弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

4時禁ルールの目的… update1

「ベージュのタイツは見た目が『もも引き』みたいでダサい」w

「過剰な指導」県教委、4時禁廃止求める 2020年02月09日 08:53
 岐阜県内各地の小中学校で、授業が早く終わり帰宅した児童生徒に午後4時まで外出しないように求める「4時禁(よじきん)ルール」と呼ばれる指導について、県教育委員会は、市町村教育委員会に直ちに取りやめるよう要請した。今月3日に各教育事務所を通じ「一律に外出を禁止し、反省文を書かせるような過剰な指導は不適切」として学校を指導するよう文書で通知した。
 本紙が「4時禁ルール」を1月21日付の「あなた発!トクダネ取材班」で報じるとインターネット上で反響を呼び、複数のメディアも報じた。
 同ルールを設ける学校の多くは校則に盛り込むような明文化はしておらず、児童生徒に口頭で指導している。本紙の取材では自宅での学習を促し、守らなかった生徒に反省文を提出させる学校もあった。学校側が子どもたちの過ごし方を制限することに批判的な意見が相次ぐが、普段なら学校で過ごす時間帯で安全面の配慮から必要とする肯定論も根強い。
 「4時禁ルール」は県教委が今月6日に市町村教育長が集まった場でも取りやめへの指導を求めた。県教委学校安全課は「教育目的を達成するための合理的な範囲を超えていないか、児童生徒や保護者らとも議論し、適切な指導になるように絶えず見直してほしい」としている。

岐阜県の“4時禁ルール”見直しへ 県教委が指示 2020年2月8日 4時06分
岐阜県内の小中学校の一部では、子どもたちが早く下校しても午後4時ごろまで外出しないよう求める“4時禁ルール”と呼ばれる指導が行われていますが、岐阜県教育委員会が、一律に外出を禁止することなどを直ちに取りやめるよう、6日、県内すべての自治体の教育委員会に伝えていたことがわかりました。
子どもたちの間などで“4時禁ルール”と呼ばれている指導は、授業が昼までに終わり子どもたちが下校した際に、小学生は午後3時まで、中学生は午後4時までなど、決められた時間まで外出しないよう求めるものです。
NHKが各教育委員会に取材したところ、岐阜県内の42市町村のうち36の自治体にある学校で行われていることがわかっています。
校則などで明文化されているケースは少なく、各学校が口頭で指導していて、議論が十分ではないなどとして、指導の見直しを求めるインターネットでの署名活動も行われています。
こうした状況を受けて、岐阜県教育委員会が6日、一律に外出を禁止することや反省文を書かせるなどの指導を直ちに取りやめるよう、県内の自治体の教育委員会に伝えていたことがわかりました。
岐阜県教育委員会学校安全課は、NHKの取材に対し「学校での指導が教育目的を達成するための合理的な範囲を超えていないか、子どもや保護者などから広く意見を聞いて議論したうえで、指導を見直してほしい」と話しています。

4時禁ルールと家庭訪問かぁ…

尼崎中2女子自殺。「部活疲れた」「保護者懇談会で授業は午前中で終了」「午後1時半ごろ教室で友人らと談笑」「帰宅した小6の妹が2段ベッドで首をつっている中2を発見」

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。