゲスト有り — 大きい会場になってしまいましたので、余裕が出ました!。 奮ってご応募下さい☆ (詳細は添付の画像をお読み下さいね☆)

2017年10月31日02時58分17秒 RT @cameong: #NEM の #スーパーノード の量は集めたんだけど、運用・構築は初めて、、、そんな時は、ぜひご相談ください。 構築・運用の代行やってます。(便乗
2017年08月16日13時52分57秒 @9F2EevkwSrvXp4a NEM のスーパーノードの最新バージョンが0.6.93 です。 このバージョンは必修のアップデートが入っていますので、SNのオーナーは全員このバージョンにしなくてはなりません。 もし、8/20 に… https://t.co/Jvb0eEZ2K4
2017年08月16日00時08分22秒 #NEM のスーパーノードのバージョンが0.6.93未満の場合は、8/20に全てのSNを無効にします。 https://t.co/EK0Lp6zUsP
2017年07月02日05時48分50秒 【拡散及びご協力願います】 #NEM のスーパーノードで、"kohkei" という名前のノード運用者様。 いらっしゃいましたら、私までDMにてご連絡いただけますでしょうか。 よろしくお願いいたします。
2017年06月24日18時11分19秒 @TrendStream ハーベスティング:権力分散させる為のインセンティブ。十分すぎる数値じゃないかと思う。 スーパーノード報酬:NEMネットワークを維持する為のインセンティブ。既にSNの数は足りている。
2017年06月16日11時12分13秒 詳しい説明が聞きたいという方は、@mizunashi 迄DMしてください。 ブロックされてない限り、DM送信できます。 後は、スーパーノード報酬は、自動的にあなたのNEMのアドレスに入ります。
2017年06月16日11時09分38秒 NISのフルノード立ててます。300万XEM無いので 私が普段参照するNIS及びハーベスト依頼先はこのフルノードにしています 誰か300万XEM持っていてスーパーノード立ててない人いませんか? 私が変わりに自分のフルノードをSNにします 300万XEMの送金は不要 #NEM
2017年05月28日07時29分04秒 RT @TrendStream: スーパーノードスーパーセール!1億円以上だったのが、今なら半額以下の4800万円でお買い上げいただけます! (…高い)#NEM
スーパーノード報酬w。なんだよ、通貨じゃないだろ。やっぱりネズミ講商品なのかよw。

Javaとデータベースで実装されたNEMのインフラサーバ(NIS)はネット上の分散されたクラウドサーバのことで、メンテナンスの為に遠隔操作がふつうに可能だったw。

安全なのだからとNEMのサーバ(NIS)をDMZに配置したのだけど、 これってブロックチェインとか財布にタグを付けるとか、それ以前の問題だった気がするな。
ネットにカネをさらしてしまったのだ。しかもオープンソースでw

ブロックチェインは暗号化通貨NEMの所有状態を保証してくれる。 しかし財布である公開鍵と秘密鍵とブロックチェインをDMZに置いてしまうのは、 道路に財布が落ちてるのと同じ状態だ。勝手にNEMの所有権を書き換えられて(NEMを盗まれて)しまう。

ネット上のフェイク、よしもとの芸人のギャグ、釣り、スピン、JK17などなどに紛れて預けた数千億円が闇に消えていく。なんかすげー時代になったものだな。

そういえばワンナクライの身代金も欧州警察機構が財布を監視していたが、結局誰かに引き出されて犯人は捕まらなかった。
【ギフハフ団内閣】の発表と同時にワンナクライの身代金14万ドル相当のビットコインが引き出される。

うーむ。ここまでは欧州警察機構(EUROPOL)もやってましたな。これからが勝負w。
ワンナクライで成功したからこそ、もっと高額な620億円に挑戦してるのだろ。

5ch.net→【コインチェック】580億円相当の仮想通貨「NEM」なぜ消失

3名無しさん@1周年2018/01/27(土) 08:46:55.32ID:5ErMfb/80
なーんの技術力も知識もない文系の馬鹿をトップに置いたいつものジャップ案件でしたw

西條 晋一(さいじょう しんいち、1973年6月10日 - )は、元株式会社サイバーエージェント専務取締役、株式会社ジークレスト取締役会長。

2017年より仮想通貨取引所を運営するコインチェック株式会社のアドバイザーを務める

1996年3月 早稲田大学法学部卒業 
1996年4月 伊藤忠商事入社 財務部配属
2000年3月 サイバーエージェント入社 新規事業開発室配属
2000年12月 メールイン代表取締役
2002年10月 インターナショナルスポーツマーケティング代表取締役社長
2003年9月 シーエー・キャピタル代表取締役社長
2003年12月 ジークレスト代表取締役社長
2004年12月 サイバーエージェント取締役
2005年10月 インターナショナルスポーツマーケティング取締役
2006年4月 サイバーエージェント・インベストメント代表取締役社長
2006年4月 サイバーエージェント専務取締役
2006年4月 ジークレスト取締役会長
2006年10月 サイバーエージェントFX代表取締役社長
2017年11月 コインチェック株式会社アドバイザー(現任
「さくらインターネット」と「サイバーエージェント」かぁw
40名無しさん@1周年2018/01/27(土) 08:51:03.83ID:xYXxWcJY0
>>1
コインチェック

代表取締役社長 和田晃一良
2009年東京工業大学 理学部入学。大学3年次にレジュプレス株式会社(現コインチェック株式会社)を創業。 累計100万部「ビリギャル」を産んだSTORYS.JP、ならびにcoincheckの全開発を担当。小学生時代からプログラムを学び、 大学生時代にクックパッド主催ハッカソン等で優勝。また、同時期に開発した就活対策AndroidアプリSPITrainigは 10万ダウンロードされる。WIRED Audi INNOVATION AWARD 2016受賞。日本ブロックチェーン協会(JBA)監事。

取締役 COO 大塚雄介
早稲田大学大学院卒業 物理学修士号取得。専攻は量子理論力学。 2006年 元リクルート系企業(株式会社ネクスウェイ)で法人向け新規事業開発ならびにサービス開発を9年経験。 年間売上12億の新規事業をゼロから立ち上げ全社VP賞を2度受賞。 事業アライアンス・広報・マーケティング・ビジネス面を担当。

CFO 木村幸夫
2000年 有限責任監査法人トーマツにて上場企業の監査業務に従事。 2006年 グローウィン・パートナーズ(株)にてM&A、IPO支援、会計コンサルティング業務等に従事。 2010年 アニコムホールディングス(株)(東証:8715) 資産運用部門等を経て、経営企画部長。 東証一部上場、IR、グループ経営計画立案及び管理等を主導。 2015年 同社子会社のアニコムキャピタル(株)代表取締役を兼務。 2016年 レジュプレス株式会社入社(現コインチェック株式会社)。公認会計士。

アドバイザー 西條晋一
1996年早稲田大学法学部卒業後、伊藤忠商事に入社。本社財務部で輸出入業務や資金繰り業務を担当。 その後為替部にてディーリング業務に従事。2000年にサイバーエージェントに入社。多くの新規事業の立ち上げに携わり、 5社以上の代表取締役社長を経験。2006年には同社のコーポレートベンチャーキャピタルである、 サイバーエージェント・ベンチャーズの初代社長に就任し、ベンチャー投資業務と組織を構築。 2008年より本社の専務取締役COOを勤めた後、2010年からは米国法人の社長としてシリコンバレーでの 事業立ち上げも経験。2013年にWiLを創業。

顧問 郷原淳良
日本長期信用銀行(現新生銀行)入行。その後、イーバンク銀行(現楽天銀行)創業に参画。 イーバンク銀行取締役、楽天銀行常務執行役員企画本部長、執行役員コンプライアンス統括本部長を歴任。 コンプライアンスアドバイザーとして、aml/kyc対策ならびに、社内規定構築。
長銀かぁw。1998年のLTCM破綻を思い出してしまう。暗号化通貨は要するに20年前の金融工学と同じ類のことをやっているだけなのさw。わかりる?

コインチェック “複数の鍵”かけず 安全対策を怠ったか 1月27日 18時16分
仮想通貨「NEM」が盗まれた問題をめぐっては、コインチェックが仮想通貨を保管する際のセキュリティー対策上の問題が指摘されています。
仮想通貨NEMを推進するNEM財団の記録によりますと、コインチェックが保管していたNEMは26日、8回に分けて580億円相当がコインチェックとは別の所有者に移されていました。
この財団では、仮想通貨を保管する場合、1つのパスワードが破られても被害が広がらないよう複数の鍵をかける「マルチシグネチャー」と呼ばれる方式で保管することを推奨しています。
しかし、コインチェックはこうした方法を取っておらず、26日夜開かれた記者会見でも「やらないといけないという認識はあったが準備に至らなかった」と話しています。
NEM財団のロン・ウォン代表は、今回の事件を受け、NEMの技術に問題があるわけではないとして、ツイッター上で「通貨をつくり直すなどの救済措置は行わない」と話しています。

専門家「安全対策怠ると一瞬で失われるリスク」

多額の仮想通貨が流出した「コインチェック」について、専門家からは管理体制の甘さを指摘する声が上がっています。
今回の問題で、コインチェックは、仮想通貨をインターネットにつながった口座でまとめて管理していて被害に遭ったことがわかっています。
これについて仮想通貨のセキュリティーに詳しい杉浦隆幸さんは、「仮想通貨は取り引きに必要なもの以外はインターネットと切り離された場所で保管する必要がある。インターネットにつながる状態でまとめて管理していたことが巨額の被害を招いた」と指摘しています。
また仮想通貨を不正に引き出した手口については、仮想通貨を移動する際に必要な「秘密鍵」と呼ばれるパスワードが盗まれたり、パスワードの欠陥をついて仮想通貨を移動させたりした可能性を挙げ、通信の履歴を詳しく調べて原因を解明する必要があるとしています。
そのうえで「発覚に8時間かかるなど、セキュリティー対策と運用に十分な人を充てていなかった可能性もあり、今後は取引所のセキュリティー対策の認証を強化する必要がある。仮想通貨は銀行のお金とは異なり、安全対策を怠ると一瞬で失われてしまうリスクがあることを認識して利用すべきだ」と指摘しています。

専門家「セキュリティー対策追いついていない」

コインチェックで起きた仮想通貨「NEM」の流出について、仮想通貨に詳しい京都大学公共政策大学院の岩下直行教授は、仮想通貨が急速に値上がりし、犯罪の対象になりやすくなっている一方、セキュリティー対策が追いついていないことが背景にあると指摘しています。
岩下教授は、コインチェックのセキュリティー対策について、「大手の取引所は、盗難を防ぐため、仮想通貨の管理に外部のネットワークから遮断された『コールドウォレット』を使うのが普通で、そうしていなかったのは驚きだ。 流出に気付くまでに時間がかかったことからも、取引所の態勢やシステムの不備が引き起こしたと思う」と指摘しています。
また、セキュリティー対策が進んでいなかった理由については、「流出したNEMは、主要な仮想通貨に比べると取り引きの量が少なく、対策が後回しになっていたのではないか。NEMも去年1年間で急速に値上がりしていただけに犯罪の対象として狙われやすい状況で、管理をおろそかにすべきではなかったが、セキュリティー対策が追いついていなかった」としています。
そのうえで岩下教授は、「仮想通貨をめぐって、今後は価格の乱高下に加え、セキュリティー面のリスクも意識されるようになる。今回の問題はどの仮想通貨で起きてもおかしくないだけに、ほかの仮想通貨も含め、価格の下落につながる可能性もある」と述べ、今回の問題は仮想通貨全体に共通するリスクだという認識を示しました。
マルチシグは複数の鍵ではなく秘密キーを分割して運用することだ。なので、取引会社が「公式に」鍵を持つことになる。これでセキュリティが向上すると思うのは間違い。鍵の数ではなく鍵をどこに保管するかという問題なのだ。わかりる?

NEMがマルチシグに対応したとしても、彼らのインフラはクラウド(DMZ)に配置したNEMのインフラサーバー(NIS)しかないのだから、マルチシグに対応したとしても再びゴッソリ盗まれてしまうのではないかと思ってるw。

吉本興業w。西部邁の報復だったのかぁw。
西部邁が丸子橋から多摩川に入水。牧伸二に続く。藤岡広之、たこ八郎かも。

不正侵入の特定難しく 仮想通貨流出、警視庁が情報収集 2018/1/28 1:00日本経済新聞 電子版
 仮想通貨取引所大手のコインチェック(東京・渋谷)から約580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した問題で、警視庁が情報収集を始めた。同社は26日の記者会見で、流出は外部からの不正アクセスが原因と説明。同庁は不正アクセス禁止法違反容疑などで捜査を進めるとみられる。
 同社はNEMの送信に必要なパスワードを、外部につながるネットワークに接続した機器に保管していた。別の取引所関係者は「安全確保の…
警視庁が証拠のもみ消しを開始w

金融庁、あすにもコインチェックの対応検討 2018年1月27日 21:16ツイートするシェアする
仮想通貨の取引所を運営する「コインチェック」は26日夜遅く、顧客から預かっている仮想通貨約580億円分が不正アクセスにより流出したと発表した。金融庁は28日にもコインチェック側から詳しい状況について報告を受け、対応を検討することにしている。
コインチェックによると、不正アクセスによる流出があったのは「NEM」と呼ばれる仮想通貨約580億円分で、26日午前3時頃から複数回にわたって引き出されたという。
今回の不正な流出について、「セキュリティー対策が十分でなかった」とする一方、詳しい原因については「究明中」と説明するにとどまり、顧客への補償方法については検討中だという。現在もコインチェックは取り扱い通貨全ての出金を停止している。
コインチェック・和田晃一良社長「技術的な難しさと、それを行うことのできる人材が不足していることが原因。このような事態に陥ってしまったことについては、深く反省しております」
金融庁は去年から仮想通貨の取引所を登録制にして規制を強化しているが、コインチェックは現在、登録審査中だったという。金融庁は仮想通貨取引所の顧客資産の管理手法について、以前から懸念を持っていたという。
こうした事態を受けて金融庁は27日までに、国内の全ての仮想通貨取引所の運営会社にシステムの再点検などを求める指示を出した。また、28日にもコインチェック側から詳しい状況について報告を受け、対応を検討することにしている。
マルチシグなどと聞いたときに、これは既に設計が破綻していて付け焼き刃なのではないかと判断できるアーキテクトが必要なのだろうなw。こういうのを金融庁にやれというのは無理だろう。こうすれば安全だという具体的や対策すら言えないはず。
コインチェックがマルチシグに対応したとしても、分割した秘密鍵をDMZのデータベース(クラウド上のNEMのインフラサーバ/NIS)に「一緒に」保管してしまうのだろうから。マルチシグなのに大規模な盗難が再び起きてしまうるだろうw。
まぁガンバレ金融庁w。中国にどうすればいいのですかと素直かつ率直に聞くんだなw。

全額返金、金融庁「納得できる説明ではない」 2018年01月29日 07時36分
 仮想通貨取引所大手の「コインチェック」(東京都渋谷区)は28日、不正アクセスで約580億円相当の仮想通貨「NEMネム」が流出した問題について、被害状況や顧客への補償方針を金融庁に報告した。
 金融庁は管理体制の強化や再発防止策が必要と判断し、改正資金決済法に基づいて、近く業務改善命令を出す方針だ。
 金融庁幹部によると、流出事件の事実関係と原因、顧客対応と補償方針、NEM以外の被害の有無について、報告を受けた。同社が、インターネットを通じて外部とつながる状態でNEMを管理するなど、安全対策が不十分だと確認した。このため、改善命令を出し、更なる安全対策や顧客保護の強化などを求める。
 同社の大塚雄介取締役(37)は28日午後、金融庁への報告後に取材に応じた。「現預金などで資産を持っている」と記者団に述べ、返金のための資金は、自社の保有資産で賄えると説明した。NEMの価格は流出時に比べて下落しており、返金は総額約460億円に上る見通しだ。返済時期は「精査中」とし、事業は継続する考えを示した。
 しかし、金融庁幹部によると、全額を返金できるという説明について、金融庁としては、納得できる内容ではなかったという。
強奪したNEMを「引き出して換金」するまでは会社を潰せない。なんだかんだ大丈夫だといって引っ張るだけw。この時点で誰が、どの組織が、どの監督官庁が犯人なのかいい加減わかってもいいはず。

まぁいろいろバレちまったからな。かぁちゃんの財布からバングラディシュに返金するの?w )アソー
【ギフハフ団】ラザラスなアソーがバングラディシュのサイバー銀行強盗でシンギュラリティに到達w

26万人への返金発表 コインチェック、手続きは検討中 2018年1月28日01時38分
写真・図版 会見の冒頭で謝罪するコインチェックの和田晃一良社長(手前)、大塚雄介取締役(中央)ら=26日午後11時37分、東京都中央区、葛谷晋吾撮影
 仮想通貨取引所の「コインチェック」(東京都渋谷区)は28日未明、顧客から預かった仮想通貨「NEM(ネム)」580億円分が流出した問題を巡り、保有していた約26万人全員に、日本円で補償すると発表した。補償の時期や手続きに関しては検討中という。
 同社のインターネットサイトによると、別の仮想通貨取引所でのNEMの取引価格などから補償額を計算し、1NEMあたり88・549円の金額を、顧客の通貨保有数に合わせて日本円で返金するという。
 流出したNEMは約5億2300万単位で、単純に計算すると約463億円余りとなる。返金の原資は自己資金を充てるといい、「今後も事業を継続していく」としている。
 コインチェックの補償方針の発…
【流出したNEMは約5億2300万単位で、単純に計算すると約463億円余りとなる。返金の原資は自己資金を充てるといい、「今後も事業を継続していく」としている。】w
SMBCと禿と野村だなw。

げ。NEMてJavaScriptだけで送金できるのかw。 オフラインのコールドウォレットからQRコードでオンライン側に転送w。 なんて恐ろしい。 うーむ。 いまごろ盗まれたことになってる460億円分のNEMをコールドウォレットから署名付き送金トランザクションのQRコードにせっせと変換してるのかすら? きっとそーだわ。

コインチェックの資金洗浄対策に懸念 金融庁、再三指摘 榊原謙2018年1月29日14時01分
 顧客の仮想通貨「NEM(ネム)」580億円分を流出させた仮想通貨取引所「コインチェック」(東京都渋谷区)に対し、NEM以外の仮想通貨の一部がマネーロンダリング(資金洗浄)に使われる恐れがあると金融庁が警告していたことが分かった。金融庁は、同社の内部統制に大きな問題があると判断。巨額の資産流出と併せ、改正資金決済法に基づく業務改善命令を29日午前に出し、抜本的な立て直しを求めた。
 コインチェックは26日、外部からの不正アクセスを受け、顧客資産のNEM580億円分を流出させたと発表。NEMをネットにつないだままの環境で保管するなど、管理態勢のずさんさが指摘されていた。
 これに加えて金融庁は、コインチェックが扱う計13の仮想通貨の一部に、通貨の行方の追跡が難しい「匿名通貨」があることを不安視。国際テロ集団などによって、犯罪資金の資金洗浄に悪用されるリスクを再三指摘し、取り扱いを続けるならば、どのような対策を取るつもりなのかを問い続けていた。しかし、コインチェック側には対策を検討する態勢が十分にできておらず、反応は鈍いままだったという。
 日本では昨春から仮想通貨取引…
なんだそれ。完全犯罪が成立してるやんけw。

あー、わかった。コインチェックは金塊の密輸の代りなんだろw。)アソ―。
「愛知県警の3人の警察官が複数の容疑者に電話で連絡を取っていた」フィリピンの自動車税とカジノを使ったマネロン・ルートを潰されてしまったので、こんどは金塊の密輸でマネロン。なんてわかりやすい警察庁w
【ギフハフ団】ラザラスなアソーがバングラディシュのサイバー銀行強盗でシンギュラリティに到達w

ワザとこんな格好してますw。ペジーをペギーと呼んだときと同じ。





かぁちゃんの財布には手を出さないアソーの美学w。大塚雄介COOは金融庁の人間だなw。

だんだん真相がバレていきますなー。 560億どころか無限大に現金があるのだろw。 そのうちニチギンの黒田が出てくるぞ。

コインチェックに麻生氏「常識に欠けておるかな」 2018年1月30日08時28分
 「常識に欠けておるかな、という気がしますな」。麻生太郎金融担当相は29日の衆院予算委で問題を起こしたコインチェックを批判した。金融庁は28日に同社幹部を呼んで事情を聴いたが、流出の原因や顧客対応についての説明がはっきりせず、処分に踏み切った。再発防止策などを来月13日までに報告するよう求めた。
 金融庁は昨春に改正資金決済法を施行し、世界に先駆けて仮想通貨取引所に登録制を導入した。昨年8月には取引所の監視に特化した30人規模の専門チーム「仮想通貨モニタリングチーム」を組織し、目を光らせてきた。
 すでに16業者が登録された一方、金融庁はコインチェックにはマネーロンダリング(資金洗浄)への対策などが不十分だと指摘し、昨年9月の申請後、今なお登録を認めていない。「みなし業者」として営業を認める中で安全管理の不備を突かれた。同庁幹部は「こうした事態が十分あり得るからこそ、厳しく監督してきたのだが」と肩を落とす。
 金融庁は問題を重く見て、みな…
【昨年8月には取引所の監視に特化した30人規模の専門チーム「仮想通貨モニタリングチーム」を組織し、目を光らせてきた。】w
おいおい、昨年8月てw。Wannacryの身代金が引き出されたときじゃまいかw。 アソーだな。

コインチェック騒動のさなかにLiskで373億円の資金移動、不正送金w。ボコハラムの臓器売買の通貨はLiskだったのか。
島根県産のルビー(Ruby)実装のコインチェックが580億円の脱線(Rails)事故を起こすw。
Ruby on Railsはフレームワークなので脆弱性が発見されても容易にバージョンアップはできない。そしてスマホのアプリの為のAPI公開でさらに脆弱になった。
まぁ、はっきり言って島根県のまわりくどいサイバーテロだな。

本実証実験におけるmijin®の役割

mijinは、クラウド上や自社データセンター内に、企業内や企業間で利用可能なプライベート・ブロックチェーン環境を構築するためのソフトウェアです。既存のデータベースや勘定システムを置き換えて劇的にコストを削減すると同時に、改ざん不可能な高セキュリティ環境が構築できる他、実質的なゼロダウンタイム環境を実現します。「mijin」は「NEM」のコア開発者がテックビューロに合流して開発した、金融機関から電子マネー、認証システム、登記システム、ロジスティクスのトラッキングまで、幅広くご利用頂ける「NEMプロトコル」を採用した汎用型のプライベートブロックチェーン製品です。

本実証実験ではジャパンネット銀行はmijin、富士通株式会社はHyperledger Fabricを用い、それぞれアプリケーションを開発します。契約書ファイルのハッシュ値と誰がいつ承認・却下したかをそれぞれブロックチェーンに記録し、いずれかのブロックチェーンに不具合が発生した場合でも記録データを確認できるようにする事で、セキュリティと高い可用性を実現検証するものです。

うわ。ほんとだw。

ゲラゲラ

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。