弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

チェルノブイリで死亡した安倍晋太郎があべちんGJを推進する update2

安倍晋太郎のウィキ

発病・死去

1988年、自身の秘書がリクルートコスモス(現「コスモスイニシア」)の非公開株を譲り受けていたためにリクルート事件に巻き込まれたが、その最中に膵臓癌が判明し緊急入院を余儀なくされた(当時は、リクルート事件のほとぼりを冷ますための避難入院と見る政治評論家もいた)。1989年5月、表向きには「総胆管結石治療」と称して手術を受けた。1990年1月にはソビエト連邦を訪問。総理・総裁就任に向けて、全国各地で安倍派の新人議員を擁立し、同年2月に行われた第39回衆議院議員総選挙では、自派から若手議員を大量に当選させた[6]。同年6月に訪米するが、8月に病状が悪化し入院。9月に予定されていた訪ソを断念したが、病身を押してソビエト連邦初代大統領ミハイル・ゴルバチョフの来日に尽力、ゴルバチョフとの会談を行ったが、これが最後の政治活動となった。

1990年9月に再入院。次男の晋三から「癌です」と告げられた時、「ああ、やっぱりそうか」と反応しただけだったという[7]。

1988年…膵臓癌が判明し緊急入院…
1990年9月に再入院。次男の晋三から「癌です」と告げられた時、「ああ、やっぱりそうか」と反応した

1986年4月26日チェルノブイリ原子力発電所事故
1986年5月31日安倍晋太郎外務大臣がモスクワ訪問

(3) 安倍外務大臣の訪ソ関連文書 (イ) 日ソ共同コミュニケ
(86年5月31日,モスクワ)

安倍晋太郎日本国外務大臣は,ソ連邦政府の招待により1986年5月29日から31日までソヴィエト社会主義共和国連邦を公式訪問した。

あぁ。これがあべちんGJの動機というか原因だ。たぶん人格が分裂してるな。

政界スクープ! ゴッドマザーが地元後援会に通達 安倍首相「政界引退」と「後継者」決定(2)

 「安倍首相が8月、静養のために地元の山口県を訪れた際、あいさつ回りに同行した洋子氏が、ある有力支援者に『晋三は首相を辞めたら、次の衆院選には出ないつもりです。健康に不安を抱えていますので(67歳ですい臓がん死した)夫のような目には遭わせられません。それに晋三は、首相のイスを目前にして亡くなった夫の悲願を果たしてくれたので、もう思い残すことはありません』と語ったというのです。安倍首相は傍らで黙って聞いていたのですが、やや戸惑ったような顔をしていたそうです」(前出の政治部記者)
洋子氏て安倍慎太郎が結婚した岸信介の長女の洋子氏ですな。
いやいや、晋三は朝鮮半島南北統一まで頑張ると思いますけどね。

朴大統領「南北統一来年にも」
韓国紙報道、北崩壊念頭か
 【ソウル共同】韓国の朴槿恵大統領が7月、大統領府での非公式会議で「統一は来年にも起きるかもしれない」と述べ、南北統一への準備を急ぐよう出席者に求めていたと、韓国紙、ハンギョレ新聞が18日、複数の出席者の話として報じた。

 朴氏は「北朝鮮で影響力を持つ人々が亡命してきている」と指摘。出席者は、北朝鮮の体制が早期に崩壊する可能性があることを念頭に置いた発言と受け止めたという。

 北朝鮮は、朴政権が北朝鮮の体制を崩壊させ「吸収統一」を狙っていると警戒している。韓国は否定してきたが、発言が伝えられたことで、北朝鮮に非難の口実を与えそうだ。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。