弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

移植された心臓から声が聞こえるという細胞記憶(Body memory, Cellular memory)デマの目的…update5

ATLAS | ミステリー&オカルト専門ニュースサイト「ミステリーニュースステーション・アトラス」w

mnsatlas.com→臓器提供を受けたら殺人鬼になった!?細胞記憶という奇矯

臓器提供を受けたら殺人鬼になった!?細胞記憶という奇矯 2019/10/13事件, 歴史上の事件クレア・シルヴィア, デレック・エメリー, マイケル・ロドリゲス, 細胞記憶
細胞記憶という言葉をご存知だろうか。
脳だけではなく、個々の細胞もそれぞれ過去の記憶や嗜好、癖を記憶しているのではないかという説があり、その細胞が持つ記憶を細胞記憶という。例えば、内臓移植を行ったときドナーの記憶がレシピエントに受け継がれる現象などがそれだ。
小説やアニメの設定として使われることも多く、シティハンターのパラレルワールドを描いた「エンジェルハート」ではヒロインが心臓移植を受けたことによって元の持ち主の感情を受け継いでいる。
関連記事 2.5リットルの「血液」を描いた絵画、なぜ小学校に?
しかし現実にも細胞記憶を肯定できる事例が存在する。著名な事例として、バレエダンサーのクレア・シルヴィアの事例を紹介しよう。彼女はバレエダンサーという職業柄、ファーストフードが大嫌いだったにも関わらず、心臓移植後ケンタッキーフライドチキンを好むようになった。また嫌いだったピーマンが好物になり、歩き方はまるで男の様になった。
さらに彼女は夢の中に出てきた少年のファーストネームをなぜか知っており、その夢の中の少年がドナーだと確信した。
そして、後に彼女はドナーの家族と連絡を取ることに成功、対面が実現。彼女が知っていた少年のファーストネームはドナーの名前と一致。彼はピーマンとチキンナゲットを好んでいたという。
また昨年末、現実に細胞記憶が引き起こしたとしか考えられない事件が起こった。
ジョージア州アトランタで、マイケル・ロドリゲスという男性が女性23人・男性4人、計27人を殺害した罪で逮捕。
彼は2013年12月から殺人を始め、1ヶ月に1人以上のペースで殺人を行っていたという。ここまで聞いただけではただのシリアルキラーが行った事件だと思うだろう。しかし、警察は捜査を進めていくうちに衝撃の事実を発見したのだ。
ロドリゲスの先妻によると、ロドリゲスが殺人を行うようになったのは心臓移植手術直後からだという。
そこで警察は本来機密事項である臓器提供者について調査を始めたところ、ロドリゲスに提供された臓器は2013年に死刑になったデレック・エメリーという連続殺人犯のものだったことがわかった。
心臓移植後、ロドリゲスには「人を殺せ」という声が絶えず聞こえていたという。
この声は、心臓から聞こえたものではないのだろうか。
(鵙屋まみ 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)
画像©Gerd Altmann PIXABAY
「心臓移植後、ロドリゲスには「人を殺せ」という声が絶えず聞こえていたという。この声は、心臓から聞こえたものではないのだろうか。」w

ん?大阪で似た事件起きたよな…

「ドラゴンクエストのゲームをやめたら心臓から声が聞こえて困っている。昔住んでいた吹田市の人たちの声です」
「友達や小学校の先生、自衛隊にいたことがあるがその時の同僚の声などが聞こえる」
「心臓の中を確認してもらうことはできますか?」

向精神薬の副作用…w

元海自自衛官(別班/DIT)の飯森裕次郎の動機を3月18日にカンボジアで元自衛官が起こした殺人事件と比較して解読…

wikipedia.org→Cellular memory

【Douglas Vincentの著書「TransplantNation」で、 臓器移植後の非定型の新たな記憶、思考、感情、嗜好は、 正当な記憶転移というよりも免疫抑制薬と知覚に対する手術のストレスを示唆しているといっている。 言い換えれば、「LSDまたは他の向精神薬の想像上の悪い旅行のような」[14]】w

それがデマなのか事実なのか買い手にはわからない。 臓器移植やカニバリズムには同化(assimilate)の目的と懸念がある。 これがジェフリーエプスタインが犯罪者ではなく優秀な女性を狙っていた理由になっていた。

要するに臓器売買も商売であり、ビジネスなので、買い手側がそれを要望してるのなら、その希望にそっているということ…

「シティハンター」は謎掛けで買い手の要件を殺し屋たちに伝えていたアニメだったのだなw

高山西ロータリークラブ→PDF[No.2323 例会 平成25年10月11日]

会 長 山下 明
<会長の時間> 恋の遺伝子について

◎少し話が変わるのですが、人との相性診断ということで、血液型相性診断が一時期流行しました。これとは別に、白血球の血液型というものがありまして、ヒト白血球型抗原 Human leukocyte Antigen(HLA)とか、ヒト主要組織適合複合体抗原(MHC) 、あるいは免疫システム遺伝子とも言われ、 臓器移植の際に科学的に相性が良いか、 移植が可能かどうかを判断するための検査があるのです。今では移植が可能かだけでなく、遺伝子レベルで、どのような病気になりやすいかどうかを判断したりするための重要な検査の一つです。

免疫システムがヒントになっているw

岐阜県高山市の「それいゆ」は津久井やまゆり園の続きだ。河野太郎

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。