弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

2F3の事故と福島女性教員宅便槽内怪死事件 update3

この気持ち悪い事件が起きたのは平成元年2月28日
【福島女性教員宅便槽内怪死事件】
平成元年(1989).2.28発生


その先月の平成元年1月6日に2F3がポンプ水中軸受けの一部が破損して停止してる。


2F3の事故の概要。


ムラは寸劇を開始。


ムラのいつもの劇は続く。


2F3は平成2年(1990年)11月5日再稼働、平成元年(1989年)1月6日から約2年ぶりに発電に復帰。

503 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/03/11(日) 08:47:58.48 ID:7NB9G061
朝まで生テレビでパネリストの木元教子の息子さんも福島第二で働いているとか。 あとは福島の地元の人で、福島第二のタービン事故と同じタービンの保守点検の人の話が出てた 下請けの下請けの下請け・・・で劣悪な環境で作業での偽装も多かったとか言ってたが スルーされてたなぁ。
これ

原子力業界の不思議な事件・福島便槽内変死事件

福島便槽内変死事件の被害者が原発保守の会社の営業主任で、福島第二原発を担当していたことと同年1月の福島第二原発三号機事故をも併せて考える必要がある。でなければ、この不思議な事件の謎は解けない。

日米原子力協定による「施設の提供(相互利用)」ですな。米軍とヤクザに原発を貸しだせ、さもないとまた誰か変死するぞという脅迫。

TVAのブラウンズフェリーや浜岡や1F4のようにヤバいもののファブリケーションですな。発電と同時にはできないので何だかんだ言って故障させ、まとまった発電しない期間が必要になるわけですな。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。