弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

英がアジアインフラ投資銀行(AIIB)に参加表明すると米がシリアと対話表明 update8

[FISCO]独仏など、きょうにもAIIBの加入を表明か=中国メディア
掲載日時:2015/03/17 (火) 09:58
配信日時:2015/03/17 (火) 09:48
中国メディアはきょう17日、英国による中国が主導する「アジアインフラ投資銀行 (AIIB)」への加入表明に続き、フランスやドイツなど主要経済国が早ければきょう にも加入意向を表明する可能性が高いと報じている。

主要7カ国(G7)の構成メンバーである英国の加入表明を受け、ドイツやフランスの ほか、韓国やオーストラリアなども検討する意向を示している。

中国の楼継偉・財政部部長はこのほど、AIIBの創設メンバー最終資格の確定日は3月 31日に定めていると発言。ただ、申請手続きなどを含めて本日(17日)中に加入意向 を表明しなければ間に合わないと指摘されている。
<ZN>

何か勝敗がついたな。
G8が露をのけものにしてG7になったら、BRICsのAIIBに仏英独伊が参加。
露仏英独伊 vs 米日加
になってしまったとさ。
めでたし、めでたし。

いや、豪と加と韓国も参加するから。
露仏英独伊加 vs 米日
になる。

やっぱ最後は
米露仏英独伊加 vs 日
でしょーか?

英国は参加決めたが…中国主導のAIIB 「アジア開銀など損害の恐れ」日本は見送り

政府は16日、中国が主導する国際金融機関「アジアインフラ投資銀行(AIIB)」への参加を、現段階では見送る方針を固めた。借り入れ国の返済能力を超える巨額の融資が行われた場合、別の国際機関に損害を与える恐れが指摘されていることなどが主な理由だ。中国が創設メンバーへの参加期限とする3月末が迫る中、日本政府の判断基準となる「対処方針案」にこうした考えを盛り込む。

 AIIBへの対処方針案は、(1)融資審査能力への疑問(2)公正なガバナンス(統治)への不安(3)既存の国際機関との関係-の3点で構成。英国が先進7カ国(G7)で初めてAIIBへの参加を申請し、オーストラリアやフランスなども参加を検討する中で、政府のスタンスを明確に示すために策定している。

 具体的には、AIIBが巨額の融資を行う場合、それ以前に支援してきた世界銀行やアジア開発銀行(ADB)、政府開発援助(ODA)などと借り入れ国との関係が複雑となり、返済順位が不明確になる懸念がある。また、借り入れ国の返済能力を無視した貸し付けが行われ、仮に融資先の国が財政破綻に陥った場合に、別の国際機関にも被害が及ぶ恐れがあると指摘した。

このほか日米が最大の出資国となり、アジアの国際金融機関としての機能を果たしてきたADBとの役割分担の難しさや、組織運営上の不透明さなど多くの不安材料がある。政府は現段階での参加は見送るべきだとの判断に傾いた。

 今月末が創設メンバーへの参加期限であり、政府はこうした立場を中国を含む関係国に説明する方針。AIIBに懐疑的な立場を示す米国とも共同歩調をとっていく考えだ。

 ただ、AIIBには英国が今月12日に参加を表明したのに続き、これまで慎重姿勢だったオーストラリアなど西側諸国の一部も参加に意欲を見せている。日本を取り巻く環境は複雑になってきている。

 中国は年末までにAIIBの業務開始を目指しており、カナダや韓国などにも参加を働きかけている。今夏に予定するAIIB設立協定への署名を前に、参加国が膨らむ可能性もある。

 政府は現段階での不参加方針を決めたが、今後、ADBなど既存の国際機関との役割分担や補完関係が確保されるなど、中国側から懸念材料を払拭する回答を得られれば、改めて参加の是非を検討する考えだ。

「これまで慎重姿勢だったオーストラリアなど西側諸国の一部も参加に意欲」 「カナダや韓国などにも参加を働きかけている。」

 中国は年末までにAIIBの業務開始を目指しており、カナダや韓国などにも参加を働きかけている。今夏に予定するAIIB設立協定への署名を前に、参加国が膨らむ可能性もある。

英国、G7初めてAIIB合流を決定…心穏やかでない米国

英国、G7初めてAIIB合流を決定…心穏やかでない米国 | Joongang Ilbo | 中央日報
2015年03月13日11時53分[ⓒ 中央日報日本語版]
英国が主要7カ国(G7)のうちで、初めて中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)に参加すると12日(現地時間)、フィナンシャルタイムズ(FT)やブルームバーグ通信など外信が報じた。

ジョージ・オスボーン英国財務長官は同日、声明を出してAIIB参加の意思を明らかにしながら「創立初期のAIIBに加入するのは英国とアジアにとって投資および共同成長のための比類ない機会を提供するだろう」と明らかにした。

AIIBは昨年10月スタートし、500億ドルに達する初期資本金の大部分を中国が出資している。スタート当時21カ国だったAIIB参加国は現在27カ国に増えた。専門家はAIIBが米国と日本が主導するアジア開発銀行(ADB)に影響を与えると予想している。

FTは、米国はAIIB設立など中国の動きを世界銀行などワシントンに本部を置く従来のグローバル機構に対する挑戦と受け取っていると指摘した。英国のAIIB参加と関連し、米政府幹部関係者は「米国との相談なくなされた決定」としながら「米国は中国の受容政策を警戒している」と話したとFTは報道した。

わっはっは。米がシリアを終わらせると言い始めたトリガーはこれだな。

アサド大統領との交渉反対=英仏外務省

アサド大統領との交渉反対=英仏外務省
 フランス外務省は16日、ケリー米国務長官がシリア内戦終結に向けアサド大統領との交渉の可能性を示唆したことについて、大統領との交渉に反対する声明を出した。AFP通信が伝えた。
 声明は「われわれの目標は、シリアの各勢力間の交渉を通じて挙国一致政権を発足させることだ」と強調した上で、アサド大統領はその枠組みに含まれないと主張した。
 一方、英外務省報道官も15日、「アサド大統領はシリアの未来にはふさわしくない」と指摘。「現政権が暴力行為を停止し、穏健な反体制派との意味のある交渉を行わない限り、制裁による圧力をかけ続ける」と主張した。(2015/03/16-23:42)
2015年3月12日英国、G7初めてAIIB合流を決定
2015年3月15日ケリーがシリアとの対話を表明
2015年3月16日英仏が米とシリアの交渉に反対

英がAIIBに参加表明。
→西側vsBRICsの紛争の足並みに乱れ。
→米「じゃぁシリア紛争やってる意味ないから終わらせようか。」
→米「そういえばシリア紛争って、露と無理矢理対立することでトライデントとラアーグ再処理のビジネスを継続するためにやってるんだよな。」
→英仏「それは困る。」
→日本「それは困る。」
→米「ウクライナもやめて露と仲良くする?」みたいな?

米中高官が相次ぎ来韓、THAAD・AIIBめぐり神経戦

記事入力 : 2015/03/16 08:16
米中の外交当局の韓半島(朝鮮半島)担当次官補が15、16日に相次いで韓国を訪問する。米中の韓半島担当がほぼ同じ時期にソウルを訪れるのは極めて異例だ。米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備問題などをめぐり、米中がソウルで外交戦を繰り広げるのではないかとの見方も出ている。米中はこれまで、THAADをめぐって激しい駆け引きを繰り広げてきた。

 まず15日夜に訪韓した中国の劉建超次官補は、16日に韓国外交部(省に相当)の李京秀(イ・ギョンス)次官補と面会するほか、同部の趙太庸(チョ・テヨン)外交部第1次官を表敬訪問する。北京の外交筋は「THAADやアジア・インフラ投資銀行(AIIB)の問題に対する中国の姿勢は日増しに強硬になっているようだ。劉次官補はこのような中国政府の意向を韓国に伝えるよう指示を受けてきたと聞いている」と話した。

 中国は、今月12日に英国が米国の反対を押し切ってAIIBへの参加を決めたのに続き、翌日にはオーストラリアもAIIB参加を積極的に検討する意向を明らかにしたことで、非常に勢いづいているという。北京の外交筋は「中国はこの勢いで劉次官補の訪韓中に韓国からもAIIB参加の約束を取り付ける計算だ」との見方を示した。中国は、AIIBに設立メンバーとして加わる場合は今月末までに参加を表明するよう韓国側に要請している状態だ。

 一方、米国のダニエル・ラッセル国務次官補(東アジア・太平洋担当)は16日午後に訪韓する。ラッセル次官補の訪韓は、今月5日に従北(北朝鮮に追従する)主義の男に襲われて大けがをしたマーク・リッパート駐韓大使を見舞うためというのが公式の目的だ。韓国政府の当局者は「ラッセル次官補の訪韓スケジュールは事件後に急きょ決まった。ソウルに到着したらすぐにリッパート大使のお見舞いに向かう」と説明した。通常のアジア出張では韓中日3カ国全て訪れることの多いラッセル次官補だが、今回は1泊2日でソウルにだけ滞在して帰国する。

 外交関係者の間では「劉次官補はTHAADとAIIB問題について韓国に強い揺さぶりをかける可能性が高い。そのような状況でラッセル次官補が沈黙を貫くことはないだろう」との見方が支配的だ。ラッセル次官補はAIIB参加問題について「支配構造の透明性の確保が必要だ」とこれまでの立場をあらためて示すものとみられる。

 THAADをめぐっては、在韓米軍司令部が今月12日、京畿道平沢、江原道原州、慶尚北道倭館などを配備候補地として調査した事実を公表しており、どのような形であれ韓米間で意見交換が行われる可能性が高い。韓国軍の消息筋は15日「THAADシステムは米軍の大型輸送機で運ぶことができるため、韓半島で全面戦が起きた場合に緊急配置される追加戦力に含まれていると聞いている。一方、劉次官補はTHAADに反対の立場をあらためて伝えてくるとみられる。

 韓国外交部の元高官は「北朝鮮の核問題を解決できずにいる中国が、THAADの韓国配備に反対する表向きの理由はない。また、韓中間の経済協力に関係するAIIBへの参加について、米国は口出しする立場にない」として「THAADとAIIBについては国益の極大化という観点でアプローチしなければ、米中の駆け引きに巻き込まれる可能性がある」と指摘した。

李竜洙(イ・ヨンス)記者 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

「中国は、今月12日に英国が米国の反対を押し切ってAIIBへの参加を決めたのに続き、翌日にはオーストラリアもAIIB参加を積極的に検討する意向を明らかにしたことで、非常に勢いづいているという。」
BRICs銀行をミサイルで脅してる。

China launches new World Bank rival
「中国が世界銀行のライバルを立ち上げ。」
「中国、インド、クウェート、カタール、モンゴル、カザフスタン、パキスタン、ネパール、オマーンが参加。」 「豪、インドネシア、韓国は米がクレームを入れたため不参加。日本は米主導の「アジア開発銀行」があるので不参加。しかし日本は不参加を望んでいるわけではない。」

China launches new World Bank rival
中国が世界銀行のライバルを立ち上げ。

China plans investment bank to break World Bank dominance

麻生氏、中国のインフラ銀「審査能力あるのか」

2014年10月24日 19時17分
北京=五十嵐文、栗原守】中国が設立を目指す国際金融機関「アジアインフラ投資銀行」(AIIB)に参加する21か国の代表者が24日、北京の人民大会堂で、基本合意をまとめた「設立覚書」に署名した。

 アジア周辺国への積極的な融資を通じて、中国の影響力が一層強まるのは確実だ。

 新華社電によると、インドネシアを除く東南アジア諸国連合(ASEAN)の9か国をはじめ、中国を含むアジア・中東地域の計21か国が覚書に署名。中国と国境問題を抱えるインドや、南シナ海の領有権を巡って激しく対立するベトナムやフィリピンも署名した。法定資本金は1000億ドル(約10兆8000億円)で、当初は500億ドル程度を確保する。所在地は北京とし、2015年中の運用開始を目指す。

 習近平(シージンピン)国家主席は署名式で、AIIBは「世界の金融管理の改善に役立つ」と述べ、日欧米が主導する既存の国際金融秩序では不十分との考えをにじませた。

 出資比率は各国の国内総生産(GDP)に応じて決めることで合意した。中国が最大出資国となる見通しだが、楼継偉(ロウジーウェイ)財務相は、「中国が必ずしも出資比率50%を占めなくてもよい」とも強調。中国の影響力拡大に対する懸念を払拭する狙いがあるとみられる。

 北京の関係者によると、中国は9月末に北京で開いた説明会で、オーストラリアと韓国にも、「覚書への署名」を参加条件とし、参加を迫ったという。融資条件などを巡って協議を続けていたが、今回、両国とも署名を見送った。

 一方、麻生副総理・財務相は24日の閣議後の記者会見で、「AIIBができること自体は決して悪いことだとは思わない」と述べた上で、「融資の審査能力があるのか」と疑問を呈した。

『麻生副総理・財務相は24日の閣議後の記者会見で、「AIIBができること自体は決して悪いことだとは思わない」と述べた上で、「融資の審査能力があるのか」と疑問を呈した。』ゲラゲラ
財務相としての発言なのか?それともアソウ金融としての発言なのか?

グンマーにフクダ金融とかナカソネ金融というのがあってな、選挙事務所のような掘っ立て小屋でトイチ(10日で1割)でカネを貸してたそうだ。

何のために中国に行ってるのかと思ってたのだけど、高利貸しの手法を中国政府に指南に行ってるのさw

オブチ金融は貸し倒れたんだね。オブチ金融のストーリーはAIIBを立ち上げる習近平にとって他山の石だ。

まぁ、これも民主主義のパロディのテーマのひとつ。

セージカとは?どんな職業なのかわかるよーな。

「イラク戦争に反対することは、後で戦争反対が正しいとわかっても、ウェストミンスターではキャリアの終わりを意味する。」
「イラク侵略に反対しイスラエル/パレスチナで公正だった自由民主党はまさに選挙で全滅の危機にある。労働党左派は消滅。リーダーのジェレミー・コルビンが労働党の代表選挙に立つ機会はない。トーリー党内のイラク侵攻に反対した議員、中立の立場だった元兵士のジョン・バロンは昇進しなくなった。」
「イラク戦争に反対すること、その後の事象で(反対の)正当性にも関わらず、ウェストミンスターではキャリアの死を意味する。」

しかし、UKも病んでるなぁ。つか日本以上にめちゃくちゃやってしまったみたいだな。このピーター・オボーネて切れてテレグラフを辞めたジャーナリストじゃないか。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。