弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【武漢封城作戦】邱香果博士(Dr.Xiangguo Qiu)が2019年7月から準備w。ウィニペグの国立微生物学研究所(National Microbiology Laboratory)… update21

新型コロナウィルスに抗HIV薬が効いたので裏で進行していた事態を透かしてみるw

新型コロナの正体、やはり“人工的”ウイルスか 中国当局「荒唐無稽で無知だ」と否定も…米専門家激白「分子にある4つの違いは自然に起きるものではない」 (1/3ページ) 2020.3.10
「林原チャンネル」で新型コロナウイルスについて語る杜祖健氏「林原チャンネル」で新型コロナウイルスについて語る杜祖健氏 河添恵子氏
 ■生物・化学兵器の世界的権威・杜祖健氏 河添恵子氏と対談
 中国発の新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、安倍晋三政権は9日、中国と韓国からの入国制限を強化した。イタリアや韓国で、感染者や死者が激増するなど、世界は「パンデミック(爆発的大流行)」直前といえそうだ。こうしたなか、毒性学や生物兵器・化学兵器の世界的権威である、米コロラド州立大学名誉教授の杜祖健(アンソニー・トゥー)氏(89)が緊急来日した。台湾出身で、日本滞在中には安倍政権中枢との面会も検討されている。ユーチューブ「林原チャンネル」で8日、新型コロナウイルス問題を徹底追及してきたノンフィクション作家の河添恵子氏と対談し、未知のウイルスの最新情報や、日本の対応について語った。

 「世界(の専門家の間)では『人工的なウイルスだろう』という意見が多い」
 杜氏は、新型コロナウイルスについて、河添氏から「天然のものか? 人工的なものか?」と聞かれ、こう語った。
 1930年に台北生まれ。台湾大学卒業後に渡米、スタンフォード大学やイエール大学で化学研究に従事し、コロラド州立大学理学部で教鞭(きょうべん)をとる。ヘビや植物の天然毒が専門で、80年代にはソ連の生物兵器開発について、毒物のデータベース作成などで米政府に協力した。
 オウム真理教による一連のサリン事件で、サリンの分析方法を警察当局に指導したことで知られ、2009年に旭日中綬章を受章した。
 杜氏は、新型コロナウイルスの特性について、「SARS(重症急性呼吸器症候群)以来、動物から人間に移る感染症が米国でも重視されている」「新型コロナウイルスは、潜伏期間にも感染するという点で、これまでとは違う」と語った。
 河添氏は、発生地である中国湖北省武漢市に、エボラ出血熱など、極めて危険な病原体を扱える中国唯一のバイオセーフティーレベル4の施設「P4研究室」が存在することを指摘した。
 これに対し、杜氏は「間接的な証拠から、武漢の研究室から漏れたというのが最も適当な説明だろう」と推測し、1979年に旧ソ連・スべルドロフスクの生物兵器研究施設から炭疽(たんそ)菌が漏れて、近隣に複数の死者が出た事例を挙げ、続けた。
 「旧ソ連のケースは、『空調のパイプがつまったために、外に意図しない形で漏れた』とされている。武漢では、焼却処分されるはずの実験動物を裏で転売して漏れたということもあり得る。また、1つの説として、『SARSのウイルスに手を加えたのではないか』という論文も出た。『(新型コロナウイルスは)SARSと近いウイルスだが、分子に4つの違いがあり、自然に起きる違いではない』と報告されており、人工的に改良された可能性がある」
 中国軍機関紙「解放軍報」は1月31日、人民解放軍が陸軍の生物兵器専門家を武漢に派遣したことを報じている。
 杜氏は「台湾側(の専門家)は『感染症を抑えるためなら医学の専門家を送るべきなのに、(中国は)生物兵器の専門家を送っているので、(P4)研究室と関係しているのではないか』と指摘している」と紹介した。
《中国外務省の耿爽報道官は2月20日、ウイルスが生物兵器の研究所から流出した可能性を指摘した一部報道について、「荒唐無稽で無知だ」と否定し、科学的根拠が全くないと主張した。中国当局は「人工的ウイルス」説も否定している》
 対談では、中国当局の初期対応についても議題に挙がった。
 河添氏は「武漢が当初、隠蔽(いんぺい)をしていたことが絶対的で、習近平政権の問題になる」「日本企業も(中国の)トラップにかかっている」と断じた。
 杜氏も「中国の対応も遅すぎた。武漢全体を隔離するのはあまり意味がない。習政権は、武漢など他のところに責任をなすりつけている。今後の予想はつかないが、多くの都市が分化してしまうと生産や流通も困るし、中国の経済には影響するだろう」と語った。
 日本は、東京五輪開幕を5カ月後に控え、感染拡大抑制に必死だ。
 安倍首相は先月27日に全国の小中高校の一斉休校を要請した。9日には、中国と韓国からの入国制限を強化。今月末まで。発行済みの査証(ビザ)を無効とし、入国者には自宅やホテルで2週間待機を要請する。
 杜氏は「日本も、初期に感染者を局部で隔離できればよかったが…。(感染拡大の抑制に努めながら)今後の教訓に将来をどうすべきかに重点を置くべきだ」といい、「病院船の活用」や「動物から人間に移るウイルスについて、大学の獣医学部での研究拡充」などを説いたうえで、日本の危機管理について、こう総括した。
 「どんな生物兵器が、どの国で作られているかという情報を知ることが大事になる。米国も情報を重要視している。日本人は外から見ていて、国防意識が薄すぎる。『国が危ない』ことをあまり知らないのは、メディアが真実を報道しないためだ。防衛面を頼っている米国との関係は重要だが、(国民と国家を守るためには)憲法改正は必要だと思う」

ウィニペグの国立微生物学研究所(National Microbiology Laboratory)から持ち出されたウィルスの事件を復習ちう…

ノボシビルスクはロリータエクスプレスの東側ルートですなw

シベリアのウィルス研究施設が爆発炎上…(2019年9月16日)

ほんとうは2019年3月の時点で予測できたのでは?w

イベントの前後性が重要なので「ビル・ゲイツ氏の財団は2018年10月に新型コロナウイルスとの戦いに資金を拠出していた」となるべきw

やはりボコ・ハラムとフラニ・ヘルズメンの臓器狩りと臓器売買、バンクーバーの人たちかぁ… )モンテクリストのトランプ

たぶんウクライナの弾劾裁判にも何か仕込んでいるはずw、ジョーカーみたいなトランプ大統領w

2014年8月16日「中国とフランスが、エボラ(#Ebola)を含む感染性ウイルスの基礎研究のためのバイオセーフティ研究所を武漢に建設中」だと駐中国フランス大使w
2018年11月26日中国で「HIV免疫持つ双子が誕生」南方科技大(広東省深圳市)の賀建奎副教授←免疫に関する遺伝子の改変でHIV耐性にできるのなら、臓器移植時の免疫反応を抑える改変も可能になる。さらに双子となるとドナーにするために誕生させていると考えることができる。これ731部隊と加計だわw
2019年3月国立微生物学研究所(National Microbiology Laboratory)がヘニパウイルスとエボラの試料を中国に渡しす。業界ではよくあることなのだとーかw
2019年7月5日邱香果博士(Dr.Xiangguo Qiu)とスタッフがウィニペグの国立微生物学研究所(National Microbiology Laboratory)を規定違反で解雇される
2019年8月2日CDCの安全性検査不合格閉鎖命令(7月)で、フォート・デトリックの米陸軍感染症医学研究所(U.S. Army Medical Research Institute of Infectious Diseases)が閉鎖される
2019年9月16日シベリアのウィルス研究施設が爆発炎上…ノボシビルスク と東側ルートかぁ、どーりでギフハフ団の昆虫兵器とか日産とかでてくる訳だわw。日産、武漢、ノボシビルスクを経由してキプロスまでいって対岸のヨルダンとカタール。日産のゴンとキャロル・ナハスのマネロンルートはフランス、レバノン、ブラジルまでつながるw
2019年10月3日「中国のレベル4実験室のスタッフを訓練してカナダ政府の科学者が捜査対象になる。」 2017年から2018年に少なくとも5回中国に旅行してレベル4実験室の科学者や技術者を訓練していたとーかw
2019年10月18日ジョンズ・ホプキンズ・ブルームバーグ公衆衛生大学院で6500万人が死亡するSARS(コロナウィルス)のアウトブレイク疑似訓練(Event 201 exercise)を開催。ゲイツ財団もスポンサーw
2019年11月x日ミラノのマリオネグリ薬学研究所のジュゼッペ・レムッツィ所長(2020年3月19日)米国の公営ラジオ放送とのインタビューで「医師たちは昨年12月、また11月にも特に高齢者を中心にとても深刻で得体の知れない肺炎が発病したことを記憶している」と語った。
2019年11月後半軍医学情報所(NCMI)が武漢で謎の肺炎が流行していると報告したとABCニュース「昨年11月に米中の首脳は知っていた」軍医学情報所(NCMI)が武漢で謎の肺炎が流行していると2019年11月後半に報告…
2019年12月1日武漢肺炎(コロナウィルス)第一号患者を確認。海鮮市場とは無関係とか←賀建奎副教授の判決と関係してるのでは?
2019年12月30日中国は世界で初めて遺伝子編集ベビーを誕生させたとされる同国の研究者、賀建奎(He Jiankui)博士に対し、違法な医療行為をしたとして懲役3年の判決を下した

【仮説①→】ほんとうに新型コロナウィルスなのか?臓器移植のためにドナーの免疫機構を一部破壊するウィルスだったのでは? それなら路上で倒れる症状も説明できる…

【版権②→】オレ脚本の映画とゲームの「バイオハザード」では臓器移植の拒絶反応やカニバリズムでのクールー病にならないワクチンを開発してたら土人ゾンビ集団が発生してしまったというシナリオにするなw

武漢封城と日産と陸自小平学校と防衛大卒の関潤(せきじゅん)副COO電撃退社と加計と731部隊w

【武漢肺炎】路上で突然倒れる症状はなんなんだ?

ゲイツ財団が2018年10月ジョン・ホプキンスセンターで昨年6500万人が死亡するのコロナウィルスのアウトブレイク疑似訓練のスポンサーをやってたとーかw

ゲラゲラ、さぁ盛り上がってまいりますたw

「ボコ・ハラムとフラニ・ヘルズメンは違法臓器売買のカバーだ。」フィリップ・C・ジェマンジ博士[必読]」

2019年10月3日「中国のレベル4実験室のスタッフを訓練してカナダ政府の科学者が捜査対象になる。」 2017年から2018年に少なくとも5回中国に旅行してレベル4実験室の科学者や技術者を訓練していたとーかw
This story was published on Oct. 3, 2019.

A Canadian government scientist at the National Microbiology Lab in Winnipeg made at least five trips to China in 2017-18, including one to train scientists and technicians at China's newly certified Level 4 lab, which does research with the most deadly pathogens, according to travel documents obtained by CBC News.

Xiangguo Qiu — who was escorted out of the Winnipeg lab in July amid an RCMP investigation into what's being described by Public Health Agency of Canada as a possible "policy breach" — was invited to go to the Wuhan National Biosafety Laboratory of the Chinese Academy of Sciences twice a year for two years, for up to two weeks each time.

犯人役とストーリーが設定済w

Scientists from Canada’s National Microbiology Laboratory (NML) have also said the highly lethal bug is a potential bio-weapon.

But this March that same lab shipped samples of the henipavirus family and of Ebola to China, which has long been suspected of running a secretive biological warfare (BW) program.

China strongly denies it makes germ weapons, and Canadian officials say the shipment was part of its efforts to support public-health research worldwide. Sharing of such samples internationally is relatively standard practice.

2019年3月にヘニパウイルスとエボラの試料を中国に渡したのは業界ではよくあることなのだとーかw

ウィルスと昆虫兵器…。どこかで聞いたよーなw。ギフハフ団の豚コレラw

【生物戦の専門家は、カナダがなぜ中国に致死性のウイルスを送ったのか疑問に思う。中国の活動は…非常に疑わしい。専門家は、ウィニペグの研究室がエボラとヘニパウイルスのサンプルを中国に送ったことが明らかになった後に発言】w

2019年7月から武漢封城を準備していたのかw

京急の踏切で脱輪して立ち往生したトラックに満載されていた「first FRESH」は富有柿も扱う…(2019年9月7日)

豚コレラはペンタゴンの「昆虫兵器」のフェイズ2コミュニティレベル実験だったのか?w(2019年3月20日)

やはり武漢肺炎もペガサスみたいなギフハフ団ターゲットの暴露作戦なのでは? )産総研のドラえもん✕MbS

【ハゲたペガサス】テクノロジーユニットモバイル技術統括モバイルIT推進本部無線プロセス統括部長はソフトバンクのロシアのスパイw(2020年1月25日)

あー、このとき中国に持ち出した?H1N1とH5N1とサウジのSARSとエボラかぁ…

エボラワクチンがゲームチェンジャーになる…

エボラの実験的ワクチンを開発…

エボラ…

アルバータ州で死亡した看護婦からH5N1を分離…

サウジのSARS(コロナウィルス)のサンプルを取得して解析開始…

サウジのSARSだわ…

2013年の時点ではカナダ唯一のBSL4研究施設…

世界で最初にH1N1インフルエンザの遺伝子構造を解読した…

WoW Korea→イタリアのロンバルディア、武漢のように昨年11月に原因不明の肺炎流行

イタリアのロンバルディア、武漢のように昨年11月に原因不明の肺炎流行 3/23(月) 15:35配信 WoW!Korea
イタリアのロンバルディア、武漢のように昨年11月に原因不明の肺炎流行
昨年11月、イタリア北部でも“得体の知れない肺炎”が流行していたことをイタリアの医学専門家が明らかにした(提供:news1)
昨年11月、イタリア北部でも“得体の知れない肺炎”が流行していたことをイタリアの医学専門家が明らかにした。中国で新型コロナウイルス感染症が初めて現れた時期である。
イタリア ミラノのマリオネグリ薬学研究所のジュゼッペ・レムッツィ所長は去る19日(現地時間)米国の公営ラジオ放送とのインタビューで「医師たちは昨年12月、また11月にも特に高齢者を中心にとても深刻で得体の知れない肺炎が発病したことを記憶している」と語った。
また先月21日、イタリア北部で最初の地域感染が確認されて以降、なぜ当局はきちんと発病を抑制できなかったのかを説明した。
「これは中国から伝染病の発病が知らされる前に、少なくともロンバルディア(北部の州)ではウイルスが流行していたという点を意味している」として、存在自体が知らされなかった伝染病と闘うのは不可能であったと説明した。
レムッツィ所長は、最近になってイタリアの医師たちからこのような話を聞いたと語った。伝染病を認識できていない状況でウイルスが拡散していった可能性があるという意味である。
この所長の発言は、全世界の科学者たちが新型コロナの起源を探している中で出てきたものだと、香港の英字新聞は報じた。
また現在科学者たちは、イタリア ロンバルディアでの新型コロナによる地域感染は1月末に中国人とイタリア人との接触によって始まったものだとみている。
Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。