弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【CIA情報源20人殺害】スパイ容疑日本人6人中国で拘束。核廃棄場候補地(温泉)を探してたら中国当局に捕まったw。 #日本地下探査 update12

拘束の日本人1人を起訴=温泉探査でスパイ容疑か-中国 2018年6月9日 12:38 発信地:中国
【6月9日 時事通信社】中国で昨年3月、温泉の探査をしていて地元当局にスパイ行為に関わった疑いで拘束された日本人1人が、今月起訴されたことが分かった。日中関係筋が9日明らかにした。
 起訴されたのは、海南省で拘束された50代の男性。同時期には同省と山東省で、日本人計6人が拘束されたが、このうち4人はその後解放。残る2人が昨年9月、正式に逮捕されていた。
 具体的な容疑は不明だが、中国メディアは、2人が地図など大量の機密資料を所持し、「反スパイ法」などに違反した疑いが持たれていると伝えていた。(c)時事通信社

2017.12.24 06:47 中国拘束の8邦人全員起訴 地質調査の2人も

中国で拘束、起訴された日本人
 今年3月に中国当局が拘束した地質調査会社などの日本人社員2人が起訴されていたことが23日、分かった。中国の測量法違反のほか、スパイ行為に関わったとして国家安全法や反スパイ法違反で訴追された可能性がある。これで中国当局による情報公開もないまま拘束されている日本人8人全員が起訴されたことになる。複数の日中関係筋が明らかにした。
 新たに起訴が判明したのは、今年3月に中国の山東省と海南省で当局に拘束された「日本地下探査」(千葉県船橋市)の社員と「大連和源温泉開発公司」(遼寧省大連市)の社員。9月に逮捕されていた。2人とともに拘束された4人は7月に帰国した。
 関係者によると、起訴された日本地下探査の社員は現場責任者だった。中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は、両社が無許可で違法な測量を行っていたとし、2人のパソコンなどから80点近くの「機密にかかわる地図」が見つかったと主張している。
 中国当局が起訴した日本人8人のうち、昨年7月に拘束、今年6月に起訴された日中青年交流協会の鈴木英司理事長は、8月に非公開で初公判が開かれた。
 政府は日中首脳会談や外相会談などで釈放を働き掛けているが、事態に進展はない。24日からは自民党の二階俊博幹事長らが日中与党交流協議会に出席するため訪中する。与党内からは中国側の信頼が厚い二階氏に事態打開に向けた役割を果たすよう求める声が上がっている。

北朝鮮フィクションがバレてしまっている希ガスw。で、このニュースが後に続く。

犯人はシャンシャンだったのか?ww

中国で温泉開発の日本人2人、当局が逮捕 スパイ容疑? 北京=延与光貞2017年10月13日19時53分
 中国山東省と海南省で今年3月、温泉開発のために地質調査をしていた日本人6人が拘束された事件で、中国の国家安全当局が先月下旬、拘束が続いていた男性2人を正式に逮捕したことが日中関係筋の話で分かった。国家の安全に危害を与えた疑いがもたれているといい、今後、正式な裁判にかけられて拘束が長期化する可能性がある。
 拘束された6人のうち4人は7月に解放されたが、2人については中国紙が「機密資料がパソコンなどから見つかった」として反スパイ法などに違反した疑いがあると報じていた。2人は「日本地下探査」(千葉県船橋市)などの従業員で、両省の現場で責任者の立場だったとみられる。
 一方、昨年7月に北京で拘束され、スパイ罪で起訴された日中友好団体幹部の男性は、今年8月上旬に初公判が非公開で開かれた。認否は明かされていない。
 中国では2015年以降、計12人がスパイ行為などを疑われて拘束されている。8人の拘束が続き、5人の初公判が終わった。(北京=延与光貞)

「中国では2015年以降、計12人がスパイ行為などを疑われて拘束されている。」w
松田邦紀(まつだくにのり)研究…


山東省と海南省
海南省←ウィキ
「海南島の北部は亜熱帯、南部は熱帯に属し、バナナ、ココヤシ、コショウなどの熱帯作物の栽培が盛んである。」w
亜熱帯で温泉を探査?w

対韓国?と対南沙諸島??対台湾???で痛くもない腹を探る?

海南島事件←ウィキ

この時期の米中関係は険悪なものであった。これは1999年5月のコソボ紛争でNATO軍の一員として武力制裁に参加していたアメリカ軍機がユーゴスラビア連邦共和国(当時)の首都ベオグラードにあった中国大使館をユーゴ政府の政府機関と誤認して爆撃した事件によって、中国国内では「ユーゴを支援する中国政府に対する意図的な報復行為である」として国内で反米暴動が起きるなどの緊張が高まっていた。また、アメリカのブッシュ政権が、軍事拡張を続ける中国を冷戦後の「戦略的競争相手」として将来軍事的脅威になると指摘したため米中間の軍事緊張が高まっていた矢先の出来事であった。
あ、もろこれだわw。

山東省 (中華民国)←ウィキ
「山東省(さんとうしょう)は、かつて中華民国に存在した省。」w
海南省ではなく山東省が対台湾のメッセージなのかw。中国と日米は何か水面下でやってますなー。

温泉開発調査のため中国訪問 邦人2人逮捕 2017年10月14日 14:32
全文
 今年3月に温泉開発の調査のため中国を訪れ拘束された日本人2人が逮捕されていたことがわかった。
 温泉開発の調査のため、今年3月に山東省などを訪れ拘束された日本人6人のうち、4人は釈放され帰国したが、2人は拘束されたままだった。
 中国当局は、この2人を「国家の安全を脅かした」疑いで取り調べ、中国メディアも「パソコンから地図などの機密資料がみつかった」などと報じていた。日中関係筋によると、この2人が正式に逮捕されたという。
 一方、去年7月に北京で拘束され、その後逮捕された「日中青年交流協会」の鈴木英司理事長の初公判が行われたことがわかった。
 中国では2015年から日本人が相次いで拘束されていて、これまでに拘束された8人のうち5人の初公判が行われたことになるが、いずれも非公開となっている。

2017.7.27 20:38 「スパイ容疑」でなお拘束の2邦人 中国、“外交カード”利用も
 【北京=藤本欣也】中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)は27日、中国当局が拘束を続けている2人の日本人について、中国の国家機密を盗んだ重大な容疑があり、国家安全法と反スパイ法違反の疑いで取り調べを受けていると報じた。
 報道によると、2人は千葉県船橋市の「日本地下探査」と、中国遼寧省大連市の「大連和源温泉開発公司」の各責任者。「2人のノートパソコンやUSBメモリーなどから約80点の地図を含む大量の機密資料が見つかった」「過去10年間で30回以上、不法な測量活動に従事している」などと報じられた。
 中国当局は山東省と海南省で3人ずつ拘束していたが、両責任者のみ拘束を解かなかったことになる。
 今回の事件と類似性が指摘されていたのが、2010年9月、準大手ゼネコン「フジタ」(東京都渋谷区)の社員4人が河北省石家荘市で拘束された事件だ。4人は軍事管理区域に許可なく立ち入ったとして拘束された。
 このうち3人は10日後に解放されたが、もう1人は「なお取り調べが必要」(中国外務省報道官)として拘束が継続され、それから9日後に解放された。
 その際、「人質」を残すことで、先に解放された3人の口封じを狙ったとの見方も取り沙汰された。
 今回は、2人の容疑が「国家安全法と反スパイ法違反」であると初めて明らかにされ、拘束が長期化する可能性も出てきた。
 中国では2人を含め少なくとも8人の日本人がスパイ行為の疑いなどで拘束されたままだ。中国側が民間人拘束を“外交カード”として利用する恐れもあり、北京の日本大使館は在留邦人に「軍事施設の撮影や無許可での測量、地質調査」に関し注意を促している。
地下に国家機密?「中国的地下長城」か?w
日中戦争を起こせなければ財政の崖から落ちる人々

ジョージタウン大学が分析したやつかぁ。

2017.7.27 00:17 中国拘束の日本人2人釈放 山東省、1人なお拘束
 今年3月に中国の山東省煙台で現地当局に拘束されていた日本人男性3人のうち2人が釈放されたことが26日、わかった。
 2人は地質調査会社「日本地下探査」(千葉県船橋市)の社員。複数の政府関係者によると、中国側から同日、日本政府に対し「2人は無罪放免」との通告があった。中国側は「嫌疑が晴れた」と説明しているという。
 同時期に海南省三亜でも日本地下探査の社員を含む3人が拘束されている。中国外務省の華春瑩報道官は5月22日の記者会見で「中国で違法な活動に関わった日本人6人に対して、法に基づいて調べを進めている」と述べ、拘束の事実を認めていた。
 中国は6人を含む日本人12人を拘束していた。日本政府は残り10人の早期釈放を求めていく。

2017.5.22 23:33 【中国6邦人拘束】 「精神状態が心配だ」 社員が拘束の地質調査会社が会見
中国当局に男性社員が拘束されたことについて記者会見する日本地下探査の佐々木吾郎社長(右)=22日午後、千葉県船橋市
 中国・山東省などで社員4人が拘束されていたことが明らかになった千葉県船橋市の地質調査会社「日本地下探査」の佐々木吾郎社長(52)が22日、同社で記者会見し、「疑われるようなことはない。4人には一日も早く元気な姿を見せてほしい」と苦悩の表情で語った。
 同社によると、拘束された社員のうち3人は3月22日から山東省に、1人は同25日から海南省に、いずれも4月1日までの日程で入り、3月27日ごろ連絡がつかなくなった。4人は中国での仕事経験があるが、中国語は話せないという。
 4月中旬に現地の領事館職員が面会した際、4人は「睡眠や食事は取れている。部屋にはエアコンやシャワーがある。(拘束されたことで)迷惑をかけて申し訳ない」などと話したという。4人の家族には拘束が判明した後に伝えた。
 佐々木社長は「現地スタッフもいるから、十分常識的な行動を取っていた」と強調。「まじめで一生懸命な社員ばかりなので、精神状態が心配だ。これまでも外務省と密に連絡を取ってきたが、国が違うためか、なかなか進まない。こちらの力不足だ」と憔悴しきった様子で話した。

笑顔の華春瑩たんw

華春瑩副報道局長w

スパイ容疑日本人6人、中国で今も拘束 3月に温泉調査 北京=延与光貞2017年5月22日20時16分
 中国の山東省と海南省で3月末、日本人男性計6人が中国の国家安全当局に拘束されたことが22日、明らかになった。日本政府によると、拘束は今も続いている。具体的な容疑は不明だが、スパイ行為など国家の安全を害したとの疑いを持たれているとみられる。
 関係者の話を総合すると、6人は20代から70代の男性。うち4人は千葉県船橋市の「日本地下探査」の社員で、2人は西日本の同業会社の社員ら。いずれも3月下旬から、中国の企業と組んで温泉開発の調査をしていたという。
 3人は山東省煙台市、別の3人は海南省三亜市周辺でほぼ同時期に拘束されたとみられる。中国政府は拘束後、管轄する日本の青島総領事館、広州総領事館に通知。現在は、ホテルなどで軟禁された状態で調べを受ける「居住監視」の状態にあるとみられる。このほか、三亜市では、日本側との調整役をしていた中国人2人も拘束されている。
 三亜市には中国海軍の軍港などがあり、軍事的な機密への接触を疑われた可能性がある。だが、日本地下探査の佐々木吾郎社長は「調査は内陸部でしており、中国側の会社が許可も取っていたと聞いている。スパイ行為など考えられない」としている。
 中国外務省の華春瑩副報道局長は22日の定例会見で、「関係当局が法に基づいて、中国で違法な活動をしていた疑いがある6人の日本人を調べている」とコメントした。
 菅義偉官房長官は同日の記者会見で、6人が中国国内法違反容疑で当局に拘束されたとの通報を3月に受けたとした上で、「それ以上の詳細については事柄の性質上、控えたい。邦人保護の観点から、在外公館などを通じて適切な支援をしている」と語った。(北京=延与光貞)
温泉で逮捕?w

中国、日本人6人を拘束 地下探査の社員、スパイ容疑か 2017年5月22日13時39分
 中国の山東省と海南省で今年春ごろ、日本人計6人が中国の国家安全当局に拘束されていることが関係者の話で分かった。スパイ行為などで国家の安全を害したとの容疑を持たれているとみられる。
 関係者によると、6人は地下探査を行う日本企業の社員らで、3人が山東省、3人が海南省でそれぞれ拘束されたという。両省には中国海軍の軍港があり、軍事的な機密への接触を疑われた可能性がある。
 習近平(シーチンピン)指導部は2014年にスパイ行為を定義した反スパイ法、15年には新たな国家安全法を施行し、スパイ行為に厳しく対処する方針を示している。日本人も15年以降、男女計5人が浙江省や遼寧省、上海、北京などでスパイ行為に関わった疑いを持たれて拘束され、すでに4人が刑事裁判にかけられている。

2017.5.22 13:04
中国で邦人男性6人拘束、スパイ行為を疑われた可能性、3月に山東・海南両省で
【上海=河崎真澄】中国で今年3月、日本人の男性6人が山東省と海南省でそれぞれ3人ずつ、計6人が当局に拘束されていたことが22日、日本政府関係者の話で分かった。
 中国当局から日本側に3月、身柄拘束の通知があったという。
 詳細な容疑などは不明だが、「国家安全危害容疑」が浮上。年齢は20~50代とみられる。青島港のある山東省や南シナ海を管轄する海南省は軍事拠点が多く、スパイ行為を疑われた懸念がある。
 拘束はなお続いており、在青島(山東省)、広州(広東省)の日本総領事館が対応を進めている。
 中国では2015年から相次ぎ、日本人の男女計5人が「スパイ行為に関与した」として、やはり国家安全危害容疑などで相次いで拘束されている。
 いずれも具体的にどのような行為が罪に問われたか、詳細は不明。うち4人の公判が始まっている。
ぐはは。またしてもスパイ容疑w

6邦人拘束、中国当局から通報…菅長官が明かす
2017年05月22日 17時12分
 菅官房長官は22日午後の記者会見で、今年3月に中国山東省で3人、海南省で3人の日本人を拘束したと中国当局から通報があったことを明らかにした。
 菅氏は「中国の国内法違反があったとして拘束されたと通報を受けている」と説明した。
今回の6人はスパイではないとのスピンを試みてツイを消した?w。

中国、2010~12年にCIAの情報源12人以上殺害 米紙報道 2017年05月21日 10:07 発信地:ワシントンD.C./米国
中国、2010~12年にCIAの情報源12人以上殺害 米紙報道 CIAの紋章。米バージニア州のCIA本部で(2016年4月13日撮影)。(c)AFP/SAUL LOEB 【5月21日 AFP】中国政府は2010~12年の間に、中国で活動する米中央情報局(CIA)の秘密の情報提供者12人以上を組織的に殺害または拘束したと、米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)が21日報じた。
 同紙は、現職あるいは元米当局者10人が匿名を条件に語った内容を引用し、この情報活動の失敗は過去数十年で最悪級のものだと指摘した。
 記事によると、情報が漏れた原因はCIA内部のスパイに裏切られたのか、CIAが外国工作員との連絡に利用する内部システムが中国にハッキングされたのか現在も判明していないという。
 2010年終わりから2012年末にかけて、少なくとも12人の情報源が殺害されたという。うち1人は同僚らの前で銃殺されたが、これはスパイ活動をしている疑いがある者たちへの警告だったのは明らかだと同紙は報じた。
 米当局の元上級職員2人によれば、拘束された人も含めると、その数は18~20人に上るという。(c)AFP

中国でCIA要員12人殺害、二重スパイが裏切りか [2017年5月21日6時1分]
 米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は20日、中国でスパイ活動をしていた米中央情報局(CIA)の情報提供者12人以上が2010年以降、中国当局によって殺害されたと報じた。拘束された人を含めると計18~20人に上り、中国での米国のスパイ網が壊滅的状況に陥ったとしている。
 背景について米政府当局者らは、CIA内の二重スパイが裏切ったのか、外国の現地要員に指令を伝えるCIAの通信網が中国側に破られたのか、まだ解明されていないと述べた。
 中国で次々と要員が行方不明になることからCIAは11年に徹底調査を始め、CIAの中国を管轄する部門で働いていた元要員が二重スパイだった疑いを強めたこともあるが、逮捕に至る十分な証拠は見つからなかった。この元要員は現在、アジアの別の国に居住しているという。
 CIAは中国でのスパイ活動を最優先事項の一つとしているが、対抗する中国の公安組織が強力なため、情報源の拡大は難航しているという。(共同)

中国、CIA諜報活動を破壊=情報提供者を殺害・収監―米紙 時事通信 5/21(日) 9:40配信
 【ニューヨーク時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は20日、中国当局が2010年末から2年間にわたり、米中央情報局(CIA)に機密情報を提供していた政府関係者ら18~20人を殺害したり、収監したりしたと報じた。
 CIAはその後の数年間、中国内での諜報(ちょうほう)活動が不可能になったという。
 同紙がCIAの元当局者らの話として報じたところによると、殺害された関係者は少なくとも12人に上った。そのうちの1人は政府ビルの中庭で、同僚の前で撃たれたとされる。
 CIAが中国内で構築した諜報(ちょうほう)ネットワークが事実上破壊されたこの事件をめぐっては、CIA内に二重スパイがいたという疑いが浮上。連邦捜査局(FBI)が捜査に乗り出し、元CIA工作員に嫌疑が掛けられたが、証拠がなく逮捕に至らなかった。 

これに関連してるのか?

元IBM従業員w。LinuxカーネルのGPFSのコードを盗んだ?ん?それってオープンソースじゃないの?w

どうやらスパイ容疑の日本人が逮捕が続いてる理由はこれみたいだな。華春瑩w。
ケーサツ(日本たばこ産業/JT)がCIA職員を寝返らせて中国とロシアでCIA情報元を次々に殺害。最後のターゲットはヒラリーw。回りくどい分断工作か

「自然電位測定を用いた瑞浪超深地層研究所周辺の水理地質構造の推定に関する研究」
http://jolissrch-inter.tokai-sc.jaea.go.jp/pdfdata/JAEA-Research-2012-007.pdf

JAEA-Research 2012-007
自然電位測定を用いた瑞浪超深地層研究所周辺の
水理地質構造の推定に関する研究
日本原子力研究開発機構
地層処分研究開発部門 東濃地科学研究ユニット
徳安 真吾※,松岡 稔幸,程塚 保行※1
(2012 年3 月9 日受理)
独立行政法人日本原子力研究開発機構では,「地層処分技術に関する研究開発」のうち深地層の科
学的研究(地層科学研究)の一環として,結晶質岩(花崗岩)を対象とした超深地層研究所計画を岐阜
県瑞浪市において進めている。本計画は,「深部地質環境の調査・解析・評価技術の基盤の整備」およ
び「深地層における工学技術の基盤の整備」を第1 段階から第3 段階までを通した全体目標として定め,
「第1 段階:地表からの調査予測研究段階」,「第2 段階:研究坑道の掘削を伴う研究段階」,「第3 段階:
研究坑道を利用した研究段階」の3 段階からなる約20 年の計画である。現在は,第2 段階および第3
段階における調査研究を進めている。そのうち第2 段階では,「研究坑道の掘削を伴う調査研究による地
質環境モデルの構築および研究坑道の掘削による深部地質環境の変化の把握」を段階目標の一つとし
て調査研究を進めている。この中で,瑞浪超深地層研究所において,地下水流動を規制する断層や割
れ目帯の分布を把握する技術の整備を目的として,研究坑道の掘削に伴う地下水流動場を反映して変
化する自然電位の測定を実施している。自然電位測定は,地表や地下の自然電位の経時変化を複数
点で同時に測定し,地下水の大局的な流動場や流動方向を可視化する方法である。
本研究では,深度300m 研究アクセス坑道掘削前の先行ボーリング時に1,000L/min 以上の湧水が発
生した2008 年10 月の自然電位測定結果について,ノイズ除去に有効なデータ処理方法の検討および,
処理後の自然電位測定結果から水理地質構造の推定を行った。次に,立坑排水の一時的な停止による
立坑内水位上昇後の,立坑内の地下水排水作業期間である2006 年3~4 月に実施した既存の自然電
位測定結果について,今回検討したデータ処理を適用した。これにより,2006 年に実施したデータ処理
方法では除去できなかった電極の設置場所や設置状況に起因する局所的なノイズを除去し,処理後の
自然電位測定結果について水理地質構造の推定を行った。これらを総合して,自然電位測定の地下水
流動を規制する断層や割れ目帯の分布の推定への適用性について評価を行った。
その結果,ノイズ除去に有効なデータ処理方法を示すことができた。また,このデータ処理によって研
究坑道の掘削に伴う地下水流動に起因する自然電位変化を抽出し,地下水流動を規制する断層や割
れ目帯の分布を推定することができた。
これらのことから,今回検討したデータ処理および自然電位測定によって,地下水流動を規制する断
層や割れ目帯の分布を把握できることを示した。
東濃地科学センター(駐在):〒509-6132 岐阜県瑞浪市明世町山野内1-64
※;技術開発協力員
※1;技術開発協力員(現所属:株式会社日本地下探査)
i

これだわ。瑞浪オンカロの株式会社日本地下探査 どゆこと?核廃棄場を探してたってか?

子会社のジオメンテナンス株式会社の主要な調査実績

茨城県  東海村原子力機構空洞調査(地中レーダー探査)
これも地層処分関連?

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -145- 「中国の核廃棄物処理工場を巡る住民反対デモ」

2015年、中核集団傘下にある瑞能科技股份有限公司が核処理工場建設地域の選定を開始した。中核集団(70%)と仏アレバ社(30%)が協力して2020年に同工場建設を着工し、2030年には操業を予定している。  目下、中国当局は、山東省、江蘇省、福建省、広東省など6省で、核処理工場建設地域を模索中である。  広東省湛江市にも、核廃棄物処理施設建設の候補地となったとの噂が流れた。すると、その途端、ネットで800万人の抗議デモが呼びかけられている。広東省は香港に近いので、香港住民も呼応し、湛江市のデモが激しくなる恐れがある。
あ、これだ。
【拘束された社員のうち3人は3月22日から山東省に、1人は同25日から海南省に、いずれも4月1日までの日程で入り、3月27日ごろ連絡がつかなくなった。】
山東省と海南省で核廃棄場候補地(温泉)を探してたら中国当局に捕まったw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。