弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【おまえにマラリア】ジカ熱、エボラ、マラリア、新型コロナ、WHOフィクションが崩壊。ブルンジ(Burundi)がWHOの高官4人を「ペルソナ・ノン・グラータ」w update8

WHOではなくWTO事務局長が辞任w

ブルンジがWHO職員らを国外追放 大統領選控え流行懸念も 2020.5.15 07:05 国際中東・アフリカ
 世界保健機関(WHO)のモエティ・アフリカ地域事務局長は14日、アフリカ中部ブルンジ政府が、駐在するWHO責任者や職員4人を「ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)」として国外追放処分にしたと発表した。詳しい理由は不明。
 同国のヌクルンジザ政権は強権体制を敷いている。20日の大統領選を前に同氏の後継候補が大規模な選挙集会を開き、新型コロナウイルスの流行拡大に懸念が高まっている。
 ブルンジの推定人口は約1150万人。WHOによると、14日までに確認された感染者は27人で死者は1人にとどまる。反体制派は、検査態勢が不十分と批判している。
 ヌクルンジザ氏は前回2015年の大統領選で、憲法規定に反して3選出馬し当選。反体制派と治安機関が衝突し約1200人が死亡、40万人以上が周辺国に避難した。(共同)

ブルンジ、WHOチーム全員に国外退去命令 「受け入れがたい干渉」 2020年5月14日 16:54 発信地:ナイロビ/ケニア [ ケニア ブルンジ アフリカ ]
ブルンジ、WHOチーム全員に国外退去命令 「受け入れがたい干渉」‹ › ❮ 1/3 ❯
新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、5月20日に予定されている選挙に向けた集会に参加するブルンジの政権与党「民主防衛国民会議・民主防衛勢力(CNDD-FDD)」の支持者ら。同国中部ギテガにて(2020年4月27日撮影、資料写真)。(c)Tchandrou Nitanga / AFP
【5月14日 AFP】アフリカ中部ブルンジの政府が、国内で新型コロナウイルス対策に従事していた世界保健機関(WHO)の代表と専門家3人に国外退去を命じたことが分かった。ブルンジ外務省の書簡をAFPが13日に確認した。
 WHOアフリカ支部に宛てた12日付の外務省書簡は、WHOの高官4人を「ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)に指定した」とし、15日までに「ブルンジの国土から退去しなければならない」と述べている。
 匿名でAFPの取材に応じたブルンジ当局者は、退去処分を受けた4人について「ブルンジの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策を支援するWHOチームの全員」だと説明。「彼らは追放された。保健相は、ブルンジの新型コロナ対策に受け入れがたい干渉をしたとしてWHOを完全に除外した」と語った。
 外務省の書簡には、国外退去処分を決定した理由は記されていない。外交筋や行政当局筋によれば、ブルンジ外務省は1か月前にもこの4人の国外追放を試みていたという。
 ブルンジは20日に大統領と国会議員、地方議員を選出する総選挙を控えている。(c)AFP
【WHOの高官4人を「ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)に指定した」】w

WHOの高官4人を「ペルソナ・ノン・グラータ」w、沖田浩之の「おまえにマラリア」みたいな?w

「Bernard Ntahiraja, the foreign affairs assistant minister, said the officials had been declared “persona non grata” but did not give reasons.」
Bernard Ntahiraja外務副大臣はペルソナ・ノン・グラーたの理由を発表しなかったw

追放されたWHO高官 John Nkengasong
“We have to collectively deny the virus any space to transmit,”

タンザニアに続いてナイジェリアでもWHO職員を国外追放w

いやいや。パパイヤも羊もヤギも新型コロナウィルスに感染していたのさw、ゲラゲラ

テドロスはエチオピア出身、エチオピアは南スーダンの東に隣接。
南スーダンのとなりに、1991年1月23日鈴木宗男と笹川良一(中央アフリカ共和国日本名誉顧問)が訪問した中央アフリカ共和国w。
南スーダンの南にルワンダとブルンジ…
ブルンジの隣がタンザニアw

「世界は元に戻らない」テドロス・ホラーを解読できるのはオレだけだろうw

赤道直下で起きてる病気の原因は気象兵器フクイチだわ…

ルワンダ虐殺の容疑者逮捕 仏に潜伏、26年経て裁判へ 2020.5.17 13:30 国際欧州・ロシア
フェリシアン・カブガ容疑者が潜伏していたアパートメント=16日、パリ郊外(ロイター)
 フランス捜査当局は16日、1994年に起きたアフリカのルワンダ大虐殺の責任者を裁く国際法廷に訴追され、指名手配されていたルワンダ出身の実業家フェリシアン・カブガ容疑者(84)を潜伏先のパリ郊外で逮捕した。虐殺を行った民兵組織に資金を供給したとされる重要容疑者として世界の当局が長年行方を追っていた。
 国際法廷のブラメルツ主任検察官は逮捕について声明を発表し「犯罪から26年たっても大虐殺の責任者は裁かれることを(国際社会に)改めて示した」と歓迎した。移送手続きを経た後、オランダ・ハーグの法廷で裁判が開かれる見通し。
 フランスのメディアによると、カブガ容疑者は偽名を使ってパリ郊外で暮らしていた。
 ルワンダ大虐殺は多数派フツ人のハビャリマナ大統領を乗せた航空機が94年に撃墜されたのをきっかけに発生。フツ人主体の政府軍や民兵が、少数派ツチ人や穏健派フツ人約80万人を殺害した。(共同)

マダガスカルがファンタコロナグリーンを発売w

マラリアとエボラとジカ熱…。WHOのフィクションがブルンジでバレてしまう…

エボラワクチン…

2019年エボラ…

2017年ジカ熱…

「ボコハラム」の正体が明らかになって、「オバマが見つけた80カ国テロネットワーク」と #ObamaGate の正体もw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。