弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

大阪大学大学院高等司法研究科を懲戒解雇された青江秀史(あおえひでふみ)教授の解読w update8

京セラがオフショアで脱税w(2019年8月21日)

【パラダイス文書】日本マスタートラスト信託銀行の富士通の年金ファンド運用を偽装したラザラスでボコハラムな部隊w(2017年11月9日)

京セラ脱税、稲盛和夫、JAL、後藤忠政、山口組発砲事件(2019年8月21日午後6時15分)、日本マスタートラスト信託銀行、富士通…みたいな連鎖…w。こういうのも慣れたなw

松岡利勝(まつおかとしかつ)農水大臣が2007年5月28日に自殺(暗殺?)したのは裏金事件への報復だわ…

大阪大、不正受給の教授を解雇 過去にセクハラも
2019/8/21 20:13 (JST) ©一般社団法人共同通信社
 大阪大は21日、大学院高等司法研究科の青江秀史教授(64)を同日付で懲戒解雇したと発表した。大学は今年3月、同教授が研究費や通勤手当などの名目で約9195万円を不正受給していたと発表し、処分を検討していた。同教授によるセクハラ行為があったことも明らかにした。
 大学によると、同教授は2008~18年度に交通費や旅費などとして計約7722万円を不正に受け取っていた。調査研究目的の出張としていたが、実際は東京の自宅への帰宅や観光などが目的だった。
 このほか04~18年度に自宅の住所を虚偽申請し、通勤手当計990万円や、住居手当計約483万円も不正受給していた。

国立大学法人大阪大学における研究費の不正使用に対する措置の決定 平成31年4月26日
国立研究開発法人日本医療研究開発機構
国立大学法人大阪大学(以下、「大阪大学」という。)から当機構に対し公的研究費の不正使用等に関する調査報告書の提出があり、当機構はこれを受領しました。当機構は、以下のとおり、措置を実施することとしたので公表いたします。
1.大阪大学の調査による不正使用の認定
大阪大学の調査により不正使用に関して認定された事実は以下の通りです。
(1)不正使用が行われた事業
平成27、28年度 難治性疾患実用化研究事業「中性脂肪蓄積心筋血管症に対する中鎖脂肪酸を含有する医薬品の開発」
(2)被認定者(不正使用に関与すると大学が認定した者)
大阪大学大学院高等司法研究科教授 1名
(3)不正使用の内容
旅費の虚偽請求
(4)不正使用額
133,654円(平成27、28年度の合計)
2.当機構の措置の内容
(1)申請・参加資格制限
当機構は、被認定者1名に対し、当機構が所掌する全事業への研究代表者又は研究分担者としての申請資格及び参加資格を次の期間において制限することとし、この旨を大阪大学及び被認定者へ通知しました。
大阪大学大学院高等司法研究科教授 1名
平成31 (2019 ) 年4月16日から平成42 (2030) 年3月31日まで
(2)不正使用額の返還
当機構は、大阪大学に対し、不正使用額(133,654円)の返還を求める。
3.再発防止策の徹底
当機構は、大阪大学に対して、不正使用の防止のための改善措置及び再発防止策を確実に実施するよう要請しました。
最終更新日 平成31年4月26日
【平成27、28年度 難治性疾患実用化研究事業「中性脂肪蓄積心筋血管症に対する中鎖脂肪酸を含有する医薬品の開発」】w

大阪大学大学院高等司法研究科教授なのに医薬品の開発?w

経歴と肩書と研究が何一つ噛み合わないw。ナニモノ?

KAKEN→KAKEN — 研究者をさがす | 青江 秀史 (30379086)

青江 秀史 Aoe HidefumiORCIDORCID連携する *注記
研究者番号 30379086
所属 (現在) 2019年度: 大阪大学, 高等司法研究科, 教授
所属 (過去の研究課題情報に基づく) *注記 2019年度: 大阪大学, 高等司法研究科, 教授
2014年度 – 2016年度: 大阪大学, 高等司法研究科, 教授
審査区分/研究分野
研究代表者
小区分09070:教育工学関連 / 図書館情報学・人文社会情報学
キーワード
研究代表者
共同創作 / 知的財産権 / ソフトウエア関連発明 / デザインと知的財産 / 知的財産情報 / 産学連携 / バイドール法 / ソフトウェア発明 / 特許適格性 / コンピュータソフトウエア関連発明 研究課題 (2件)
共同研究者 (5人)

知的財産創造教育の体系化に向けたIoT対応型コンテンツの開発研究代表者
研究代表者 青江 秀史
研究期間 (年度)2019 – 2021
研究種目基盤研究(C)
審査区分小区分09070:教育工学関連
研究機関大阪大学
大学における知的財産情報と多元的ネットワークの法的研究研究代表者
研究代表者 青江 秀史
研究期間 (年度)2014 – 2016
研究種目基盤研究(C)
研究分野図書館情報学・人文社会情報学
研究機関大阪大学
URL: https://nrid.nii.ac.jp/nrid/1000030379086/

研究課題 (2件)で、共同研究者 (5人)だけど研究成果 (x件)の項目がないw

共同研究者 (5人)
1. 勝久 晴夫 (00597958)共同の研究課題数: 2件共同の研究成果数: 0件
2. 吉田 悦子 (30599816)共同の研究課題数: 2件共同の研究成果数: 0件
3. 谷口 勢津夫 (30171846)共同の研究課題数: 1件共同の研究成果数: 0件
4. 正城 敏博 (30294036)共同の研究課題数: 1件共同の研究成果数: 0件
5. 申 賢哲 (50750577)共同の研究課題数: 1件共同の研究成果数: 0件

KAKEN→KAKEN — 研究者をさがす | 谷口 勢津夫 (30171846)

OECDモデル租税条約の総合研究
研究代表者 村井 正
研究期間 (年度) 1997 – 1999
研究種目 基盤研究(C)
研究分野 公法学
研究機関 関西大学

KAKEN→KAKEN — 研究者をさがす | 正城 敏博 (30294036)

大学における知的財産情報と多元的ネットワークの法的研究
リアルタイム分散協調制御を用いた高信頼マルチメディア情報ネットワークの研究
3次元協調作業ユーザインタフェースに関する研究
オブジェクト指向マルチモーダルインタフェースによる仮想環境の構築と操作
単眼カメラを用いた水中物体の実時間3次元形状モデル抽出と複合現実空間の構築
組込用プロセッサ向けメモリアクセス機構の高機能化に関する研究
マルチモーダルインタフェースによる仮想物体の操作・編集システムに関する研究

KernelCallBackTableを細工したプロセス・インジェクションかぁ…w

Pegasusの実装がFinSpyと似てる件w。エジプトで使われたFinSpyと同じ実装が再びアフリカで見つかるw "Invalid procedure call error."

マイクロソフトがFinFisher/FinSpyの実装と感染方法を解読w

産経→阪大教授が9000万円を不正使用 教授側は「事実誤認」と反論

阪大教授が9000万円を不正使用 教授側は「事実誤認」と反論 2019.3.29 18:01 社会事件・疑惑
記者会見で謝罪する大阪大の三成賢次副学長(奥)ら=29日午後、大阪府吹田市
 大阪大は29日、大学院高等司法研究科の男性教授(63)が、虚偽の自宅住所を届け出て通勤・住居手当を不正受給したり、私的旅行を出張に見せかけて旅費を請求したりしていたと発表した。認定された不正受給・使用の合計額は約9200万円。阪大は全額の返還を求め、刑事告訴や処分も検討する。
 阪大によると、昨年7月、大学に不正を指摘する情報提供があり、調査を開始。阪大には岡山県内に自宅があると届け出ていたが、実際の生活拠点だった東京都内から大学への通勤にかかった費用を旅費として請求するなどしていた。
 男性教授は調査に対し、「規定の認識に誤りがあったが、不正だったとの認識はなかった」などと説明したという。
 男性教授の代理人弁護士は同日、「大学の発表に重大な事実誤認がある」とのコメントを発表。「今後は裁判手続きにおいて、阪大の認定・発表が誤りであることを明らかにする」とした。



なぜサワーダ・ジユーンに似てる?w


wikipedia.org→青江秀史(あおえひでふみ)

経歴
1979年 成蹊大学法学部卒業後、富士通に入社。
1979年04月~1986年03月 富士通株式会社 商務部商務課
1991年12月~1992年12月 富士通株式会社 法務知的財産権本部プロジェクト課長
1992年12月~1994年04月 ブリュッセル駐在員事務所長
1998年04月~2001年10月 富士通株式会社 広報室長
2001年10月~2002年10月 富士通株式会社 経営戦略室 主席部長
2002年10月~2004年03月 富士通株式会社 CS経営推進室長
2004年~2019年08月大阪大学大学院高等司法研究科(法科大学院)教授。(同大教授の茶園成樹の推薦により、突然教授に就任)
2005年 特許庁工業所有権審議会臨時委員(弁理士試験考査委員)
2010年 大阪大学知的財産センター長
2013年 大阪大学大学院法学研究科附属法政実務連携センター長、大阪大学智適塾塾長[1]
文化庁コンピュータプログラムに係る著作権問題検討会委員

富士通に25年勤務w

1992年5月岩井良行ジェトロ・ブラッセル事務所長電通に天下った岩井良行特許庁長官は防衛省大臣官房審議官で、資源エネルギー庁で、ジェトロ・ブラッセル所長で今井尚哉みたいな経歴で西室泰三を補佐w
1992年12月青江秀史(あおえひでふみ)富士通ブリュッセル駐在員事務所長~1994年04月

2004年青江秀史(あおえひでふみ)大阪大学大学院高等司法研究科(法科大学院)教授。(同大教授の茶園成樹の推薦により、突然教授に就任)~2019年08月
2004年6月10日欧州議会議員選挙。加盟国25か国で、国をまたがるものとしては史上最大規模
2005年青江秀史(あおえひでふみ) 特許庁工業所有権審議会臨時委員(弁理士試験考査委員

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。