弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

安全神話~当事者が語る事故の深層~ update2

2011年11月27日 [NHKG]NHKスペシャル シリーズ 原発危機「安全神話~当事者が語る事故の深層~」









































































「米の指針にあった重要な対策が盛り込まれなかった。科学技術庁が重大事故が起きた場合の対策を原発の設置許可に盛り込まなかった。住民の避難が立地の条件となれば原発を作る事自体が難しくなる。」
























安全神話があったから安全対策をしなかったストーリになってる。しかし話をよく聞けば原発の立地許可の段階から重大事故や住民の避難を考慮してなかった。原発は地域住民の為に建てたのではない。電力不足でもないし、電力が他の発電方式に比べ安い訳でもない。

なぜムラの人々の発言がこんな無責任になるのか。その答えは原発でもっと危険なことをやってるから。地震や津波の危険性を考慮することがバカバカしくなるような危険なことを裏でやってるから。

なぜ米では原発の安全対策がうまく行くのか。それは本当に発電の為に運転してるから。兵器級プルトニウムは専用の製造炉で作っている。商用原発で核兵器を製造する必要がないから。

なぜ頻繁にTVAのブラウンズフェリーが紹介されるのか。TVAだけは商用原発で核兵器製造をしてる。セコイアでは水爆用トリチウムも製造。つまり発電と製造を兼用にするのならブラウンズフェリーのようにSCADAを装備し安全対策を何重にもやる必要があるというメッセージだ。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。