弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

「ボコ・ハラムとフラニ・ヘルズメンは違法臓器売買のカバーだ。」フィリップ・C・ジェマンジ博士[必読]」update8

Boko Haram And Fulani Herdsmen As Cover For Illegal Human Organ Trade - Dr Philip C. Njemanze [MUST READ]
at 05:59:00 Biafra, Top News, World News,
「ボコ・ハラムとフラニ・ヘルズメンは違法臓器売買のカバーだ。[必読]」フィリップ・C・ジェマンジ博士 2016年9月7日

In an open letter, academician, Dr. Philip C. Njemanze has exposed a plot to traffic human organs obtained illegally. The project which targets Nigeria as the market, he points out, would lead to the death of 10 million Nigerian peoples in a space of three years or more, which would lead to the decimation of the population.
公開書簡で学者のフィリップ・C・ジェマンジ博士が違法に取得した人体臓器取引の構図を暴露した。 プロジェクトはナイジェリアを市場としてターゲットにしていると彼は指摘。それが3年以上の1000万人のナイジェリア人の死と人口減少を起こしている。

The open letter penned by the academician also mentions that the project is being supported by top Western countries and UN agencies, adding that investors in the project would become trillionaires.
学者の公開書簡では、西側のトップの国々と国連から支持されているプロジェクトにも言及。 プロジェクトへ投資した者は億万長者になっていると付け加えた。

He also mentioned that Bill and Melinda Gate’s Foundations are the sole sponsors of the project.
彼はビルとメリンダ・ゲイツ財団がプロジェクトの単独スポンサーであると主張。

The letter also says the project is organized by an international human organ trafficking cartel which started in Asia decades ago. According to Dr. Njemanze, this cartel have trained “an independent army known as Black Water which has been deceptively labelled as Boko Haram and Fulani Herdsmen”.
書簡ではアジアで何十年も前に始まった国際人体臓器売買カルテルによってプロジェクトが組織されたことを指摘。 ジェマンジ博士によればカルテルは、ボコハラムとフラニ・ヘルズメンの悪名のついたブラックウォーターで知られている独立軍として訓練された。

The second part of the tells Nigerians drastic steps that need to be taken. Read the open letter:

His Excellency, Muhammadu Buhari, President and Commander-in-Chief of the Armed Forces of the Federal Republic of Nigeria.

Your Excellency,

Open Letter to President Muhammadu Buhari: Boston Consulting Group and Bill Gates Takeover of Mission Hospitals
ムハマンド・ブハリ大統領への公開書簡:ボストン・コンサルティング・グループとビル・ゲイツによるミッション病院の乗っ取り。

The Global Prolife Alliance (GPA) and other stakeholders in the health sector wish to bring to your attention that the entire health sector in Nigeria is about to be acquired by Boston Consulting Group and Bill Gates. There is a covert plan to take over mission hospitals owned by Churches in Nigeria.
グローバル中絶反対同盟(Global Prolife Alliance/GPA)と他の健康分野のステークホルダーは ナイジェリア全体がボストンコンサルティンググループとビルゲイツに買収されてしまうことに注意を喚起した。 そこにはナイジェリアのミッション系病院を買収する秘密計画があった。

There are indications that a similar covert plan to take over the Islamic hospitals is in place. The Federal Ministry of Health under the past administration appointed Bill Gates to head the Committee for implementation of the National Health Act (NHA) 2014 along with 18 other ‘foreign’ organizations and embassies in Nigeria. This is illegal under the 1999 Nigerian Constitution! A non-publicly disclosed quasi-privatization under the past administration could handover the federal government health institutions to the foreign conglomerate.
イスラム教の病院を買収する似たような計画の気配も起きていた。 過去の政権で連邦保険省は18の「外国の」機関とナイジェリア国内の大使館を従えた国家健康法2014(NHA)の制定の委員長にビル・ゲイツを指名した。 これは1999年のナイジェリア憲法に違反している!過去政権の非公開準民間企業は連邦保健省の機関を外国の企業集団に売却可能にしていた。

The Boston Consulting Group is working in partnership with the Bill and Melinda Gates Foundation [Read HERE] to actualize this plan. The aim of these acquisitions is to own the entire network of hospitals in Nigeria.
ビルとメリンダ・ゲイツ基金と提携したボストン・コンサルティング・グループがこの計画を実行に移した。 これらの買収の目的はナイジェリア国内の病院のネットワーク全体を所有することだった。

We have argued that, the evidence points to human organ and ovarian egg poaching for human organ transplantation and stem cell research for human tissue cloning. Nigeria would become the largest supplier of ‘legally’ acquired (without consent under NHA 2014) human organs for transplantation to all patients living in the industrialized western countries!
人体臓器と人体臓器移植のための卵巣から卵子を摂取と、人体組織クローンニングの為の幹細胞の研究を指していると我々は考えている。 ナイジェリアは(NHA2014の同意がなしで)「合法的に」買収した人体臓器の西側先進国のすべての患者への最大提供国になったのだ!

Nigeria will be the source for more than 100 million human ovarian eggs poached from ten million Nigerian women, who would die in 2-3 years or later from complications of ovarian hyperstimulation syndrome (liver failure, kidney failure, cancers, infections, etc). Our women of childbearing age will die in millions and our population decimated!
卵巣過剰刺激症候群の合併症(肝臓疾患、腎臓疾患、がん、感染など)で2、3年以内に死んでいく 1千万人のナイジェリア女性の卵巣から採取した1億個以上の卵子の供給源にナイジェリアはなる。 出産年齢の女性たちが数百万人死ぬだろうし人口は減少するだろう!

This programme is supported by leading western countries, UN agencies, multilateral organizations and donor agencies owned by some western countries. This is because it would be a cheap source of human organs for transplantation for the western countries.
この計画は西側先進国と国連機関、多国籍組織といくつかの西側国家に所有されたドナー局によって支えられている。 西側諸国の人体臓器の移植の為の資源で安価なことが理由だ。

The gains of using ovarian eggs poached from Nigerian women to perfect the complicated tissue cloning procedure called somatic cell nuclear transfer (SCNT) promises economic revenue of thirty trillion USD, one-third of the world’s economy. Western billionaires who have invested in this project under the auspices of the Bill and Melinda Gates Foundation would become trillionaires!
ナイジェリア女性の卵巣から卵子を使って体細胞核移植(somatic cell nuclear transfer/SCNT)と呼ばれているクローンニング手順で複雑な組織を完成させる利益は 世界経済の3分の1になる30兆ドル(USD)の売上が約束されている。西側の億万長者(billionaires)はビルとメリンダ・ゲイツ資金に援助することで兆ドル長者(trillionaires)になる!

This is an international human organ-trafficking cartel. Similar operations happened in Asia for several years particularly in India, Nepal and the Philippines, but the cartel did not have a full grip on political power in these countries and lost their place after about 20 years, leaving behind devastating consequences for people in these countries.
これは国際人体臓器売買カルテルだ。似たような作戦がアジアで、特に数年前インド、ネパール、フィリピンで発生した。 しかしこれらの国々のカルテルは政治力を持つことができず、人々に荒廃した出来事を残して、約20年で居場所を失っている。

Nigeria with a high corruption index was the next destination of choice for the cartel. The past administration was naïve and compromised to pass and assent grossly defective laws – National Health Act 2014, and the National Biosafety Management Agency Act 2015. Both laws are threats to the lives of the Nigerian people and to our national security. To cover-up of their clandestine operations they wrapped it in so-called philanthropic envelops with paltry donations and bribes to Africa!
腐敗係数が高いナイジェリアはカルテルが次に選択した行き先だった。 過去の政権はナイーブで、ひどく欠陥のある関連法案の国民健康法2014と国立バイオ安全取扱局法2015を通過させてしまった。 2つの法はナイジェリア国民の生命と国家安全の脅威になった。 秘密作戦を隠蔽するためにアフリカへの僅かな寄付と贈賄の慈善と呼ばれる封筒で覆っている。

Sadly, it is also the reason for the sponsorship of the Boko Haram terrorism in Nigeria. The Cartel and their collaborators, the biotechnology companies that produce genetically modified foods, are using the private army popularly known as Blackwater to hire and train mercenaries. According to the Voice of America (VOA) [Read HERE (attached)], American Conservative March 8th 2009 [Read HERE], and Counterpunch [Read HERE (attached)] the mercenaries were hired from Liberia, Guinea, Libya, and other places in Africa and were deceptively labelled Boko Haram and Fulani Herdsmen.
悲しいことにそれはナイジェリアのボコハラムテロのスポンサーをやっている理由でもある。 カルテルと同業者で、遺伝子を組み替えた食品を生産してるバイオテクノロジーの会社は 傭兵を雇って訓練しブラックウォーターとして知られている私兵部隊を使っている。 ボイスオブアメリア(VOA) [Read HERE (attached)], 、アメリカン・コンサバティブ2009年3月8日[Read HERE], とカウンターパンチ[Read HERE (attached)]によれば、リベリア、ギニア、アフリカの他の地域から雇った傭兵を偽装するためにボコハラムとフラニ・ヘルズメンを名乗っている。

According to an article in United States daily: The Nation September 10th 2010 by Jeremy Scahill titled ‘Blackwater’s Black Ops’ Monsanto bought Blackwater [Read HERE (attached)], Bill Gates and Monsanto own Blackwater. Others support this claim, in an article titled Blackwater, Monsanto, Bill Gates: War Machines by Silvia Ribeiro on February 1st, 2012, in Pravda.ru via Mindscape Magazine blog [Read HERE (attached)]. Bill Gates is a major investor in Monsanto according London-based, The Guardian [Read HERE (attached)]. Bill Gates is a major biotech investor.
米の日刊紙のザ・ネイション2010年9月10日のジェレミー・スカヒルの「ブラックウォーターのブラック作戦」の題名の記事 [Read HERE (attached)]、 マインド・スケープ・マガジンのブログ、露プラウダ2012年2月1日 シルビア・リベイロによる「ブラックウォーター、モンサント、ビルゲイツ:戦争マシン」 [Read HERE (attached)]、 そして、ロンドン拠点のガーディアン紙によれば [Read HERE (attached)]. モンサントの主要な株主はビルゲイツで、ビルゲイツはバイオテクへの大投資家である。

He owns most of the new biotechnology companies that are developing human tissue cloning according to an article in Bloomberg June 14th 2001 [Read HERE] which unravels the conflict on interest in obtaining Nigerian hospitals for poaching of human ovarian eggs for tissue cloning. These ovarian eggs would be provided at little cost to his companies as the material to perfect the human organ cloning SCNT procedure. This will save him billions of US dollars and yield trillions of USD, but leaving Nigeria with deaths of millions of Nigerian women from cancers as a result of the complication called Ovarian Hyperstimulation Syndrome! [Read HERE]
ブルームバーグ2001年6月14日の記事によればヒトの組織のクローニングを開発している 新しいバイオテクノロジー会社のほとんどを彼は所有している。 [Read HERE] 組織クローニング用途のナイジェリアの病院での卵巣からの卵子抽出の利害衝突が紐解ける。 これらの卵子はSCNT法で人体臓器のクローニングを完成させる材料として 低コストで彼の会社に供給される。 これが彼の数十億ドルのコストカットと数兆ドルの利益になっている一方で、 卵巣過剰刺激症候群の合併症の結果、数百万人のナイジェリア女性をがんで死に追いやっている! [Read HERE]

The Boko Haram mercenaries engaged in killing and displacing over 6 million farmers in the Northeast ‘food basket’ of Nigeria. The phase 2, is on-going using these mercenaries that were falsely labelled ‘Fulani Herdsmen’ to achieve the destruction of cassava farms in Southern Nigeria. They destroy natural crops and seeds, so that, they can come to offer philanthropic ‘improved seeds’ or ‘improved varieties’ which are genetically modified (GM): yellow cassava, yellow yam, sorghum, cowpeas, millet, rice, maize, etc.
ボコハラムの傭兵たちはナイジェリア北東の「食料かご」の600万人の農民を殺害離散させている。 第2フェーズではこれら傭兵に「フラニ・ヘルズメン」の偽装でナイジェリア南部のキャッサバ農家の破壊した。 彼らは自然の作物や種を破壊し、慈善で「改良された種」や「改良品種」を提案しにやってくる。 それらは遺伝子操作された(GM)黄色のキャッサバ、黄色の山芋、もろこし、ササゲ、キビ、米、とうもろこしなどだ。

The GM crops do not replicate so every planting season Nigerian farmers will collect seeds from Monsanto, Cargill, Syngenta etc! The idea is to capture the food security of Nigeria, so that the entire people and the government of Nigeria will be held captive under ‘no seeds, no food’ unless you comply with demands of the biotechnology company.
GM農産物は複製できない。毎年植え込みシーズンにナイジェリアの農家はモンサント、カーギル、シンジェンタから種を仕入れなければならない。 このアイデアはナイジェリアの食料安全保障を人質にしてる。 ナイジェリア全国民と政府は、バイオテクノロジー会社の要求に従わなければ「種がなければ食料なし」の人質に囚われている。

We have become a nation of biological slaves to Monsanto because of corruption of highly placed few Nigerians! The entire Nigerian polity will be controlled from outside. The political leaders of today will be phased out and replaced with leaders handpicked by the cartel.
我々一部の腐敗したナイジェリア人の為にはモンサントのバイオ奴隷になってしまった! ナイジェリア全体の政策が海外からコントロールされている。 今の政治リーダーは消えていき、カルテルが選んだリーダーに取り換えられるのだろう。

The attempted coup-d’état in Turkey is a glaring display of what they can attempt even for so-called allies. According to the Turkish prosecutors the $2 billion USD used to fund to coup-d’état was transferred through Nigerian bank – United Bank of Africa (UBA) [Read HERE]. If the financing network is in Nigeria, are there no similar plans for Nigeria? This calls for national vigilance!
トルコのクーデター未遂は彼らが同盟国に対しても試みることができる明白な意思表示だ。 トルコ検察によると20億ドルがバンク・オブ・アフリカ(UBA)からナイジェリア銀行を経由してから送金された。 [Read HERE]. もしナイジェリア国内の済ネットワークがあるのなら、ナイジェリアを計画に使わなかったのではないか? 国家警戒を呼びかける!

What Nigeria Must Do Urgently



Repeal Sections of the National Health Act 2014 that Permit Organ Poaching without Consent A full review of the National Health Act 2014 was published by several stakeholders including the Association of Catholic Medical Practitioners of Nigeria (ACMPN) in Leader (February 22nd, 2015; Daily Sun February 17th, 2015; attached) and Association of General and Private Medical Practitioners of Nigeria (AGPMPN), in The Guardian, Wednesday May 28th, 2014; attached). The sections 48, 51, that allow human organ poaching without consent must be repealed. The section in the Interpretation of ‘tissue’ that excludes ‘gametes’ must be corrected. Gametes should be included as tissue in the definition and protected by consent clause. Section 13, on Certificate of Standards used to close almost all Nigerian hospitals based on building requirements must be repealed.

Stop All Acquisitions of Already Existing Public and Mission Hospitals by Multi-Nationals

All acquisitions of existing public or mission hospital facilities in Nigeria by foreign multi-nationals or their local proxies must be stopped. Health sector is National Security and hence must be under anti-monopoly protection and must be open to healthy competitions.

Ban the Sale, Distribution, Import and Export of Genetically Modified Crops in Nigeria

All genetically modified crops of food staples must be banned since the GM crops do not improve crop yield [Read HERE], are toxic to human health [Read HERE] and cannot solve the problems in the agric value chain. The data about touted health benefits of biofortified cassava and others was found to be scientific junk falsified data [READ HERE] by a committee at the Danforth Institute where it was published [Read HERE]. The National Biosafety Management Agency (NBMA) must be reorganized and properly staffed by knowledgeable and patriotic Nigerians. It must be well funded to police GM crops and destroy them similar to fake drugs. It must have the task of protecting our Food Security and must be an agency under the purview of the Office of the National Security Adviser and Presidency. Today’s threats are more biotechnological than physical military combat!

Academician Dr Philip C. Njemanze MD Chairman, Global Prolife Alliance (GPA), for the Council on National Policies; Chairman, Association of Catholic Medical Practitioners of Nigeria, Owerri, Archdiocese, for Ethics Committee. Read more

これは物凄い記事ですな。しかも今までの総集編にもなってる。

バイオ奴隷ビジネスをナイジェリアでやる前はフィリピンでやっていたw。 だからバングラデシュの送金先はフィリピンだったのだ。 バイオ奴隷ビジネスの頃のマネロン基盤を使ったのだ。

たしかにトルコのクーデターの資金はナイジェリア銀行を経由したとエルドガンが言ってましたな。

ボコ・ハラムとは結局ブラックウォーターのことで背後にビル・ゲイツ財団。ブラックウォーターはモンサントに買収されたことになってたけどモンサントの株主もビル・ゲイツ財団。

アフリカでは定期的にボコ・ハラムみたいなのが出没して女子供をさらっている。目的は臓器だったり、卵子だったり、クローニングの幹細胞だったり。ES細胞だのSTAP細胞の推進にはナイジェリア女性の犠牲が必要なのだ。

ナイジェリアにはボコ・ハラムが略奪した臓器を合法化できる法律がある。マネーロンダリングならぬ臓器ロンダリングが既に存在している。

人権も倫理も宗教もない。買収されたキリスト教系病院やイスラム教系病院が臓器売買の舞台になっている。養鶏場のブロイラー扱いされた後2,3年で死んでいくナイジェリアの黒人女性。 ボコ・ハラムを雇っているのはビル・ゲイツ財団。 世界経済の3分の1にもなる30兆ドルの売上を約束されている。

GALILEOの裏口には人工知能が組み込んであり不測の事態に対応できる #HackingTeam

「ガボン大統領選」へのハッキングチームの関与を追跡。
Fwd: R: R: RE: RE: GABON-PRESIDENTIAL(2015-06-03 15:21:08 UTC)

Questi vogliono il bottone rosso! Stai attento
「彼らは赤いボタンを押したいかも。よく見てて。」
--Marco Bettini
Sales Manager
セールスマネージャ
これガボン大統領選挙にハッキングチームがGALILEOで不正選挙介入するときのメール。
ナイジェリアの隣がカメルーンでその隣がガボンですな。
臓器売買のような完全に違法な取引では、取引相手が赤いボタンを押す(通報する)かもしれないリスクが伴うからサイバー兵器で相手の挙動を常に監視する。

西側諸国はもう既に発狂してると思う。

なにやら火消スピンを発見w→これ

173 七つの海の名無しさん 2015/03/03(火) 01:43 vsY272Wy.net 11/13
ボコ・ハラムは既に人間の臓器を収穫している
naij.com/388354-boko-haram-allegedly-harvests-and-sells-human-organs.html
ボコ・ハラムは既に人間の臓器を収穫して「西欧に送っている」
newswirengr.com/2015/02/19/nigerias-boko-haram-harvesting-human-organs-exporting-to-the-west/
∨
174 (1) 七つの海の名無しさん 2015/03/03(火) 01:51 vsY272Wy.net 12/13
The GPA(Global Prolife Alliance Council on Health and Society)
has long preserved that the Boko Haram armed force were hired by
Biotechnology companies and the International Organ and Egg Trafficking Cartel.
「GPAは長らく、ボコ・ハラムの武装勢力はバイオテクノロジー会社や、
国際的な臓器・卵子の密売カルテルに雇われていたものとみていた。」
「国連はISISが臓器売買をしている事を調査・告発している。
犠牲者の写真をみると右の脇腹が傷つけられ出血しており、
なかにはまだ生きている者もいる」
↓この写真??
newswirengr.com/2015/02/19/nigerias-boko-haram-harvesting-human-organs-exporting-to-the-west/
∨
175 七つの海の名無しさん 2015/03/03(火) 02:03 vsY272Wy.net 13/13
上記>>174の写真はこの記事の事件の写真だったようだ
(臓器を抜き取られた遺体の写真ではない様でした)↓
vanguardngr.com/2013/07/25-killed-as-boko-haram-civilian-jtf-clash-in-borno/
これは2013年7月にナイジェリアのボルノ州のダワシ村
(Dawashi Village of Kukawa Local Government Area of Borno State)
でボコ・ハラムのセクトに市民によるJTFという組織が
攻撃を仕掛けた際に(村の自警団の若者を含む)25人
がボコ・ハラムに殺害された時の写真とか…
JTFはボコ・ハラムに襲撃を仕掛けて初め40人ほどのテロリストを
殺害した後ボコ・ハラムのコンボイから銃撃されて劣勢となった… 

第三者卵子

第三者卵子で出産 進む現実、法整備遅れ 子の立場不安定 毎日新聞2017年3月22日 23時36分(最終更新 3月22日 23時50分)
第三者からの卵子提供
 病気のため自分の卵子で妊娠できない女性が、国内では初めて匿名の第三者から卵子提供を受けて女児を出産したと、仲介した神戸市のNPO法人が22日、発表した。国内での卵子提供は一部医療機関で姉妹や友人間に限って実施されており、不妊治療の幅が広がる期待がある。一方、親子関係や子が出自を知る権利などが不明確なまま現実が先行する事態に、専門家らは「子の幸福の観点から法整備が急務」と訴える。【千葉紀和】
 記者会見した「卵子提供登録支援団体(OD-NET)」によると、出産したのは、若いうちに月経がなくなる早期閉経の40代女性。無償を条件に提供に応じた30代女性の卵子と、夫の精子を体外受精して作った受精卵を子宮に戻し、今年1月に出産した。女児は健康で、患者の費用は約100万円という。
 同団体の岸本佐智子理事長は「匿名で無償のボランティアによる卵子提供がわが国でも可能ということを証明した」と強調。出産した女性の「妊娠、出産、育児をとおして『生きる希望』ができた。ドナー(提供者)に深く感謝します」とのコメントを読み上げた。
 また、先天的に妊娠できないターナー症候群の女性2人が妊娠中で、別の3人も治療に向け準備しており、さらに出産例が増える見通しを明らかにした。
 第三者からの卵子提供は、世界的には普及している。生殖医療に詳しい石原理・埼玉医科大教授によると、調査した約100カ国のうち8割が条件付きで認めているという。
 国内でも、加齢による不妊の女性からの期待が大きい。厚生労働省研究班の意識調査では、第三者の卵子を使った体外受精を「利用したい」「配偶者が賛成したら利用したい」と答えた人は26・8%に上る。厚労省の部会は2003年、条件付きで卵子提供を認める報告書をまとめ、法整備も求めたが、いまだに実現していない。
 現在の民法では、母親は産んだ女性か卵子提供者かの明確な規定がないが、最高裁の判例では産んだ女性を母と認めている。自民党の部会は昨年3月、「産んだ女性を母」とする民法特例法案を了承したが、その後、国会への提出の動きはない。
 特に賛否が分かれるのが、子が出自を知る権利だ。同団体は15歳になった時点で子が希望すれば卵子提供者の氏名などを開示することで、提供者と合意しているという。だが、どのように伝えるのか、個人情報の長期管理は万全なのかなど課題は残されたままだ。
 石原教授は「現状のまま提供が広がれば子が出自を知ろうとした時に問題が起きる。権利を守るため、あいまいなままの子の立場を法律で早急に明確にすべきだ」と指摘する。


ナイジェリアの黒人女生徒のハーフの子供を希望する土人は少ないんじゃね。 でも、黒崎愛海の卵子だったら見た目ではわからないはず。 15歳になった子供に「ボコハラムが誘拐したナイジェリア女性黒崎愛海」とは言えない。だから政府に国策の責任を押し付け「第三者卵子の出自ロンダリング」をやれと言っている。 子供と母親の遺伝子データのマッチングをロンダリングすることになる。 お茶を尿と言い張った科警研の出番だ。 たぶんMCT118型DNA鑑定で第三者卵子の出自をロンダリングするのさ。 さすが極道。とことん逝きますな。

2017.3.22 22:02 【第三者卵子】 「出自知る権利、対応検討を」柘植あづみ・明治学院大学社会学部教授の話  ■柘植あづみ・明治学院大学社会学部教授の話(医療人類学) 「病気によって子供に恵まれず、苦しい経験をされて卵子提供を選択した女性の気持ちも分かる。ただ、子供が成長して提供者を知りたい、会いたいという希望が生じることも考えられる。そうした『出自を知る権利』の要求に、医療施設やNPOが個別に対応するのでなく、国がいかに対応するかを早急に検討し、対処する必要がある」
医療施設やNPOは「出自を知る権利」に決して答えることなどできないだろう。

「1千万人のナイジェリア女性の卵巣から採取した1億個以上の卵子」と博士は言っていたのだから、 キミの出自はボコハラムが略奪した卵子だ。 お母さんは10個の卵子を盗られて卵巣過剰刺激症候群の合併症(肝臓疾患、腎臓疾患、がん、感染など)で2、3年以内に死んでしまっただろう。 兄弟がいるかもしれないし、シャーレからゴミ箱に廃棄されたかもしれない。
おめでとうキミはセレブだ。

かと言って笹川良一に強姦させても宇宙人みたいな党首とか、府知事みたいなのしか産まれてこない。まぁここが土人のジレンマですな。

意識と人格、魂の正体が脳を周回する一本のニューロンだと判明してる。 そんなナイジェリアの女性の卵子などと回りくどいことをしなくても 悪魔が憑依するように人工知能と無線回線を使って「自分」を他人に埋め込むことが可能になるだろうw。

米駐日大使にハガティ氏指名 トランプ政権が発表 2017/3/24 9:35 ハガティ氏=AP
 【ワシントン=永沢毅】トランプ米政権は23日、次期駐日米大使に実業家のウィリアム・ハガティ氏(57)を指名したと発表した。ハガティ氏は上院での承認を経て、オバマ前政権の2期目で大使だったキャロライン・ケネディ氏の後任に就任する。早ければ今夏にも着任する可能性がある。
 日本政府はこれに先立ち、ハガティ氏の大使人事に同意した。同氏はテネシー州出身で、投資会社の創業者。トランプ氏の政権移行チームでは政治任用の人事担当の責任者を務めた。大手コンサルティング会社時代に約3年間、日本に駐在した経験がある。
 テネシー州政府の経済開発担当の経験もあり、その際には日産自動車やブリヂストンといった日本企業の州内での投資に関わった。トランプ氏の指名も、こうした対米投資の拡大への手腕を期待したものとみられる。
日産と鳩山由紀夫のブリジストンw

ウィリアム・F・ハガティ←ウィキ
【有力コンサルティング会社 ボストン・コンサルティング・グループの上級駐在員として東京に3年間滞在したこともある[6][7]。】
ボコハラムだわ。
@USAmbJapanの 301ツイ r rr

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。