弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

アウン・サン・スー・チー来日。核兵器、生化学兵器製造、サイバー銀行強盗、臓器狩りは国家機密なのだからロイター通信の記者が国家機密法違反で禁錮7年になっても、ミャンマーには「報道の自由ある」w update7

バリ島で日本人夫婦が殺害される。クビに切り傷。寝室に木材が積み重ねられ、燃やされていた。ロヒンギャの報復なのか?

首相 スー・チー氏と会談 民主化支援の考え伝える 2018年10月9日 20時15分
安倍総理大臣は日本を訪れているミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問と会談し、隣国に避難している少数派のロヒンギャの人たちの帰還問題を含め、民主的な国づくりを支援していく考えを伝えました。
この中で、安倍総理大臣は治安部隊の掃討作戦を受けて、ミャンマー西部のラカイン州から隣国のバングラデシュに避難している、少数派のロヒンギャの人たちの帰還問題について、「独立調査団による信頼ある調査や帰還民の定住に向けた環境整備の加速、それに難民の適切な再定住の実現が重要だ」と指摘しました。
そのうえで、「日本は今後もミャンマーの民主的な国づくりの努力を官民を挙げて最大限協力し、支援していく」と述べ、ロヒンギャの人たちの帰還問題を含め、民主的な国づくりを支援していく考えを伝えました。
これに対し、スー・チー氏は「経済、和平、そしてラカイン州の問題への取り組みは、持続可能なものでなければならない。問題解決に取り組むにあたっての日本の深い理解と協力に感謝する」と述べました。
会談のあと、安倍総理大臣は共同記者発表で、「ロヒンギャの人たちの問題は複雑かつ深刻であり、日本はミャンマーとともに考え、ミャンマー政府による問題解決に向けた取り組みを支えていく」と述べました。

ヤンゴンは下水道も整備されてないのに証券会社をクラウドで設立してたのかw。

日本政府、ロヒンギャ居住地域支援へ
 日本が対ミャンマー支援の一環として、迫害を受けるイスラム教徒少数民族ロヒンギャが住む西部ラカイン州でインフラ整備に乗り出すことが7日、分かった。中国の影響力拡大を食い止める狙い。(共同)
共同通信
2018/10/7 21:08

アウン・サン・スー・チー氏 「報道の自由ある」と主張 2018年10月7日 5時46分
日本を訪れているミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問がNHKの単独インタビューに応じました。ミャンマーで、少数派のロヒンギャの人たちをめぐる問題を取材していた記者が国家機密法違反の罪で有罪判決を受け、報道の自由への懸念が広がっていることについて、スー・チー氏は「ミャンマーには報道の自由がある」と述べ、懸念はあたらないと反論しました。
ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問は、8日から始まる日本と東南アジア5か国の首脳会議に出席するため来日していて、6日、NHKの単独インタビューに応じました。
ミャンマーでは、軍主導の治安部隊が少数派のロヒンギャの人たちを無差別に殺害したり暴行したりした疑いについて取材していたロイター通信の記者が、国家機密法違反の罪で禁錮7年の有罪判決を受け、報道の自由が脅かされているという懸念が広がっています。
これについてスー・チー氏は「もし裁判に間違いがあったというのならもちろん調査するが、言論の自由の問題とは区別しなければならない」と指摘したうえで「ミャンマーには多くの報道の自由がある」と述べ、懸念はあたらないと主張しました。
さらに、国家機密法はイギリス植民地時代に制定されたもので、民主化が進むミャンマーにはそぐわないのではないかという批判に対しては「現代にそぐわないといわれたことは一度もない。同じような法律は世界の多くの国にもある」と述べ、法律そのものにも問題は感じていないことを明らかにしました。
また、ロヒンギャの人たちに対する迫害の問題については、国連をはじめとする国際機関に事実を調査させるべきだという国際社会からの圧力が強まっています。
これについてスー・チー氏は、ミャンマー政府がことし7月、外国人の委員を含む調査委員会をみずから設置したことに触れ、「国連の機関とミャンマー政府の委員会にどんな違いがあるのか。私たちは、自分たちで調査する意志と能力があることを示すチャンスが与えられるべきだ」と述べ、あくまで政府が設置した委員会に調査させる考えを示しました。
一方、国連などによる調査については、「人権の大切さを心から信じているが、人権は法の支配と国内的な合意がなければ確保できない。政府が設置した調査委員会でさえよく思わない人もいる」と述べ、国内で反発が強まるおそれがあり受け入れがたいという考えを示しました。

福島 泉崎村を訪問へ 「村から学びたい」
アウン・サン・スー・チー国家顧問は、7日、福島県の泉崎村を訪れ、農業や地域振興の取り組みを視察することにしていて、開発によって村の人々や農業分野がどんな影響を受けてきたのか、泉崎村の前例から学びたいという考えを示しています。
スー・チー氏は、7日の福島県泉崎村への訪問を前に「これまで日本の村での暮らしを見る機会はなかったのですが、開発によって村の人たちや農業分野がどんな影響を受けてきたかを知るのは非常に意義深いことでしょう。ミャンマーでも農業が盛んだからです」と述べ、視察に期待を示しました。
そのうえで「開発はよいことだけではなく、村の人口減少など課題や問題ももたらします。前もって考えておかなければなりません」と述べ、泉崎村の前例から学び、経済成長が続くミャンマーの開発に役立てたいという考えを示しました。

そして今はロヒンギャを飢えさせている。イエメンと同じ作戦?
ミャンマーで生まれたロヒンギャ族を飢えさせていて、子供には興味がない。 やはり #731部隊 の目的は胎盤と臍帯血だな。iPS細胞かぁ。

「ミャンマーはレイプを戦争と虐殺の武器に使っている。バングラデシュ収容所の58700人のロヒンギャ女性がミャンマー軍兵士による強姦によって妊娠していた。」w
ぐっは。なにこれ。光通信の臓器狩りかw。

「数え切れない程のロヒンギャ女性がミャンマー軍に機械的に強姦されている。」

amnesty.or.jp→ミャンマー(ビルマ):記者らが記事報道で懲役刑に
ミャンマー(ビルマ):記者らが記事報道で懲役刑に 2014年7月10日
[国際事務局発表ニュース]
国・地域:ミャンマー(ビルマ)トピック:危機にある個人
異論封じに厳格な法律を適用する当局の姿勢は以前と変わっていない。 (C) Soe Than WIN/AFP/Getty Images
ビルマ(ミャンマー)のパコック地方裁判所は7月10日、国家機密を暴露したとしてメディア関係者5名に、重労働を含む懲役10年の刑を科した。同国の表現の自由を大きな影を落とす判決となった。
5名は、Unity新聞社の記者、ルーモーナインさん、ヤーザーウーさん、パインテッチョーさん、シットゥーゾーさんとCEOのティンサンさん。
同紙がマグウェ地域の工場で化学兵器を製造していると報道したため、5名は1月31日と翌日にかけて逮捕され、国家機密法に違反したかどで起訴された。同紙は単に市民が関心を寄せる問題を取材し掲載したに過ぎない。
アムネスティ・インターナショナルは、5名を良心の囚人とみなし、その即時・無条件の釈放を求めている。
同国では、年初から報道の自由に対する締め付けがますます厳しくなっている。政府はこの弾圧を止めることを約束していたが、そんな状況で今回の判決が出され、同国の人権状況を改善するとした政府の公約がうわべだけであることが明らかになった。
批判的意見や公正な報道を規制するために厳格な法律を適用する当局の姿勢は、軍事政権と変わっていない。当局は、表現、結社、平和的な集会の自由の権利を不当に制限するすべての法律を廃止、もしくは改正するべきである。

背景
テインセイン大統領は昨年、昨年末までに良心の囚人をゼロにするという約束をした。にもかかわらず、平和的な活動家や人権擁護活動家の逮捕・収監を依然として続けている。
アムネスティは、特に記者などのメディア関係者の逮捕や拘禁を懸念している。7月8日には、ビモンテネー・ジャーナルの編集者3名が逮捕・拘禁されたと模様だ。同ジャーナルが、アウンサンスーチー野党党首と数名の少数民族の指導者が暫定政府の構成メンバーに任命されたという記事をその前日に掲載したためであった。
アムネスティ国際ニュース 2014年7月10日

「同紙がマグウェ地域の工場で化学兵器を製造していると報道したため、5名は1月31日と翌日にかけて逮捕され、国家機密法に違反したかどで起訴された。」
「ミャンマーでは、軍主導の治安部隊が少数派のロヒンギャの人たちを無差別に殺害したり暴行したりした疑い」
これは化学兵器製造の国家機密なのだとスー・チーw

Myanmar parliament agrees on seeking chemical weapon convention membership Source:Xinhua Published: 2015-1-21 12:17:34
Myanmar's parliament has agreed on seeking membership of the Chemical Weapon Convention (CWC), sources said on Wednesday.
Myanmar Deputy Foreign Minister U Tin Oo Lwin told parliament's ongoing session that the country's intention to apply for CWC membership is a gesture of protection against chemical weapons not only in Asia but the global community.
A total of 190 states have given their consent to be bound by the CWC, while Myanmar and Israel have signed but not yet ratified the treaty.
Myanmar has been a signatory to the Biological Weapons Convention after the country submitted application at Geneva, Switzerland on December 1, 2014 for membership.
「ミャンマー政府は化学兵器禁止条約(CWC/Chemical Weapon Convention)への加盟を検討してることを水曜日に認めた。」w

京大出身のアウンサンスーチーと化学兵器製造とロヒンギャ虐殺かぁ。731部隊だわ。

「ミャンマーは(国際的な非難をかわす為にw)2014年12月1日スイスジュネーブで生物兵器禁止条約(Biological Weapons Convention)に署名」

ビルマの竪琴の正体はロヒンギャで人体実験する生物化学兵器製造かぁw #731部隊

ミャンマー軍がロヒンギャ族の村ごと焼き払う理由がわからなかったのだけど…、生物化学兵器を実験した後だから村ごと焼き払う必要があったてこと? #731部隊

スウェーデンのSaab社製高性能M-3 Carl Gustav対戦車ライフルをロヒンギャに使った。はぁ?

財務省w
バングラディッシュ中央銀行のサイバー銀行強盗の犯人はふつうに財務省だったw

「ミャンマー軍の秘密化学兵器工場とカチン民族戦争」

ミャンマーは2010年6月に核兵器開発の報道があった。ミャンマーの背後に土人がいるのは確定だ。

ロヒンギャ族を臓器ブロイラーみたいに扱っているというミャンマーの国家機密w。#731部隊

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。