弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

日本で秘密保護法施行後にCIAの秘密収容所報告が公開 update6

CIA拷問報告で見つかった10の最もショッキングな事実。

Threats to Family

At times, CIA officers evoked the families of detainees in order to try and break them down during interrogations, according to the report. Al-Nashiri, whose rectal feeding is described above, was told “[w]e could get your mother in here” and “[w]e can bring your family in here,” CIA records reveal; according to the report, CIA officers implied during one interrogation that Al-Nashiri’s mother would be brought to the same prison and raped in front of him. KSM, the alleged 9/11 mastermind, was told the CIA was going to kill his children if any terror plots occurred in the US while he was in custody.

At least three detainees were threatened with harm to their families, the Senate Intelligence Committee found, “to include threats to harm the children of a detainee, threats to sexually abuse the mother of a detainee and a threat to ‘cut [a detainee's] mother's throat.’" With respect to KSM, detention site personnel hung a picture of his sons in his cell as a way to "[heighten] his imagination concerning where they are, who has them, [and] what is in store for them,” CIA officials said.

やはり家族もターゲットにしてる。

グロ杉。

この拷問に秘密保護法と集団的自衛権で日本も参加するのか?
自衛隊員がやるのか?
それとも田母神の私設部隊がやるのか?
つかアフガニスタンの収容所でこんな拷問してウルムチのテロリストを作り出したのか?
安倍政権は本気でこれをやるつもりなのか?

最高裁決定を評価、世耕氏 ヘイトスピーチで

世耕弘成官房副長官は11日の記者会見で、京都朝鮮学園周辺での街宣活動をめぐり「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の上告を退けた最高裁決定に関し「いわゆるヘイトスピーチ(憎悪表現)とされる言動について、民事的な救済が図られ得るということが示された」と評価した。

 刑事罰の対象外となるヘイトスピーチの規制については「言論や表現の自由との関係で難しい問題もある。国会での各党の検討や、国民的な議論の深まりを踏まえて考えていくことになる」と指摘。「政府は(ヘイトスピーチを)認めていないということを強力に発信していきたい」と強調した。 2014/12/11 13:39 【共同通信】

世耕1984の発言はダブルスピークになってて難解だが
「政府は(ヘイトスピーチを)認めていないということを強力に発信していきたい」
→政府(公安2課)がヘイトスピーチをやることは問題ないということなのだと思う。

ヘイトスピーチの先にあるのはCIAの秘密収容所の拷問だったのだ。気付かなかったなー。

From a former interrogator: it’s as if they deliberately avoided expertise

This is shocking. Prior to 9/11, the US military and the FBI had considerable experience in interrogating and investigating Islamic extremists in the aftermath of the Khobar Towers bombing, the USS Cole Bombing, and the first World Trade Center bombing – as well as numerous other counterterrorism operations.

“[A]ccording to CIA records, seven of the 39 CIA detainees known to have been subjected to the CIA’s enhanced interrogation techniques produced no intelligence while in CIA custody.”

Page 9


CIA torture

It’s as if the designers of the torture program deliberately avoided expertise that would have steered them away from coercive interrogation techniques. It makes me question whether the techniques were ever about getting intelligence – or just exacting punishment. One of the arguments of the torture defenders has been that they tried the rapport-building techniques of the military and FBI – but that they didn’t work.

The report makes it clear that this was a lie.

As we know from the testimony of Ali Soufan, the former FBI agent who interrogated Abu Zubaydah, rapport-based techniques were working before the CIA interfered and applied torture. It’s also clear that CIA never consulted military or FBI interrogators who could have helped them improve the humane, non-coercive techniques that proved successful during the Gulf War, or as far back as World War II, for that matter.

It’s as if they purposefully avoided knowledge of the long history of successes that interrogators have achieved from the 1940s until now.

ガンタナモでCIAがやってたのは自白や情報を引き出す為のものではなかった。

「1940年代からある尋問の技術を全く無視していた。拷問でまともな自白を得ることができないのはFBIや警察の常識だった。」

では、CIAは何の為にそんなことをやっていたのか?

その答えはテロリスト製造の為としか考えられない。囚人をテロリストにするというより、囚人を拷問虐殺するシーンを本国の家族に見せ、その家族に自爆テロを強要してたとか、まぁそんなとこだろ。

Efficiency no justification for criminal activity - Snowden on CIA torture report
効率では犯罪を正当化できない。CIAの拷問報告にスノーデンがコメント。

「囚人たちが本当に命をなくしてる。死んだのだ。暖房のないコンクリートの床で、半分裸で鎖に繋がれたあとに。看守はその行いを告訴されるかわりにCIAから2500ドルの現金のボーナスをもらっていた。これらの出来事は米政府の倫理な威信に汚名を残すだろう。」

世界のあちこちにあるCIAの秘密収容所はテロリストの尋問の為でも、テロの情報を聞き出すためでもなかったようだ。囚人は単に拷問され虐殺されてるだけ。しかも大金が動いている。

イスラム教徒がペンダゴンに洗脳されて自爆テロを行ってるのかと思っていたけど、どうも違うな。ガンタナモで拷問して処刑する様子を本国の家族に見せてテロリストにしてるとしか考えられない。テロ推進だからこそ大金がサウジ、イスラエル、カタール英米トルコから流れてるのだろ。

そのビジネスに早く一枚噛みたい島国がテロハケン国家になるべく、集団的自衛権、秘密保護法、日本版NSC、アベノミクスと矢継ぎ早に政策を進めている。パソナ島のスコラて日本版秘密収容所なのかすらー。きっとそーだわ。

Udall urges CIA chief to resign for stifling torture probe
収容所の息の詰まるような拷問の証拠でウダール議員がCIA長官の辞任を要求。

うはは。はやく尻尾を切らないと西側諸国とテロ資金の支援国家を巻き込んだテロハケンのビッグ・ビジネスが頓挫してしまうからな。そして米国内でテロハケンビジネスをやりにくくなると過去の「もんじゅ」や原発のように日本に上陸してくるのは間違いない。いつもの腐った連鎖が起きるのか。

いや、昨日(2014/12/10)秘密保護法が施行されたし、それはもう起きてる。このCIAの拷問レポートの公開は日本のテロハケンを推進するための布石だ。

米軍が引き上げたアフガニスタンの複数の基地跡で不法な拉致施設が見つかる。
ブリティッシュ・ガンタナモはどこにあるのかわからなかったがアフガニスタンだったことがこれで判明してた。

アフガニスタンでテロリストを製造してたのか?それとも拷問してる様子をウルムチの家族に見せてテロを実行させたのか?

NWOとか、FEMAとかフュージョン・センターが何なのかわかってきましたな。

2012年の政権交代前の9月の安倍晋三政策にFEMAの文字があるとか。
日本再起のために 安倍晋三 6つの全力(2012年選挙ビラのPDF)

FEMAキャンプとはCIAが海外に作ってる秘密収容所の国内版のことだろ。 そして国内のあちこちにフュージョンセンターを設立して国内通信の盗聴を監視する。 いよいよ本格的にテロハケン国家始動。憲法改正が目的だから選挙は自公が大勝するな。自民だけで3分の2いくかーも。

「BRIC諸国の台頭」のことを西側諸国がNWOと呼んでいるのですな。BRICs台頭と呼ぶといかにも負組でカッコ悪いのでNWOとつけたのでしょう。FEMAキャンプはテロリスト製造、悪魔の軍隊はイスラム国™。

BRICsの台頭で2008年の金融危機で資本主義経済は破綻。以降、独以外の西側諸国は借金でGDPを支えている。通貨や国債の暴落を防ぐためテロハケンで世界を恐喝する極道経済モデルを開始。「この道しかない」西側諸国。

なぜ紛争やテロなのか?その原因と紛争の目的がわかると、くだらなさにうんざりしてきますなー。

Chicago activists claim police used 'Stingray' surveillance during Garner protests
「シカゴ活動家がガーナーの件のデモで警察がスティングレイを監視に使ってると主張」
「全米では非武装の黒人が二人も殺されたことで活動家はケータイやSNSで連絡を取ってフラッシュモブ型にデモを行うようになった。それに対してシカゴ警察は Stingray IMSI Catchersを投入してデモ隊のケータイの盗聴と場所の監視を開始。」
「スティングレイはスーツケース程の大きさで、デモ隊のケータイが通信事業者の通信塔の代わりに警察の通信塔にデータを送るように通信経路を変更して盗聴するシステム。デモ活動家が警察と本部の無線のやり取りを録音した証拠をWBBMラジオに公開した。」

CPIC [Chicago police’s spy ‘fusion’ center/シカゴ警察のスパイ「フュージョン」センター]
うは。フュージョンセンターてほんとに盗聴センターなんだ。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。