弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

アサツー ディ・ケイ元幹部がインサイダー取引で告発されるw。BCGのベインが大紀元のボコハラム・フィクションを上海で現実化しようとしてたらインサイダー取引で後ろから撃たれたらすいw update7

広告大手アサツー元役員を告発 TOBでインサイダー疑い
 米投資ファンドによる広告大手アサツーディ・ケイ(東京都港区、ADK)の株式公開買い付け(TOB)を巡り、未公開情報を基に株を大量に買い付け、知人にも購入を勧めたとして、証券取引等監視委員会は30日、金融商品取引法違反(インサイダー取引、情報伝達・取引推奨)の疑いで、同社の土屋誠元執行役員(63)=東京都=を東京地検に告発した。
 監視委は、認否を明らかにしていない。
 ADKは非上場化に向けて、米投資ファンドのベインキャピタルと協議を進め、ベイン社が昨年10月にTOBを公表した。
共同通信
2018/10/30 19:43

アサツー ディ・ケイ元幹部 インサイダー取引などの疑いで告発 2018年10月30日 18時37分
大手広告代理店「アサツー ディ・ケイ」の元執行役員が、TOB=株式の公開買い付けをめぐる公開前の内部情報をもとに他人名義で8200万円分の株を買い付けたなどとして、証券取引等監視委員会は元執行役員をインサイダー取引などの疑いで刑事告発しました。
告発されたのは東京 港区にある大手広告代理店「アサツー ディ・ケイ」の土屋誠元執行役員(63)です。
証券取引等監視委員会によりますと、土屋元執行役員はアメリカの投資ファンドが「アサツー ディ・ケイ」を完全子会社化するために行ったTOB=株式の公開買い付けの公表前の内部情報をもとに、去年9月、他人名義でおよそ8200万円分の株を買い付けたり知り合いに株の買い付けを勧めたりした疑いがあるということです。
TOBでの買い付け価格は、直近3か月の終値の平均値より24%高い1株当たり3660円に設定されていて、関係者によりますと、元執行役員は1000万円を超える利益を不正に得ていたということです。
このため監視委員会は30日、インサイダー取引などの疑いで東京地検特捜部に刑事告発しました。
関係者によりますと、元執行役員は監視委員会の調査に対し不正を認めているということです。

ADK、中国越境EC店舗運営とデジタル広告事業を専門とするADK Digital Technologyを設立。10月30日より本格稼動を開始
中華人民共和国における現地法人(子会社)設立のお知らせ
株式会社アサツー ディ・ケイ 2018年10月25日 11時00分

株式会社アサツー ディ・ケイ(本社:東京都港区、代表取締役社長:植野伸一、以下ADK)は、現地法人(子会社)として中華人民共和国(以下 中国)に、中国越境EC店舗運営とデジタル広告事業を専門とする「上旭(上海)网络科技有限公司(ADK Digital Technology)、(総経理:池 満博)」を設立し、 10月30日より営業を開始いたしますので、お知らせいたします。
先日、10月23日に中国の巨大ECモールである京東(ジンドン)が出資する唯一の日本企業、株式会社フランクジャパンに当社が出資したことを発表いたしました。越境ECにおけるフランク社のノウハウや京東との人的ネットワークを活用するだけでなく、自社内に越境EC店舗の運営ノウハウを貯め、専任者を配置することで、本格的に中国越境EC市場に挑戦していきます。
【トピックス】
デジタル広告事業とEC事業を柱とした新会社「上旭(上海)网络科技有限公司(ADK Digital Technology)」を設立し、営業を開始した。
●中国越境EC市場は成長しており、更に中国のEC購買比率は20%でのびしろがある。
●これまで日系総合広告代理店の事業領域外だった、EC店舗運営、モール内販促、物流、カスタマーサービスといった中国EC事業全体のサービス提供が可能になった。


【設立の背景と目的】
経済産業省の発表によると、中国消費者の日本事業者からの越境EC購入額は、1兆2,978億円(前年1兆366億円、前年比25.2%増)(※1)にのぼり、世界の中で、中国消費者による越境EC購入額の拡大が目立っています。また、2017年の中国におけるインターネット広告市場が約130兆円規模まで達し、毎年20%の成長率を維持しています。一方で、購買のEC比率は人口の約20%に留まっており、その拡大余地の大きさから、引き続き注目を集めています。
さらなる成長が見込める中国での越境EC市場において、ADKは、かねてより主要事業として注力していたADK中国(上海旭通広告有限公司、旭通世紀(上海)有限公司 等)のデジタル広告部門を独立させ、新しくEC運営機能を追加し、デジタル広告事業とEC事業を柱とした新会社を中国上海に設立しました。
ここ数年で中国小売市場はEC化とデジタル化が進み、中国人消費者の購買行動は常に変化しており、従来の広告代理店が提供するマーケティングサービスでは対応できないことが増えています。一方、クライアントも単なる認知獲得やブランディングに留まらず、投入したマーケティングコストに対して、どれぐらい商品が売れたかのROI(投資効率)を厳しく要求されるようになりました。
今回、新会社設立によって、これまで広告代理店の事業領域外であった、EC店舗運営、モール内販促、物流、カスタマーサービスといったEC事業関連領域をカバーすることが可能になりました。元アリババの運営経験者を採用し、既存のデジタル広告運用、SNS運用担当と協同することで、ECモール内外の中国マーケティングをシームレスにワンストップで対応できるような体制を整えました。また、ADK本社と連携することで、訪日中国人が日本で商品を購入した後、中国に帰国して越境ECでリピーターになるという「インバウンド×越境EC」のエコシステム構想を提案、実施できるようになりました。既に食品会社、健康食品会社、製薬会社に代表される企業から引き合いを頂いております。
(※1) 出典:「平成29年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」
http://www.meti.go.jp/press/2018/04/20180425001/20180425001-1.pdf

【ADKの越境ECにおける取り組み】
2016年
・ADK中国でECプロジェクトタスクフォース始動
元Alibaba社員のChristy氏をアドバイザーとして招へい
2017年
・中国におけるECプロジェクト本格始動に伴い、ADK本社にてDIC中国室としてを組織化
2018年
・9月 デジタル広告事業とEC事業を柱とした新会社、上旭(上海)网络科技有限公司を設立
・10月 京東が唯一出資する日系EC運営企業、フランクジャパンに出資。上旭(上海)网络科技有限公司営業開始

【会社概要】
会社名 : 上旭(上海)网络科技有限公司
董事長 : 西塚智生
董事総経理 : 池 満博
事業内容 : 中国におけるEC運営サポート、デジタルを中心とした広告事業
資本金 : 6500万円(将来的に増資予定有り)
設立 : 2018年9月7日
所在地 : 中国 上海市


【総経理コメント】
中国でのEC市場が一般化して久しいですが、これまでは広告業の枠の中での対応に留まっていたことで、クライアントが本当に困っている販売現場の問題に関しては触れることができず、もどかしい思いがございました。ADK本社が「従来型の広告ビジネスの枠を超え、消費者の行動を喚起し、広告主の収益に貢献する、コンシューマー・アクティベーション」を掲げる中、広告業という従来の枠にとらわれず、中国市場でクライアントのブランド育成、売上げ拡大に貢献をするために必要な業務を求めた結果、EC運営の着手に至りました。EC運営事業に着手することで、これまでのマーケティング業務だけでなく、その前の、プラットフォームの内部事情の把握と連携、物流、購買システムの把握と事業全体を支援させていただけるようになりました。本当に売れる商品かどうか?等、これまで以上に商品開発や商品特性を意識しながら、価格設定や、販売に直結すべく、広告業の範囲を越えて、クライアントの中国事業全体をサポートさせていただきたいと思います。

【総経理 略歴】
氏名 :池 満博 いけ みつひろ

総経理 池 満博

略歴
1995年4月 :株式会社 旭通信社(現アサツー ディ・ケイ) 入社 国内自動車メーカー担当の営業職として、メディア、プロモーション、マーケティング領域を経験後、
2006年1月:中国 上海に駐在。ADK上海現地法人にて、電子メーカー、自動車メーカー、食品等日系・中国系20数社の営業責任者、副総経理を経験後、2017年から中国デジタル部門を統括。
2018年9月 :上旭(上海)网络科技有限公司を設立
ADK上旭(上海)网络科技有限公司オフィス

なにやら上海で始めようとしたらインサイダーで告発されたのかw。

アサツーDK社長:TOB結果に関わらずWPPと提携関係解消へ 黄恂恂、Min Jeong Lee
2017年10月18日 16:30 JST 更新日時 2017年10月18日 17:57 JST
ベインの提示した買い付け価格、「安いとは思っていない」
提携関係の解消後に業績悪化すれば社長辞任する覚悟
米投資会社ベインキャピタルによる株式公開買い付け(TOB)が行われている国内広告3位のアサツーディ・ケイ(DK)は、結果に関わらず筆頭株主で世界広告最大手の英WPPとの提携関係を解消させる意向だ。約20年間の提携関係の中でメリットを見いだせなかったことなどが背景にある。
  アサツーDKの植野伸一社長は18日のインタビューで、「われわれはWPPにマジョリティーを持たれている子会社ではない」とした上で、過去の協業の中では「彼らが自らの利益を優先してくるところが大きくあった」と指摘。TOBの結果に関わらず提携関係の解消を模索する考えを示した。またベインからの提案を受ける以前の、社長就任の翌年の2014年からWPPと資本提携関係の解消に向けた議論を進めていたことも明らかにした。
英WPPはアサツーDKのボコハラム部隊から離脱w

東芝と同じく敗戦処理されたはずのADKが再び叩かれるw

「BCGキャピタルになった」ボストン・コンサルティング・グループの出身者がファームのメンバーに多くなってきたという意味w。
baincapital.co.jp→チーム|BainCapital

$ grep ボストン */*
172/index.html:<p><span>ボストン・コンサルティング・グループ東京・北京事務所にて国内外企業のコンサルティングに従事。主にハイテク・通信・メディア・エネルギー等の業界に対 して事業戦略立案、新規事業立上支援、<span lang="EN-US">M&A</span>戦略の立案・実施等のコンサルティング経験を持つ。</span></p>
173/index.html:<p>ボストンコンサルティンググループにて製造業・消費財・TMT等の業界に対してのコンサルティングに従事</p>
174/index.html:<p>ボストンコンサルティンググループにて消費財・通信・自動車・金融等の業界に対してのコンサルティングに従事。2006年ベインキャピタル日本オフィス立ち上げに参画後、ベインキャピタルボストン本社を経て現職。</p>
177/index.html:<p>ボストンコンサルティンググループの東京、名古屋、ソウル事務所にて国内外企業のコンサルティングに従事。主に小売・製造業・商社・プライベートエクイティ等の業界に対して、成長戦略の立案・実施、オペレーション改革、事業統合(PMI)等のコンサルティング経験を持つ。</p>
186/index.html:<p>株式会社リクルート、ボストンコンサルティンググループを経て現在に至る。ボストンコンサルティンググループではプリンシパルとして、主に消費財、リテー ル等を中心とする企業に対して、事業戦略立案、新規事業立上支援、組織・人事改革、オペレーション改革等のコンサルティングに従事。</p>
558/index.html:<p>株式会社電通イーマーケティングワン、ボストンコンサルティンググループ プリンシパルを経て現在に至る。ボストンコンサルティンググループでは東京、ミュンヘン事務所にて、主にハイテク、メディア、インターネット企業に対して、事業戦略立案、M&A戦略の立案・実施、買収後の事業統合、全社構造改革等のコンサルティングに従事。</p>
594/index.html:<p>ボストン・コンサルティング・グループ東京事務所にて、プロジェクトリーダーとして国内外企業のコンサルティングに従事。主に自動車、オートメーション、メディア、通信を中心とする企業に対して事業戦略立案、海外事業立上支援、事業/<span>組織改革支援等の多岐に渡る</span> <span>コンサルティング経験を持つ</span></p>
645/index.html:<p>ボストンコンサルティンググループにて消費財・不動産・PE・交通等の業界に対してのコンサルティングに従事。</p>
686/index.html:<p><span>ボストン・コンサルティング・グループ東京事務所および<span lang="EN-US"><span face="Arial"><span size="3" face="MS Pゴシック" color="#000000">Washington D.C.</span></span></span><span size="3" face="MS Pゴシック" color="#000000">事務所にて、主に製造業、ハイテク等の企業に対するコンサルティングに従事。東京事務所ではプロジェクトリーダーとして戦略立案、トランスフォーメーションなどを実施。また、</span><span lang="EN-US"><span face="Arial"><span size="3" face="MS Pゴシック" color="#000000">Washington D.C.</span></span></span><span size="3" face="MS Pゴシック" color="#000000">事務所では米国企業に対し、新規事業立上支援、組織変革支援などを実施。</span></span></p>

$ grep 上島珈琲 */*
183/index.html:

マッキンゼー・アンド・カンパニー パートナー、ビジネスデベロップメントアソシエーツ代表、UCC上島珈琲株式会社取締役副社長、ベイン&カンパニー日本代表を経て参画。ベインキャピタルジャパン会長を務めた後に現職。

UCC上島珈琲株式会社取締役副社長w。あら?ビンゴの予感w

あ、わかった。BCGのベインが大紀元のボコハラム・フィクションを上海で現実化しようとしてたら、インサイダー取引で後ろから撃たれたのかw

デビッド・ロックフェラーが101才で死去。ナイジェリアの黒人の臓器で生きてたんだわw
「ボコ・ハラムとフラニ・ヘルズメンは違法臓器売買のカバーだ。」フィリップ・C・ジェマンジ博士[必読]」

アンケート会社のマクロミルを買収w。 アンケートつか、ターゲットをスパイウェアでモニターするつか、 赤いボタンを押さないように見張るつか、…。
GALILEOの裏口には人工知能が組み込んであり不測の事態に対応できる #HackingTeam

このころまでは買って売るだけのハゲタカだったw

ロムニーがファウンダーw

$ perl amagrep.pl 大林 宏  *.txt
amagrep keyword 大林 宏 ...
000118472.txt 14   大林 宏     63   検事総長            H22.12.27   H23.3.17    上林法律事務所     弁護士業        弁護士      無   無
000118472.txt ---
000126622.txt 156   大林 宏     63   検事総長            H22.12.27   H23.3.17     上林法律事務所      弁護士業     弁護士    無   無
000126622.txt ---
000126652.txt 63   大林 宏     63   検事総長           H22.12.27   H23.4.1    大和証券株式会社      金融商品取引業       社外監査役   無   無
000126652.txt ---
000164714.txt                                                            株式会社アサツーディ・
000164714.txt 13   大林 宏     63   検事総長            H22.12.27   H24.3.29                広告関連業務      社外取締役   無   無
000164714.txt                                                            ケイ
000164714.txt ---
000175017.txt 120   大林 宏    63   検事総長           H22.12.27   H23.4.1     大和証券株式会社     金融商品取引業       社外監査役     無   無
000175017.txt ---
000175017.txt                                                           株式会社アサツー
000175017.txt 121   大林 宏    63   検事総長           H22.12.27   H24.3.29                 広告関連業務        社外取締役     無   無
000175017.txt                                                           ディ・ケイ
000175017.txt ---
平成23年(2011年)3月29日、311直後に検事総長が天下っている。 うーむ。インサイダー取引なんかよりこっちの方が非常に興味深い。 たぶん後述の平成24年度(2012年)にロンドンで農林水産省が開催したイベントが検事総長天下りの解読の鍵になっているw。 臓器狩りと言ってもふつうに殺人だからな。まずは検事総長をゲッツw。

ヒーローホンダw

ドミノ・ピザw

gendai.ismedia.jp→買収資金を肩代わりさせ、社員削減で返済 名門ファンドの呆れた投資戦略の実態(2010年11月9日)

元CSKのベル24が禿、シティ、ベイン、伊藤忠と転売されていくw。
ベルシステム24←ウィキ


農林水産省→ 平成24年度(2012年)輸出拡大リード事業のうち日本食文化祭典(ロンドン:international food & drink event)実施報告書 PDF
なんだこれw。豚コレラ部隊か?…いや違う。2012年農水省は臓器狩りの遺体を豚のエサにしちまおうという臓器売買のビジネスモデルをロンドンに提案に逝った。みんなで食べたのだw。しかしグロ杉なので2017年10月に英WPPはADKとの提携を解消。ADKはベイン(BCG/ボストン・コンサルティング・グループ/ボコハラム)配下になる。さっそく上海に窓口を解説しようとしたらインサイダー取引で後ろから撃たれたw。まぁこんなストーリーなんだろw。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。