弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

311とオゾンホール… update2

311のとき北半球ではオゾンホールが発生していた。

冷却水は減速材でもあるわけで、なぜ水蒸気爆発や即発臨界のキノコ雲になったのかがわからなかったのだけど、オゾンホールを透過した宇宙線(インドラの矢)が原因だな。

たぶん地震の原因もインドラの矢による地殻破壊が原因なのだろう…

4号機はエレベータシャフト伝いに地下からスウェリング破壊されていた、これも同じ原因…


青が1996年、緑が2000年、オレンジ色が2005年、赤が2011年…


青が1996年、緑が2000年、オレンジ色が2005年、赤が2011年…


atmosphere.copernicus.eu→CAMS tracks a record-breaking Arctic ozone hole(2020年4月6日)

北半球でも毎年11月から8月にかけてのオゾンの減少は毎年起きていて、2020年は北極にオゾンホールが出現。

311の起きた2011年春季に北極上空で観測史上最大のオゾン破壊が観測されている、これをどう考えるかだな…

南極のオゾンホールは毎年8月下旬に出現し12月には閉じている…、ほぼ毎年恒例w

南極の氷は地球温暖化で解けているのではない。毎年8月から12月にかけて宇宙線にさらされ重水とトリチウム水に変化、三重点温度が4℃ズレるので溶けているのだ…

「月の土壌はいかなる有機栄養分も含まない。かつ、非常に乾燥しているので野菜を栽培することはできない」w

月に宇宙線を遮るオゾン層をどうやって作るのだろう?w

たぶん水で稼働している人類は宇宙では何もできない。血液がトリチウム水に変わって代謝が止まって死ぬだけ。 )カプリコン1

武漢肺炎(コロナウィルス)が311の原因解読の鍵になっていたわけさ…w

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。