弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

ベクテルがGE日立のUK-ABWRから抜けてハンフォードのガラス固化(vitrification)プラントを進めるらすい。 update2

日立の英原発建設、米大手が外れる方向 建設費の高騰で 北川慧一、内藤尚志2018年8月17日05時04分
写真・図版 日立製作所の子会社、ホライズン・ニュークリア・パワーの原発建設予定地=英西部アングルシー島、寺西和男撮影
 日立製作所が英国で計画する原発の建設工事の中核から、米建設大手ベクテルが外れる方向になった。建設費の高騰で採算をとりづらくなっているためだ。原発建設のノウハウに乏しい日立には痛手で、着工条件である出資金集めに悪影響が出る可能性がある。日本政府も後押しする原発輸出の行方が、一段と不透明になってきた。
 日立は英西部アングルシー島に原発2基を新設する計画。東京電力福島第一原発事故の後に世界的に強化された安全基準への対策費などがかさみ、総事業費は最大で3兆円程度になる見通しとされる。
 関係者によると、ベクテルの建設費の見通しは日立より高く、工事の価格で折り合えなくなった。ベクテルは建設を直接担わず、コンサルティング(助言)事業として計画にかかわる方向になったという。
 日立は2012年に英原子力発…

ベクテルはGE日立のUK-ABWRから抜けてハンフォードのガラス固化(vitrification)プラントを進めるらすい。うぉー。トランプだな。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。