弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

1996年のフッ化水素の北朝鮮への輸出がヒントしてるのは地下鉄サリン事件から911までのタイムラインだなw。カダフィとJFK暗殺も… update6

【嘘松】金正男を暗殺したVXの原料を北朝鮮ではなく韓国経由でマレーシアに輸出してましたw

cistec.or.jp→不正輸出事件の概要(PDF)

不正輸出事件の概要
本資料は以下の資料にもとづいてCISTECが作成したものです。 ・「戦後の外事事件―スパイ・拉致・不正輸出―」 (外事事件研究会編著、東京法令出版、平成19年10月1日発行)
・経済産業省発表資料/各種報道資料

2016年10月14日最終更新
発生/検挙時期
1996年(平成8年) /1996年(平成8年)
企業名
東亜技術工業(株) A:社員
刑事罰
罰金(単位:円) A:20万(個人)
概要
1996年(平成8年)1月、大阪港入港中の北朝鮮船舶にフッ化ナトリウム50キログラムを、続いて2月、神戸入港中の北朝鮮船舶にフッ化水素酸50キログラムを、それぞれ輸出託送品として積み込み、北朝鮮に不正輸出していた。
※フッ化水素酸及びフッ化ナトリウムは化学・生物兵器の原材料及び製造設備等の輸出規制であるオーストラリア・グループの規制対象であり、サリンの原料ともなるものである。また、本件は、北朝鮮に緊急支援米を送るための北朝鮮船籍貨物船を利用した不正輸出であった。
●外為法違反
CISTEC. All rights reserved. 13/17

地下鉄サリン事件(1995年3月20日)…

fsight.jp→サリン原料まで輸出 神戸の“黒幕”の素顔

TOP > 記事 > サリン原料まで輸出神戸の“黒幕”の素顔
サリン原料まで輸出 神戸の“黒幕”の素顔
執筆者: 2001年7月号
カテゴリ: 国際 社会
エリア: 朝鮮半島 日本

 日本の中古漁船を北朝鮮に不正輸出したとの容疑で宮城県の海運会社社長ら四人が警視庁公安部に逮捕された事件は、新たに逮捕された神戸市の貿易会社社長が、北朝鮮当局と日本の海運会社社長ら実行犯を結ぶ「黒幕」だったとの疑いが強まり、その素顔に注目が集まっている。「黒幕」とみられているのは神戸市長田区の貿易会社「東亜技術工業」社長、金基敏容疑者(五二)。北朝鮮側から漁船発注を受け、海運会社社長らに確保を指示したとされる金容疑者は、朝鮮総連元幹部。朝鮮銀兵庫信組の理事や、朝鮮学校の理事を務めるなど、バリバリの「北のエリート」だったという。

911のツインタワーと芦屋浜シーサイドタウンを設計した日系2世の ミノル・ヤマサキ…w。 サリンつか高速炉の「もんじゅ」だな。 世田谷一家殺人事件から911までのタイムライン…。 まぁ、ふつうに考えてw、韓国でも北朝鮮でもイランでもサウジでもないでしょーなw。

あー、これも参院選2019の闇の争点だねw。 )産総研のどらえもんw

軽水炉(PWR)で水爆のトリチウムを生産し、911の純粋水爆に使う

911と神戸製鋼の「ジルコニウムの水素吸収小委員会」と水爆用トリチウム製造用TPBAR。品質データ改ざんと「もんじゅ」の燃料溶融。シャブと海保w。JFK暗殺

世田谷一家殺害事件と科技庁と劇団四季と911の純粋水爆

中央日報→韓国国防委所属議員「むしろ日本が北朝鮮にフッ化水素を密輸出して摘発」

韓国国防委所属議員「むしろ日本が北朝鮮にフッ化水素を密輸出して摘発」 [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] 2019年07月11日 10時54分
韓国正しい未来党の河泰慶議員が11日午前、国会政論館で記者会見をしている。
韓国国会国防委員会所属の河泰慶(ハ・テギョン)議員(正しい未来党)が「日本が過去にフッ化水素など戦略物資を北朝鮮に密輸出した事実が日本安全保障貿易情報センター(CISTEC)の資料で確認された」と明らかにした。
河議員は11日、国会政論館で記者会見を開き、「最近、日本の一部で韓国の政府資料を引用しながら『韓国が核兵器に使われるフッ化水素を北朝鮮に密輸出していたかもしれない』などの詭弁を弄する中で、日本の資料ではむしろ『日本が北朝鮮にフッ化水素を密輸出して摘発された』と報告して波紋が予想される」と話した。
続いて「韓日関係が最悪に向かって突き進んでいる状況で、日本は感情的な対応を自制しなければならない。ごり押し主張を繰り返せば、日本が国際社会で孤立する」としながら「日本は直ちに不当な輸出規制を撤回するべき」と主張した。
河議員が紹介したCISTECの資料「不正輸出事件の概要」によると、日本では1996年から2003年まで30件を超える北朝鮮密輸出事件が摘発された。この中には核開発や生物化学兵器製造に転用可能な戦略物資も含まれていた。
具体的な事例としては、1996年1月大阪港に入港中だった北朝鮮船舶がフッ化ナトリウム50キログラムを、2月には神戸港に入港中だった北朝鮮船舶がフッ化水素酸50キログラムをそれぞれ船積みした。
また、2003年4月には直流安定化電源3台が経済産業相と税関長の許可なくタイを経由して北朝鮮に不正輸出されていたほか、2004年11月には周波数転換器1台が貨物航空便を通じて中国を経由して北朝鮮へ渡っていた。
2002年9月には凍結乾燥器1台、2008年1月には大型タンクローリーがそれぞれ北朝鮮に輸出されていた。
これら品目は核兵器や生物化学兵器などの製造に使われたり、ミサイル運搬用への転用可能な戦略物資だというのが河議員の説明だ。
これ以外に、輸出規制品目である三次元測定機2台も2001年10月と11月の2度、日本からシンガポールを経由してマレーシアに輸出され、このうち1台が再輸出されてリビアの核開発関連施設内で見つかった。
CISTECは1989年に設立された非政府機関で、安保戦略物資輸出統制関連イシューを研究する場所だ。国内の関連機関としては韓国貿易協会戦略物資情報センター(STIC)がある。

cistec.or.jp→不正輸出事件の概要(PDF)

発生/検挙時期 2001年(平成13年)/2006年(平成18年)
企業名 (株)ミツトヨ A:代表取締役社長 B:代表取締役副社長 C:常務取締役 D:元取締役
刑事罰 懲役 A:3年 (執行猶予5年) B:2年8ヶ月 (執行猶予5年) C:2年4ヶ月 (執行猶予4年) D:2年 (執行猶予4年)
罰金(単位:円) (株)ミツトヨ:4,500万(法人)
行政制裁(輸出禁止)
処分時期 2007年(平成19年)6月
対象品目 全品目 3次元測定機(確定した需要者に直接輸出するCNC3次元測定器を除く。全品目制裁期間満了後も継続。)
対象地域 全地域
期 間 6ヶ月 2年6ヶ月
概要 核兵器の開発又は製造に用いられるおそれがあるものとして、その輸出が規制されている測定装置である3次元測定機2台をマレーシアに輸出しようと企て、2001年(平成13年)10月及び11月の2回にわたり、経済産業大臣の許可を受けることなく、シンガポール共和国を経由してマレーシアに不正輸出した。なお、マレーシアに輸出された3次元測定機2台のうちの1台は、同国から再輸出され、その後、リビア国内の核開発関連施設内で発見された。
●外為法及び関税法違反
CISTEC. All rights reserved. 11/17
処罰軽いなぁ。ディープステイトに逆らったやつは飢えるまで追い込むくせに…w

「同国から再輸出され、その後、リビア国内の核開発関連施設内で発見された。」w

カダフィ?w JFK暗殺…

あー、これも参院選2019の闇の争点かぁ。なんか忙しそーだねw。 )産総研のどらえもんw

ガダフィがJFK暗殺の動機を語る。暗殺の17日前にアレン・ダレスがウォーレン委員会就任を打診。フーバーFBI長官も暗殺を5日前に知っていた

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。