弁財天

ゴフマン「専門家を信じるのではなく、自分自身で考えて判断せよ」

六ヶ所の再処理は年間爆弾2千個分 update4

年間爆弾2千個分?日本が再処理工場再開を計画。

なんでRT(.)comが唐突に報道するのかと思ったら、米下院外交委員会でヘンリー・ソコルスキー核不拡散教育センター部長が六ヶ所再処理再開は無謀で近隣国の不安を煽り緊張させるのでやめさせるべきだと証言したから。

再処理ウランも再処理プルトニウムも放射性が強く不安定なので核燃料としての使い道はない。なので発電ではない低燃焼率で燃やしたPu239が最大になった使用済み燃料を再処理して抽出して核武装に使うのではと懸念してるわけですな。

「日本の再処理再開が韓国の核濃縮と再処理を開始させてしまうのは確実。」 だから六ヶ所の再処理はやめさせるべきと先週米下院外交委員会で証言したらしい。日本が再処理するなんてヤバいこと間違いなしと決めつけてるけど、そのとおりだと思う。




おいおい、何に対してやる気満々なんだよ。

猪木が何か運んだみたいだ。
で、近々地下核実験が起きると、事実上の宣戦布告になるのか。どこに対して?

猪木が北朝鮮に核を運び、核ミサイルを北朝鮮から日本に撃ち込むのか。 そして放射能の被害はフクイチではなく北朝鮮の核ミサイルのせいだと言い張るんだろ。 核兵器を使うための低線量被曝データの収集も継続してる。 そろそろ全てを揉み消す為にやるんじゃないかな。 大日本帝国陸軍てのはメンツや体裁を保つためなら何でもやっちゃうからな。

安倍外交、東南アジアで高い評価 日越比に強い対中脅威認識 米調査

2014.7.15 09:17 [外交]
 【ワシントン=青木伸行】東南アジア諸国、とりわけ中国と対立するフィリピン、ベトナムが日本と安倍晋三首相の外交政策を高く評価する一方、中国と周辺国との領有権争いは武力衝突に発展すると懸念していることが、14日に発表された米調査機関ピュー・リサーチ・センターの世論調査結果で明らかになった。
 安倍首相に対する評価は(1)ベトナム65%(2)日本58%(3)マレーシア57%(4)バングラデシュ56%(5)フィリピン55%-などで、米国でも49%。対照的に中国、韓国は、それぞれ15%、5%と批判的だった。
 一方、中国に対する脅威認識はベトナム(74%)、日本(68%)、フィリピン(58%)などで高い。
 また、中国との領有権争いが武力衝突に発展すると懸念している国は、(1)フィリピン93%(2)日本85%(3)ベトナム84%(4)韓国83%(5)インド72%-の順で、米国は67%、中国でも62%だった。
戦争の準備に高い評価するわけがない。インチキ世論調査。いったい誰に聞いたんだよ。対中脅威認識させるキャンペーンか。

米調査機関ピュー・リサーチ・センター(Pew Research Center) て戦争屋オルブライトの調査機関w

コソボ紛争のランブイエのペテン平和会議に出席とか、シリア攻撃を支持とか、ウクライナ大統領選挙のオブザーバやってたとか、キッシンジャーお墨付きのオルブライト前国務長官の調査機関が対中脅威認識のキャンペーンやってる。

投稿されたコメント:

コメント
コメントは無効になっています。