弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

79発の実弾銃撃戦と行方不明になった小2男児捜索で南スーダン派遣の完全な矛盾を訴える陸自大根劇団のタンクローリー update9

2016年5月22日南スーダン派遣施設隊(第10次要員)先発隊の約130名が新千歳空港で見送り。
2016年5月23日十勝の鹿追町にある陸上自衛隊の然別演習場で、23日、訓練中の隊員が誤って小銃の実弾を撃ち隊員2人がけがをした問題で、9人の隊員が銃に装填した弾180発はすべて実弾だったことがわかりました。
2016年5月26日南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)に派遣されていた陸上自衛隊の9次隊のうち、先発隊約60人が25日、帰国。
2016年5月28日北海道七飯町の林道で小学2年、田野岡大和君(7)行方不明。
2016年6月3日行方不明になっていた北海道男児を鹿部町の陸上自衛隊駒ケ岳演習場内で保護。陸自隊員が宿泊施設で発見。

2016.6.3 11:46更新 【北海道男児不明】 陸自隊員が宿泊施設の扉開くと、そこに男児が…「おなか空いてるの?」 おにぎり渡すと元気に食べる
見つかった田野岡大和君が陸上自衛隊駒ケ岳演習場施設内で寝ていたマットレス(右)=3日午前10時55分ごろ、北海道鹿部町
 北海道七飯町の林道で行方不明となり、7日目の3日朝に鹿部町の陸上自衛隊駒ケ岳演習場内で保護された小学2年、田野岡大和君(7)は発見された際に、隊員から渡されたおにぎりを食べ、衰弱した様子はみられなかったという。
 陸上自衛隊第11旅団広報室によると、3日午前7時50分ごろ、函館駐屯地の男性隊員(52)が、演習場内の宿泊施設の扉を開くと、男児が立っていた。名前を聞いたところ「田野岡大和」と名乗ったという。「おなか空いているの?」と聞くと空いていると答えたため、持っていたおにぎりと水を渡すと元気に食べたという。
 駒ケ岳演習場は、函館駐屯地の隊員が訓練を行う施設で3日は1週間ぶりの使用だった。5月30日に点検に訪れた際には大和君の姿は見かけなかったという。
札幌管区気象台によると、大和君が行方不明になった28日の七飯町付近の最低気温は6・9度。大和君は発見時に半袖の服を着ていたといい男性隊員が雨がっぱを羽織らせた。広報室の担当者は「最近は雨も降り、夜は寒かった。建物内にいれば、しのげないこともないのでは」と話した。
 七飯町によると、大和君が行方不明になった山は熊は生息せず、「通り道になっているが、ほとんど出ない」という。ハイキングなどの観光客は来ず、「自然のままの山。観光客どころか人がいない」という。
 大和君が置き去りにされた現場から車が1台通れるほどの砂利道があり、駒ケ岳演習場に通じているという。
この完全なる矛盾↑↓をアピールする陸自。おまいらの演技は大根だったけど、陸自が世間にアピールしたいことはよくわかった。

Japan to stop support in Juba if security threatens - See more at: http://www.catholicradionetwork.org/?q=node/20770#sthash.rc4l4ToT.mZeUw8a3.dpuf
Japan to stop support in Juba if security threatens
「もし安全の脅威がジュバ(Juba)であれば日本が阻止に協力する。」 Radio Bakhita Saturday, May 21, 2016 - 10:05

“If security in Juba is threatening, then we stop everything”, says Japan Ammbassador to South Sudan.
在南スーダン大使館、紀谷昌彦「ジュバの安全が脅かされるなら、我々は(脅威を)阻止する為に何でもやる。」

Ambassador Kiya Masahiko hopes the new government will promote reconciliation, peace and address differences and ensure security in the country, Radio Bakhita reports.

Japan is currently working on the distribution of water in Juba, Ambassador Kiya adds.

It is expected to be completed by September 2017, he continues.

Officials say, the project will only cover over 300 thousand residents instead of the approximately 800 thousand. - See more at: http://www.catholicradionetwork.org/?q=node/20770#sthash.rc4l4ToT.mZeUw8a3.dpuf

紀谷昌彦南スーダン大使「ジュバの安全が脅かされるなら、我々は(脅威を)阻止する為に何でもやる。」

あ、これが陸自の銃撃戦の理由だ。

愛知)南スーダン派遣の陸自60人帰国 駐屯地で報告 2016年5月26日03時00分
南スーダンPKOの任務を終え、帰国報告をする派遣隊員たち=名古屋市の陸自守山駐屯地
 アフリカ・南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)に派遣されていた陸上自衛隊の9次隊のうち、先発隊約60人が25日、帰国した。9次隊は陸自第10師団(司令部・名古屋市守山区)を中心に編成。守山駐屯地で帰国を報告し、山本頼人師団長から「南スーダンの経験をそれぞれの教育・訓練の場で活用してほしい」との訓示を受けた。
 隊員らは約6カ月、首都ジュバ周辺で道路整備などを担った。派遣中の3月末、「駆け付け警護」などを可能にする安全保障関連法が施行されたが、政府はこうした新たな任務の追加を見送った。第7師団(司令部・千歳市)が中心となる10次隊にも新任務は加えない方針だ。
南スーダン派遣で交代した陸自隊員と北海道の銃撃戦には関連がある。

ありえない話を言い続けてる。何か意図があるはず。
アタッチメントが実弾と空砲では違うのだから、 実弾を計画的に装備して、何らかの理由で銃撃戦が起きて負傷者が出た話なのだ。

2対7で79発の銃撃戦w
7人が2人の隊員に軽傷を与える練習? 2人がイスラム国™役、いや南スーダンだからボコハラムか、7人がPKO役か?

ちょっと調べれば南スーダンと関連があることがオーザワさんにもわかったはず。

陸自隊員が銃撃戦でアピールする理由が佐藤にはわかってるはず。
実弾用のアタッチメントに実弾を込めてふつうに79発撃ちあって軽傷者がでたのだ。

これだ。南スーダンだ。

安保法の新任務適用を検討 南スーダン、青森部隊に 2016/5/23 20:19
 2015年7月、南スーダンの首都ジュバ市内の道路を整備する陸上自衛隊の施設部隊(共同) 自衛隊が参加している南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に、防衛省が11月から陸上自衛隊第5普通科連隊(青森市)を中心とする部隊を11次隊として派遣する方向で調整していることが、23日分かった。政府は、安全保障関連法に基づく「駆け付け警護」などの新任務を初めて付与することを検討している。
 今年3月に施行された安保関連法は、正当防衛などに限っていた武器使用基準を緩和。武装集団に襲われた国連要員らを自衛隊員が急行して助ける「駆け付け警護」や宿営地の共同防衛が可能になり、これら新任務をいつから適用するかが焦点になっていた。
これですな。

陸自は本当に南スーダンに行ったのか?ひょっとしてシリアとトルコ間のタンクローリーの運転手の補充なのか。 あー、やっぱり。タンクローリーの運転手だわ。
仲間と銃撃戦やりたいか、それとも少年兵を殺すか、どちらも嫌ならタンクローリーの運転手をやれ。

「南スーダン制裁の延長に中国、エジプト、露が英米に反対。」

はぁ?ほんとうに南スーダンにこんなことをやりに行ってるとは思えんな。

南スーダンの話がでたのは2011年8月9日?

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。