弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

【クーデター】議会侵入を煽動するピエール・アンティファ(Qアノン)と警官w update17

【Central Countingだなw】ジョージア州の上院決選投票で50.0%に拮抗して選挙が再びジョークになるw(2021年1月6日)

カリフォルニア州でアンティファがトランプ支持派と衝突w、これってヘタクソなアリバイ作り?w

【検証】「米議会に乱入したのはアンティファ」は誤り
2021年1月9日 1:44 発信地:米国 [ 米国 北米 ]
【検証】「米議会に乱入したのはアンティファ」は誤り‹ › ❮ 1/6 ❯
米首都ワシントンの連邦議会議事堂内に侵入したドナルド・トランプ大統領の支持者ら(2021年1月6日撮影)。(c)SAUL LOEB / AFP 画像作成中

【1月9日 AFP】米首都ワシントンで6日、連邦議会議事堂に乱入した人々について、ソーシャルメディア上では急進左派の活動家ネットワーク「アンティファ(Antifa)」関係者だったとの主張が投稿されているが、実際にはドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領への支持を示す帽子をかぶったり、旗をかかげたりしたトランプ氏支持者らだった。アンティファ関与の証拠とされた写真に写る男性2人のうち1人はトランプ氏支持者で、もう1人はスキンヘッドと呼ばれる白人至上主義団体の関係者とみられる。
 アンチ・ファシズム(反ファシズム)を短縮したアンティファは、組織化されていない運動で、オンラインや公の場でファシズムと闘うことを目的として掲げており、あと2週間で退任するトランプ大統領を含む米保守派の格好の攻撃対象となっている。
 トランプ氏支持派の弁護士、リン・ウッド(Lin Wood)さんは6日、ツイッター(Twitter)に2枚の写真を投稿し、「きょう連邦議会に暴力的に突入し、危害と損害を与えたのはトランプ氏の支持者ではなく、アンティファであったことを示す決定的証拠写真。だまされてはいけない。トランプ氏の支持者は平和的だ。過去数か月にわたり私たちの街で暴力を生み出しているのはアンティファだ」と書き込んだ。
 ウッドさんが共有した写真のうち1枚はAFPが6日に議事堂内で撮影したもので、ひげをたくわえた男性が写っている。男性の身元は不明だ。もう1枚の写真にも容姿が似た男性が写っており、その下にはアンティファ系ブログ「phillyantifa.org」のURLが添えられた。
 写真は実際にこのブログで2018年9月に投稿されたものだが、それはこの男性がアンティファに関与しているためではない。ブログはアンティファが敵視する右派グループの情報を投稿しており、この写真が使われた投稿では、男性の名前はジェイソン・タンカースリー(Jason Tankersley)で、「メリーランド・スキンヘッズ(Maryland Skinheads)の創設者で、長年ネオナチ(Neo-Nazi)として活動しており、ここ数年は自身のイメージ回復に取り組んでいる」と紹介されている。
 米人権団体の南部貧困法律センター(Southern Poverty Law Center)のウェブサイトに掲載された写真(撮影日不明)では、タンカースリーさんは「メリーランド州スキンヘッズ(Maryland State Skinheads)」のメンバーだとされているが、グループ内での役割は言及されていない。
 ウッドさんのアカウントはその後、ツイッターにより凍結された。同様の主張はフェイスブック(Facebook)やインスタグラム(Instagram)にも多数投稿されている。
 ソーシャルメディアではさらに、角が生えた毛皮の帽子をかぶっている男性が、人種差別抗議運動「Black Lives Matter(黒人の命は大切)」に参加したこともあるアンティファ関係者だとする説も出回っている。この男性もまた、議事堂内に侵入した際の姿をAFPが撮影していた。
 AFPが昨年11月5日にアリゾナ州フェニックス(Phoenix)で撮影した写真のキャプションでは、男性が「トランプ氏支持者の霊媒師(シャーマン)でコンサルタント」を自称していると説明しており、写真で男性はトランプ支持者らが信奉する陰謀論「Qアノン(QAnon)」のプラカードを手にしている。
 男性はAP通信(Associated Press)が同月7日に撮影した写真にも写っており、男性はフェニックスで開かれた集会で演説するトランプ氏支持者のジェイク・アンジェリ(Jake Angeli)さんと紹介されている。
 共和党のマット・ゲッツ(Matt Gaetz)下院議員(フロリダ州選出)は米保守紙ワシントン・タイムズ(Washington Times)の記事を証拠として、議事堂乱入にはアンティファが関与していたとの説を拡散した。
 しかし該当記事は後に、次のように訂正された。「この記事では当初、6日に議事堂に侵入した人々の中にアンティファのメンバーがいることが顔認識ソフトウエアの『XRビジョン(XRVision)』によって特定されたという誤った情報を記載していました。XRビジョンはアンティファのメンバーを特定していませんでした。ワシントン・タイムズはこの間違いについて、XRビジョンにお詫びします」 (c)AFP

トランプ垢凍結と言論統制みたいな証拠隠滅のあとに…

「この記事では当初、6日に議事堂に侵入した人々の中にアンティファのメンバーがいることが顔認識ソフトウエアの『XRビジョン(XRVision)』によって特定されたという誤った情報を記載していました。XRビジョンはアンティファのメンバーを特定していませんでした。ワシントン・タイムズはこの間違いについて、XRビジョンにお詫びします」w

ん?てことわー、ピエール・アンティファだったことにw

apnews.com→Police officer’s death intensifies Capitol siege questions(2021年1月8日)

During the struggle at the Capitol, Sicknick, 42, was hit in the head with a fire extinguisher, two law enforcement officials said. The officials could not discuss the ongoing investigation publicly and spoke to The Associated Press on condition of anonymity.

議事堂で消化器(fire extinguisher)で頭を殴られた警官が死亡して死者は合計5人に…

バイデンかぁ…

トランプが1月20日のイスラム国™への秩序のある政権移行を約束…

Lin Woodも垢停止…

選挙を攻略して政権を奪取するのも、クーデターで奪取するのもあまり変わらないと思うがw

12時間のアカウント停止w、まさにクーデター状態w


ピエール・アンティファのおっさんがベネズエラ人に国を取り戻せと煽るw

選挙になるとピエール共産党が無駄に候補者を擁立してるのは、ベネズエラとフィリピンのSmartmatic社のインチキ選挙みたいなドミニオン利権があるから?

窓から侵入してドアから出てくるw、クライシスアクターだなw

顔認識のXRVision社が議会に侵入したトランプのデモ隊にアンティファが混ざっていると発表…w、ピエール・アンティファw

町山智浩 @TomoMachi
カリフォルニア州在住の映画評論家、コラムニスト。BS朝日『町山智浩のアメリカの今を知るTV』毎週金曜よる10時23分から放送中。『ラブクラフト カントリー』ポッドキャストhttps://open.spotify.com/episode/6zYhT9T8bz1Lp3npyy9ktO?si=shfJ-anzRSC
カリフォルニア州在住の映画評論家w、それはともかくQアノンはやはり仕込まれた曲者だったのだなw

ゲラゲラ


黒地に白抜きと赤の使い方がBLMとアンティファで似てるのはなぜなのか?w

アリゾナ州テンピでBLMに参加していたとか…w

アンティファてピエール共産党のことだったのかw

そーいえば香港の部隊も一斉に逮捕されてましたなw

全米製造業協会、トランプ大統領の即時免職の検討を政権幹部に要請
ロイター編集 1 分で読む
 米国でトランプ大統領の支持者が議会に侵入し占拠したことを受け、全米製造業協会(NAM)のティモンズ会長は6日、憲法修正第25条を用いてトランプ大統領の即時免職を検討するよう政権幹部に要請した。写真はワシントンで演説するトランプ大統領(2021年 ロイター/Jim Bourg)
[ワシントン 6日 ロイター] - 米国でトランプ大統領の支持者が議会に侵入し占拠したことを受け、全米製造業協会(NAM)のティモンズ会長は6日、憲法修正第25条を用いてトランプ大統領の即時免職を検討するよう政権幹部に要請した。
NAMは、エクソン・モービルやファイザー、トヨタ自動車など、1万4000社の製造業者を代表する主要業界団体。
修正第25条は、大統領が職務遂行不能となった場合の職務継承について定めている。
ティモンズ会長は、トランプ大統領は「権力を保持するために暴力をあおった」と指摘。「選出された指導者の中でトランプ氏を擁護している人々は憲法への誓いを破り、無政府状態を支持して民主主義を否定している。議事堂から退避したペンス副大統領は民主主義を保つため、他の閣僚とともに修正第25条の発動を真剣に検討すべきだ」と訴えた。
トランプ大統領の在任期間はあと14日。20日にはバイデン次期大統領が就任する。
全米商工会議所のドナヒュー会頭、大企業のトップらが参加するロビー団体のビジネス・ラウンドテーブルも、円滑な政権交代に向けて首都ワシントンの早期の混乱収拾を求めた。
イスラム国™だわw

とても発砲が必要な状況だったとは思えないが?しかも威嚇射撃もなく致命傷を与えている…

議会で銃殺されたのは空軍のベテラン…

警官が誘導w

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。