弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

津谷裕貴(つやひろたか)弁護士暗殺事件。 update15

秋田海上保安部の巡視船「でわ」と「りんかい日産建設」とミャンマーとシャブ
西川直哉(にしかわなおや)山口組組長のGJで世界が神戸製鋼に対して制裁を開始w。ラザラス西室泰三が死去。
清原和博氏の“後見人”謎の突然死。静岡県警刑事部長、伊藤博文警視正が首を吊った状態で、斜面に倒れた状態で死亡。近くにロープ。県警本部に始末された?
も参照されたし。

弁護士刺殺の賠償額は1億6千万円 2019/2/13 15:242/13 15:29updated ©一般社団法人共同通信社
 秋田の弁護士刺殺を巡る損害賠償訴訟で、仙台高裁秋田支部が、秋田県と加害者の男に支払いを命じた賠償額は計約1億6480万円。金額は男だけに賠償を命じた一審秋田地裁判決と同額。
回りくどくて意味不明だけど、たぶんこれが真相なのだろ。
【シャブの社内販売デスク】覚醒剤を所持していた増田ルミ子の職場は読売新聞東京本社14階で毎日新聞社常務取締役の妻だったw

ただ、この事件には大きな謎があった。菅原受刑者が剪定ばさみを解体してつくった凶器で、津谷さんを正面から2度刺したとき、妻良子さんの通報で駆け付けた警察官2人がその場に居合わせていた。2人の警察官は一体何をしていたのか。

これに対し、今年10月16日の秋田地裁判決(齋藤顕裁判長、藤田壮裁判官、柳澤諭裁判官)は、県への請求を棄却。原告の弁護団は客観的証拠として鑑定書を提出していたが、判決文はこの鑑定書をほとんど検討しないまま書かれていた。

ーー鑑定の結果はどうだったのか。
「事件当時、津谷さんは寝間着として半袖Tシャツの上にスウェットを着ていました。半袖Tシャツについては肌と密着していますが、スウェットは肌に密着していません。
普通に立っている状態で刺されたとすれば、身体の傷口とスウェットの破れた位置は同じ高さで一致するはずです。しかし、鑑定の結果、スウェットの破れた位置が2つとも傷の位置より下に明らかにずれていました。
左下胸部の傷付近のスウェットの破れは、左下胸部の傷の真下の位置にずれており、これは左右均一にスウェットを両側から釣り上げられた状態で刺されたとすれば、このズレを説明できます。
やはり警官が加担してたのはあきらかだ。秋田地裁、秋田県警、警察庁、…西川直哉山口組組長、でわ、海保、シャブの密輸、ミャンマー、…w。

たぶん三合会(トライアド)と山口組(警察庁、海上保安庁)のシャブ利権抗争なんだろうな。やっぱ尖閣あたりで始末するしかないんじゃね。

現場を目撃したのだから、どんな状況だったのか。警察に暗殺される背景は何なのかを明確にしゃべるべき。
秋田海上保安部の巡視船「でわ」と「りんかい日産建設」とミャンマーとシャブの続き。

2008年8月29日りんかい日産建が更生法申請 ゼネコン破たんで今年最大。
2009年3月関東地方整備局より「災害時の基礎的事業継続力」を備えた企業として認定される。
2009年9月更生計画が認可。
2009年12月新資本金が9億6000万円となる。
2010年9月新資本金が9億9600万円となる。
2010年11月4日

津谷裕貴(つやひろたか)弁護士暗殺事件

2013年6月新資本金が10億1100万円となる。
2013年11月1日海上保安庁秋田海上保安部巡視船「でわ」船長がりんかい日産建設に天下り。←りんかい日産建に注入されたのは海保のカネ?
2013年11月19日横須賀と葉山の海岸にコカイン120キロが流れ着く。末端価格72億円
2013年12月後藤1曹が自殺した隊員を出入り口のハッチに手を掛けさせ、ふたを閉めて手を挟む暴行
2013年12月4日午後日本版NSC発足
2013年12月8日ごろから漁協組合長の自宅周辺で2週間ほど前から不審な車がたびたび目撃
2013年12月19日午前7時頃餃子の王将社長射殺。
2013年12月20日午前8時頃北九州市漁協組合長射殺。現場付近で迷彩服を着た不審な男が目撃される。
2013年12月27日陸自別班が独断で海外情報活動をしていたのニュース
2014年はじめ後藤1曹がいじめた隊員が護衛艦内で自殺。
2014年1月18日韓国で消息絶った内閣府職員が変死、ゴムボートで漂流、北九州市若松区沖の響灘。
2014年3月2日夜アデン港の沖合で「さみだれ」と「さざなみ」がダウ船を救助。
2014年3月18日

秋田海上保安部の巡視船「でわ」の業務管理官(業務管理官は船長に次ぐナンバー2)が旧秋田空港跡地で焼死。

2015年3月18日
↑きっちり1年後。
りんかい日産に60億円融資 政投銀など、更正手続き終了で。三菱東京UFJ銀行と日本政策投資銀行は経営再建中の海洋土木、りんかい日産建設向けに総額60億円の融資をまとめた。
2015年3月りんかい日産建の新資本金が19億5000万円となる。
2015年3月りんかい日産建の更生手続き終結。
2015年4月りんかい日産建がミャンマー営業所、南太平洋営業所を開設。←いきなりミャンマー営業所かよw
2015年6月10日
(H27.6.10)
法務省大臣官房施設課技術企画室長の那花弘行(54)がタイりんかい日産株式会社に社長として天下りw。←タイもかよw
2016年9月15日今治造船は海洋土木のりんかい日産建設を買収した。9月15日付で投資ファンドのアスパラントグループと大和PIパートナーズが保有するすべての株式を取得し、子会社とした。

ふむ、なぜ弁護士が警察に暗殺されたのか関係者は全員その理由を知ってるw。困ったもんですなぁ。

NHK→弁護士殺害 県への請求認めず

秋田 NEWS WEB 秋田放送局 トップ 弁護士殺害 県への請求認めず 10月16日 15時35分
7年前、秋田市で弁護士の男性が、自宅に押し入った男に警察官の目の前で刃物で刺されて殺害された事件をめぐり、警察の対応に不手際があったとして、遺族が県に賠償を求めている裁判の判決で、秋田地方裁判所は「警察官の状況認識に問題があったことは否定できないが、不法行為は認められない」として遺族の訴えを退けました。
7年前の平成22年11月、秋田市の弁護士、津谷裕貴さん(当時55歳)が自宅に押し入った男に刃物で刺されて殺害され、男は去年、最高裁判所で無期懲役の判決が確定しています。
この事件をめぐり、津谷さんの遺族は通報を受けて駆けつけた警察官が犯人と間違えて津谷さんの両腕を取り押さえるなど、警察の対応に不手際があったために殺害されたとして、県などに対して2億円あまりの賠償を求めています。
判決で秋田地方裁判所の齊藤顕裁判長は、「警察官の状況認識に問題があったことは否定できないが、それだけで注意義務違反は認められない。当時の状況では警察官が津谷さんを侵入者と認識したことを非難することはできず、不法行為は認められない」として、遺族の訴えを退け、県に対する賠償の請求は認めませんでした。
一方、受刑者の男に対する請求は認めました。
秋田県警だから県を訴えたのだろうけど、訴える相手は秋田県じゃないw。

秋田)「時間巻き戻せれば、夫助ける」 国賠訴訟が結審 石川春菜2017年6月20日03時00分
結審後、弁護団とともに会見する遺族ら=秋田市山王6丁目 写真・図版
 弁護士の津谷裕貴さん(当時55)が2010年11月、秋田市の自宅で警察官2人が居合わせながら男に刺殺された事件で、遺族が県などに約2億2300万円の支払いを求めた国家賠償請求訴訟が19日、秋田地裁(斉藤顕裁判長)で結審した。判決は10月16日に言い渡される。
 原告は、警察官2人が津谷弁護士を侵入犯と間違えて取り押さえたのが刺殺された原因などとして、「県警の対応は不適切だった」などと主張してきた。一方、被告の県などは「対応に過失はなかった」として請求棄却を求めている。
■私を守ろうとした夫いとおしく
 「これまでの私の思いが、夫にも届くようにお話ししたい」。津谷弁護士が亡くなってから、11月で丸7年。国賠訴訟の裁判が始まってから3年以上経つ。結審の日、妻の良子さん(60)が、一審では最後の意見陳述に立った。
 刑事裁判では、目撃証言の機会が与えられなかった。「実際にあったことがないことにされてしまった」と話し、「真実を明らかにすることは、無念の思いを抱えて亡くなった夫の心情を深く理解する道しるべにもなる」と訴えた。
 「夫が刺される1分前まで時間を巻き戻してもらえれば、今度こそ絶対に夫を助けるのに」。事件後、深い後悔と自責の念に苦しんできた。
 一番つらかったのは、搬送先の…

ソース
411 :名無しピーポ君:2010/12/24(金) 03:07:55
弁護士刺殺「警察発表あまりに違う」と遺族
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101223-OYT1T00730.htm?from=main5

良子さんは「警察官が家に入ってきた時、拳銃はまだ犯人が持っていた。 警察官もそれを見ていたはず。(拳銃を取り上げた)主人が取り押さえられたのはおかしい」と証言。
警察官に取り押さえられた時、「(津谷さんは)『俺じゃない。あっちだ』と叫んでいた」と説明した。

 会見後、良子さんら遺族が自宅を公開し、事件の様子を再現した。県警は27日、 内部での検討結果を県議会で報告する。
(2010年12月23日23時02分 読売新聞)
ソース
2010年12月24日
弁護士刺殺「警察発表あまりに違う」と遺族
 秋田市の弁護士津谷裕貴さん(55)が刺殺された事件で、現場にいた津谷さんの妻、良子さん(53)ら遺族が23日、記者会見し、「県警の発表は私が見たものとあまりにも違う。このままでは主人は浮かばれない」と語った。
 事件のあった11月4日の県警の発表によると、同市の無職菅原勝男被告(66)(殺人罪などで起訴)が拳銃を持って津谷さん方に押しかけ、津谷さんともみ合いになった。津谷さんが拳銃を取り上げたところで、通報を受けた警察官2人が到着、津谷さんを犯人と勘違いして取り押さえた。その後、菅原被告が刃物で津谷さんを刺したとされる。しかし、県警は同25日、「犯人と誤認した」との発表を撤回し、「拳銃という危険物を除去しようとした」と修正した。
 良子さんは「警察官が家に入ってきた時、拳銃はまだ犯人が持っていた。警察官もそれを見ていたはず。(拳銃を取り上げた)主人が取り押さえられたのはおかしい」と証言。警察官に取り押さえられた時、「(津谷さんは)『俺じゃない。あっちだ』と叫んでいた」と説明した。
 会見後、良子さんら遺族が自宅を公開し、事件の様子を再現した。県警は27日、内部での検討結果を県議会で報告する。
(2010年12月23日23時02分 読売新聞)
【良子さんは「警察官が家に入ってきた時、拳銃はまだ犯人が持っていた。警察官もそれを見ていたはず。(拳銃を取り上げた)主人が取り押さえられたのはおかしい」と証言。警察官に取り押さえられた時、「(津谷さんは)『俺じゃない。あっちだ』と叫んでいた」と説明した。】
弁護士暗殺現場を妻が目の前で見ていた。そして妻は「警察発表あまりに違う」と言ってる。

masakikito.com→第1回期日における故津谷弁護士のご遺族(妻良子さん)の意見陳述

意 見 陳 述 書
平成26年1月10日
津 谷 良 子
 私は平成22年11月4日未明,突然自宅に押し入ってきた原勝男に殺害された弁護士津谷裕貴の妻です。
 夫が理不尽な凶刃によって命を落としてから3年余りの月日が経ちました。夫のことを想わない日は一日も無く,事件当時の状況は今でも私の脳裏にたびたび現れてきます。
 私は,事件後,2つの思いを持ち続けています。
 1つは,夫を殺害した犯人を絶対に許すことはできないということ,もう1つは,夫と私が犯人を取り押さえているところに警察官が到着していながら,なぜ夫は殺害されなければならなかったか原因が明らかにされていないということです。
 私と夫は,けん銃を持つ犯人の手を一緒に掴み上げ,犯人が私たちを撃つことができないようにしていました。そこに2人の警察官が入って来ました。
 私は,「助かった」と心の底から安堵し,警察官らが直ちに犯人を捕まえてくれると信じて台所にいました。
 しかし,少しの静寂の後,私が廊下で見た光景は,到底信じられないものでした。何と2人の警察官が夫の腕を両側から万歳させるようにしてつるし上げ,応接室の方に向かって立っていたのです。
 夫は,信じられないような顔をして,「おれは被害者だ!あっちだ!」と体をよじりながら叫びました。私も,「あっちだ!」と叫んで,応接室の中にいる犯人の方を指差しました。そのとき,応接室のドアから刃物の刃先が突き出ているのを見ました。私は,犯人はあっちだと教えているのだし,2人も警察官がいるのだから助けてくれると信じ,台所に下がりました。
 ところが,それから静寂が続き,不思議に思っていると,突然,廊下をものすごい勢いで走る足音が聞こえました。私が,夫の部屋の中を見ると,男性4人が折り重なっており,いちばん下に犯人,その上に2人の警察官,さらにその上に夫が前かがみの姿勢で警察官の背中に手を置いて立っていました。
 その後,夫は,ふらふらと歩いて来て台所の床に倒れ込みました。夫の胸は,血で染まっていました。私は思わず悲鳴をあげました。犯人に刺されたとしか考えられません。とにかく,「大丈夫だよ。がんばれ」と何度も夫に呼びかけ,夫が死なないようにと祈るばかりでした。しかし,夫は搬送された病院で間もなく息を引き取りました。
 私は,「110番をして警察を呼んだばっかりに,夫を死なせてしまった」と自分を許せない後悔と同時に,「なぜ,2人の警察官がいたのに,夫は殺されなければならなかったのか,なぜ,2回も胸などを刺されなければならなかったのか」と,毎日毎日,憤りと悔しさと寂しさに苛まれる毎日を送ってきました。
 それでも,私は,事件直後から,警察に協力しようと,あの日見たままのことを話し,体験した恐怖の一部始終を話してきました。たとえ,警察にとって都合の悪いことでも,きちんと事実を検証し,私たち遺族に説明してくれるものと思っていました。警察の正義を信じていたからです。
 ところが,捜査が進むにしたがい,2人の警察官が私の体験した事実と全く違うことを言っていることを知らされました。警察官らが台所に入って来たとき,私の姿を見なかったと説明しているというのです。
 県警は,県議会の委員会でも,私の存在を無視するように説明を次々と変えていきました。検察庁も,犯人の刑事裁判において,私に事件当時の状況を証言させてくれませんでした。
 事件現場にいた自分の証言が受け入れてもらえないということは大変な苦痛です。
 刑事裁判の場で私たち遺族が事件の全容を解明することは叶わず,この民事法廷が唯一の場となってしまいました。
提訴にあたり,ご恩ある秋田県が相手方となることは痛恨の極みです。
 私は,この裁判で事件の真実を究明することこそが,無念の想いを抱えこの世を去らなければならなかった夫への何よりの供養になるものと思っております。
 県民の命を守るべき警察には,私たちの遺族の想いを正面から受け止めていただき,組織に都合の悪い事実であっても隠し立てせず,どこに問題があったかを明らかにして,県民が心から信頼できる警察になることを切望します。
 裁判官には,「110番をして警察を呼ばなければ,夫は犯人に殺されなかった」と後悔する私のような人間を二度と生み出すことのないような判決を出していただきたいと存じます。どうぞよろしくお願いいたします。
 本日は,意見を述べる場を与えていただき,ありがとうございました。

■人物略歴
すじ・いちろう
 1963年京都市出身。東京大卒業後、86年警察庁に入庁。香川県警本部長や警視庁総務部長などを歴任。趣味の剣道は四段の腕前。愛読書は英国の作家ジョン・ル・カレのスパイ小説。「(自らの経験から)共感できる部分がある」
ん?ジョン・ル・カレ?

ホラッチョ朝鮮戦争かマネロン?w
内閣府キャリア職員の変死体がゴムボートで漂着

筋伊知朗の前任者が西川直哉。


で、西川直哉の秋田・弁護士殺害事件とは…
秋田弁護士殺害事件
【2010年11月4日、A(菅原勝男)が秋田県秋田市の弁護士B(津谷裕貴)宅に…侵入。二人はもみ合いとなり、B(津谷裕貴)がA(菅原勝男)から拳銃を奪取。しかし、到着した秋田県警機動捜査隊の警察官二人は、拳銃を持っていたB(津谷裕貴)を犯人だと誤認。間違ってB(津谷裕貴)を取り押さえて、その隙をついてA(菅原勝男)がB(津谷裕貴)をはさみで胸を刺し、殺害した。 】w

はぁ?暗殺犯が拳銃をもって津谷裕貴宅に侵入。しかし弁護士に拳銃を取り上げられてしまう。警察に通報。警官2人が津谷裕貴を羽交い絞め。その隙に暗殺犯が弁護士を殺害した?

津谷裕貴弁護士刺殺事件まとめ【菅原勝男】
【菅原被告は2011年2月上旬の深夜、秋田中央署の留置所のトイレで、自分の下着を約10cm四方に手で裂いて飲み込んだ。近くにいた署員がうめき声で気付き、菅原被告も吐き出して無事だった】
【…菅原被告が「発作的にやった。2度としない。担当者に迷惑がかかるから言わないでくれ」と懇願、本人も無事だったため報告しなかった。】

警官たちが深夜に犯人役を殺そうとして失敗?w なんなんだ?

毎日→人事 警察庁 県警本部長に西川氏就任へ/兵庫

人事 警察庁 県警本部長に西川氏就任へ /兵庫 毎日新聞2017年7月15日 地方版
行政 兵庫県
 警察庁人事が14日内示され、太田誠本部長(57)は警察大学校長に転任し、後任に警察大学校国際警察センター所長兼警察庁長官官房審議官(犯罪被害者等施策担当)の西川直哉氏(54)が24日付けで就任する。
 西川氏は早稲田大政治経済学部を卒業。1985年4月に入庁、長官官房装備課理事官や兵庫県警刑事部長、静岡県警本部長などを歴任した。【目野創】

警察庁の裏稼業の尻尾を掴んだため、出世街道を爆進ちう?w

2017/7/24 20:28 神戸新聞NEXT 兵庫県警、西川本部長が着任会見 暴力団対策に全力

着任会見に臨む兵庫県警の西川直哉本部長=神戸市中央区下山手通5 拡大
 兵庫県警の西川直哉本部長(54)が24日、県警本部で着任の会見に臨んだ。指定暴力団の山口組、神戸山口組の分裂騒動対策などの課題に対し「組織を挙げて犯罪抑止に取り組む」と抱負を述べた。
 兵庫県警には3度目の配属。警察庁に入庁した1985年、新人の現場実務研修で勤務し、山口組4代目組長の人事を巡る「山一抗争」で発砲事件の現場を経験した。内紛が相次ぐ現在の情勢を「流動的で不安定」と分析し「市民を巻き込まないよう警戒を強める」と力を込めた。
 2003年から1年半、県警で刑事部長を務め、加古川7人刺殺事件や高砂市職員汚職事件の陣頭指揮を執った。95年の阪神・淡路大震災では、配属はしていないが、警察庁の広報担当として県警の広報業務をサポートした。「警察の仕事は犯罪の抑止と犯人検挙。いくらやってもゼロになるわけではない。県全体の治安をよくしていきたい」と語った。
 他にも大阪府警で刑事部長、警務部長、静岡県警本部長なども歴任し、16年8月から警察大学校国際警察センター所長を務めた。(安藤文暁)
警察庁の山口組部隊だw。

シンポジウム「津谷裕貴弁護士の功績と日弁連の課題-津谷裕貴委員長殺害事件を受けて」
【2010年11月4日、当連合会消費者問題対策委員会の津谷裕貴委員長が殺害される事件がおきました。津谷裕貴弁護士は、日弁連が20年来推進してきた2009年9月の消費者庁発足時の委員長であり、消費者被害の救済、中でも不招請勧誘の問題に長年取り組んで来られました。】

不招請勧誘の問題に取り組んでいたら警察に殺されたのかぁ。
【不招請勧誘(ふしょうせいかんゆう)とは、顧客あるいは潜在的顧客の同意、要請、依頼を受けていない状況で行われる勧誘全般を言う。】

amazon.co.jp→実践 先物取引被害の救済 単行本 – 2000/9 津谷 裕貴 (著)
先物取引被害かぁw。

警察庁と海上保安庁のシャブの密輸と裏金とマネロンかぁ。静岡県警刑事部長伊藤博文警視正が始末された理由の背景がぼんやり見えたよーなw。

先物取引被害と山口組とくればこれ。
【パナマ文書】NHKにモサックフォンセカに受信料をテロ資金として貯めこむ指南をしたのは野村證券に天下ってる警察か?w
野村證券とヌドランゲタ(Ndrangheta)。イタリアのアベノミクス #HackingTeam

「不招請勧誘」も劇団型オレオレ詐欺も、バングラディッシュのサイバー銀行強盗と、パチンコ、カジノ、バイナリーオプション取引、自動車税を使ったマネロンの類だ。でも、それだけでは弁護士は警察に暗殺されたりはしないだろう。 津谷裕貴弁護士は警察庁と海上保安庁の裏稼業に気付いてしまったのだ。

すじいちろうGJじゃんw

手製サイレンサーw。ヒットマンかぁ。

マカロフ、手製サイレンサーw

ストーリーが似てるw。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。