弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

「愛知県警の3人の警察官が複数の容疑者に電話で連絡を取っていた」フィリピンの自動車税とカジノを使ったマネロン・ルートを潰されてしまったので、こんどは金塊の密輸でマネロン。なんてわかりやすい警察庁w update5

警察庁が全国ATMから14億円引き出しスピン事件のシナリオに失敗する。バングラディシュのサイバー強奪でテンパってるのか。
広島中央署の8572万円とマネロンとDNA配列をリアルタイムPCR法で読み込むキットとボコハラム。
の続きに違いないw。

マニラのカジノでガソリンが撒かれて34人死亡。SITEはイスラム国™の犯行だと言ってる。カジノ・ルートを潰されたので金塊だったのかぁ。

フィリピンの自動車税とカジノを使ったマネロン・ルートを潰されてしまったので、こんどは金塊の密輸でマネロンw。なんてわかりやすい警察庁。

フィリピンの自動車税とカジノを使ったマネロンルートに元財務省の税務専門家がM4アサルトライフルを装備してカジノに突入。マネロン・ラインが絶たれてしまうw。
「ちっきしょー。今まではパソコンでネット送金するだけだったのに、これからは金塊にして密輸することになるのか。めんどくせぇ。バングラデシュから強奪に成功したのは8千万ドル。これを金塊にして密輸。気がとおくなるぜ。」ってかw

金1グラムの買い取り価格は4863円。
バングラデシュからの強奪に成功したのは8千万ドル。
1ドル=110円で88億円。
880000*10000/4863=1809582.5622グラム=約1810キロ=約1.8トン。
1.8トンかぁ。今回、全国で起きた金塊の密輸の総量くらいかw
キエフから強奪した金塊は33トンだったから大した事ないのかも。

「金で警官買っていた」 金塊盗愛知県警漏えい 知人通じ捜査情報 主犯格供述「小遣い5万-10万円」 2017年12月2日 6時0分 西日本新聞
 福岡市のJR博多駅近くで昨年7月に約7億6千万円相当の金塊が盗まれた事件で、主犯格の野口和樹被告(42)=窃盗罪で起訴=が、捜査情報を無料通信アプリLINE(ライン)で漏らしていた疑いがある愛知県警の警察官について「(知人男性が)金で買っている警察官で、うそはつかないと聞いていた」などと話していることが1日、関係者への取材で分かった。野口被告は愛知県警の事情聴取にも同趣旨の供述をしているという。
 西日本新聞は、この警察官が野口被告の知人男性に送ったとみられるLINEの画像を入手。送信時期は3月で、送信者欄には警察官の名字と県警の所属先が記されていた。警察官は男性を「会長」と呼び、「九州の件で近々お話しがありました!!」「やはり会長の言われたとおりでした。愛知やってました」「しかもかなり色々ヤバそうですね」(表記は原文のまま)と書かれていた。
 関係者によると、男性からLINE画像を受け取った野口被告は、さらに捜査情報を探るよう指示。その後、この警察官の情報として男性から「福岡県警が50人態勢で入っている」と伝えられたという。このやりとりがあった数日後、福岡県警は東京都内などの関係先を家宅捜索していた。男性と警察官はその後も連絡を取り合っていたとみられ、特定の月日を挙げて「逮捕されるらしい」とも知らせてきたという。
 男性は野口被告に「金を渡して情報を買っている警察官で、信用できる」などと説明。野口被告は「5万円とか、10万円の小遣いを渡していたと聞いた」と話しているという。
 野口被告は11月30日に福岡地裁であった勾留理由開示手続きで、福岡県警が通信傍受を実施する時期などの捜査情報を別の警察官からも聞いていたと証言。愛知県警は地方公務員法(守秘義務)違反の疑いがあるとみて、野口被告を聴取するなど捜査を進めている。
 起訴状などによると、野口被告らは昨年7月8日、警察官を装って被害者から約160キロの金塊などが入ったケースを盗んだとされる。
=2017/12/02付 西日本新聞朝刊=

沖縄で「金」密輸事件が過去最多 その背景は? 2017年6月4日 16:00
 「金」を密輸したとして沖縄地区税関が2015事務年度(15年7月~16年6月)に処分した件数14件と脱税額約4800万円がいずれも過去最多となったことが、同税関への取材で分かった。
プライべートジェット機で金地金約110キロを密輸したとして、2016年6月に暴力団関係者らが逮捕された=沖縄地区税関提供
 関係者は、国内で売却し消費税分をもうける手口が増加していると指摘。組織的な密輸の実態や悪質性がなければ、覚醒剤などの密輸と違い「低リスク」で、罰金を払う行政処分だけで済み、逮捕はされずに金も返却される。
 15事務年度に処分された14件のうち、関税法違反で告発されたのは1件のみ。残りは通告処分で罰金の支払いだった。内訳は日本人が最多の13人、香港3人、韓国2人で、すべて那覇空港で発生した。
 16年11月末には、石垣港で外航クルーズ船に乗った台湾人の男女が金塊15キロを密輸。港を経由した密輸が増加傾向にあるという。
 警視庁や県警は16年6月、マカオから那覇空港に着陸したプライベートジェット機から金約110キロ(約4億8千万円相当)が見つかったとして、関税法違反(無許可輸入未遂)などの疑いで暴力団関係者らを逮捕。以降、空港での取締が強化されていることから、密輸手段が旅客機からクルーズ船へ移行しているとし、取締を強化している。

金密輸増加の背景:消費税分の利ざやが目的
 金の密輸増加の背景には、14年4月の8%への消費税増税がある。本来「金」は輸入が禁止されておらず、海外から持ち込む際は申告し、消費税などを納めれば違法にならない。密輸の場合、元値に消費税8%分を上乗せした額で売却でき、その分が「利ざや」になる。金1キロの相場は約400~450万円で、もうけは32~36万円になる。
 今後、消費税が10%に上がれば、利ざやはさらに増える。税関幹部は「薬物密輸と違って罪の意識が低く、旅行のついでに、数万円の成功報酬で安易に『運び屋』を引き受けている可能性がある」と危機感を強める。県警捜査幹部は、暴力団などの組織犯罪グループが「しのぎ」として、国内への持ち込みが禁止されている覚醒剤などの「ハイリスク」な密輸から「金密輸」に移行している可能性がある、と見ている。
 金の密輸は全国的に増加。15事務年度に全国で発生した金の密輸事件は294件で前年度比1・7倍に増加。脱税額は約6億1千万円(同2・6倍)で、いずれも過去最高を記録した。金をからだに巻き付けるなどして密輸したケースが最多の176件だった。
「組織的な密輸の実態や悪質性がなければ、覚醒剤などの密輸と違い「低リスク」で、罰金を払う行政処分だけで済み、逮捕はされずに金も返却される。」w

警察庁が密輸してる金塊てマイダンクーデターの時キエフから強奪した33トンのことかと思ったけどw…
たぶんフィリピンのカジノを使ったマネロンルートを絶たれたのが原因だろう。

またこの話が進行してるのかw。
日中戦争を起こせなければ財政の崖から落ちる人々

いよいよテンパってきた福岡県警(工藤会)と愛知県警(山口組弘道会)。
暴力団の解体は警察組織の解体に他ならないw。

いざとなったら御立派なケーサツ本部の建屋を担保にカネを借りるんだな。(どこから?

福岡・博多の金塊盗難 警官3人、容疑者と連絡 暴力団捜査経験者 愛知県警 毎日新聞2017年6月3日 東京夕刊
 福岡市博多区で昨年7月、警察官を装った男らに7億6000万円相当の金塊が盗まれた事件で、愛知県警の少なくとも3人の警察官が逮捕前の容疑者側に捜査情報を漏らした疑いがあることが、捜査関係者らへの取材で分かった。いずれも事件の捜査には直接関わっていなかったとみられる。福岡、愛知両県警はこれらの警察官と容疑者側との関係や具体的なやりとりについて調査している。
 捜査関係者らによると、福岡県警は今年に入って通信傍受法に基づき容疑者側の携帯電話の通話内容を傍受していた。その過程で、愛知県警の少なくとも3人の警察官と話していたことが判明。その内容などから、福岡県警が3月上旬に東京都内の容疑者の関係先を家宅捜索する情報などが事前に漏れていた可能性もあるという。3人は組織犯罪や暴力団の捜査経験があり、現在は警察署などで勤務している。
 また、福岡県警が傍受した容疑者の中には事件の首謀者の一人とされる野口和樹容疑者(42)が含まれていた。少なくとも今年3月2~10日に計47回にわたり携帯電話の会話を傍受していた。通話相手の大半は事件で逮捕された別の容疑者や知人だったが、氏名不詳者との通話も計10回あった。【宮崎隆、柿崎誠】

捜査情報入手、容疑者が示唆 示談交渉で
 野口和樹容疑者の実兄で事件のもう一人の首謀者とみられる直樹容疑者(43)は、被害者側に示談金を払うことを条件に被害届を取り下げるようもちかけた際、警察の捜査が迫っていることを強調して交渉を進めようとしていた。毎日新聞が関係者から入手した音声データには、直樹容疑者が示談交渉で「警察にマークされている」と話し、捜査情報を得ていることをうかがわせる発言をしていた。
 関係者によると、音声データは2本あり、3月上旬と同月中旬に分けて録音されたとみられる。いずれも直樹容疑者と被害者側代理人と称する人物2人が電話で示談交渉する様子が記録されている。 1本目のデータでは、直樹容疑者とみられる人物が「警察にマークされている。現時点で1000万円しか用意できていない」と示談金額を提示。代理人とみられる人物は頭金を払えば示談に応じる姿勢を示している。
 2本目では、直樹容疑者とみられる人物が「実行犯だけで(事件を起こすことは)不可能。リーク情報でやった仕事だ」と主張。金塊の取引情報を漏らした情報提供者を教える代わりに示談に応じるよう提案。代理人とみられる人物は「情報をもらって『本当の加害者』への(被害金の)請求につながれば(裁判で)情状酌量に協力する」と応じている。

博多金塊盗難 愛知で不良集団率いる…逮捕の野口容疑者 毎日新聞2017年5月23日 15時00分(最終更新 5月23日 15時00分)
昨年7月に高額の金塊が強奪される事件があった現場=福岡市博多区博多駅東で2017年5月22日、上入来尚撮影
 福岡市博多区で昨年7月に警察官を装った男らに7億5000万円相当の金塊が盗まれた事件で、窃盗容疑で逮捕された名古屋市千種区池下町2、会社役員、野口和樹容疑者(42)が愛知県を拠点とする不良グループのリーダー格だったことが23日、捜査関係者への取材で分かった。高級車などを対象に窃盗を繰り返して逮捕されたこともあり、福岡、愛知両県警は野口容疑者が独自のネットワークで事前に金塊取引の情報を得て事件を主導したとみて調べている。
 捜査関係者によると、野口容疑者は土木会社役員を務めながら不良グループを率い、暴力団との関わりもあった。高級車盗やカー用品店荒らしなどで逮捕されたことがあり、素行不良者として愛知県警もマークする存在だった。今回も不良グループ仲間らを集めて実行したとみられる。
 また、野口容疑者らは事件後1週間以内に盗んだ金塊160キロのうち90キロを東京都内の貴金属店に2回に分けて計約4億3000万円で売却。その大半を実行役で山分けしていた。一部は売却の際に税務署への届け出が不要な法人間の取引を装うために法人名義を貸してくれた都内の別の貴金属店側に謝礼として渡していた。
 事件は昨年7月8日午前9時半ごろ発生。福岡市博多区博多駅東1のビル1階で、警察官風の服を着た男らが貴金属会社役員の男性(38)らに「警察、警察」などと声をかけ、男性が売却するために持っていた金塊160キロなどが入ったアタッシェケースを調べるふりをして車に積み込んで逃走した。
 また両県警は23日、新たに名古屋市中区栄5、自称会社員、内田拓海容疑者(24)を窃盗容疑で逮捕した。逮捕者は7人になった。逮捕状を取った残る3人の行方を追っている。【宮崎隆】
警察官を装ったてw、警察官だったんだろ。
小遣い稼ぎの主婦にも半グレにも警官を装うことはできない。
朝鮮人スピンが涌いてる。韓国は経由しただけだった。小遣い稼ぎで主婦が金塊密輸するか?w。半グレなのかヤクザの組なのか知らんが、犯人集団に愛知県警の刑事3人が連絡しまくってる。

博多金塊盗難 「事件1週間前に下見」 情報真偽確認か 毎日新聞2017年6月2日 02時36分(最終更新 6月2日 02時36分)
野口和樹容疑者=フェイスブックから
 福岡市博多区で昨年7月、警察官を装った男らに7億6000万円相当の金塊が盗まれた事件で、窃盗容疑で逮捕された首謀者とみられる野口和樹容疑者(42)らが「事件の1週間前に下見した」と話していることが1日、接見した弁護士への取材で分かった。
 下見で金塊取引業者とみられる人物が事前の情報通りに行動したことを確認し、情報提供者を信頼して事件に及んだとみられる。福岡、愛知両県警も同様の供述を得ているとみられ、詳しい経緯について調べている。
 弁護士らによると、和樹容疑者らは事件の1週間前に現場近くを下見していた。その際、窃盗容疑で逮捕された中垣龍一郎容疑者(40)から金塊取引業者とみられる人物の車の特徴や到着時間などの情報を事前に聞いたが、ほぼ情報通りに事態が推移したという。
 中垣容疑者は「刑務所で知り合った人物から金塊取引情報を聞いた」などと説明。この情報を基に和樹容疑者らが昨年7月8日午前9時半ごろ、福岡市博多区のビル1階で金塊160キロを盗んだ疑いが持たれている。
 一方、和樹容疑者らは「換金した現金のうち2億~2億5000万円を金への投資に使った。配当はなく元本も返ってきていない」と話していることも分かった。事件から約1カ月後に面識のない人物から持ちかけられたという。【柿崎誠】

金塊盗難 愛知県警の警察官が容疑者に「福岡から警察が来る」 6月3日 6時27分
去年7月、福岡市でおよそ7億5000万円分の金塊が盗まれて名古屋市の男など10人が逮捕された事件で、愛知県警の警察官が逮捕前に容疑者と連絡を取り、「福岡から警察が捜査に来る」などと話していたことが捜査関係者への取材でわかりました。愛知県警は捜査に関する情報が漏れていた疑いもあると見て調べています。 去年7月、福岡市の博多駅前で、貴金属取引会社の男性らが運んでいたおよそ7億5000万円分の金塊がアタッシェケースごと盗まれた事件では、先月、名古屋市の会社役員、野口和樹容疑者(42)など合わせて10人が逮捕されました。
この事件をめぐっては、福岡県警察本部が法律に基づいて逮捕される前の容疑者らの携帯電話での通話を傍受していたところ、共同で捜査していた愛知県警の3人の警察官が複数の容疑者に電話で連絡を取っていたことが明らかになりました。
連絡を取っていた時期は、容疑者の関係先の捜索を行ったことし3月ごろで、捜査関係者によりますと警察官は容疑者に対し、「福岡から警察が捜査に来る」などと話していたということです。
愛知県警は捜査に関する情報が容疑者側に漏れていた疑いもあると見て、詳しい通話内容などを調べています。
警察官から聞いた話を容疑者間で共有
複数の容疑者と接見した弁護士によりますと、野口和樹容疑者は「以前から知り合いだった愛知県警の警察官から、容疑者として名前が挙がっていると聞いた。一方、自分からは別の事件に関する情報を警察官に提供していた」という内容の話をしているということです。 また、複数の容疑者が警察官と電話でやり取りし、警察官から聞いた話を容疑者の間で共有していたということです。

博多金塊盗難 捜査情報漏えいか…愛知県警警官、容疑者に 毎日新聞2017年6月2日 11時12分(最終更新 6月2日 11時32分)
昨年7月に高額の金塊が強奪される事件があった現場=福岡市博多区博多駅東で、上入来尚撮影
 福岡市博多区で昨年7月、警察官を装った男らに7億6000万円相当の金塊が盗まれた事件で、愛知県警の複数の警察官が逮捕前の容疑者側に捜査情報を漏らした疑いがあることが2日、捜査関係者への取材で分かった。福岡県警が捜査で容疑者らの携帯電話を通信傍受している過程で判明した。捜査対象になっていることや家宅捜索の予定などが漏れた可能性もあり、福岡、愛知両県警が事実関係の確認を進めている。
<博多の金塊盗難>容疑者、愛知で派手な生活
<博多金塊盗難>闇ビジネス解明へ 相次ぐ事件、密輸横行
<相次ぐ金塊密輸>「動くなーっ」漁港緊迫 変装の捜査員一網打尽
<別の事件>主婦仲間と金塊30キロ密輸 韓国籍の女ら5人逮捕
<盗まれた「金」は戻るのか> 造幣局提訴 質店「横領品だから」

 捜査関係者によると、福岡県警は今年に入って通信傍受法に基づいて容疑者側の携帯電話の通話内容を傍受していた。その過程で、愛知県警の警察官とみられる複数の人物が容疑者側と会話していることが判明した。福岡県警は愛知県警にこのことを伝えている。
 窃盗容疑で逮捕された首謀者の一人とみられる野口直樹容疑者(43)は今年3月、被害者側に示談金計1億5000万円を示した上で被害届を取り下げるよう持ちかけていた。福岡県警は、野口容疑者らが愛知県警の警察官からの情報提供で自分たちが捜査対象になっていることを知り、示談に持ち込もうとした可能性もあるとみて調べている。
 通信傍受は他の捜査手法では容疑者を特定できない場合などに限定し、裁判所の令状に基づき電話や電子メールなどを傍受できる。2000年8月の通信傍受法施行時の対象犯罪は薬物犯罪や組織的殺人など4類型だったが、法改正を受け昨年12月から詐欺や窃盗など9類型が加わっている。
 事件は昨年7月8日午前9時半ごろ発生。福岡市博多区博多駅東1のビル1階で、警察官風の服を着た男らが貴金属会社役員の男性らに「警察、警察」などと声をかけ、男性が売却するために持っていた金塊160キロなどが入ったアタッシェケースを調べるふりをして車に積み込み逃走した。
 愛知県警では13年9月、指定暴力団山口組弘道会と密接な関係にあった風俗店グループの実質経営者に捜査情報を漏らしたとして、殺人事件などを担当する捜査1課の警部が地方公務員法(守秘義務)違反容疑で逮捕される事件もあった。【宮崎隆、柿崎誠】

金塊密輸事件 数日前に漁港を下見か 6月2日 13時29分
佐賀県唐津市の漁港に200キロ余りの金塊とみられる積み荷を密輸したとして1日に逮捕された8人のうち数人が、事件の数日前に現場の漁港に来ていたことがわかり、海上保安本部などは、金塊を陸揚げするため人目につきにくい港を選んで下見をしていたとみて調べています。 佐賀県唐津市の名護屋漁港に小型船を使っておよそ206キロの金塊とみられる積み荷を密輸したとして、1日、船長で長崎県壱岐市の齋藤靖昭容疑者(49)ら日本人と中国人合わせて8人が関税法違反の疑いで逮捕され、2日、検察庁に送られました。
金塊が本物ならおよそ10億円分に相当し、税関が鑑定したところ、これまでに一部が本物と確認されました。
また、逮捕された8人のうち日本人数人が、事件の数日前に現場の漁港に来ていたことが、海上保安本部などの調べでわかりました。 海上保安本部などは、東シナ海の公海上で中国から来た別の船と取り引きされた金塊を陸揚げするため、男らが人目につきにくい港を選んで下見をしていたとみて調べています。
佐賀県も関与してるw。文科省のサイバーテロ部隊かぁ。ランサムウェアと仮想通貨(MUFGコイン)に失敗したので次は金塊だなw。
文科省とケーサツがサイバーテロリストのスカウト・キャラバンをはじめる。36才の美人副町長は二代目47氏を見つけることができるのか?
【ギフハフ団】世界150ヶ国で20万台のPCが同時にランサムウェア攻撃され身代金をビットコインで要求される。ビットコインをMUFGコインに換金してP2Pでマネロン?土人政府がミサイルでスピンw

2017.6.2 17:34 佐賀でも金塊密輸…206キロ、10億円相当に 1回の押収では過去最大
【金塊窃盗・密輸】 北九州市の門司税関で報道陣に公開された、押収された金塊=2日午後
 佐賀県唐津市の港で金塊とみられる積み荷約206キロが密輸された事件で、捜査当局は2日、全量を金塊とほぼ断定した。確定すれば、1回の押収量としては過去最大で、約10億円相当。金塊の精錬業者や品質などを示す刻印が削られていたことも判明。第7管区海上保安本部(北九州市)などは証拠隠滅を図ったとみて調べを進めている。
 押収された金塊は同日、門司税関(北九州市)で報道陣に公開された。縦11センチ、横5センチ、高さ0・9センチの1枚約1キロの延べ板で、206枚あった。数枚を純金と確認しており、残りの延べ板についても重さなどがほぼ同じのため、全て純金とみられている。
 7管本部などは2日、関税法違反(無許可輸入)容疑で逮捕した船長の斎藤靖昭容疑者(49)や中国人の男ら8人を送検した。

佐賀・金塊密輸事件 ほとんどが刻印消されたような跡 6月2日 18時56分
佐賀県唐津市の漁港に200キロ余りの金塊と見られる積み荷を密輸したとして8人が逮捕された事件で、押収されたもののほとんどに、刻印が消されたような跡があることがわかりました。海上保安本部などは、密輸することを目的に入手ルートが特定されないよう刻印が消されたと見て調べています。 佐賀県唐津市の名護屋漁港に小型船を使って、およそ206キロの金塊と見られる積み荷を密輸したとして1日、船長で長崎県壱岐市の齋藤靖昭容疑者(49)ら日本人と中国人合わせて8人が関税法違反の疑いで逮捕され、2日、検察庁に送られました。
押収された金塊と見られる積み荷は、重さがおよそ1キロの延べ板が206点あり、20点ずつ手提げバッグに入った状態で、プラスチック製のケースに詰められていました。 税関の鑑定で一部が金塊と確認され、残りも本物だと見られるということです。
正規に取り引きされる金塊には、販売した業者の商標や通し番号などが刻印されていますが、海上保安本部によりますと、今回押収したもののほとんどに、刻印が消されたような跡があったということです。
海上保安本部などは、密輸することを目的に入手ルートが特定されないよう刻印が消されたと見て調べています。 事件に使われた小型船は 青森県などによりますと、事件に使われた小型船「第三十六旭丸」は、昭和60年代からおよそ30年間、イカ釣り漁船として、青森県大間町の「奥戸漁業協同組合」に所属していました。
去年、船の所有者が亡くなり、家族の意向で手放されることになり、漁協の仲介で岩手県にある船の販売会社が買い取りました。
会社によりますと、去年8月ごろ、逮捕された齋藤容疑者が現金1000万円を持って会社を訪れ、「マグロ漁をやりたいからすぐに船を買わせてくれ」と打診してきたということです。
買い取った際に本人が示した書類の住所は、現在の長崎県壱岐市でなく、青森県むつ市になっていたということです。

佐賀金塊密輸 海保、船長らを約1カ月監視 06/03 12:34
佐賀・唐津市で10億円相当の金塊が密輸された事件で、海上保安庁が、少なくとも1カ月以上前から、逮捕された密輸グループの船長らの行動を監視していたことがわかった。 船長が暮らしていたという長崎・壱岐市勝本町。
この漁港でも、船長の船が、たびたび住民に目撃されていた。
この事件は、5月31日、佐賀・唐津市の漁港で、小型船に隠した金塊206kgを密輸した疑いで、長崎・壱岐市の船長・斉藤靖昭容疑者ら8人が逮捕されたもの。 その後の取材で、海上保安庁は、壱岐市に捜査の拠点を構え、斉藤容疑者らが密輸を行うまでのおよそ1カ月間、行動を監視していたことがわかった。 斉藤容疑者を知る人は、「友達を待っていると。友達が来たら、また出ると」、「『どこから来た?』と聞いたら、青森と(言われた)」などと話した。 海上保安庁などは、斉藤容疑者らが、海の上で別の船から金塊を受け取り、密輸しようとしたとみて調べている。 (テレビ西日本)
どんなにそれっぽいストーリーを組み立てても、最後に愛知県警の3人の刑事がブチ壊してしまうのさw。

金塊密輸の女たち「小遣いが稼げる」 6/1(木) 18:38配信 CBCテレビ
 金塊を密輸しようとした疑いで、愛知県に住む韓国籍の主婦ら5人が、1日、逮捕された事件。
 5人は動機について、「韓国に遊びに行けるし、小遣いも稼げる」と話していることがわかりました。
 押収されたおよそ1億3000万円分の金塊。
 税関の職員が密輸を見抜きました。
 「容疑者らは、下着の内側にポケットをつくり、金塊を入れて密輸していました」   (横山記者)
 逮捕された韓国籍で岡崎市に住む李芳子容疑者(66)ら5人は、去年12月、重さおよそ30キロの金塊を、韓国の仁川空港で受け取り、中部空港から密輸しようとした疑いがもたれています。
 「これくらいの大きさで1キロなので、色々な所に隠せる。  10個だと、400万円くらいの利益が生まれる」   (中部空港税関支署 藤田幸則広聴官)
 金塊は、密輸すると輸入の際にかかる消費税を逃れることができ、消費税が8%に上がった3年前から増加。
 5倍以上に増えています。
 警察によりますと、逮捕された李容疑者ら5人は主婦仲間で、別の人物が香港で買い付けた金塊を、韓国で受け取った「運び屋」だったと見られています。
 「李容疑者は、こちらのブティックを夫とふたりで経営し、韓国人の友人がよく訪れていたということです」   (江南記者)
 「結構、地元の韓国に帰っていて、行ったり来たり。仕入れに行っていた。  お店に行くたびに『行ってきた』とか『行く』とか話していた」  「金がないので困っているとよく言っていた」   (李容疑者の近所の人)
 5人は、容疑を認めているということで、動機について、「韓国に遊びに行けるし、小遣いも稼げる」と話し、無料通話アプリのラインを使って連絡を取り合っていたということです。
 密輸した金塊は、総額10億円に上るとみられ、警察は、この事件の指示役で韓国籍の55歳の女を、国際指名手配する方針です。
小遣い稼ぎw

朝鮮人がぁスピンが涌いてるけど、韓国は経由しただけなのさw。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。