弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

Clusterwareはバグばっかり

Oracle 10gR2 Clusterwareの導入

7. Install Oracle 10gR2 Clusterware

 

Proceed to install Oracle Clusterware 10g Release 2 (10.2.0), ensuring to specify the appropriate raw devices (/dev/raw/rawN) for OCR and voting disks. OCR devices are initialised (formatted) as part of running the root.sh script. Before running root.sh, be aware that several known issues exist that will cause the Clusterware installation to fail, namely:

  • Bug 4679769 FAILED TO FORMAT OCR DISK USING CLSFMT
  • Note 414163.1 10gR2 RAC Install issues on Oracle EL5 or RHEL5 or SLES10 (VIPCA Failures)
Due to Bug 4679769, initialisation of multipathed OCR devices will fail. Therefore, before running root.sh, download and apply patch for Bug 4679769. If root.sh was already run without having first applied patch for Bug 4679769, remove (nullify) the failed, partially initialised OCR structures from all OCR devices, for example:
# dd if=/dev/zero of=/dev/raw/raw1 bs=1M count=25
25+0 records in
25+0 records out

# dd if=/dev/zero of=/dev/raw/raw2 bs=1M count=25
25+0 records in
25+0 records out

 

リリースノート

4.4 Oracle Clusterwareのインストール

Oracle Clusterwareのインストールの終盤で、Oracle Universal Installerから$CRS_HOME/root.shスクリプトをクラスタ内の全ノードに対して実行するように要求されます。クラスタの最後のノードでroot.shスクリプトを実行すると、VIPCAユーティリティが呼び出されますが、Oracle Enterprise Linux 5.0、Red Hat Enterprise Linux 5.0およびSUSE Linux Enterprise Linux 10では、このユーティリティは失敗します。詳細は、「SRVCTLおよびVIPCAユーティリティで設定されるLD_ASSUME_KERNELパラメータ」セクションを参照してください。

回避策: クラスタ内の最終ノードに対してroot.shスクリプトを実行する前に、$CRS_HOME/bin/vipcaスクリプトを変更して119~123行をコメント・アウトします。

       arch='uname -m'
# if [ "$arch" = "i686" -o "$arch" = "ia64" -o "$arch" = "x86_64" ]
# then
# LD_ASSUME_KERNEL=2.4.19
# export LD_ASSUME_KERNEL
# fi
これらの行をコメント・アウトすると、root.shはVIPCAを正常に呼び出せるようになります。arch変数を設定する118行はroot.shスクリプトに必要なため、コメント・アウトしないでください。

 

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。