弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

独で5人のボウガンによる「嘱託殺人と自殺」…update4

ドイツで謎の死を遂げた5人、中世愛好家の心中か ホテルで死亡の3人は心臓などに矢 2019年5月15日 9:31 発信地:ミュンヘン/ドイツ [ ドイツ ヨーロッパ ]
女性2人の遺体が見つかったドイツ北西部ニーダーザクセン州ウィッテンゲンの住宅(2019年5月13日撮影)。(c)Christophe Gateau / dpa / AFP
女性2人の遺体が見つかったドイツ北西部ニーダーザクセン州ウィッテンゲンの住宅に入る警察の鑑識職員(2019年5月13日撮影)。(c)Christophe Gateau / dpa / AFP
【5月15日 AFP】ドイツで5人が謎の死を遂げているのが見つかり、そのうち3人がクロスボウ(洋弓銃)で射られていた事件で、捜査当局は14日、5人が心中を図った可能性があるという線で捜査を進めた。ドイツの報道によると、5人は中世の伝説や武器の愛好家だった。
 最初にドイツ南東部バイエルン(Bavaria)州パッサウ(Passau)のホテルで遺体が発見された3人について警察は、ホテルの部屋から2人の遺書が見つかり、争った跡や他の人物の関与を示す痕跡はなかったと明らかにした。
 独の日刊紙ビルト(Bild)は、死亡した5人全員が騎士や馬上やり試合、武器、錬金術などを含め、中世時代の愛好家だったと伝えた。
 検視報告書によると、パッサウのホテルの部屋で見つかった3人の遺体のうちトルステン・W(Torsten W.)という名の男性(53)と、ケルスティン・E(Kerstin E.)という名の女性(33)は手をつなぎ、ベッド上に横たわった状態で発見された。検視の結果、2人は頭と心臓にクロスボウの矢が刺さったことで死亡したことが分かった。この部屋から2人の遺書も見つかった。2人はドイツ西部ラインラント・プファルツ(Rhineland-Palatinate)州在住だった。
 同じ部屋で床に横たわった状態の遺体で見つかったファリーナ・C(Farina C.)という名の女性(30)は、当初胸に矢が刺さっていたと報じられていたが、実際はのどに1本の矢が刺さっていた。
 地元検察当局はこの事件を「嘱託殺人と自殺」として扱っていると表明。ファリーナ・Cという名の女性がまず男女2人に矢を放ち、その後自身を矢で射ったとの見方を示している。(c)AFP/Ralf ISERMANN with Frank ZELLER in Berlin
ボウガンてどんな意味があるの?w

5月10日(金曜日)の夜に朝食なしの3泊の予定でチェックイン。翌朝メイドが死体を発見。 5月11日(土曜日)に3人、月曜日に2人。カルトのグループで性奴隷にされていた女性がボウガンで皆殺しにして自殺した?…

int-jousting.hpage.com→International Jousting League
「国際馬乗槍試合リーグ」のメンバー…

'Ruled like a master'
Since the discoveries, disturbing reports have emerged about Torsten W.
He controlled the four women like a cult leader who used physical force and psychological manipulation, according to local media.
"Investigators suspect they were all members of a kind of sex circle with a focus on the Middle Ages. Torsten W may have been the guru of the group," reported RTL after interviewing several people who knew them.
He was apparently "in relationships with several women whom he ruled over like a master," Bild reported.

「中世のセックス・サークル」、なにそれw。

父親に向けボウガン発射 29歳の男逮捕 「父親を嫌っていた」 2019年5月18日 11時54分
北海道日高町の住宅で、父親に向けてボウガンの矢を放ち殺害しようとしたとして、29歳の介護士の男が殺人未遂の疑いで警察に逮捕されました。放った矢は父親の唇に刺さったということです。
逮捕されたのは日高町富川南の介護士、谷井護容疑者(29)です。
警察の調べによりますと、谷井容疑者は今月11日の夜、自宅の居間で、父親で医師の広樹さん(59)に向けて数メートルの距離からボウガンの矢を放って殺害しようとしたとして、殺人未遂の疑いが持たれています。 放った矢は広樹さんの下唇に刺さりましたが、けがの程度は軽いということです。
警察によりますと、谷井容疑者は事件の翌日から行方が分からなくなり、17日、およそ180キロ離れた森町で見つかりました。
警察が事情を聴いたところ、矢を放ったことを認めたということです。
調べに対し「ちょっとしたことが重なり、父親を嫌っていた。殺そうと思い頭をねらった」と供述しているということで、警察は事件の詳しいいきさつを調べています。

父親「親子の間でいろいろあったが…」
谷井護容疑者(29)の父親で、ボウガンで唇を撃たれてけがをした広樹さん(59)は「以前から親子の間でいろいろあったが、息子は自分の考えをはっきり言わず思い詰めやすいタイプで、私としても至らない点はあったと思う。ただ息子には自分がしたことをしっかり認めてもらいたい」と話していました。

北海道新聞→ボーガンで父親撃った疑い 29歳介護士逮捕 日高町

ボーガンで父親撃った疑い 29歳介護士逮捕 日高町 05/18 10:44 更新
 【日高】門別署は18日、殺人未遂の疑いで、日高管内日高町富川南4、介護士谷井護容疑者(29)を逮捕した。
 逮捕容疑は11日午後10時ごろ、同住所の老人介護施設「富川グロリアホーム」に併設された自宅で、同居する父親で医師広樹さん(59)の頭部を狙い、ボーガンで矢1本を撃ち、殺害しようとした疑い。矢は広樹さんの下唇を貫通したが、命に別条はない。
 同署によると、谷井容疑者は両親、姉と4人暮らし。母親が経営する同施設で広樹さんと共に働き、「父親に対し、小さな不満がたまっていた」などと供述しているという。12日朝から行方不明となり、16日夜に姉が同署に通報し、17日に渡島管内森町で見つかった。



tomikawa-ch.jpn.org→日本同盟基督教団 富川福音教会(PDF)

日本同盟基督教団 富川福音教会
牧師 本多民生  伝道師 本多祝子
〒055-0007 沙流郡日高町富川西 1 丁目 4-22
Tel & Fax 01456-2-2476
E-mail info@tomikawa-ch.jpn.org

説教:本多民生師
 司会:宇津木友兄
 奏楽:宇津木里子姉
 礼拝前祈祷:広岡絵美姉
 献金:谷井広樹兄←これねw
受付:岩寺美和子姉
掃除:B グループ


建屋の作りが似てるw

本多民生 牧師
1977年 静岡県富士市生まれ
中学から北海道で過ごす
就職で上京
聖契神学校 卒業
【信仰歴】
・ 牧師家庭に生まれる
・ 高校2年生の冬 受洗
・ 5年間、SE・ネットワークエンジニアとして勤務
・ 高校時代の召しを確信し、献身。 聖契神学校に入学
・ 招待キリスト教会伝道師・牧師(2007.4 ~2011)
・ 富川福音教会牧師 就任(2012.4~)

ウィキ→聖契神学校日本聖契キリスト教団カベナント教会

「カベナント教会(Covenant Church)はスウェーデン系のキリスト教の教派である。」

スウェーデンw。これが頭つか口をボウガンで撃たれた理由…

「武蔵陵墓地」のボウガンの矢が刺さった男性の遺体が自殺として処理される…

スウェーデンのシルヴィア王妃から高円宮妃久子が「認知症フォーラム」へ招待されて出発…

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。