弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

モンサント遺伝子組み換え食品反対スピンデモとブラックウォーター社のスピンスポンサー update19

ベトナム戦争、JFK暗殺、N炉(N-Reactor)、 モンサント、ブラックウォーター、 ビルゲイツ、マイクロソフト、IBM、人工知能(ワトソン)、 nVIDIAのグラボで高速遺伝子解析と機械学習、 ボコハラム、臓器狩り、臓器売買…。

底なしにダークサイドに堕ちていく様子を自分で検証して欲しい。 (誰が?w

Business | 2016年 09月 15日 06:50 JST バイエルがモンサント買収で合意、660億ドルに引き上げ
[ニューヨーク/フランクフルト 14日 ロイター] - 独医薬品・化学大手、バイエル(BAYGn.DE)は14日、米農業関連・種子開発大手、モンサント(MON.N)を1株当たり128ドルで買収することで合意したと発表した。
債務を含む買収総額は約660億ドル。1株当たりの買収提案額をこれまでの127.50ドルからさらに引き上げ、ようやく合意にこぎつけた。
提案額は、書面で初めて提案を行う前の5月9日のモンサント株価に44%上乗せした水準という。買収は2017年末までに完了する見通しで、違約金は20億ドル。
買収資金は債務と株式の組み合わせで賄う方針で、株式部分に関しては強制転換社債と株主割当発行を通じて約190億ドルを調達する。金融機関が、570億ドルのつなぎ融資を行うという。
バイエルは今回の買収で、手続き完了後の1年間に1株当たりの中核的利益を押し上げるほか、押し上げ効果は3年目に2桁%に達すると見込んだ。
バイエルに出資するユニオン・インベストメントのファンドマネジャー、マーカス・マンズ氏は「バイエルの競合他社が経営統合を進める中、今回の買収合意がなければ、(バイエルは)競争上不利な立場に置かれる」と語った。
ただ、買収には紆余(うよ)曲折を予想する声も聞かれる。
米国やカナダ、ブラジル、欧州連合(EU)などの規制当局が時間をかけて、買収を精査する公算が大きい。モンサントのヒュー・グラント最高経営責任者(CEO)は14日、買収承認申請を約30地域で行う必要があるとの認識を示した。
バイエルの一部株主は買収提案額が高すぎて、自社の製薬事業軽視につながる恐れがあるとして、警戒感を示す。
Baader Helevea Equity Researchのアナリスト、ジェイコブ・スレーン氏は、バイエルの投資判断を「売り」とした。買収額が来年のモンサントの中核的利益見通しの16.1倍に達すると指摘。中国化工集団(ケムチャイナ)のシンジェンタ(SYNN.S)買収合意額の15.5倍を上回るという。
バーンスタイン・リサーチのアナリストらは、規制当局が買収を認める確率は5割と予想。投資家を対象にした一部調査では平均7割となっていることも指摘した。
同社アナリストらは調査メモで、供給業者が経営統合を進めることに農家が不満を示すなど、政治的な抵抗に直面すると予想した。
14日の取引で、バイエルの株価終値が0.27%高の93.55ユーロ、モンサントは0.62%高の106.76ドル。
*内容を追加します。

何か象徴的な。オバマなやり方。

ぐはは。FinSpyの時みたいな展開かw

今でもモンサントと遺伝子組み換え食品反対デモを見ると、大気中の放射能汚染がひどくなってるのかなどと考えてしまう。

モンサントは枯葉剤で有名だけど、そのベトナム戦争は大気中核実験が禁止された直後に勃発してる。チェルノブイリ事故の後に戦争が多発したのと同じ理由だ。
チェルノブイリが起こした戦争と311が起こしたウクライナ紛争

もっと言えばシリアも同じ原因ではないのか?
シリア原子炉空爆と安倍晋三辞任。311後のIAEA天野のシリア原子炉結論とUK元IAEAピーター・ジェンキンスの疑念。

モンサントがスケープゴートになる時は大気中の放射能汚染がひどくなってるときだ。 遺伝子の2重螺旋構造の水素結合に直接影響を与える核種はトリチウムだ。 そして、脳や神経伝達系に障害を起こすストロンチウム90のスピンのネオニコチノイド。

ビル・ゲイツ基金がグローバル企業の為に援助の優先順位を危険に捻じ曲げていると糾弾される。

311以前から遺伝子組み換え食品で内臓が小さくなるとか溶けるとかいう症状があった。 遺伝子組み換え食品は被曝症状のスピンの為に開発されている。 「モンサントがーっ」て遺伝子組み換え反対デモが起きる理由。 しかしそれは放射能の健康被害からのスピン目的のデモだ。

1963年6月9日部分的核実験禁止条約の締結で最後の大気中核実験
1964年8月2日トンキン湾事件でベトナム戦争が勃発

ベトナム戦争で使われたモンサント社の枯れ葉剤で説明するとだな、 大気中核実験は部分的核実験禁止条約の締結で1963年を最後に行われなくなった。
そして、ベトナム戦争勃発のトンキン湾事件は1964年8月2日。
ベトナム戦争は米ソの代理戦争だったわけだけど、 戦争を泥沼化させることで大気中核実験の健康被害をスピンする意図があった。

大気中核実験の健康被害のスピンの為にベトナム戦争を泥沼化させ、モンサントの枯れ葉剤まで撒いた原発マフィアが、ベトナム戦争の早期撤退を表明したJFKが暗殺されるのは当前だろう。 JFKはNリアクターも推進。 JFK暗殺のFBI捜査に佐々が参加していてスピン記者みたいなことをやってた目的とつながりますな。 JFK暗殺の原因となった「N-Reactor」とは
事実上の閉鎖が決まった「N-Reactor」の後継は柏崎刈羽6、7号基だった。
柏崎刈羽6、7号機はJFK暗殺の原因になった「N炉(N-Reactor)」の後継。

モンサントこそJFK暗殺を解読するヒントだ。

MONSANTO or BLACKWATER - Operation: Infiltrate in Activist Groups

stratfor.comから流出したウィキリークスw
Blackwater, Total Intelligence Solutions and the Terrorism Research Center

A fair amount of detail in here on their intelligence collection operations.=C2=A0 Some stuff that Stratfor could do/does.=C2=A0
ブラックウォーターの記事をコピペして、いくつかはストラトフォーにもできると紹介。

On September 3 the New York Times reported that Blackwater had "created a web of more than 30 shell companies or subsidiaries in part to obtain millions of dollars in American government contracts after the security company came under intense criticism for reckless conduct in Iraq."
「世界中に30社以上の名目会社(shell companies)の蜘蛛の巣をつくり…」
30 False Fronts Won Contracts for Blackwater
パナマ文書の会社はブラックウォーターかも。

According to the pricing chart, potential customers could hire Prado and other Blackwater officials to operate in the United States and globally: in Latin America, North Africa, francophone countries, the Middle East, Europe, China, Russia, Japan, and Central and Southeast Asia.
あ、ブラックウォーターの取引先の中に日本もある。これって、淡路島のパソナの部隊のことなんじゃね。
パソナは日本のブラックウォーター社なのか

Black wrote that initial payments to Total Intelligence would be paid out of Monsanto's "generous protection budget" but would eventually become a line item in the company's annual budget. He estimated the potential payments to Total Intelligence at between $100,000 and $500,000. According to documents, Monsanto paid Total Intelligence $127,000 in 2008 and $105,000 in 2009.
「モンサントがブラックウォータに支払った金額は10万ドルから50万ドル。 ドキュメントによればモンサントは2008年に12万7千ドル、2009年に10万5千ドル払ってる。」

年間最大50万ドルて、6150万円か。
ん?
たった6人くらいの部隊か?
なんか安くね?w
この写真のおっさんたちの半分しか雇えないよーな。

なんかこのモンサントネタも偽装みたいな。

It Turns Out Monsanto Actually DID Buy the BLACKWATER Mercenary Group
この記事か。

Almost simultaneously with the publication of this article in The Nation, the Via Campesina reported the purchase of 500,000 shares of Monsanto, for more than $23 million by the Bill and Melinda Gates Foundation, which with this action completed the outing of the mask of “philanthropy.” Another association that is not surprising.
モンサントの50万ドルより、残りの2300万ドル(28億2900万円)を出したのはマイクロソフトのビルゲイツ基金だな。つまりモンサントはマイクロソフトの偽装ですな。傭兵ビジネスの黒幕はビルゲイツかぁ。世の中の支配構造は意外と単純かもですな。

遺伝子組み換え食品の健康被害症状と放射能の症状が似てる理由。モンサントはスケープゴートだ。そしてモンサントは傭兵ビジネスのスケープゴートでもある。

「おい、おまいら。集団的自衛権でテロハケンされたくなかったらマイクロソフトのオフィスを買うんだぞ。わかってるな。オープンオフィスとかLinuxにしたらイスラム国™として中東とアフリカにテロリストとして送り込むぞゴラー。」
by ビルゲイツとマイクロソフト

「はっはぁー、ビルゲイツ様。了解いたしますたぁ。これからは何でも業務システムはアクセスとオフィスでやります。VB厨になります。不正選挙でも遠隔操作でも、どうぞやってください。だからおながいです。公務員のテロハケンはご勘弁を。」
by 厄所。

Windowsそのものがスパイウェアで、遠隔操作や不正選挙に使われてる。とか、ふつうに関連していくわけですな。 何しろブラックウォーター社すら動かしてるわけだから。

Like Monsanto, Gates is also engaged in trying to destroy rural farming worldwide, mainly through the “Alliance for a Green Revolution in Africa” (AGRA). It works as a Trojan horse to deprive poor African farmers of their traditional seeds, replacing them with the seeds of their companies first, finally by genetically modified (GM). To this end, the Foundation hired Robert Horsch in 2006, the director of Monsanto. Now Gates, airing major profits, went straight to the source.
ビルゲイツはAGRA(アフリカの緑の革命同盟)を通じてアフリカの農家に遺伝子組み換え種子を送り込むトロイの木馬になったとかw
最後にビルゲイツ基金はモンサント部長だったロバート。ホーシュを2006年に雇ってる。 うーむ。

「The Nation」の2010年11月4日号に掲載されたJeremy Scahillの記事が根拠になっている。 ウェブにも掲載されてる。September 15, 2010
Blackwater's Black Ops

"Many four and five star hotel rooms and restaurants are live-monitored with both audio and video" by Chinese intelligence.
これってホテルでスマホやPCをFinSpyに感染させる手口そのものだな。もちろん中国製ではなく西側兵器産業のガンマグループのFinFisherなんだろ。おもろい。2015年の知識で2010年のNation誌のキーワードで当時展開してた作戦がわかっちゃうぅ。
FinFisherの世界

「2009年度だけでカナダ軍はブラックウォーター社のTRC(テロリズム・リサーチ・センター)を通して160万ドルを支払っている。」
あちこちにカナダ軍がでてくるなぁ。
そういえば「イナメナス近郊のガス施設内で発見されたイスラム武装勢力側の2人の遺体はカナダ人」でしたな。
砂漠で緑の迷彩服をあえて着るのは自衛隊しかいない。アルジェリア・イナメナスの日揮の再処理プラント襲撃

いまでこそマイクロソフトはモンサントとブラックウォーターを買収する巨大企業になってるけど、 1988年頃のマイクロソフトと言えばMS-DOS(ドザーw)から脱皮してOS/2をIBMと共同開発してた頃ですなぁ。
そのOS/2がWindows NTになり現在のWindows10になった。
「人工知能→IBM→マイクロソフト→ブラックウォーター」と関連していくわけですな。
偶然が重なる気持ち悪い事件をどうやって起こすのか?


Worldwide march against Monsanto LIVE UPDATES
モンサントGMOに反対。食料サプライチェーンのモンサント掌握反対の世界統一デモ。

いま世界ではモンサントのGMOとフクイチ由来のGMOが競争してる状況なのか?ミツバチは全滅しそうだ。モンサントだろうと毎日300トンのフクイチには勝てないだろう。

「科学者によるとモンサントの殺虫剤はパーキンソン病とアルツハイマー病と自閉症とがんの原因で、先天性の障害や臓器不全や乳児死亡と不妊の原因でもある」とーか。

ぐげ。この原因がすべてモンサントなのか?ミツバチの大量死の原因をネオニコチノイド系殺虫剤だけで騒ぐのに似てる。モンサントが原因ならモンサントを退治するれば良い話だけど、フクイチ原因をモンサントに誘導してるのだったら人類は解決できない。鬱になるな。

「インドの綿花の種子市場の95%をモンサントがコントロールするようになり、小さい農家は負債を抱え28万4千人の農家が自殺に追いやられた。」とインドの環境アクティビストのヴァンダナ・シバが語ったとか。

ヴァンダナ・シバ「モンサントは1500もの気候弾力特許(climate resilient patents)を保有している。異常気象はモンサントにとってむしろ大きな利益を生むチャンスだ。」

インドにはトリウムが豊富なのでトリウム燃料サイクルを進めてる。そして露と中国とBN-800高速炉の開発にも参加。アフガニスタンから米軍が撤退し露とインドはアフガニスタン国防軍に軍事支援。なのでフクイチの放射能原因の矛先をモンサントに向けたいのではないか。世界統一デモのスポンサーは誰なの?と考えちゃうオレ。

ブラックウォーター社が世界30ヶ所に構築したテロのネットワーク。
Blackwater's Black Ops

While the network was originally established for use in CIA operations, documents show that Prado viewed it as potentially valuable to other government agencies. In an e-mail in October 2007 with the subject line "Possible Opportunity in DEA—Read and Delete," Prado wrote to a Total Intelligence executive with a pitch for the Drug Enforcement Administration. That executive was an eighteen-year DEA veteran with extensive government connections who had recently joined the firm. Prado explained that Blackwater had developed "a rapidly growing, worldwide network of folks that can do everything from surveillance to ground truth to disruption operations." He added, "These are all foreign nationals (except for a few cases where US persons are the conduit but no longer 'play' on the street), so deniability is built in and should be a big plus."
【ネットワークは当初CIAの作戦の使う為に構築したものだった。 ドキュメントでプラドが他国の政府機関にも有用になりうるとの見方をしていた。 プラドは麻薬取り締まり局を放り出された情報幹部に 2007年10月の件名「DEAでの仕事の可能性(読んだら削除) Possible Opportunity in DEA — Read and Delete,」でeメールしてる。政府とのコネもある幹部でDEAに18年いたベテランは最近会社に参加した。 プラドはブラックウォーターを「監視から現場での破壊作戦まで何でもできる関係者の国際ネットワークは急速に拡大してる」と進捗報告してる。 彼は付け加えた。「これらはすべて外国人だ。(米国人が関わるいくつかのケースを除き、もはや路上プレーはやらない)。 (米国は関わってない)否認性は組み込まれている。それは大きなプラスだ。」】

カリフォルニアからアラスカまでが「死の西海岸」になったときにもモンサント登場w
死の西海岸。いや太平洋、南米、インド洋、そして北欧。

Blackwater's Founder Blames U.S. for Its Troubles(2013-11-19 07:42:58 UTC)

Ex-Blackwater ‘no sh*t’ mercenary Erik Prince feels wrath of US justice dept, reports The Intercept
なんとエリック・プリンスの現在のスポンサーは中国w

ブラックウォーター社を設立したエリック・プリンスは2010年に売却。2015年中国の投資会社CiticグループとFSG(フロンティア・サービス・グループ)を設立。リビアへの傭兵派遣やマネロンに手をだしFBIが捜査ちう。

「元Navyシールズは中国の情報機関の支援を受けて中国銀行にリビア活動の為の口座を開設。」うっは。そなのか。時代は変わったなぁ。

まさか中国がブラックウォーター社のエリック・プリンスを爆買してリビアに介入しマネロンまでやってたとはw

パソナが淡路島に日本のブラックウォーター社を仁風林で模索してたのが2014年ですからな。そして翌年2015年エリック・プリンスが中国資本でFSGを設立。
パソナは日本のブラックウォーター社なのか
「ボコ・ハラムとフラニ・ヘルズメンは違法臓器売買のカバーだ。」フィリップ・C・ジェマンジ博士[必読]」

ビルゲイツがブラックウォーターとモンサントに関与する究極の理由は臓器売買だった。 ブラックウォーターはボコハラムのことだった。 遺伝子組み換えは移植臓器のマッチングの為の遺伝子解析と その為のNVIDIAのグラフィックボードの話にまで展開していく。
「ボコ・ハラムとフラニ・ヘルズメンは違法臓器売買のカバーだ。」フィリップ・C・ジェマンジ博士[必読]」
nVIDIAのCUDAを使ったDNA高速解析がボコハラムの違法臓器売買闇市場を創出w

わが家への化学兵器攻撃について…w

住友化学を悩ます「農薬問題」問われる人体への「深刻な影響」
「同時に経団連会長会社である住友化学の倫理観や経営姿勢も問われる。」
あ。後藤忠政組長にカンボジアに呼び出されたやつ等だ。まさか、わが家が化学薬品テロ攻撃されるとはw。
「青山美子医師(前橋市の開業医)と平久美子医師(東京女子医科大学)によれば、ネオニコ系農薬は人に摂取されると中枢神経系、自律神経系、骨格系に関連する多様な症状を引き起こす。脈の異常、指の震え、発熱、腹痛、頭痛、胸痛、短期の記憶障害も起きる。」
「〇四年と〇五年に群馬県内で松くい虫防除にネオニコ系農薬を送風散布装置でまいた直後、多数の患者が受診したが、症状の出方が動物実験の結果とよく似ていた。」
「ネオニコ系農薬は有機リン系農薬と同じように、人の重要な神経伝達物質の一つアセチルコリンの働きを攪乱する毒性をもっており、発達障害の原因になる可能性が大きい。」w
なんだこれ。サリンガスと同じじゃん。ありえねー。

ネオニコ系農薬被害て放射能(ストロンチウム90)被害のスピンだった。だから住友化学ね。
【パナマ文書】後藤忠政、元後藤組組長研究。経団連米倉弘昌会長の大型訪問団140人をカンボジアに招聘、インフラ整備を約束させ、カンボジア国王から国家功労者の爵位の称号「オギャ」を授与されるw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。