弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

ゲルトネル氏菌(August Gärtner 1888)はネズミチフス菌や豚コレラ菌などサルモネラ属菌の一つ… update2

ncode.syosetu.com→紅白の殺戮者 昭和十一年浜松一中 毒大福もち事件 作者:久保 親弘

ゲルトネル氏菌とは,ドイツのGärtnerゲルトナーが一八八八年に食中毒で死亡した患者より分離された腸炎菌である。学名を Gärtner bacillus という。グラム染色に染まらない,グラム陰性の周毛をもつ運動性の桿菌である。ネズミチフス菌やブタコレラ菌なととともにサルモネラの代表的な菌である。今日では Salmonella enteritidis と呼ばれている。食品が動物(特にネズミ)や人の保菌者の排泄物によって汚染され,ある程度、同病原菌がそこで増殖したものを経口的に摂取することによって発病する。その発病機序は,腸内で菌がさらに増殖して急性胃腸炎を起こすと考えられるから,ブドウ状球菌やボツリヌス菌の毒素摂取による食中毒とは成因が異なる。したがってサルモネラのような食中毒のタイプを「感染型食中毒」という。後者のブドウ状球菌やボツリヌス菌の食中毒を「毒素型食中毒」という。

道薬検→こうして防ごう家庭の食中毒

「1888年にフランケンハウゼンという町で起こった牛肉による食中毒事件を調べて、ゲルトネル菌という細菌を発見しました。この菌はのちにサルモネラ属菌の一つとわかりました。」

nature.com→August Gärtner (1848–1934)

「NESTOR of German hygiene, August Anton Hieronymus Gärtner, whose name is familiar to every medical student in Gärtner‘s Bacillus (Salmonella enteritidis), was born on April 18, 1848, at Ochtrub, Westphalia.」

journal.kansensho.or.jp→大城・ 加藤=ゲルトネル氏腸炎菌にふる團體的食中毒例 一二四八 (PDF)


「マラリヤ」w

神戸大学→大福禍の中毒素ゲ氏菌の正体 独逸のゲルトネル氏が発見 主として牛豚肉に

樹齢1300年の大湫(おおくて)神明神社の大杉が倒れてしまう…w

たぶん日本が広島と長崎への原爆投下を望んだのと同じ理由で311も起きたのだろう。「彼ら」にとって放射能による被曝症状だとする方がまだ救いがあるからだ…

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。