弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

トルコが米国人のアンドルー・ブランソン牧師を解放しやっと「海難1890」作戦が終了w update2

プーチン来日の後、トルコの警官がタキシードを着てアンカラのSu25撃墜の国交回復の写真展に身分証を見せて侵入。「神は偉大なり。アレッポとシリアを忘れるな。」と叫んでロシア大使を銃殺

トルコ、米国人牧師を解放 拘束2年、関係悪化の原因に 2018年10月13日 5:42 発信地:アリアー/トルコ [ トルコ 中東・北アフリカ 米国 北米 ]
【10月13日 AFP】トルコの裁判所は12日、同国で2年にわたり拘束されてきた米国人牧師、アンドルー・ブランソン(Andrew Brunson)氏の解放を決定した。同牧師の拘束は、トルコにとって対米関係の危機と経済問題の火種となっていた。
 AFP特派員によると、トルコ西部アリアー(Aliaga)の裁判所はブランソン牧師をテロ関連の罪状で有罪とし、禁錮3年1月15日の刑を言い渡した。その上で裁判所は、未決勾留期間と公判中の素行の良さを考慮し、同牧師の自宅軟禁と渡航禁止を解除。牧師は解放された。
 ブランソン牧師の弁護士がAFPに語ったところによると、牧師はその後、トルコを航空機で出発し、ドイツを経由する帰国の途に就いた。トルコの半国営アナトリア(Anadolu)通信も牧師の出国を確認し、米国への帰還前にドイツに2日間滞在する予定だと伝えている。
 ブランソン牧師は2016年10月に拘束され、テロ組織支援とスパイ活動の罪で最長35年の禁錮刑を科される可能性があった。検察はその後、最長10年の禁錮刑を求刑。裁判所は同牧師をテロ組織構成員とは認定しなかったものの、テロ組織を支援したとして有罪判決を下した。一方、牧師と米当局はすべての罪状で無罪を主張した。
 ブランソン牧師の拘束は、北大西洋条約機構(NATO)加盟国同士であるトルコと米国に近年でも特に深刻な外交問題を引き起こしただけでなく、トルコ通貨リラの暴落を招き、同国経済の脆弱(ぜいじゃく)性を露呈した。
 両国間には牧師の拘束以外にも複数の懸案があり、専門家らは、そうした問題は牧師解放だけでは解決しないと警告している。(c)AFP/Fulya OZERKAN

エルドガンは牧師とギュレンを交換しようとしていた。2016年12月20日ロシア大使が警官に暗殺され、トルコでクーデターを企てたギュレン一味だとエルゴガンは言っていた。2016年12月24日フランス留学中の筑波大の黒崎愛海が行方不明と仏日本大使館が発表。行方不明になったのは12月4日だった。

2016年12月19日トルコ・アンカラのSu25撃墜の国交回復の写真展にタキシードを着た警官が侵入「神は偉大なり。アレッポとシリアを忘れるな。」と叫んでロシア大使を殺害。ロシア大使が殺害された美術館から2.5マイルの米大使館の外でショットガンを持った男が空に向けて発砲。「オレ達にかまうな。」

スイス・チューリッヒのイスラミックセンターに男が侵入して銃撃、3人負傷。ドイツ、ベルリンでトラックがクリスマスマーケットで暴走し12人死亡した。ニコラスはブザンソンからジュネーブ、マドリードを経由してチリに帰国。

エルドガンは「海難1890」作戦をずっといままで継続していたのだw。2007年10月6日に98円だったトルコのリラは19円になってしまった。
プーチン来日の後、トルコの警官がタキシードを着てアンカラのSu25撃墜の国交回復の写真展に身分証を見せて侵入。「神は偉大なり。アレッポとシリアを忘れるな。」と叫んでロシア大使を銃殺

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。