弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

中国外務省「テロ助長する自由認めない」

中国外務省「テロ助長する自由認めない」 記者証拒否で 北京=倉重奈苗 2015年12月27日00時19分
 中国の対ウイグル族政策に批判的な記事を書いたフランス週刊誌の女性記者が、査証(ビザ)更新に必要な記者証の発給を中国外務省に拒否され、事実上の国外退去となる問題で、中国外務省は26日、「テロを助長するような自由は決して認めない」との談話を発表した。

 中国外務省の陸慷報道局長名で発表された談話は、「テロのお先棒を担ぐような間違った言論について中国の民衆に謝罪しようとせず、引き続き中国で仕事をするのはふさわしくない」と同記者を批判。「中国は外国人記者が取材する合法的な権利を保障するが、テロを助長するような自由は決して認めない」とした。

 記者証の発給を拒否されたのは、北京駐在の仏誌ル・ヌーベル・オプセルバトゥールのウルスラ・ゴーティエ記者。11月にウェブサイトに配信した記事で、新疆ウイグル自治区で衝突事件が起きる原因は、少数民族への抑圧的な政策があるとし、パリの同時多発テロとは性質が違うなどと指摘していた。

 中国駐在の外国人記者らでつくる駐華外国記者協会(FCCC)は26日夜、「記者証発行とビザ手続きをジャーナリストへの脅しに使うのは極めて不当な措置だ」と中国政府を非難する声明を出した。(北京=倉重奈苗)

【新疆ウイグル自治区で衝突事件が起きる原因は、少数民族への抑圧的な政策があるとし、パリの同時多発テロとは性質が違うなどと指摘していた。】 w

フランス週刊誌の女性記者の「テロを助長するような自由は決して認めない」という中国の主張はそのとおりだと思う。

ウルムチ爆破テロの目的は、IMFに対抗するBRICSへの脅迫を参照。

2009年6月16日第一回BRICSサミットが露で開催される。
2009年7月5日ウルムチで、一夜にして約1万人のウイグル人が「消えた」

フランスの女性記者がパリの連続自爆テロと新疆ウイグル自治区の原因は違うと突っついて、中国が国外退去させる。何か仏と中国の劇団型のよーな。パリの背景にPS4があり、新疆ウイグル自治区の発端がBRICs発足にあるのだとすれば、これはもう同じ人達がやってるわな。

それを仏記者と中国外務省が連携プレーで世界に伝えたいのだ。中東のイスラム国™で訓練された中国人がウルムチで「東トルキスタン・イスラム運動(ETIM)」を名乗ってテロ活動してて、同じ場所で日本人イスラム国™ファイター40人のうちの何人かがイラク軍に捕まってる。

別に情報機関でなくても、素朴に報道を寄せ集めるだけで犯人がどこの土人なのかなんて明白だ。

2015.12.11 14:15更新
イスラム国(IS)が習近平氏に“宣戦布告” ウイグル周辺に中国語で聖戦呼び掛け

過激派組織「イスラム国」(IS)は9日までに、中国語でジハード(聖戦)を呼び掛ける音声の声明をインターネット上で発表した。中国語による呼びかけは初めてとみられる。中国国内にはイスラム教徒が2000万人以上いるとされ、ISが習近平国家主席率いる共産党政権に“宣戦布告”したともいえそうだ。(夕刊フジ)

 音声は約4分間の宗教歌。中国の標準語である北京語で歌われており、題名は「われらは聖戦士」。「戦場で殉死するのはわれわれの夢だ」「武器を取れ」などと呼び掛けている。

 ISは先月、人質として拘束していた中国人を殺害したと発表した。中国政府は対テロ対策を強化する方針を表明しており、同組織が対抗して中国での活動をてこ入れする姿勢を示した可能性もある。

 中国には、ウイグル族や回族、カザフ族、トンシャン族など、イスラム教を信仰する民族が10ほどあり、大部分が中国西北部に集中している。共産党政府によるウイグル弾圧は知られているが、他のイスラム教徒に対する管理・統制も強化している。

ISは中国を新たな標的に定めたのか(AP)

 香港系週刊誌「鳳凰週刊」は昨年8月、《イスラム国/数年後に新疆ウイグルの占領を計画/中国を『復讐ランキング』1位に》という記事を掲載した。IS幹部が、共産党政府によるウイグル弾圧に怒り、中国を潰すと報復宣言をしたという衝撃的な内容だった。

 現に、ISには、ウイグル族を中心に数百人の中国人が参加し、戦闘訓練を受けて帰国した若者が多数いるとされる。ウイグル周辺に「アジア版イスラム国」を建国する計画があるとの情報もある。

 中国情勢に精通する元公安調査庁調査第2部長の菅沼光弘氏は「中国語による音声声明が事実なら、『ISによる習政権への宣戦布告』といえる。これから、中国ではホームグロウン(自国育ち)テロなど、さまざまなことが起こる」といい、続けた。

 「中国では近年、イスラム教徒だけでなく、キリスト教徒への弾圧も強まっている。環境汚染や格差拡大、汚職など、一般大衆の不満も高まっている。中国の歴代王朝は宗教的な大衆の反乱で崩壊している。宗教的な呼びかけは影響力が強い。ISで戦闘訓練を受けた者が中核となって、混乱を引き起こす可能性は十分ある。習政権は戦々恐々としているだろう」

うわー。ウルムチの種明かしじゃん。

【中国情勢に精通する元公安調査庁調査第2部長の菅沼光弘氏は「中国語による音声声明が事実なら、『ISによる習政権への宣戦布告』といえる。これから、中国ではホームグロウン(自国育ち)テロなど、さまざまなことが起こる」といい、続けた。】

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。