弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

愛知県警が収集するDNAデータw

広島中央署の8572万円とマネロンとDNA配列をリアルタイムPCR法で読み込むキットとボコハラム

2019年6月13日 21時38分
DNA保管「法的根拠なく違憲」 名古屋の女性、国を提訴
 警察に取り調べを受けた際に採取されたDNAデータを捜査終了後も保管しているのは、プライバシー権を保障した憲法13条に違反するなどとして、名古屋市の50代の保育士女性が13日、国にデータの抹消と慰謝料150万円を求めて名古屋地裁に提訴した。警察が採取したDNAデータを巡り、保管の違憲性を問う訴訟は異例。
 提訴後、女性は代理人の弁護士を通じ「DNAデータが一生残ることで人生に深い影を落とす」などとするコメントを出した。訴状では「保管を続ける法的根拠はなく、憲法違反だ」などと訴えている。
 採取したDNAをデータベース化して保管、運用している警察庁は「13日中には回答できない」としている。 (中日新聞)

「行方不明の犬の情報を求めるチラシを電柱に貼ったとして、市屋外広告物条例違反容疑で愛知県警天白署に取り調べを受けた。その際、DNAなどを採取された。その後、書類送検されたが不起訴になり、データを消すよう求めたが、削除の連絡はなかった。」w

臓器狩り用途のDNAデータw

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。