弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

ビットコインはPKIの公開キー update4

Bitcoin CEO found dead in apparent suicide in Singapore
ビットコインのCEOがシンガポールのアパートで自殺してるのを発見される。

自殺(suicide)でなく不審死(unnatural death)ですな。うえー。JPモルガンがケイゾクちう。

スノーデンのリークのずっと前から米政府にはPKIのマスターキー(もうひとつの秘密キー)の存在を噂されていて、トラフィックをリアルタイムに復号化していた話は有名だった。てことはビットコインも容易に表から盗まれたのだろーな。

とゆー、本当につまらない秘密の為に今さら口封じされたのではたまらない。

Alleged Bitcoin creator taken on wild car chase by media
Raytheonか。ビットコインの発明者は政府の秘密プロジェクトで働いていた。
コインの暗号にマスターキーがあって、ふつうに盗まれたんだろうな。

ビットコインの生みの親見つかる、謎が解けてちょっと複雑
『ビットコインに関する最初の論文は「中本哲史」という名前で発表された』

Bitcoin's Decentralized PKI (Public Key Infrastructure)
ビットコインの暗号化はHTTPS/SSLと同じPKI方式の公開キーをおカネとして流通させる。

つまりオレオレ証明書がコインなのか。え?そりゃー盗まれるだろ。

軍事予算カットでNSAのアウトソーサーが解約されると、秘密が私腹の為に悪用され誰かが死ぬことになるという。

‘We cannot trust them anymore’: Engineers abandon encryption chips after Snowden leaks
/dev/randomの乱数発生チップがNSAに細工されてる。

暗号化するのに乱数を使うのだけど、その乱数を作ってるチップがNSAに細工されていて、何かやると乱数ではなく常に同じ値を発生するようになるのか。それとも乱数が常に同じ値になるチップがあるのか。なんだかなー。

インテルのRDRANDとVIAのPadlock。これですな。

マウントゴックスのビットコインがなくなったのは、このスノーデンのリークの後。細工したビットコインを流通させたのがバレそうになったので急いで換金したように見えますな。

ビットコインだけでなく、PKIにセキュリティを依存したおカネはこれから一気になくなりそうな悪寒。

Hackers attack blog of Mt. Gox bitcoin exchange CEO, look for 'proof of fraud'
ハッカーのMt.Goxビットコイン交換所CEOアタックブログが「不正の証拠」をさがす。とな。

「流出したファイルにユーザーのデータベースはなかった。」

「75万個のビットコインを紛失したことになってるがブロックチェインの移動はない。つまりまだ使われてない。本当にハッカーの攻撃があったのかあやしい。」だそーです。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。