弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

中国国家安全省のクラウドホッパー(APT10)を追跡するBAEとPwC。APT10でHPとIBMの外務省ディープステイトの北朝鮮部隊を探る中国w。仁義なき内部抗争w update10

アフリカ進出とIBMのコンサルで拡大したファーウェイ

経団連を標的、中国人ハッカー集団 ウイルスは2年潜伏 1/13(日) 8:00配信 朝日新聞デジタル
中国のハッカー集団「APT10」の関与が疑われるサイバー攻撃被害が発覚した、経団連
 経団連が被害を受けた不正アクセス事件に、米司法省が「中国の国家安全省と関連している」と断定した中国人ハッカー集団「APT10」が関与していた疑いがあることが、朝日新聞社の取材で分かった。経団連に仕掛けられたウイルスの種類や外部通信先が、ハッカー集団を追跡している英国政府機関などの調査結果と一致した。
【写真】中国人ハッカー集団「APT10」と経団連への不正アクセスの構図
 米司法省は昨年12月、APT10に所属する中国人2人が、2006年から米国にある45以上の企業や研究所などから大量の情報を盗み取ったとして訴追した。さらに日本など12カ国以上のネットワークに侵入し、「中国の国家安全省と協力している」として中国の「国家ぐるみ」のハッキングと断定した。日本政府もこれを受け、APT10による攻撃を批判する談話を出したが、国内の被害の詳細は公表されておらず、攻撃対象が明らかになるのは初めて。
 米司法省による訴追のきっかけの一つとなったのは、英国防関連企業のBAEシステムズ、コンサルティング大手PwCが英国立サイバーセキュリティーセンターと協力してまとめた調査。17年4月に公表された報告書では、14年以降、計15カ国でAPT10による被害が確認されたとして、使用されていたウイルスや外部の通信先も明示した。
 一方、日本の経団連が被害を受けた事件は16年11月に公表された。朝日新聞が入手した内部資料によると、日中間の経済協力を担当する部署が狙われ、14年7月に外部から届いたメールを開いた職員のパソコンがウイルスに感染。それから2年以上にわたり、パソコンやサーバーに感染を広げながら潜伏していた。サーバーに保管されていた、日本政府とのやりとりに関するファイルなどにウイルスがアクセスした痕跡があったが、情報が実際に盗まれたかどうかは、特定に至らなかった。
朝日新聞社
「14年7月に外部から届いたメールを開いた職員のパソコンがウイルスに感染。」w
天津大爆発とDF-41(MIRV)とLENR(水素充填金属の低エネルギー核反応エンジン)(2015年8月13日)

中国国家安全省のクラウドホッパーがサイバー捜査を開始したトリガーはMH17便撃墜だわw。
プーチンの大統領専用機と同じペイントのマレーシア航空MH17便撃墜(2014年7月18日)

中国ハッカー集団 サイバー攻撃 官房長官「政府への攻撃確認」 2018年12月21日 12時50分
アメリカ司法省がサイバー攻撃で企業秘密を盗んだとして、中国のハッカー集団のメンバーを起訴したことについて、菅官房長官は記者会見で、このような攻撃を断固、非難するとしたうえで、日本政府への攻撃も確認していることを明らかにしました。
アメリカ司法省は、中国のハッカー集団「APT10」のメンバー2人を中国の情報機関である国家安全省と連携して、企業秘密を盗み出していたとして起訴したと発表しました。
これについて、菅官房長官は、閣議のあとの記者会見で「このような攻撃を断固非難する。わが国にも『APT10』から政府機関を含むさまざまな機関を対象にした長期にわたる広範な攻撃を確認している」と述べました。
そのうえで、「中国を含むG20のメンバーは、サイバー空間を通じて知的財産の窃取などの禁止に合意しており、国際社会の一員として責任ある対応が求められる。今後とも、国際社会と緊密に連携して自由で公正で安全なサイバー空間の創出、発展のために尽力していきたい」と述べました。
外務省ディープステイトにクラウドホッパー(APT10)でサイバーガサ入れされたことを認めるガースーw。なんてスゴイ話なんだ。これがHuaweiの孟晩舟が中国を誇りに思うと言ってた理由かぁw。

中国ハッカー集団「APT10」サイバー攻撃 日本国内でも確認 2018年12月21日 11時33分
外務省は、中国のハッカー集団「APT10」によるサイバー攻撃が日本国内でも確認されていることを明らかにしたうえで、攻撃を断固非難するとして、中国に責任ある対応を求めるとした外務報道官談話を発表しました。
中国を拠点とするハッカー集団「APT10」をめぐっては、アメリカ司法省などが20日、2006年からことしにかけて、アメリカや日本など世界各国の企業や政府機関を狙ってサイバー攻撃を行ってきたとして、中国人2人を起訴したと発表したほか、イギリス政府も、企業秘密を狙ってサイバー攻撃をしかけていたと発表しました。
こうした中、外務省は21日、外務報道官談話を発表し、「日本においても民間企業や学術機関などを対象とした長期にわたる広範な攻撃を確認しており、かかる攻撃を断固非難する」と、APT10によるサイバー攻撃があったことを明らかにし、非難しています。
そのうえで、アメリカやイギリスが声明文を発表したことについて、「日本としても強い懸念を持って注視しており、強く支持する」としています。
そして「中国を含むG20メンバーは、サイバー空間を通じた知的財産の窃取などの禁止に合意しており、国際社会の一員として責任ある対応が求められている」と指摘し、中国に責任ある対応を求めるとしています。
中国からサイバー兵器でガサ入れされたことを自白してしまう外務省w

Businesses and governments are increasingly looking to technology companies known as managed service providers (MSPs) to remotely manage their information technology operations, including servers, storage, networking and help-desk support.

Cloudhopper targeted MSPs to access client networks and steal corporate secrets from companies around the globe, according to a U.S. federal indictment of two Chinese nationals unsealed on Thursday. Prosecutors did not identify any of the MSPs that were breached.

中国がクラウドホッパー(APT10)で侵入したのはHPとIBMのマネージド・サービス・プロバイダ(MSP)と呼ばれているサーバー、ストレージ、ネットワーク、ヘルプデスク支援の遠隔操作基盤だった。そのあとに顧客を攻撃。

北朝鮮は本当にカネがないのか?

IBM has dealt with some infections by installing new hard drives and fresh operating systems on infected computers, said the person familiar with the effort.

Cloudhopper attacks date back to at least 2014, according the indictment.

「起訴状によればクラウドホッパー攻撃は少なくとも2014年まで遡る。」w

HPとIBMだわ。この2社は北朝鮮と取引があると2014年に米SECから指摘されていた会社w。

つまり、中国は北朝鮮と取引のあったHPとIBMのMSP基盤に侵入し、その顧客に侵入することで外務省ディープステイトの「北朝鮮部隊」を調べていたのだw。

米、中国人2人を起訴 海軍や民間企業など標的にハッカー攻撃 12/21(金) 1:51配信 ロイター
12月20日、米検察当局は、政府機関や企業にサイバー攻撃を仕掛けたとし、中国人2人を起訴したと発表した。写真は11月、バージニア州アーリントンで撮影された米中両国の国旗(2018年 ロイター/Yuri Gripas)
[ワシントン 20日 ロイター] - 米検察当局は20日、多岐にわたる米政府機関や企業にサイバー攻撃を仕掛けたとし、中国人2人を起訴したと発表した。
起訴状によると、2人は中国国家安全省と関係があり、米海軍や航空宇宙局(NASA)、航空・宇宙・衛星技術関連企業など、少なくとも45の政府機関や企業から知的財産のほか、企業や技術関連の秘密情報を盗んでいたとされる。
米司法省は、中国がサイバースパイ行為を阻止する2015年の協定を破ったと非難。英政府も、中国が欧米やアジアで企業秘密を標的としたハッカー攻撃を仕掛けていると非難した上で、中国国家安全省と関連のある「APT10」と呼ばれるグループがハッカー攻撃を行っていると指摘した。
関係筋によると、米国は同日、友好国と共に中国がサイバー攻撃によって企業秘密や技術を盗んでいると糾弾する見通し。日本、オーストラリア、英国、カナダ、オランダ、ニュージーランド、スウェーデンなどが連携する見通し。
今回の起訴を受け、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・最高財務責任者(CFO)逮捕を受けて米中間の間で高まっている緊張がさらにエスカレートする可能性がある。
*内容を追加して再送します。
(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。)

【中国国家安全省と関連のある「APT10」と呼ばれるグループがハッカー攻撃を行っていると指摘した。】

fireeye.jp→長期的に活動する脅威グループ「APT10(MenuPass)」の最新状況が明らかに(2017年)
【「APT10」(MenuPassグループ)は、ファイア・アイが2009年より追跡している中国のサイバースパイ集団です。】w

ファイア・アイ(FireEye)w、澤田純が必死w
しかしそのHuaweiを一押ししてたのが禿とNTTドコモw

baesystemsai.blogspot.com→APT10 - Operation Cloud Hopper Written by Adrian Nish and Tom Rowles(2017年4月4日)
BAEシステムのエイドリアン・ニッシュw
日本やPwCをサイバー攻撃する中国の部隊w

pwc.co.uk→Operation Cloud Hopper
「Since late 2016, PwC and BAE Systems have been collaborating to research the threat,…」w

おもろい。 アフリカへのHuawei進出と彼らにサプライチェーンを教えたのはIBMのビジネスコンサル部隊(PwCのコンサル部隊)だった。そしてPwCからIBMに切り売りされなかったPwCの部隊がBAEとコラボで2016年からAPT10を追跡している。

クーリエ・ジャポン→日本人社員も逃げ出した? ファーウェイ驚愕の“ブラック度”
ぐはは。なにこれ。モーレツ社員か。やはりHuaweiの背後に土人の影w。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。