弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

「私たちの民主主義にとって危険極まりない(this is extremely dangerous to our democracy)」を合唱するビデオw update13

合唱するロボットw、映画「マトリックス」のワンシーンみたいな?

ニュース・メディアの同調圧力のセリフが詳細に決まっていたため、編集してみると合唱になってしまったw

まさに大衆に対するバンドワゴン効果を狙ったプロパガンダw。エプスタイン・インスティテュートのチョムスキーは何もコメントしないのかすら?

2016年大統領選挙トランプ306ヒラリー232
2020年大統領選挙バイデン306トランプ232

「何か気付かない?」と大衆に問いかけるドラえもん三兄弟w

なにかステート・オブ・ジ・アーツみたいなものを感じますなw

2020年はバイデン306人トランプ232人、2016年はトランプ306人ヒラリー232人、最後まで徹底されたインチキ選挙w(2020年11月14日)

高裁もトランプ氏主張棄却 「選挙不正の証拠なし」 2020/11/28 7:51
米連邦高裁もトランプ大統領の訴えを棄却した=ロイター
【ワシントン=共同】米東部ペンシルベニア州フィラデルフィアの連邦高裁は27日、バイデン次期大統領が勝利した同州の大統領選結果を巡り、不正があったと主張して承認しないよう求めるトランプ大統領の訴えを「証拠がない」として地裁に続き棄却した。トランプ氏の陣営は最高裁に上訴する意向を示した。
米メディアによると、高裁は「選挙に不正があったと主張するだけでは事実にはならない。具体的な申し立てと証拠が必要だが、どちらもない」と指摘した。
トランプ陣営の弁護士は高裁の棄却を受け、ツイッターで「司法は大規模な不正の疑惑を隠し続けている」と主張した。
ペンシルベニア州での訴訟を巡っては、連邦地裁が21日、トランプ陣営の訴えを「フランケンシュタインの怪物のように、でたらめに継ぎはぎされたもの」と断じた。
同州当局は24日、各地区の選管による集計の報告を受け、バイデン氏が勝利したとの結果を正式承認した。

高裁「選挙に不正があったと主張するだけでは事実にはならない。具体的な申し立てと証拠が必要だが、どちらもない」

トランプ陣営「司法は大規模な不正の疑惑を隠し続けている」

連邦地裁「フランケンシュタインの怪物のように、でたらめに継ぎはぎされたもの」

地裁と高裁が必死になるw、統計数学的に異常が証明されているアノマリーを証拠として認めないw

これは大量生産される一般的な工業製品の品質管理を根底から否定するのと同じだった。 なので、民主主義の否定と品質管理の否定のどっちを選ぶのかと問いただしてみたら、なんとびっくり、一部上場企業たちが品質管理データの改ざんを続々と自白しはじめたのだw

これは、どっちがフランケンシュタインなのかわからんなw

そもそも統計的品質管理と言えばペンタゴンのMILのスタンダード(MIL規格、MIL-STD)のことだ。アメリカ合衆国は自己矛盾でにっちもさっちもいかなくなったのだ…

私たちの民主主義にとって危険極まりない福島県w

放射線量が微量であることと処理水(トリチウム水)の問題はちがうw

これって無見識なのではなく事実をエンジニアする手法…

バンドワゴン効果w

さらに共産党県議がずれた論点で作戦に参加w、NATO、アフガニスタン、シャブ、尖閣諸島、瀬取り、ピエール共産党、…みたいな?w

さらにおしどりマコの論点がズレるw

なんだこりゃ。福島県が組織的にやってることはジョージア州のと変わらないw

この惑星の環境に福島県民の手でトドメを刺したいという大衆の異常心理を代表する議員と、同時進行する米大統領不正選挙w

まさにこれは、

「私たちの民主主義にとって危険極まりない(this is extremely dangerous to our democracy)」w

日光例幣街道のカニバリズム、キリシタンの人身売買、原発の被曝症状でカニバリズム症状を隠蔽、被曝のチャンピオンを目指した311、原子力を人さらいや臓器狩り殺人と臓器売買の正当化に使うとか…

まぁこれも一種のステート・オブ・ジ・アートだなw

ちがうちがう、古川享(ふるかわとおる)だ…

311はstuxnetを使って世界の民主主義に介入した報復だったんだ… )岡田克也・元外務大臣w

MbSが中国からSNKを225億円で買い戻した投資から読み取れるモサドのキドンとMbSのタイガー・スクワットの予告…(2020年11月27日)

中東と極東で核戦争シナリオがスタートしたのがオバマの涙の理由だ(2016年1月6日)

2007年米議会はイラン核開発計画への秘密作戦の予算として4億ドルを承認。
2008年海兵隊のジェームス・カートライト大将がニューヨークタイムスに最初のStuxnet攻撃が行われた情報をリーク。後でFBIが逮捕。オバマが恩赦
2010年8月21日ブーシェフル(Bushehr)核施設の稼動予定日
2010年9月25日イランはブーシェフル核施設のコンピュータがスタックスネットに感染してることを確認。
2010年11月29日イラン大統領アフマディーネジャード(Ahmadinejad)が遠心分離器がスタックスネットで損傷したことを認めた。

  • ブーシェフルの遠心分離器はネットから隔離してあったのでUSBスティックからstuxnet(KRAKEN)侵入させた。
  • 2020年は選管のおっさんのノートPCのWin10のKRAKEN(stuxnet)がUSBスティックのデータをバイデンに改ざんしたw

ナタンツの地下濃縮施設が自分の組織名を打ち間違える「ホームランド・チータ(یوزیلنگان وطن)、地元が熊本の水前寺清子」によってアナログに破壊されたw(2020年7月4日)

ちょっとおまえ(Major)、バイデンにケガさせるなよw

半年間は負けを認めないw

おもしろい国だな、アメリカ合衆国はw

演技w、大統領選挙を武器に使ったのはトランプが初めて?w

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。