弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

北方署の事務室に木刀を持って侵入w

浄土真宗本願寺派を研究ちう…

怒号上げて木刀持ち北方署侵入 容疑の男逮捕 2019年12月08日 08:10
 岐阜県警北方署は7日、建造物侵入の疑いで、本巣市仏生寺、無職の男(70)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は同日午後3時55分ごろ、正当な理由がないのに木刀を持って北方署の事務室に侵入した疑い。
 署によると、容疑者は1階玄関から署に入り、何も言わずに近くの事務室に侵入。署員が声を掛けたところ、怒号を上げて持っていた木刀(長さ約90センチ)を振り上げたため、署員が取り押さえた。酒に酔った状態だった。けが人はいなかった。

核融研、重水素実験3年間休止 26年度から後半期間 2019年12月07日 08:56
 核融合科学研究所(岐阜県土岐市下石町)の第19回重水素実験安全評価委員会が6日、同研究所で開かれた。計9年間ある重水素実験期間のうち、後半期間と位置付けている7~9年目の実験を2026年度から始める方針を研究所側が示し、委員会が承認した。
 前半6年間の実験期間は17~22年度。23~25年度の3年間は重水素実験は行わず、実験で使う大型ヘリカル装置(LHD)の改造や軽水素実験を進めるなど準備期間に充てる。
 26年度以降の後半期間では、重水素実験で生成したプラズマを高性能の状態で長時間維持することを目指すほか、実験で発生する中性子を医療に応用するための実験などを行う方針も示された。
 同研究所は今年10月3日~来年1月10日の日程で進めている本年度の重水素実験の目標についても委員らに報告。生成するプラズマのイオン温度を1億2千万度、電子温度を8千万度にすると表明した。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。